Pacific Geophysical Observation[OHP] Network

OHP network operation and data analysis report

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私も働いています

2006-03-09 08:23:48 | Weblog
地震の観測壕の内部は特に大きな
損傷はありません。
ただし、ロガーまで伸ばしているケーブル1本
は劣化が確実に進んでいます。
そのケーブルを昨年10月末以降からの状態を
継続してNS成分に使用します。

写真は奮闘しているIです。
コメント

電磁気マーカー

2006-03-09 08:18:31 | Weblog
電磁気のマーカーはこのように健在です。
(ゴルフ場ではありません)
この敷地は現在協会の管轄下ですが、
この後の管理状態については少々不安です。
コメント (2)

訪問者

2006-03-09 08:13:45 | Weblog
観測壕への訪問者です。
あのお馴染みの居住者の1人です。
けしてYさんが化けたわけではありません。
コメント (1)

PATS

2006-03-06 14:50:53 | Weblog
PATSでのスナップ写真その2
磁場観測点からターゲットマーカー方面を
見た写真です。木が良く育ってとうとう
見えなくなってしまいました。
観測の前に、おじさん2人に枝を
刈ってもらうことから作業開始です。
コメント (2)

PATSその1

2006-03-06 14:45:15 | Weblog
PATSでのスナップ写真
地震観測壕の入り口にできた巨大な蟻の巣です。
人の頭より大きいサイズで、一見ハチの巣かとも
思えました。
ドアを開けた直後の叫び声をご想像ください。

1時間かけて取り除きました。

コメント

フィリピン状況その後

2006-03-03 17:27:17 | Weblog
外務省の安全情報によると、
情報は「非常事態宣言」以前に戻っていました。

5日からのO氏の渡航にはなんら問題がないでしょう。

----------------------------------------------------
【危険情報】
本情報は2006/03/03現在有効です。 【最新スポット情報】はこちら
【感染症関連情報】はこちら

フィリピンに対する渡航情報(危険情報)の発出(2005/11/17)


 ●ミンダナオ地域(南ザンボアンガ州、北ザンボアンガ州、ザンボアンガ・シブガイ州、
  西ミサミス州、南ラナオ州、北ラナオ州、北コタバト州、マギンダナオ州、バシラン州、
  スールー州及びタウイタウイ州)(周辺海域を含む)
    :「渡航の延期をおすすめします。」(継続)
 ●ミンダナオ地域の中で上記「渡航の延期をおすすめします。」発出地域以外の地域
  (ダバオ市を除く)及びパラワン州(最北部を除く)(周辺海域を含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
 ●上記地域以外のマニラ首都圏を含む全地域
    :「十分注意してください。」(継続)


-------------------------------------------------------------------
コメント

YCU compserv system DOWN (in Japanese)

2006-03-01 17:21:35 | Weblog
YCU のcompservの起動をしに、久しぶりに
横浜市立大学を訪問。
ところが稼動していたSUNのシステムが起動せず。

空いているPCにlinuxをインストールする方針。

コメント