子ども相談室 すきっと

子どもと自分を育てるブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

43.子どもの前で先生を悪く言わない

2014-06-03 22:55:15 | 小・中学生の頃

新年度になり、新しいクラスになると
子どもたちは家で担任の先生の話をすることがあります。

担任の先生が変わると、当然勉強等のやり方も変わりますから、
子どもたちは戸惑いもあり、先生の不満を言うこともあるでしょう。

でも、そんな時に一緒になって「困った先生だね~」などと言うと
とたんに子どもたちは先生の困ったところを見つけては、
お母さんに話すようになります。

お母さんに同調してもらって力を得た子どもたちは、
時に先生に対して自分を主張するために反抗的な態度をとることもあるでしょう。

そうなると集団を扱っている先生としては、とても困ってしまいます。

子どもが大人になったとき、自分に合う人とばかり一緒にいられるわけではありません。
時には気の合わない人とでも、一緒に仕事をしていかなければならないこともあるでしょう。

小学校、中学校といろいろな先生と出会います。
好きとかきらいではなく、それぞれの先生とどうか変わっていくのか、
それが子どもたちの勉強になります。

親は、子どもの話は聴いてあげても、余計な意見は言わず、
見守っていく姿勢が大切です。
自分で考えて行動する力を身につけることが、
将来の自分づくりの大切な要素の一つなのですから…(^^)。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 42.子育て…。今、知ってお... | トップ | 44.子どもたちの表情を育てる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小・中学生の頃」カテゴリの最新記事