れいの如く

朝鮮半島関連の所感を書きます。

梁葉津子「冷たい豆満江を渡って」

2021-07-04 21:28:41 | 感想文
 韓国ではもちろんのこと日本でも脱北者の手記は多数出版されていますが、その内容は多様で脱北者の数だけ物語があるといっても過言でないでしょう。
この「冷たい豆満江を渡って」は“「帰国者」による「脱北」体験記”のサブタイトルの通り、日本からの帰還者の脱北記です。
 まず、著者が北へ帰還するようになった経緯から始まり、北での生活そして脱北を決心するまでが語られます。
 いざ脱北を試みたものの一度は失敗します。その後、再度、挑戦し成功しますが、すぐには日本に来られず、しばらく中国に滞在せざるを得なくなります。
 個人的にはこの部分がとても興味深かったです。中国朝鮮族の“脱北ブローカー”の実態や図們拘置所内での様子は初めて知ることが多々ありました。
 万事が整い、著者たちは日本へと旅立つことが出来るようになりますが、その時、同行した日本領事館職員の言葉や態度は冷たいものでした。著者たちを厄介者視しているのがありありと分かりました。
 この部分を読んで、筆者は日本政府は拉致被害者たちを本当に取り戻す気はあるのかと思いました。拉致被害者が自力で脱出し帰国してしようとする時、果たして暖かく手を差し伸べてくれるだろうか、不安に感じました。
https://www.amazon.co.jp/%E5%86%B7%E3%81%9F%E3%81%84%E8%B1%86%E6%BA%80%E6%B1%9F%E3%82%92%E6%B8%A1%E3%81%A3%E3%81%A6-%E3%80%8C%E5%B8%B0%E5%9B%BD%E8%80%85%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%84%B1%E5%8C%97%E3%80%8D%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%A8%98-%E6%A2%81-%E8%91%89%E6%B4%A5%E5%AD%90/dp/4802401175

映画「めぐみへの誓い」感想

2021-06-27 20:37:13 | 感想文
 話題の映画「めぐみへの誓い」、遂に鑑賞しました。本来ですと映画館へ行って観たいところですが昨今のような状況ですのでネット配信を利用しました。
 ストーリーについては、既に御存知のことと思いますので、ここでは筆者の感想を記します。
 まず、扱いに難しい内容を映画化した制作スタッフ、出演者、その他関係者の皆様には敬意を表し、感謝を申し上げます。限られた予算と時間の中で、これだけの作品に仕上げるためには様々なご苦労が多々あったことでしょう。本当に素晴らしいことです。
 ただ、内容的には個人的に気になった点がありましたので少し書いてみたいと思います。
 人々に拉致事件について伝えたいという思いは強く感じましたが、そのためにあれこれ詰め込んで〜田口八重子さんと金賢姫の話等〜内容が散漫になったように思いました。横田さん御一家のことに話を絞った方が、物語がすっきりとして観ている人に分かりやすかったのではないでしょうか、タイトルも“めぐみへの誓い”ですし。
 それと北の工作員に協力する在日の人々の描き方についてですが、もう一工夫すればよかったのではと思いました。
 例えば在日の社長(小松政夫さんが好演)に拉致協力を強要する際、北にいる親族の手紙や写真を見せるのです。親族のために嫌々ながら協力せざるを得ない在日の人々の状況を伝えれば、在日の人々に対する理解も広がると思います。と同時に、この作品を見た人々の映画評の中にあった“映画によって在日に対する偏見がひどくなるのではないか”という懸念も生じなかったでしょう。
 一時期、拉致をテーマとしたドラマやドキュメンタリー番組がTVでもよく放映されたことがありました。この映画が契機となって、拉致事件に関するドラマや映画、ドキュメンタリー等々が再度作られるようになり、この問題に関心が集まるようになればいいと思います。多くの人々がこの問題を風化させてはならないと言うようになれば、事態は動くだろうし、また、北側も何らかの反応を見せるでしょう。
 とにかく一日も早く被害者が全員家族や故郷に戻れることを願い、今後も自身の出来ることをしていきたいと思います。

“北朝鮮人権侵害問題啓発週間”

