背番号0505!すなっちの報告

ブルーインパルスにだれか乗せて♪

旭山動物園へ。カバ推し!

2023-12-02 10:51:01 | ぼやき
宿泊地の美瑛から、旭川へ。
天候がビミョーなので美瑛の丘をまわるのを変更して、旭山動物園へ行ってみました!


開園前に行ったので、駐車場も近いところに停められました!

テレビや観光パンフではよく動物園を見たことはあったけど、
想像していた通りなかなか見やすくて、見せる工夫が感じられる動物園です。

たくさんいるけど、
印象に残った動物たちはこちら。


エゾヒグマ
今回の北海道の旅で、リアルには会いたくない動物ナンバーワン。(苫前郷土資料館行ったあとなのでなおさら)
管理されてると思うから可愛いと思えるんだけど、
このクマに秘められたパワーを思うと怖ろしいです。


同じクマでもこちらはホッキョクグマ

えさやりも見たけど、
ドボーン!

水槽側から見ると、大きなおしりでゆったり泳ぐ姿が
重量感を感じさせます。


そして、
旭山動物園にきて、私がいちばん衝撃だった動物が、
カバ!!
今までカバを見てきたことはあったけど、じっとしているイメージしかなかったのに!

のに!

旭山動物園のカバは、とってもアクティブ!!

地下の水槽から見るとよく分かるけど、
水の中をド~ン、ド~ン!とふんわり飛びながら移動する様子を見ることができます。足の裏とか!

しかも、
こちらにきて、
キメ顔を作ってカメラタイムも作ってくれます(!?)


サービス精神も旺盛で
カバの印象が大きく覆った瞬間です!

カバ大好きになった(*^^*)


それから、テレビではおなじみの、アザラシの水槽。
結構な頻度で通ってくれます。
実際に見ると素早い!

勿論他にもたくさん動物がいて、
ぜーんぶ網羅すべく、一つずつ見て満喫してきました。

なだらかに上りながら右に左に見学していくスタイルですが、スロープもあって、子供連れの方などにも移動しやすい園内だったなと思います。

楽しかった〜!

とくにカバね(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラウンドアバウト。旭川ラーメン。

2023-11-25 18:55:26 | ぼやき
ラウンドアバウト。

なかなか遭遇することない道。
いろんな角度からぐるんとロータリーに侵入する経験はなかなか広島ではできないからドキドキ新鮮。

旭川へ入り、




この日は旭川ラーメンを食すべく、
梅光軒さんへ。


醤油ラーメンをチョイス。


熱々おいしいー!

夏だから汗だくだったけど、
これ、寒い冬はホッとするだろうなー(*^^*)


お腹を満たしたあとは、
この日の宿泊地、
美瑛へ。

宿に到着して、
散歩がてら行った少し離れたコインランドリーで
洗濯物をしてたら、
大雨に振られるという(笑)

小降りになったスキに
乾かしたものを抱えながら
小走りで宿に戻るのでした…。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幌加内、朱鞠内湖、士別へのルート

2023-11-18 23:29:05 | ぼやき
猿払から、幌加内方面へ抜けます

途中、セコマの北海道ポテトを購入しました。

これ、すごく美味しいし、安くてたくさん入ってる。 
普段からこれを買える地元の方たちが羨ましいー!


走っていると、途中から
蕎麦畑の風景なども広がり、
さぞかし、道の駅幌加内では美味しい蕎麦が食べれるんだろうななんて思ってたら、

しばらくの間ラーメンのみの張り紙が(^_^;)

人手不足のためみたいなことが書いてあったので、
これは仕方ないよね〜と応援したい気持ちになりました。




で、
さらに北海道を南下していくのですが…
ここは…
朱鞠内湖
今年、釣りをされてた方がクマに襲われたということでニュースになっていた湖です。





ここで、
息子氏が
「トイレ行きたい…
と言い出したけど
クマが怖いからもう少し先までガマンする…。と、
彼の静かなる戦いが始まりました(^_^;)

なかなかこのエリアに公衆のトイレないのだよ…。

結局、士別の道の駅まで我慢した息子氏。
よく頑張った!!(けっこうな時間かかったぞ)


色んな意味でソワソワしてしまった道のりでした。
トイレは計画的に。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本最北、猿払のホタテ丼とアイス

2023-11-07 14:21:24 | グルメ・食
猿払の道の駅に到着!
お目当ては、
さるふつ まるごと館の
ホタテ丼


写真で見ている以上にホタテ、すごく大きいのです!!

