子ども相談室 すきっと

子どもと自分を育てるブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

45.怒った後のフォローが大事

2015-11-09 20:35:47 | 赤ちゃん~入学前まで

先日、家具屋の駐車場でのことです。

私の車の隣にワンボックスが止まっていました。
持ち主の親子連れが、買い物を終えて大きな荷物を抱えて車のところに帰ってきました。

太くて長~い荷物がいくつかあったのですが、
2人兄弟のお兄ちゃんらしき子(年中くらいでしょうか)が、
お父さんを手伝ってその荷物を一つ運んでいました。

お父さんは、ワンボックスの後ろを開けて荷物を積み始めたのですが、
しばらくして突然その男の子に
「引きずって持ってきただろう!まったく~」と大きな声で怒鳴りました。

男の子は突然のことに戸惑い、困った顔でそこにたたずんでいました。
お母さんも弟も無言のままです。


ふとその時は、「折角手伝ったのに。あんな怒られ方をしたら、
もぅあの子はお手伝いをしないな。困ったお父さんだな~」と思ったのですが、
しばらくして、考え直しました。

一生懸命にお手伝いをしたことは、ほめてあげなければなりませんが、
荷物の底が破けてしまっていたことは良いことではありません。
どうすべきだったかを父親が厳しく言うことは、間違いではないと思います。
問題は、その時の母親の対応(フォロー)にあると感じました。
そこで怒られっぱなしにするのではなく、
「荷物の底が破けてたんだって。重たかったから引きずっちゃったんだね」と
どうして怒られたのかをきちんと説明してあげて、
「でも、がんばってお手伝いしたんだよね。偉かったね」と
手伝ったことをほめてあげれば、
子どもは混乱せずにすんだのではないかと思います。


よく小学校で子どものカウンセリングをしていると、
「親に怒られるんだけど、何を怒られているのかわからない…」という話を聞きます。 
そんな話を聞くにつけ、
親もわかって怒っているのかな~と考えてしまうことがあります。

怒った後のフォロー、忘れないであげてくださいね。 

コメント   この記事についてブログを書く
« 44.子どもたちの表情を育てる | トップ | 46.子育ての孤独 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

赤ちゃん~入学前まで」カテゴリの最新記事