トンリョウ(TongLiao)ワークブーツ/バイクブーツ

ちょっと作りが違うワークブーツです。

革の紹介です。

2021-07-25 16:04:22 | 
オリンピック始まりましたね。



みなさんはどの競技が一番興味あるんでしょうか。










さて今回は革の紹介です。




青空がキレイな夏にピッタリの色です。



この革です。





コバルトブルーのシュリンクレザーです。


国産の革なんですが厚みもありシュリンクなので柔らかいのが特徴です。



このシュリンクも型押しではなく革を鞣すときに揉んでできたシュリンクなので場所によってシュリンクの様子が違います。



例えば背中のあたりは繊維がしっかりしてるので細かく目が揃っています。

ツヤの感じはハーフマットといったところでしょうか。







そしてお腹のあたりは繊維が細かいところと荒いところがあるのでこのようになってます。

画像の上の方がシュリンクが荒く、画像下の方が小さくなってますね。



シュリンクはこの風合いが良いんですよね~






革の厚みはこのぐらいです。

厚みはトンリョウで製作してるブーツの標準的な厚みになるんですがシュリンクなのでゴワゴワ感がありません。




編み上げブーツのように足首にフィットするブーツだと履き心地の違いがよく分かるでしょうね。







私は作るんだったらこのようなベルトの無いプレーンのブーツが一番お勧めです。

ブルー1色でもカッコよくなると思いますがヴァンプをブルーにしてシャフトをアイボリーのように薄めの色にするとステキなブーツができると思います。




ベルトの付いたデザインだとエンジニアブーツもお勧めです。

全体にブルーを使いベルトとふくらはぎの市革を茶色もしくはグレーなんかを使ってもオリジナル感が出てカッコよくまとまりそうです。








鮮やかな色なので 『派手じゃないかなぁ・・・・・』 と思ってる方。

そんなことはありませんよ。



意外とこのぐらいの色でもパンツ選びにはそれほど困らないと思います。


Gパンでも綿パンでもスッキリとした印象で履けるんじゃないでしょうか。





コバルトブルーのブーツを履いて爽やか男子になるのはいかがですか?

















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 21,000(税込¥23,100) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代     ¥108,000(税込¥118,800)~




 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット107号
電 話 : 047(710)6917  / 090(2634)0207
U R L : order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※不在の事がありますので先にご連絡をください。

お師匠さん

2021-07-21 15:25:18 | その他
暑いです。

こう暑いとビールを飲む以外なにもしたくなくなります。


みなさん熱中症に気をつけてくださいね。









ブーツ作りをしていて思う事があります。


それはトンリョウで製作しているブーツは基本的な製法はハンドソーンウェルトという製法なんですが作り手によって違う仕立て方をしているという事です。



例えば中底をすくい縫いができるように加工する方法もそれぞれですし、アッパーを吊り込むときもアッパーを引く方向だったり力加減だったり吊り込む順番だったりと職人さんによって違いがあります。



どれが正解かではなくアッパーの仕立てや型紙の裁ち方によっても違いがでてくるものなんですよね。






私は靴の専門学校の在学中に手作りの靴の基本を勉強しました。


なので ”お師匠さん” というよりは先生なんですよね。



専門学校を卒業して靴の製造メーカーで勤めているときも底付けの職人さんに話を聞いたり型紙を裁ってる先輩に裁ち方を教わったりとたくさんの人に作り方やどうしてそのようにしてるのかを聞いたりしましたがその中で実際に自分がやってみて理に適ってるものを採用して今のブーツ作りに役立ててます。



とくに型紙に関しては腕の良い先輩や型紙職人さんに教えてもらった事もあり、かなりこだわって作業をしてると思います。



というのも型紙がちゃんとしてなければ木型に合うアッパーはできませんし、木型に合ってないアッパーではつり込みのときに無理な引き方をしなくてはいけません。

そうすると型崩れの原因にもなりますし、型崩れをしたブーツは足に合わせた木型を台無しにしてしまいます。



なので型紙ってとっても重要なんですよね。




靴作りの職人さんっていうとつり込みから行う底付けの職人さんのイメージが強くなるかもしれませんが私はそう思いません。

見た感じは底付けの作業の方が職人っぽいのでそのように感じる方も多いのではないでしょうか。



手作りの靴やブーツに興味があり、職人技を感じたい方がいましたらぜひ伺ったお店で型紙の質問をしてみてください。


きっとなにかネタになる話が聞けると思いますよ。




















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 21,000(税込¥23,100) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代     ¥108,000(税込¥118,800)~




