子ども相談室 すきっと

子どもと自分を育てるブログ

52.こどもの「ことば」を育てる関わりを大切にしましょう

2019-05-02 11:45:11 | おじいちゃん・おばあちゃんのこと

1ヶ月に1回、孫を預かって一緒に過ごしています。

2年生と3年生。同性の姉妹ということもあり、
妹は常に姉を意識して行動しています。

そして、とにかくよくしゃべる。

親が忙しく働いているということもあり、
自分の方を向いてもらうために、
話すことが癖になっているのかもしれません。

こちらが話すことに対しても、
良い悪いもわからずにいちいち反応して返してくるため、
時にはカチンと来ることも…。
考えて話しているのではなく、反射的にことばにしている感じです。

初めはそのまま流していましたが、
「これを友だちにやっていたら、自分ではわからないうちに友だちに嫌われてしまうのでは」と思い、
「そんなことを言われると、おばあちゃんはいやな気持ちになるよ」と応えることにしました。

ところが、それに対しても「ならないもん」と、
また反射的な言葉が返ってきます。
いやはや…


昔から、しつけは親の仕事といわれてきましたが、
本当にそうでしょうか…。

1日目は余裕を持って孫たちに関われても、
2日、3日と経っていく内に、食事の支度や片付け、
お風呂に入れたり寝かせたりなどやることが多くなり、
自分をコントロールすることが難しくなっていくのを感じました。

親は、毎日仕事をしながら子育てをしていますから、
余裕がないのは当たり前です。
しつけにまで手が回らず、怒ってしまうことも仕方のないことです。

子どもたちが社会に出て、人と上手に関わっていけるようになるためには、
祖父母や地域の大人たちが、子育て中の親をサポートしながら、
子どもたちに人との関わり方(ソーシャルスキル)を、
ていねいに教えていってあげることが必要です。


今の時代、子育てをするのは本当に難しいと思います。

歳をとったら、自分のことはさておき、
身近な子どもたちや親たちを支えていってあげられる
そんなステキな大人になりたいものですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 51.新しい家族としての価... | トップ | ブログで『子育てプチ心理学... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

おじいちゃん・おばあちゃんのこと」カテゴリの最新記事