たっぷり!

肉厚で柔らかく、甘みが広がります。

臭みもなく、とっても新鮮!

とにかく満足感がすごい。

写真だとイクラが少しに見えるけど、
ホタテが大きいせいで、イクラも楽しめる量入っています。

これは
食べる価値あり!

量があるので、朝ごはんがまだお腹にある人は、シェアしても良いかも(*^^*)



ホタテを堪能したあとは、
この猿払の牧場のミルクを使用したさるふつアイスをデザートにいただきました。

日本最北の地で育った牛さんのミルク…贅沢(*^^*)

外で食べたので、開放感もあり、
幸せを感じます。

朝からバイキング→ホタテラーメン→ホタテ丼で
お腹パンパンですが、
美味しいものは別腹ですね(笑)

食べてよかった!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最北端、8月の宗谷岬

2023-10-26 16:29:20 | ぼやき
北海道の最北端!
宗谷岬に到着!

レッドバロン!!(…のCMのとこ)

8月の宗谷岬は
風ビュービューでやはり寒いぜー!!

海の中を見てみる。
あ、こんぶ。



最北端のトイレも使用して

最北端の土産物店も見て







食堂最北端さんでほたてラーメンを食しました!








食堂最北端さんには
なぜかカープグッズが飾られているので
店員さんに聞いてみたら

お客さんでカープとつながりのある人がいらっしゃるそうで
来られるとグッズを置いていかれるのだとか。



まさかここで広島を感じるとは…(笑)




寒かったけど、ほたてラーメンで少し温まって、
今度はホタテ丼を食すべく、猿払まで海沿いを走ります!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月の稚内、まつり、花火、シカ。

2023-10-18 17:02:36 | ぼやき
8月の稚内宿泊。

見て!
この電光掲示板見てわかります?
寒いのよ!

気温もそうですが、
風もビュービューです!


でも
この日の稚内は熱い!
なぜなら、
「南極まつり」
コロナ禍を経て、久しぶりの開催となった日だったからです。(現地に行くまで知らんかった)





なので、
稚内駅周辺は
いろん露店が出ていて、
商店街はパレードも行われていて活気づいています。

しかし
風が8月というのにホント寒い!
パレードの観客さんを見ていると、みんな長袖、
中にはダウンジャケットを着ている人も。

我が家は
北海道、最北の地、稚内をナメてた…
ごめんなさい。
素晴らしい避暑地です。
もし次に来るなら長袖にします。


そんな活気のある商店街から海側の方へ道路を渡ると、
この日泊まるサフィールホテル稚内があり、



そこで驚いたのが

駐車場周辺に

シカ

がいること!



フツーに街の中で共存しています。

普段にはない光景にちょっとテンションが上がります。


そして、ホテルへチェックイン。

お部屋に入るなり、ロケーションが
抜群に良くてわぁー!っと声が出ます。



目の前に
稚内の防波堤ドームと
最北の海!
日本地図のてっぺんらへんにいるのだーと思うと感慨深いです。



サフィールホテルの夕食も、おさしみ、毛ガニ、たこしゃぶ等、
満足(*^^*)




夕飯後、ホテルの売店わうろちょろしてたら、
スタッフさんが、
「今日は花火があがりますから、これから見えますよ〜。」
と教えてくださり、
部屋に急いで戻ります!

なぜなら、
部屋の目の前が花火の打ち上げ会場だからです!




(外が寒いから部屋で見れるのがありがたい。)

最高の日に宿泊したんではないかな!
何も情報知らずに予約したはずが、
とても贅沢に過ごせる一日となりました。


初めて稚内へ来て、
タイミングよく色々なイベントに遭遇することができました。

でもやっぱり
いちばん心に残ったのは
「8月でも寒い」
っていうことかな(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月でも寒い…ノシャップ岬

2023-10-10 17:11:11 | ぼやき
ノシャップ岬へ到着!

8月なのに
寒ぇ〜!!

さすが北海道のてっぺん。

風ビュービュー、
半袖着て来るものではない!


