写進化・ヲアニーの徒然日記

秀峰大山を中心に山陰地方の風景等を掲載。
ときどきは親父ギャグを交えた米子弁のコメントもあるよ(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[境港市]夢みなとタワー

2013年09月06日 | イベント紹介

久しぶりに境港市に行ってきました(笑)
1997年(平成9)に完成した高さ43mの夢みなとタワーです。
ここで7月20日から8月25日まで「オーストラリアと南の水族館」のイベントが開催され、娘が職場の人から入館券を譲ってもらったので、見に行ってきました。


    
一応中には入りましたが、エビとクラゲを写して、あとはスルー(笑)
  
  

  
水族館入館券1,000円は高いなと感じたが、その券で夢みなとタワー(タワー入館料は高校生以上300円)にも上れるとあって、久しぶりに展望台まで行ってみました。
  

  
高さ43mの展望台から。
大きく見るには → こちら
  

  
1996年(平成8)に開港100周年と市制施行50周年を迎えた境港市の記念イベントがきっかけで、翌1997年に山陰夢・みなと博覧会が開催されました。
博覧会終了後その跡地は、「夢みなと公園」として整備されました。
画像左側の半円形にはみ出しているところが、イルカショーが行われたところです。あとは、当時の面影は、このタワーしか見ることができません。

開催期間7月12日から9月28日までに、目標入場者100万人に対して190万人を超える人たちが訪れました。
開催期間中に台風が2回来襲し、延べ4.5日休業しましたが、恐らくその休業がなければ200万人を超える入場者があったことでしょう。

「翔け、交流新時代へ」をテーマに、パビリオンには、中国吉林省と大連、ロシア沿海州、韓国江原道(カンウォンド)、モンゴル中央県など、環日本海諸国も参加され、博覧会終了後も民間レベルでの交流も行われているようです。

  

  
展望台から大山も見えますね。
水族館も見てタワーにも上ったし、昼には境港市で豪華な回転寿司(一皿105円(消費税及び地方消費税を含む。(爆))も食べたし、楽しい夏休みでした~


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 法勝寺電車展 | トップ | 初体験!!グラウンドゴルフ... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぽん太)
2013-09-06 08:53:26
水族館行かれましたか
毎年、みなとタワーのイベントチケット
買わされるんで行ってきましたが
以前にも似たような企画がありましたね
でも孫はタイタイ!って大喜びでした(笑)
こんにちは。 ()
2013-09-06 13:51:23
ヲアニーさま
夢みなとタワーに行かれたんですね。
水族館ですか?

浜田のアクアスは行きましたが
境港のは知らなかったわ。

雨の日には手芸をしていました色々と出来ました。

雨があがって暑くなりましたが庭に出るのは
嫌ですから主人にやってもらっています。
Unknown (ボンジュール)
2013-09-06 19:47:19
こんなに見晴らしが良いとは思いませんでした。
オーストラリアには7年近く住んでましたが、こんな海老は見たことありません。(笑)
きっとグレートバリアリーフからなんでしょうね。
ぽん太さんへ (ヲアニー)
2013-09-06 21:16:40
こんばんは(^^)
確かに、以前にも娘が入館券を譲ってもらって見に行ったことがあります。
娘の友人も、ぽん太さんと同じようにつき合いで買わされたのでしょう(笑)
子どものころには、魚を「タイタイ」と言ってましたね。
息子が最初に覚えた言葉がこれだったような。。。
鳥取県西部の方言だらか?(笑)
啓さんへ (ヲアニー)
2013-09-06 21:24:03
こんばんは(^^)
この水族館は期間限定で、画像のような小さい水槽に小さなサメやクマノミなど、その他珍しい魚が
陳列されていました。
にわか仕立ての少し大きな水槽にウミガメもいましたが、アクアスとは全く比べものにならない、
にわか仕立てというか、即席の水族館です。
鳥取県には、アクアスのような水族館はないですね。
境港には、「海とくらしの史料館」というのがあります。(魚が剥製で展示されています。)

先日の雨以降、ようやく猛暑は過ぎ去ったようですね。
ご主人は庭の手入れされますか。
私は今年初めて松の剪定に挑戦してみましたが、素人細工で母には不評でしたよ^^;
結局、他の樹木の剪定などは、毎年のとおりシルバーに頼みました(笑)
秋もシルバーに頼むことにしています。
Unknown (いつか見た風景)
2013-09-06 21:29:47
夢みなと博は盛り上がりましたね
地方であんな博覧会が出来るのはもう難しいのでしょうかね
いろいろ批判や問題はあるかもしれませんが
地域での大型イベントを十年に1回くらいしてほしいものです^^
ボンジュールさんへ (ヲアニー)
2013-09-06 21:39:33
こんばんは(^^)

まだ夢みなとタワーに上ったことにゃかヤ。
(まだ夢みなとタワーに上ったことないですか。)
もっと空がきれぇげだったら、大山もきれぇげに見えただらに。
(もっと空がきれいだったら、大山もきれいに見えたでしょうに。)
オーストラリアには、グレートバリアリーフてっていう、がいな珊瑚礁があ~ナ。
(オーストラリアには、グレートバリアリーフという、大きな珊瑚礁がありますね。)
この水槽も珊瑚礁のやなものでつくってあ~だぁもん、この海老はかわいげなかったジェ。
(この水槽も珊瑚礁のようなものでつくってありますが、この海老は可愛らしかったですよ。)
そげいやボンジュールさんは、オーストラリアでも写進化狂会怪外特派員を務めてごしなったナ。
(そういえばボンジュールさんは、オーストラリアでも写進化狂会怪外特派員を務めてくださいましたね。)
あんときゃ、ブログ名も山陰写進化狂会傲(慢)州支部てったかいナ。
(あのときは、ブログ名も山陰写進化狂会傲(慢)州支部と言ってましたっけ。)
今はオランダの怪外特派員で、山陰写進化狂会応酬支部てっていう、少しおとなしげなブログ名になったナ。
(今はオランダの怪外特派員で、山陰写進化狂会応酬支部という、少しおとなしいブログ名になりましたね。)
こぉかぁも、狂会応酬支部の怪外特派員として欧州の様子を発信してごしないヨ(笑)
(これからも、狂会応酬支部の怪外特派員として欧州の様子を発信してくださいね(笑))
やっぱぁ、ボンジュールさんには米子弁でしゃべらんと調子が出んワ。
(やっぱり、ボンジュールさんには米子弁でしゃべらないと調子が出ないですね。)
入力がえりゃだぁもん(爆)
(入力がえらいですが(爆))
いつか見た風景さんへ (ヲアニー)
2013-09-06 21:52:28
こんばんは(^^)
山陰地方で開催した、今まででは一番のイベントだったと思いますね。
開催前は、入場者数の目標があって、町内会とかPTAとか各種団体に頼んで入場券を買ってもらい、
各種団体などクロスする人もあったりで、入場券の販売では不評も買いました。
確かに、こういうイベントを開催するには担当の職員も大変なエネルギーを要しますが、
大成功に終わればその苦労も吹っ飛びますね。
開催期間中の盆や祝日とか、終わりが近づいた時期は、入場者も身動きができない日もあり、
例えはどうかと思いますが、まるで芋の子を洗うような、キャパ以上の人が入場した日もありました。
一日で5万人を超える人たちが入った日もあったと思います。
夢みなと博は、確かに大成功だったと思いますね。
この博覧会に携わった職員は、仕事抜きでお金に変えられない大きな財産ができたと思っています。
Unknown (まっちゃん)
2013-09-06 21:57:19
あら、境港までいらしてたのならご一報くだされば良かったのに。
水くさいですね(笑)
夢みなと博、懐かしいですね。
パスポートを持っていたので夜な夜な出掛けていったものです。
よくまああんな博覧会をこんな辺鄙なところで開催できたものだと感心してしまいます。
水族館も前に行ったなあと思い調べてみたら2009年のことでした。
なんか毎年やってるような気がしてましたが、思い違いだったようで・・・(^^;;
でもこういう企画は子供達には人気があるんでしょうからまたやって欲しいですね。
あと関係ないですがクラゲがどうも怪長花火に見えてしまって・・・(爆)

まっちゃんさんへ (ヲアニー)
2013-09-06 22:33:36
こんばんは(^^)
えへへ~~、連絡したら、目配り気配りのまっちゃんさんは、写進化狂会怪長を上げ膳据え膳で
気遣いされると思って遠慮したのですよ(爆)
まあ境港に行くと、魚山亭や、さかな工房か、回転寿司が我が家の定番ですから(笑)

夢みなと博は、境港開港百周年がきっかけで行われたジャパンエキスポでしたが、
携わった職員も、やればできるという自信を持てたイベントだったと思います。
県民皆さんの理解協力はもちろんですが、県職員を初め周辺市町村の役場職員、JR、銀行など
民間企業からも博覧会協会へ出向して、心を一つにして取り組んだから成功したのでしょう。
確かに、最初は1枚の入場券を買った人も、リピーターになってしまってパスポートを購入した
人たちも大勢いたようです。

水族館は私も2回目でしたが、入るなり去年も来たように思ったのですが、毎年ではないですか。
やはり、こういう水族館は小さい子どもを連れていった方がよさそうです(笑)

>あと関係ないですがクラゲがどうも怪長花火に見えてしまって・・・(爆)
むっ!!最後はほめてもらった伯耆町の花火も、結局はほめ殺しコメントに戻ってしまったようで(爆)
言われてみると、クラゲのゆらゆら感のある繊毛というか、怪長花火のそれと変わらないようで(笑)
では、このクラゲは怪長クラゲか、伯耆クラゲ花火と名づけようか・・・どっちがいいかな(爆)

コメントを投稿

関連するみんなの記事