新型コロナ ワクチン

新型コロナワクチンについての副反応や死者,これから起こることを予測し記録していきます。

ファイザーワクチンに寄生虫が発見される『この生物は組織を破壊し、血を吸う』人体への恐ろしい影響について

2021-08-31 23:15:27 | コロナ ワクチン

ファイザーワクチンに寄生虫が発見される

『この生物は組織を破壊し、血を吸う』人体への恐ろしい影響について

Newsbreak 133: COVIDワクチン4種に含まれるグラフェン、アルミニウム、セレン化カドミウム、ステンレス、LNP-GOキャプシド、寄生虫、その他の毒素の存在を科学者チームが確認。ファイザー、モデナ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン
投稿日: 2021年8月28日 投稿者: Ramola D より翻訳して引用

ファイザーワクチンに寄生虫が発見される
ファイザー・バイオンテック社のワクチンには寄生虫も存在しているようです。ヤング博士の報告書には、科学的にこう記されています。

「図13に見られるような50ミクロンの細長い物体が、ファイザー社のワクチンの中に鋭い謎の存在として存在している。これは解剖学的にはTrypanosoma cruziという寄生虫で、いくつかの変異体が致死性であり、後天性免疫不全症候群(AIDS)の多くの原因の1つであることが確認されています[Atlas of Human Parasitology, 4th Edition, Lawrence Ash and Thomas Orithel, pages 174 to 178][8]。

-ファイザーの「ワクチン」には寄生虫がいるのか-/走査型・透過型電子顕微鏡でCoV-19ワクチンに酸化グラフェンを発見/ロバート・ヤング博士/2021年8月20日

これは非常に不安なことであり、これらの恐ろしい「非ワクチン」を直ちに停止させるために、すべての読者からの熱烈な呼びかけを呼び起こすべきである。ウィキペディアによれば、この生物は組織を破壊し、血を吸う。"Trypanosoma cruziは寄生性のユーグレナの一種である。

原生動物の中でもトリパノソーマは特徴的に他の生物の組織を破壊し、(主に)血液やリンパを吸う。このような行動は、生物によって異なる病気を引き起こしたり、病気の可能性を高めたりする。人ではシャーガス病、馬ではドーリンやサーラ、牛ではブルセラ症に似た病気があります。

" Chagas and Trypanosoma Cruziに関するCDCのウェブサイトはこちら。シャーガス病における、この寄生虫の人体への恐ろしい影響(心不全、大腸の破壊、皮膚、脳への影響など)については、メイヨー・クリニックがこちらで説明しています。


ファイザーワクチン特集。血を吸う寄生虫/報告書より 図13は、いわゆるファイザー社の「ワクチン」から発見された長さ約20ミクロンのトリパノソーマ寄生体である。炭素、酸素、クロム、硫黄、アルミニウム、塩化物、窒素で構成されています。
A Live Blood pHase Contrast Microscopy Micrograph of Trypanosoma  cruzi Parasite[8]
レポートより A Live Blood pHase Contrast Microscopy Micrograph of Trypanosoma cruzi Parasite[8] (英語)

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

引用ここまで

========

 

メイヨー・クリニックの説明より

シャーガス病

寄生虫であるクルーズトリパノソーマによって引き起こされる炎症性の感染症です。

治療せずに放置すると、シャーガス病は後に深刻な心臓や消化器系の問題を引き起こす可能性があります。

感染の急性期の間、シャーガス病の治療は寄生虫を殺すことに焦点を合わせます。慢性シャーガス病を患っている人々では、寄生虫を殺すことはもはや不可能です。

症状

シャーガス病は、突然の短い病気(急性)を引き起こす可能性があります。または、長期的な(慢性)状態である可能性があります。症状は軽度から重度までさまざまですが、多くの人は慢性期まで症状を経験しません。

急性期

数週間または数ヶ月続くシャーガス病の急性期は、多くの場合、症状がありません。兆候や症状が発生した場合、それらは通常軽度であり、次のようなものがあります。

  • 感染部位の腫れ
  • 倦怠感
  • 発疹
  • 体の痛み
  • まぶたの腫れ
  • 頭痛
  • 食欲減少
  • 吐き気、下痢または嘔吐
  • 腫れた腺
  • 肝臓または脾臓の肥大