サハリンやら利尻島が臨める場所で
見晴らしいいけど
真夏モードからの寒さがとにかく適応せず、
髪も風でボサボサ、
ヒャーって言いながら脇に手を入れながら岬を右往左往する(笑)

北海道のてっぺん(西側)のノシャップ岬。

8月初旬でもめっちゃ寒いってことが勉強になりました!
来てみなきゃわからないことだらけだな、ウン。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オロロンライン、そして風車の道

2023-09-28 19:03:55 | ぼやき
オロロンラインを北上。

途中、
北海道らしい景色を堪能しつつ、
とある牧場のソフトクリームを食べに行ったらお休みだった(´;ω;`)

まー、そんなこともあるよね!

気を取り直してさらに北上。




すごい!!
風車が道沿いにずーーっと並んで建っている!

8月と言えど風がビュービューすぎて寒いけど、
この風で風力発電にはもってこいだな!


パーキングがあり、ツーリングしてる人たちもここでたくさん記念撮影をされていました。

この日は稚内で宿泊する予定なので、
どんどん北へと進むのですが、
利尻島が左手に。

でも雲がかかってて
利尻富士と言われる頂上の部分はお預けです。



曇っているけど、
なんとか雨が振らずに最北端の稚内まで行けそうです。

とりあえずは
ノシャップ岬を目指します!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三毛別熊事件の資料館、苫前郷土資料館

2023-09-19 15:59:32 | ぼやき
北海道に行くにあたって、
ヒグマの存在にビビりまくっていた私。

ヒグマによる被害で
最も有名だと思われる

「三毛別熊事件」

について学べる郷土資料館が苫前にあるということで、訪ねてみました。

メインの道路から一本入った住宅地にある、何の変哲もなさそうな郷土資料館。

しかし、中には
大きなヒグマの標本が!

人間よりでかいんよ…。

ヒグマが村を襲って、
何人も食い殺したっていう恐ろしい事件。

お通夜にも襲撃に来ていて、
ヒグマの記憶力や執着心がとにかく怖い。

家にこんなの来たらどうしょうもない…。


この話をさらに詳しく知るためには
慟哭の谷という文庫が出ているのですが、
私も北海道から帰ってコレを読むと
さらに詳細が書かれていて、本当に惨たらしく、
読んでいてすごくぜぇぜぇしました。
(メンタル少しやられる)



先日ニュースになっていたOSO18といい、朱鞠内湖の事件といい、
野生のヒグマの怖さ、また人と共存することの難しさを考えさせられます。


もちろん、郷土資料館なので、
北海道ならではの、文化的な農具や漁をするための道具なども多々飾ってあるのでそちらも見ごたえはあります!


ただ、
やっぱりこのヒグマの事件のインパクトはすごい。

県外から人がここに来るのにも納得です。


とりあえず、
ヒグマには会いたくないなー。
単独行動には気をつけましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

増毛(ましけ)のお酒とたこザンギ

2023-09-09 21:53:17 | ぼやき
石狩からオロロンラインを走って北海道のてっぺんを目指すドライブ。

土砂降りで始まった旅ですが、
次なる目的地の増毛へ到着すると、雨が止み、ラッキー!


なぜ増毛を目的地の一つにしたかというと、

日本最北端の酒造「国稀」さんがあるからです。

お店へ入ると、
ヒグマさんがお出迎え(安全なやつ)。

奥にも資料と、テイスティングコーナーあり。


私は自分用にカップ酒と、テイスティングさせてもらった梅酒を購入!

この国稀酒造から旧増毛駅まで歩いてみました。

派手さはないものの、実は美味しそうなお店がいっぱい。
海鮮丼、お寿司、ラーメン、スイーツ…。
胃が何個もあるなら全部制覇してみたい(笑)


そして、
私達は増毛駅で
たこザンギを購入しました。
揚げたてです!
タコも衣も美味しい〜!
カップは小さいように見えてたっぷり入っていました!
あつあつも、時間少しおいて冷えたのもうまい。
(一つ500円)
で、この、増毛駅の昔の線路側の方向に、
海産のお店があります。
甘エビとタコがたくさん!
売り場から、
中で作業しているところも見えるのですが、
海老がどんどん台に置かれて、仕分けられているのを見ることができます。
作業をテキパキこなす姿を見てると、とても楽しい!


