真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

三井温熱後のニュースキャン測定2

2012年06月24日 10時37分43秒 | トゥルーゲイト

今日は昨日のクライアントさん(主婦のYさん)との会話から政治的記事と三井温熱の凄さとニュースキャンの正確さです(政治的な話しは今日の夜にUPします)。

まず初めに、昨日横浜出張の後の夕方にご来店いただいたクライアントさんの施術で、ニュースキャンのリサーチの後に三井の温熱をして、その後にまたニュースキャンのリサーチとメタセラピーしましたが、その結果が大きく改善していましたので、そのご報告を(ブログ掲載の了解いただいています)。

↑ニュースキャン

何度かこのテストはしていますが、昨日のクライアントさんはニュースキャンで胆のうに可なり黒いサインです。

その写真を出したいのですが、以前写真を出したら保健所から輸入元の総代理店に「これ何ですか?」と連絡が入ったとのこと(保健所が私のブログを覗きに来たのだ。気を付けないと)。
で、総代理店から私に写真は載せないでくださいとのお願いがあり、残念ですが今後は載せせられなくなりました。

ニュースキャンは体内の波動をヘッドフォーンで読み込み、それを色で表示します。
(リサーチは良い順に・・ 黄色 → 上向き → 下向き → 菱形 → 黒■ )
また病理の数値も表示されます。

Yさんの内臓は全般的に良好でしたが、十二指腸から胆のうに掛けて黒の多い状態で、特に胆のうが1/3ぐらい黒のマークがあり、病理の数値も「〇石」の波動を感知していました。
必要な薬草でもニュースキャンはトウモロコシを指定しました。トウモロコシには胆汁の生産を促進させる力があるからです。
また三井温熱の施術前にペンデュラムで測定したら胆のうの上だけ縦に大きく触れて否定的サインを示しました(私の場合には良くない波動は斜め縦に揺れる)。
どれもこれも胆のうの異常を指摘しました。

↑ペンジュラム

その他、手のしびれが恒常的に続いていて、来られた時もしびれているとのことでした。

そして実際に三井の温熱器で背中に熱を入れると胆のうの上では「アッチッチ」を連発。
可哀そうですが構わず熱を入れさせていただきました。

しばらくすると「アッチッチ」の連呼が少なくなり、改善を示しました。
ペンデュラムで測定すると時計回りに円を描き改善のサイン。
本当に変化の現象は正直なものです。

その後、薔薇のエッセンシャル入りオイルを付けて背中、肩のリンパマッサージをして最後にどのように改善されたかを名前を変えてニュースキャンで測定しました(ニュースキャンでは同一名で日に二度の測定はできない)。
ニュースキャンの場合には本当に改善しているかは名前を変えて再リサーチしないと正確には判かりません。

2度目のニュースキャンの測定では胆のうの黒がすべて無くなり黄色と茶のがほとんどを示しました。

何と内臓全般というか脳を含めてすべての内臓が素晴らしく改善しました。胃もほとんどが下向きでしたがすべて上向きと黄色 に変化していました。
その後さらにメタセラピーでダメ押ししてまっ黄黄にし
ました。

また手のしびれも取れたとのことで帰り際にYさんから「体も軽くなり今日は最高の施術でしたと喜んでいただきました。

バイオプトロンでもリフトアップを体感していただけました。
身体で改善を実感し、目でも改善を確認しました。私にとっても実に楽しい施術でした。

ではまた夜にユートピアを臨んだ政治の話しでお会いしましょう。

三井温熱療法とは

思うところがあったら Clickしてね。。。


初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 三井温熱器に関してのご案内 | トップ | いい時代となりつつあるか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
調子いいですよ\(^^@)/ (みゅう)
2012-06-25 22:58:31
こんばんは
施術後2日経過しましたが、
手足のしびれかなり軽減してます。
○石の反応があった、背中の張りも
収まっています。
有難うございますm(__)m

これからも、
ニューススキャン&温熱を定期的に受けて、
病気予防に役立てます。

三井温熱器のレンタル
家でいつでも使えるのはいいですよね。
でも、
背中とか自分で届かないところは
どうやるのかなァ〜?

やっぱり、施術してもらった方が
熱いけど・・・、
ペンジュラムも見れるし
おしゃべりも楽しいし、
何か勉強になるし、

スタジオ行こう!・・っと


2日経っても (とびら)
2012-06-26 07:35:03
みゅうさん、こんにちわ。
体に疾病や異常のある人は自宅での温熱はやはりサブとしての利用ですが、それでも可なり効果を生んでいるようです。
が○なども改善している例は多くあります。
ご自分で注熱はもっとも大切な背中への注熱ができないのが問題ですね。
また来てくださいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トゥルーゲイト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事