急性期に発症する徴候や症状は通常、自然に消えます。場合によっては、感染症が治療されない場合、シャーガス病は慢性期に進行します。

慢性期

シャーガス病の慢性期の兆候と症状は、最初の感染から10〜20年後に発生する場合もあれば、発生しない場合もあります。重症の場合、シャーガス病の兆候と症状には次のものが含まれます。

  • 不規則な心拍
  • 心不全
  • 突然の心停止
  • 食道の肥大による嚥下困難
  • 結腸の肥大による腹痛または便秘

合併症

シャーガス病が長期的な(慢性)段階に進行すると、深刻な心臓または消化器系の合併症が発生する可能性があります。これらには次のものが含まれます。

  • 心不全。心不全は、心臓が弱くなったり硬くなったりして、体のニーズを満たすのに十分な血液を送り出せなくなったときに発生します。
  • 食道(巨大食道症)の拡大。このまれな状態は、食道の異常な拡大(拡張)によって引き起こされます。これにより、嚥下と消化が困難になる可能性があります。
  • 結腸の拡大(巨大結腸症)。巨大結腸症は、結腸が異常に拡張し、胃の痛み、腫れ、重度の便秘を引き起こすときに発生します。

 

========

 

Newsbreak 133: Team of Scientists Confirm Presence of Toxins Graphene, Aluminium, Cadmium Selenide, Stainless Steel, LNP-GO Capsids, Parasites, Other Toxins Variously in 4 COVID Vaccines: Pfizer, Moderna, AstraZeneca, Johnson & Johnson
Posted on August 28, 2021 by Ramola D   

Parasites Found in the Pfizer-BioNTech Vaccine

As if all the above isn’t bad enough, it appears parasites are also extant in the Pfizer-BioNTech Vaccine. This just lifts the whole horrifying drama of what’s in the vaccines to a whole new level of horror-show, noted scientifically in Dr. Young’s report thus:

“A 50 micron elongated body, as seen in Figure 13 is a sharp mysterious presence in the Pfizer vaccine. It appears and is identified anatomically as a Trypanosoma cruzi parasite of which several variants are lethal and is one of many causes of acquired immune deficiency syndrome or AIDS.[Atlas of Human Parasitology, 4th Edition, Lawrence Ash and Thomas Orithel, pages 174 to 178][8]

Are There Parasites in the Pfizer “Vaccines”?/Scanning & Transmission Electron Microscopy Reveals Graphene Oxide in CoV-19 Vaccines/Dr. Robert Young/August 20, 2021

 

This is seriously unsettling and should invoke a rousing call from all readers to bring an immediate halt to these terrifying “non-vaccines.” Wikipedia informs us these creatures are tissue-borers and blood-suckers: “Trypanosoma cruzi is a species of parasitic euglenoids. Amongst the protozoa, the trypanosomes characteristically bore tissue in another organism and feed on blood (primarily) and also lymph. This behaviour causes disease or the likelihood of disease that varies with the organism: Chagas disease in humans, dourine and surra in horses, and a brucellosis-like disease in cattle.” Visit the CDC website on Chagas and Trypanosoma Cruzi here. The horrific effects of this parasite on the human body in Chagas Disease–heart failure, colon breakdown, skin, brain effects, etc–are described by Mayo Clinic here.

Pfizer Vaccine Special: A Blood-Sucking Parasite/ From the report: Figure 13 shows a Trypanosoma Parasite approximately 20 microns in length found in the so-called Pfizer “vaccine”. It is composed of carbon, oxygen chromium, sulphur, aluminum, chloride and nitrogen.
A Live Blood pHase Contrast Microscopy Micrograph of Trypanosoma  cruzi Parasite[8]
From the report: A Live Blood pHase Contrast Microscopy Micrograph of Trypanosoma cruzi Parasite[8]

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワクチン接種者の血管は発光... | トップ | ファイザー社とモデナ社のワ... »
最新の画像もっと見る

コロナ ワクチン」カテゴリの最新記事