そして
お店には
マグロの大きな頭が。


すごく大きいのだけど、
値段は540円!

持って帰ることができれば、
かなりのお買い得品です(笑)

我が家も
もし日帰り出来たなら甘エビもタコも買ってたな。

地元の人がうらやましいです。

とにかく、この増毛、
お腹すかせて行くのがおすすめな街です〜!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道旅行2023石狩から白銀の滝まで

2023-08-31 23:39:38 | ぼやき
舞鶴から約22時間のフェリーで小樽港へ到着したのが
21時30分頃。

北海道へ上陸し、
すぐに宿へ。

石狩のスーパーホテルさんへの宿泊でしたが、
翌朝起きたら雨降ってる〜。
(予報では一週間ほど傘マーク)
天気が心配と思いながら、北へ北へと出発。
北海道の地図で言う左側(オロロンライン)を海沿いに走ります。

さっそく土砂降りに遭いますが、

見たいところに到着すると
ピタリと雨が止む!ラッキーです。


白銀の滝。

直前まで土砂降りだったせいか、水量も勢いも◎。
滝の見ごたえバッチリ!

滝の周辺には赤い実がなっています。

この実は、はまなすの実。

乗ってきたフェリーの名前も「はまなす」だったなぁ、
これのことかー!と、さっそく北海道の道花を鑑賞したのでした。


ここで滝を見たあとは、
最北端の酒造がある
増毛へ向かいます。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

舞鶴から小樽への新日本海フェリー、はまなす

2023-08-20 22:40:46 | ぼやき
新日本海フェリーに舞鶴から乗りました!
マイカーを乗せたのですが、運転手以外は家族であれど、徒歩での乗船です。

出航が23時台なので、乗船したらすぐ寝ることになりますが、なかなか船内も快適。



3フロアあって中央らなかなか豪華(*^^*)

私と息子氏はツーリストSのお部屋。
カーテンで仕切られた個室です。

開けたらこんな感じ。


手前にテレビもあるし、コンセントもあるのでスマホの充電も心配ないです。
ただし、出航中は電波が全く届かないので、スマホ使うこともあんまりないのですが(笑)


そして洗面台。
数も多いので、朝ごった返すこともなく快適。

その隣はコインランドリー。
時間もたっぷりあるし、洗濯するのもいいね!(特に復路は)


そして、オフロ。
写真には撮れないですが
大浴場も、とても快適です。
日本海の景色を見ながら湯船に浸かることができるのですから贅沢です。

売店もレストランもあって映画を見せてくれるカンファレンスルームもある…。





とにかくフェリーの
設備が整っていたので、イメージが変わりました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新日本海フェリーで小樽へ

2023-08-14 00:05:48 | ぼやき
新日本海フェリーで
京都舞鶴港から、北海道小樽港へ!

ほぼ一日乗船のクルーズです!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デザートかと思ったら

2023-07-30 23:04:20 | グルメ・食
江田島の割烹大学。

なんだか器の盛り付けとかオシャレになってた!

デザートでプリンだと思ってたガラスの器に入ってたものが、
コーンポタージュだったときは「ん!」と自分の反応に笑った。

人間、想像してる味と違う時面白い反応をするものだ。

最後まで大切にキープしてた自分(笑)

でも、このポタージュ、とうもろこしの甘みが強くて美味しかった!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久々の防府基地祭

2023-07-22 23:39:01 | ぼやき
防府の基地祭に行ってきました。

臨時駐車場手前で渋滞!
ナビであと3分のはずのところを40分ほどかけてやっと入れました。

そっからシャトルバスで移動…。

ブルーが見たかったのはもちろんですが、
Fもカッコいいです。

私は轟音を聴くとあぁー基地祭来た!とテンションが上がるニンゲンです。



色々思うことがあって
空を見上げてたら涙腺が緩んだ。

戦闘機見ながら泣いてるヤツ私ぐらいしかおらんだろう(笑)


帰りのバスも長蛇の列に並んで、
イベントに来たのを実感します。

しばらく基地祭に行けてなかったので、
ひさびさの感覚でした。

防府からの帰りは、
ちょっと足を伸ばして、
いつもの長沢ガーデン。







美味しゅうございました!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする