ウホウホにっき

大好きなガイドヘルプの仕事をするため城陽で起業し、40男の生き方を模索中。旅行とグルメが生き甲斐!

雛人形

2021-02-26 19:45:00 | 娘のこと
娘と迎える初めての雛祭り。
先日、一緒に雛人形を買いに行きましたが・・・

「いや」と買う時から拒否。
あんまり嫌がるので、とりあえず小さな安い物を購入して帰りました。

そして、家で出して飾っていると・・・

「いや、ここ(箱)に入れといて」と拒否する娘。
「お雛祭りやし、飾ろうや」と誘うも、ぐずり出し・・・

泣き出す始末。

仕方なく片付けました。
行き場を無くした雛人形は娘の手の届かない場所に飾る事に。

まぁ仕方ないです。
来年は喜んでくれたら良いなと思います。
コメント

なぜ、起業をしたのか?

2021-02-10 09:20:00 | じぶん
今週は月曜日から研修を受けています。
三日間のグループワーク中心の研修です。

新型コロナの影響で研修や交流の機会を失っていたので、グループワークで他法人の方と話すのは良い刺激になります。
感染は心配ですが・・・

「なんで自分で立ち上げられたんですか!?」
初対面の方から、よく聞かれる質問です。

今回の研修でも雑談の中で聞かれました。
話題作りのきっかけとしては、聞きやすい質問なのかなと思います。

雑談なので、起業の思いを熱く語るようなことはせず、「まぁ、その・・・」とモゴモゴ話す訳です。

雑談を終えた後、ふと自分自身で振り返ることがあります。
「なんで起業したんだったっけ?」と。

35歳頃です、起業を思い立ったのは。
今から10年前です。
歳をとったなぁ・・・

34歳頃に難病を患う妻が入院しました。
病状の悪化でした。
当時の私はバリバリの仕事人間で(今も!?)、妻の異変に気づきませんでした。
急に入院して、なんやかんやで一年くらい。
最後は手術もしました。

手術後の病室で妻と新しく作る会社の名前を考えて笑っていたのを思い出します。
「優子と裕介やから『ゆう』を入れよう」とか。

懐かしいですし、微笑ましいですね。
今は子育てで意見が対立して喧嘩もするのですが・・・

家族の側にいたくて、家の近くで働く為に起業した訳ですが、最初から起業しようと考えていたのではありません。

当時は京都市内へ40〜50分程の通勤をしていましたので、通勤時間を短くする為に地元への転職を考えました。
「30代半ばで転職か・・・」と気持ちは盛り上がりませんでした。

そんな時、友人との忘年会で「カフェを開業する」という話を聞きました。
「すごい!」という驚きと、「そういう道もあるか」という発見の二つでした。

友人の起業をきっかけに、自分も調べてみることにしました。
『会社の作り方』みたいな本は沢山ありますし、『起業家セミナー』もあります。
世の中には、起業したい人達が多くいることも知りました。

一年間の準備期間を経て開業した訳です。

結果として、勤めていた頃より忙しくなり、益々仕事人間に拍車がかかっただけなのですが。
良かった面は、妻と一緒に働けること、自分の時間を自分で調整しやすいこと、ストレスが減ったことなどあります。

しんどい面も多いのですが、今の時点では起業して良かったなと思います。

起業していたから、養子を迎えるという決断もできたのかなとも。
今は起業家よりも、養親の色が強くなりましたが、仕事もボチボチと頑張りたいなと思います。

コメント

特別養子縁組の申立て

2021-01-12 15:00:00 | 里親活動
本日、京都家庭裁判所へ特別養子縁組の申立書類を提出しました。
2021年は特別養子縁組に向けて動き出す年になります。

妻の通院後、夫婦二人で家庭裁判所へ。
裁判所へ行くのは初めてなので変に緊張しました。

申立て書類は準備していたので窓口で提出だけでしたが、いくつか加筆する点や修正もありました。

提出後、しばらくは待ち時間となります。
裁判所から呼び出しと家庭訪問が予定されています。
いよいよ新しい家族作りに向けて動き出します。
コメント

あけましておめでとうございます

2021-01-01 12:42:21 | 家でのこと
正月から娘とトランポリンに来ています。
2021年の始まりは娘の日課に付き合っています。

昨年は激動の一年でした。
1月中旬に家庭養護促進協会から推薦をもらうことができ、養子を迎えるスタートラインに立てました。
昨年の正月は推薦の結果待ちで悶々と過ごしていました。

1〜3月は養子の受け入れ準備で家の片付けをしたりレイアウト変更したり、必要な書類作成したりして過ごしました。
そして、3月に娘と初対面。
初めて見た時のことはハッキリと覚えています。
私たちも娘も緊張しており、変な距離感がありました。

初対面の日の翌日から実習開始でした。
待ち焦がれた娘に会える日々でウキウキでした。
新型コロナウィルス感染が広がっている社会状況を忘れさせてくれるくらい楽しい毎日でした。

少しずつ仲良くなり、5月には初めて我が家に迎えての実習や宿泊もあり、この頃には疲れが出始めていました。
5月末に引き取りとなり、6月から里親委託を受けての新しい生活が始まりました。

娘の激しい『試し行動』に振り回され、睡眠不足や疲労困憊の日々を乗り越えてきました。
妻が調子を崩した時には、じぃじとばぁばに助けてもらいました。

初めて親らしいことをしたのは予防接種に連れて行った時です。
その後、風邪をひいた娘の世話や通院もする中で少しずつ親として成長できたのかと思います。

初めての外食はフードコートでしたが、今まで夫婦だけで行っていた時とは違った景色に見えました。
バタバタと忙しくもありました。

娘の発達がゆっくりであることを聞いて落ち込んだ日もありましたが、日々成長する姿を見ているうちに受け入れられるようになりました。

娘と出会って約10ヶ月です。
私たちも娘もたくましくなったのではないかと感じます。

新型コロナがなければ、年末年始は妻の実家がある広島へ帰省していました。
初旅行となるはずでしたが・・・

今年は幼稚園の入園もあり、また変化が多い年になりそうです。
40代半ばからの子育ては厳しい面も多いですが、体力を維持しながら毎日を乗り切ろうと思います。

そうそう、昨年末に保険を見直しました。
私自身の終身保険と7大疾病保険です。
保険を使うことはしたくないですが、家族の安心の為にできる努力はしたいと思います。
コメント

2020/12/28

2020-12-28 11:26:11 | 家でのこと

先日のクリスマスの頃、城陽市内のイルミネーションを見に行きました。
家族3人で夜のお出かけをするのは初めてです。
ちょっとしたお出かけでしたが、いい思い出になりました。

気が付けば、もう年末ですね。
2020年は大きな変化があった一年でした。

去年の今頃、家庭養護促進協会から推薦を受けられるかどうかの面談の渦中で夫婦間で煮詰まっていました。
煮詰まり過ぎて帰省もせず、しんどい年末年始を送りました。

今年の年末は娘を加えて3人で過ごせている事に感謝です。
新型コロナの影響で妻の実家へ帰省はできないけれど、去年とは違って幸せな年末年始になりそうです。

どこへ行くでもなく、何をするでもない日々ですが、そんな時間が幸せなんだなぁと。

今年を振り返ると色々あり過ぎるので、またの記事にしたいと思います。
コメント