RIEKO'S TASTES

旦那ちゃんとうさぎのねねちゃんと新生活。トロワはお月様から見守ってくれてます。

犬連れバックパッカー

2009-07-02 23:38:59 | 本・漫画
久々に本の紹介。
最近、勝手に一人リバイバルで
陰陽師関係を読んでたんだけど、
仕事がない焦りからくるイライラを静める為
ふとブックオフで手に取ったのがこの本でした。

私は本当は、
束縛されない自由気ままな旅がしたい。
そう、基本歩きの旅。
山や森や川を感じたい。
テントや寝袋にも憧れる。

でも実際は。。そこまでの勇気がなく
女性一人でっていうのも怖い。。
だからやれた限界は四国お遍路
それもここのところずっと行けてないな。
お遍路はすごくよかった。
でも歩き遍路は実はすごく贅沢なんだよね。
時間とお金と体力が必要。
でも、いつの日か絶対満願するんだから!

というわけで。。話がそれましたがw
これはシェルパ斉藤さんが
お子さんのクリスマスプレゼントに
ゴールデンレトリバーの「ニホ」を
迎える話から始まり、
一人と一匹でいろんなところに旅しています。
すごくすごく羨ましい!素敵!
悪徳ブリーダーさんからのくだりは
電車の中で涙こぼれるのを押さえるほど。
そして旅している中での人の優しさに
つい笑顔になってしまいます。

私もトロワと旅…したいなあ。
一緒に歩くという形にはならないからちょっと違うけど。
牧草地に連れて行ってあげたい。
私も一緒に寝っ転がりたい。

犬連れバックパッカー-シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語 (新潮文庫)犬連れバックパッカー
-シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語

斉藤 政喜

新潮社 2004-06
おすすめ平均

by G-Tools
コメント

「女人の寺」

2009-03-28 20:36:48 | 本・漫画
この前ブックオフで見つけて読んだ本。
この作者の本は初めてです。

女人に深く関わりのあるお寺を
訪れた感想と共にその縁起、
そして伝えられた逸話を紹介してくれています。

この逸話が、平家ものが多いんですね。
私は今まで飛鳥・奈良・平安初期ものばかりで
平安後期~鎌倉時代の話には疎くて
ものすごく興味津々で読みました。
平家の話が多いため、
どうしても物悲しい内容が多いですが
とても勉強になりました。

もう一度読み直して、
行きたいお寺リストに加えようと思います。

「女人の寺」澤田 ふじ子
 廣済堂出版 2002-04
コメント

真珠夫人

2009-02-04 11:59:43 | 本・漫画
モチベーションが下がりまくりだったので
青空文庫を漁ってなんか読むことにしました。
色々物色したのだけど、
気になりつつも読んでなかった
「真珠夫人」を読んでみることに。

今更ですね。
昼ドラですね。
横山めぐみですねw

実際に昼ドラを見ていたわけではないので
さきほどWikiでキャストを見ました
主役が横山めぐみと葛山信吾とは
知っていたのですが、
葛山くんて杉野直也役だったのか。
つーか青木兄弟は出てないのか?
。。。どうやら昼ドラはかなり内容が違ってるらしい。
DVDとか出てたら見ようと思ったけど
むーん。

「真珠夫人」菊池寛著@青空文庫

そんなわけで純粋に文学の方の感想をば。

貴族という爵位のようなものがまだ存在し、
それによって引き起こされた悲劇。。
女性がまだ今のように自由に生きれない
そんな中でプライドを貫く瑠璃子。
でも、貫き方は颯爽としているのだけど
やっぱりやり方が良くないような気がします。。
目には目をの精神は良くないんだなあ。
コメント

女人源氏物語

2009-01-28 11:42:27 | 本・漫画
名古屋出張に行く際に
何か1冊と思い選んだ本です。
久しぶりに読み返しました。

この本は、女人たちのモノローグになっていて
それぞれの姫や、女房、乳母の独白として
物語を語っているのです。
一応いろんな説明をしながら語ってますので
内容は理解できると思いますが、
源氏物語の訳を一度読んでいたほうが
感情移入できたりしてよいと思います。

えー3巻です。
光源氏が六条院という家を建てまして
そこを四季になぞらえて4つに分けて
自分の関係のあった女性たちを
それぞれに住まわせるという
後宮ばりのハーレムを作成した後からの話です。

ここでは、明石の上と紫の上の語りが
やはり1番好きですねー。
いい子ちゃんな紫の上の
実は嫉妬に狂ってること、
やはりいい子ちゃんな明石の上も
紫の上を恨んでいること。
まあそりゃ子供を奪われたんですから
恨むの当たり前ですけどね。。

あとはやはり正月の衣装選びと元日ね。
明石の上の姿が目に浮かぶような
白と紫という高雅な衣装。
はー素敵。
そして元日にその衣装を着こなして
光源氏を引き止めてしまう魅力。

やっぱりいいなあ明石の上。
憧れます。

女人源氏物語〈第3巻〉 (集英社文庫)女人源氏物語〈第3巻〉
瀬戸内 寂聴

集英社 1992-10

by G-Tools

コメント

西の魔女が死んだ

2008-10-01 04:46:17 | 本・漫画
ちょっと前に読んだ本。
新潮文庫の100冊より。
今年のトートバッグが欲しくて
選んだ一冊です。

私はいつも歴史小説や古典、旅日記ばかりで
普通の小説を読むのはかなり久しぶりでした。
とにかく癒し系のがいいなーと思って
選んでみました。

西の魔女とは主人公の女の子のおばあちゃんのこと。
女の子はちょっと学校に行きたくなくなっちゃって
おばあちゃんのとこに預けられたのです。
そこでのおばあちゃんとの交流で
女の子は癒されていくのです。

田舎っていいなあ、家族っていいなあと
思わせてくれます。
ほんわかした気持ちにさせてくれますよ。

西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ
梨木 香歩

新潮社 2001-07
売り上げランキング : 61

by G-Tools


映画もあったんですよね。
HPの雰囲気といい、予告編の映像といい
かなりよさそう!
観てるだけで癒されそうだなあ。観たい。

映画『西の魔女が死んだ』オフィシャルサイト
コメント