 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット107号
電 話 : 047(710)6917  / 090(2634)0207
U R L : order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※不在の事がありますので先にご連絡をください。

ヒール交換完了です。

2021-07-16 17:18:30 | Boots
梅雨あけましたね。


バイクに乗ってるみなさんはどこかツーリングの予定でもたててるでしょうか。





さて、手のひらの皮がむけてから数日、何かが当たると痛いというほどではなくなったので作業を進めました。


そうそう、手のひらの皮がむけてるとバイクに乗るのも痛い事に気づきました。

アクセルをひねる分にはそれほどでもないんですがブレーキレバーを握ると痛いです。


なので手のひらが痛かったときはいつも以上にセイフティドライブでした。






話が逸れましたがブーツのヒール交換をしている作業途中を写真に撮り忘れてしまい完成してから 『あっ!なんにも写真撮ってない』 と・・・・・・



作業が少し遅れていたので慌ててたっていうのも写真を撮り忘れた理由の一つです。







では完成したブーツを。

今回はヒール交換の他にコバ色を黒→ナチュラルに変更してます。
コバが黒のときよりもブーツ全体にメリハリが出た感じがしますね。



そしてヒールは。

元のヒールは普通の紳士靴と同じ垂直?だったんですが少しシェイプさせてます。

もっと大胆にシェイプしてる方が個人的に好きなんですが今回はこれが限界です。





というのはコレが理由です。

出し縫いが踵までかかってるダブルの仕様のブーツだったんです。

あんまり絞ると出し糸が 『こんにちは!』 と出てきちゃいます。


お客さまから 『踵をシェイプさせてください』 と依頼をいただいたんですが 『出し糸が出ちゃう可能性があるので本底の厚みまでは真っすぐで積み上げヒールからシェイプさせる形でいいですか?』 と提案したところお客さまから 『それ、カッコよくないので出来る範囲でいいのでウェルトからシェイプさせてください。』 と言われちゃいました。



いつもの倍以上慎重にヒールの位置決めをしてヒールを削る際もチョコチョコと様子を見ながらグラインダーをかけました。




なんとか無事に出し糸とのご対面を避ける事ができ、一安心です。







さて、お預かりしてるもう1足のブーツも仕上げて発送させていただきます。



Sさん、お待たせして申し訳ありません。


もう少々お待ちください。










トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 21,000(税込¥23,100) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代     ¥108,000(税込¥118,800)~




 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット107号
電 話 : 047(710)6917  / 090(2634)0207
U R L : order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※不在の事がありますので先にご連絡をください。

かわが!

2021-07-06 14:44:12 | Boots
数か月前から左肩が痛いです。


起きたときに痛くなっていたので寝違えたのかと思い軽く動かしてみたりしながら様子をみてたんですがいくらか善くなるぐらいで二か月経っても痛いままです。



腰痛でお世話になってる整骨院の先生にその旨を伝えて診てもらったところ『凍結肩ですね。』と言われました。

「なんですか?五十肩みたいなものですか?」と聞くと先生が「そうですねぇ、加齢からくるものですね。でも安達さんはまだ肩が動くからいい方ですよ。」と言われました。


どうりで寝違えただけにしてはずっと痛い訳です。

そもそも肩を寝違えるって楽観的な考えでいた自分が恥ずかしいです。



このまま治らないのかと心配になり先生に聞くと『善くなりますよ。』と嬉しい言葉をいただきました。





腰の次は肩、次はどこが痛くなるんでしょう・・・・・・

年齢には抗えないものです。









さて工房ではお客さまからお預かりしたブーツのヒール交換をしています。


以前お作りしたブーツなんですがお客さまからヒールを変えたいとの事でお預かりしました。
仕様変更のようなものですね。


内容としては
・トップリフトの交換
・ヒール形状の変更
・コバ色の変更

です。




作業の手順としてまずは付いてるヒールを外します。



ヒールを外した状態がこちらです。

ヒールを外す前の画像を撮り忘れたのでビフォー、アフターが見れません。


外したヒールはこちら。

今回はヒールの形状変更もあるのでヒールを全部外す必要がありました。

トップリフトはまだ履いて問題ない厚みが残ってる状態ですね。




トンリョウで作るブーツは強力な接着剤を使ってヒールとトップリフトを貼ってるので剥がすのもなかなか大変なんです。




作業をしていたらなんだか手のひらが痛くなって見てみたら皮が剥けてました。

痛々しかったので絆創膏を貼って撮りました。

ちなみに薬指も少し皮が剥けてます。



『どうしてこんな手のひらのど真ん中が!?』と思って使っていた道具を見ると。

はい、ジャストミートです。



ヒールを剥がしてる途中で痛くなったので違う道具も使い終了です。




まぁ、たまにはこんな事もありますよね。











あ~痛い・・・・・・・













トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 21,000(税込¥23,100) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代     ¥108,000(税込¥118,800)~