2021-01-17 22:03:01 | 雑感
既に年も改まってしまったが、あまりにもひどい状況だったのでここに記しておきます。
昨年12月の北朝鮮人権侵害問題啓発週間のことです。
昨今の状況ゆえ、通常通りの活動は出来なかったのは仕方のないことです。それでも北朝鮮人権映画祭の開催やネットを通じての集会、街頭活動等々、民間では健闘したと思います。頭の下がる思いです。
反面、政府を始めとする公的機関は今ひとつというか、何もしていないのも同然に思えました。
ただ申し訳程度に恒例の政府主催のシンポジウムが開催され、東京都では写真展が行われたくらいです。
加えて各種メディアの冷淡さです。新聞やテレビ、ラジオはこの期間、何をしたのでしょうか?大半のメディアは何もしなかったのではないでしょうか?
民放はともかく、NHKくらいは期間中毎日特集番組を放送すべきだったでしょう。
政府や公的機関のこの間の様子を見ますと拉致問題について、まるで国民に知らせないようにしているように思えるのです。一億二千万人のうちのせいぜい千人程度の被害者のことなど関心がないのかも知れません。
現在、日本では事故や事件で死傷する人々は大勢います。拉致被害者だってその一部に過ぎないではないかとおっしゃる方もいることでしょう。しかし、事件や事故の場合、その加害者は処罰され、真相の解明や今後の対策が講じられます。拉致事件の場合、こうしたことが行われていません。これでいいのでしょうか。
個人的には、拉致被害者の救出が北朝鮮体制の変化そして北の国民の置かれた状況の改善にも繋がるのではと思っています。
何はともあれ“北朝鮮人権侵害問題啓発週間”が必要なくなる日が来ることを願うばかりです。そのために自分の出来ることを今後も続けるつもりです。既に年も改まってしまったが、あまりにもひどい状況だったのでここに記しておきます。
昨年12月の北朝鮮人権侵害問題啓発週間のことです。
昨今の状況ゆえ、通常通りの活動は出来なかったのは仕方のないことです。それでも北朝鮮人権映画祭の開催やネットを通じての集会、街頭活動等々、民間では健闘したと思います。頭の下がる思いです。
反面、政府を始めとする公的機関は今ひとつというか、何もしていないのも同然に思えました。
ただ申し訳程度に恒例の政府主催のシンポジウムが開催され、東京都では写真展が行われたくらいです。
加えて各種メディアの冷淡さです。新聞やテレビ、ラジオはこの期間、何をしたのでしょうか?大半のメディアは何もしなかったのではないでしょうか?
民放はともかく、NHKくらいは期間中毎日特集番組を放送すべきだったでしょう。
政府や公的機関のこの間の様子を見ますと拉致問題について、まるで国民に知らせないようにしているように思えるのです。一億二千万人のうちのせいぜい千人程度の被害者のことなど関心がないのかも知れません。
現在、日本では事故や事件で死傷する人々は大勢います。拉致被害者だってその一部に過ぎないではないかとおっしゃる方もいることでしょう。しかし、事件や事故の場合、その加害者は処罰され、真相の解明や今後の対策が講じられます。拉致事件の場合、こうしたことが行われていません。これでいいのでしょうか。
個人的には、拉致被害者の救出が北朝鮮体制の変化そして北の国民の置かれた状況の改善にも繋がるのではと思っています。
何はともあれ“北朝鮮人権侵害問題啓発週間”が必要なくなる日が来ることを願うばかりです。そのために自分の出来ることを今後も続けるつもりです。

10/24“国民大集会”雑感

2020-10-25 21:30:18 | 所感(集会、講演等)
 周知の通り、恒例の“国民大会”がこの10月24日に行われました。
 YouTubeでの配信もあったので、筆者はネットで視聴しました。
 内容は、相変わらずで〜まぁ、事態が進展しないので致し方ない面もありますが、特記すべきものはありません。
 そして、毎度のことですが、このイベントは被害者御家族のものではなく、議員・政治家たちのPRの場、そして憲法改正を主張する場になってしまったように感じました。
 別のところでも書きましたが、筆者の友人はこの集会を右翼の集まりみたいだと言っています。否定出来ませんでした。それゆえ、拉致問題に関心を持っていても集会に参加には二の足を踏む人もいることでしょう。また、今回の集会の視聴者の中には内容に幻滅し拉致問題そのものに対する関心を失くした人もいるかも知れません。
 救い(⁈)だったのは、横田さんの御子息を始めとする被害者御家族の言葉でした。真摯な言葉はやはり人の心を打つものです。
 個人的には、こうした御家族の思いを国籍民族を問わず多くの人々に共有していただきたいのです。そのためには、今のような集会のあり方は改めた方がいいでしょう。
 御家族の思いに共感し、そこからより多くの人々が心を合わせて問題解決に向かって進んでいく、そうした集会が今、必要なのではないでしょうか。
 

横田滋さん2

2020-09-27 21:40:26 | 雑感
 先日、ラジオを聴いていたところ、横田滋・早紀江夫妻に励まされたと言う女性アーティストの話が放送されていました。
 心身共に絶不調の時、横田夫妻に会い、励まされ、前向きに生きられるようになったとのことでした。女性アーティストは御夫妻に大変感謝したそうです。
 この話を聴きながら、改めて横田夫妻は立派な方々だと思いました。娘さんを拉致されて辛い思いをされているにも関わらず、他の人々の苦しみも理解して励ますのですから、本当に大したものです。
 御夫妻に限らず、拉致被害者・特定失踪者の御家族の方々は思いやり深い人々です。
 支援集会でお話される時も自分たちの苦しみだけを訴えるだけでなく、北の国民たちの苦難についてもきちんと語っていますl
 こうした心の広い方々ですので、人々は共感し、被害者救出のために協力するのでしょう。
 しかし、最近、SNS上で、被害者御家族に嫌がらせをするような書き込みが現れて驚いています。
 大切な家族を奪われ日夜苦しんでいる人々に追い討ちをかけるような行為をする人間が世間には存在するのですね。
 もしかしたら、御家族の発言や考え方が気に入らないのかも知れません。だからといって、こうした行為をするのはいただけません。子供じみたことです。
 自分の家族、親族、友人知人が突然、奪われ、生死も不明になったら、どう思われますか? 
 被害者御家族は数十年間悲しい思いの中で過ごしているのです。