 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット107号
電 話 : 047(710)6917  / 090(2634)0207
U R L : order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※不在の事がありますので先にご連絡をください。

余裕とゆとりを持ちたい

2021-06-22 16:14:11 | その他
工房のあたりは梅雨の晴れ間が覗いてます。



なかなか自由に行動できないところですがみなさんはいかがお過ごしですか?



私は早く安心して焼きたての焼き鳥を食べながら晩酌をしたいと思ってます。

先日の事なんですがガマンできなくなりたまに行っていた焼き鳥屋さんに行って持ち帰りの焼き鳥(もつ焼き)を買って帰りました。

その焼き鳥屋さんも店内の飲食は営業してなく持ち帰りだけの営業でした。


もちろん持ち帰っても美味しいんですが店内でいただくときは出してもらった焼きたての焼き鳥を食べながらライムハイを飲むのが格別に美味しいんですよね。

その焼き鳥屋さんはライムハイを注文すると店主さんが酎ハイ用のライムの小瓶を開けて作ってくれるんです。

それがホントに美味いんです。


私が行くお店なので庶民的なところなんですが少し古さを感じる落ち着いたお店なので一人で行ってもリラックスできるステキなところです。



みなさんは最近リラックスできてますか?

お仕事などで大変な方もいらっしゃると思いますがリラックスするのは大切な事ですよね。



なんて言うんですか 『一息つく』 とでも言うんでしょうか。


もっとそんなふうに時間の余裕をもてたり、気持ちのゆとりをつくりたいものです。






さて、ブーツに関しては余裕やゆとりはあまり必要ないものなんですよ。


ときどきこのブログでも書いてることなんですが大きいサイズのブーツを履くとブーツの中で足が動いてしまい逆に疲れてしまいます。


なので適度なホールド感というか抑えているぐらいが良いんです。



でも余裕やゆとりが必要な部分もあります。



ココです。

つま先です。

つま先はブーツの先に指の先(一指から三指あたり)や爪が当たってはいけません。

これは履いたときに指の先や爪が当たっていると歩行する際に足とブーツが屈曲するので指の先や爪がブーツの先にぶつかってしまい痛くなります。


あとはつま先の高さです。

高さも履いたときに少しで良いので指が上下に動くほうが履いていて痛くなりずらいです。





あとはココ。

シャフトの足首あたりです。

足首も締め付けるぐらいの圧迫感があると足首を曲げたときに不快に感じるものなんです。


とくにワークブーツはアッパーの革が厚いのでゴワゴワした感じがすると思います。


パンツをブーツの中に入れるときも足首のあたりに少し余裕があるとパンツの収まりも良いですし違和感も感じないんです。


このあたりは人それぞれ足首の太さはかなり違ってくるので既製品だと選ぶのが大変なところですよね。




そして一番大切なのは履いているときの気持ちでゆとりができる事ですかね。


気に入ってたり大事にしてるブーツを履くとそれだけで少しゆとりができたり楽しい気分になる事もありませんか?




”誰と会う” ”どこに行く” でも気分は変わりますが自分の気に入ったものを身に着けたり、気に入ってる乗り物に乗ったりするだけでも気分は変わりませんか?




私のゆとりはもっぱらコレに乗ってるときですかね。

カブくんです。

スペック的には全然ゆとりや余裕はありませんが、乗っていてのんびりできるというか齷齪した気持ちになりません。



カワサキさんに乗るときはのんびりできるというよりも 『バイクの乗ってる』 という楽しい気分になります。


車の運転をしてるときも 『楽しい』 が一番先にきますかね。




同じ道路を走るものですが乗り物で気分はかなり変わってきます。



人と会うことが制限される今、一人でも楽しい気分になれる余裕とゆとりを持ちたいものです。















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 21,000(税込¥23,100) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代     ¥108,000(税込¥118,800)~




 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット107号
電 話 : 047(710)6917  / 090(2634)0207
U R L : order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※不在の事がありますので先にご連絡をください。