「ソドンヨ」百済王国

「ソドンヨ」をはじめとするビョンフンドラマ情報です。
歴史ドラマ好きの方よろしくお願いします。

ヨンエさんは申師任堂 ?

2014-08-20 22:01:10 | 韓国歴史ドラマ
「大長今2」に出ないことを決めたヨンエさんですが、3ヶ月前に依頼があった「申師任堂 」に心奪われていたようです。 ニュースソースは http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9165677/ 申師任堂 とは、韓国では5万w札になっている女性で、詩人で書家で画家と言う朝鮮時代では大変珍しい女性です。 朝鮮時代は、女性が家のこと以外の何かをするこ . . . 本文を読む
コメント

NHK BS 奇皇后 なんですね。

2014-06-29 00:14:51 | 韓国歴史ドラマ
いよいよ明日、BSでは馬医が最終回。 次は?と思ったら・・。 「奇皇后」なんですね。 チョット意外。それにしても、ハ・ジウォンちゃんはNHKに愛されすぎ! . . . 本文を読む
コメント

イ・ヨンエさん 「大長今2」には出ません。

2014-05-20 03:09:03 | 大長今2
ヨンエさんが”一身上の都合”で「大長今2」には出演しないと正式に表明しました。予想通りかな・・・・ . . . 本文を読む
コメント

【訃報】 キム・ヨンチョル撮影監督死去

2014-03-24 20:58:50 | イ・ビョンフン監督
「朝鮮王朝500年」から監督のドラマを撮影してきてくれたキム・ヨンチョル撮影監督がお亡くなりになったそうです。脳梗塞みたいで、突然の死去です。 . . . 本文を読む
コメント

いよいよ決まり?大長今2

2014-03-20 17:03:01 | 大長今2
今日、どーっと記事が出てます。いよいよ、ヨンエさんが決断してくれたのかな。やはり、著作権をもっているキム・ヨンヒョンさんが書くようです。合計4人の作家で共同執筆。キム・イヨンさんは入らないのかな。イ・ビョンフン監督の名前もほとんどないし。11月に監督は、大長今2 と別の作品を準備していると言ってました。どうなるのかなぁ。記事によると 2の設定チャングムは、母として幸せに暮らしていたのに、またまた、 . . . 本文を読む
コメント

ヒョンジェ氏 「帝王の娘 手白香」聖王役

2013-09-27 20:59:32 | チョ・ヒョンジェ氏
今日、制作発表会がありました。 百済の姫が主役なんだー位しか思ってなかったら、 ヒョンジェ氏の顔が すいません。今日知りました。。 男性主人公だそうです。 8年ぶり の史劇だと あれー史劇は、もうこりごりと言っていたような。 それも、珍しすぎる百済もので さらに、王子 → 王 「ソドンヨ」の設定では、 武寧王 → 聖王 → 威徳王 → 武王 ソドンのおじいち . . . 本文を読む
コメント

馬医お疲れ様です。

2013-03-25 23:29:42 | 馬医
最終回終わりましたね。監督によると、今日まで撮影していたそうです。  長い撮影  ホントにお疲れ様でした。 . . . 本文を読む
コメント

「同伊」最後の撮影の模様 in 慶州

2010-10-15 03:14:11 | 同伊
ラストシーンの撮影の模様が公開されました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ビョンフン監督反省しきり・・・次回作は?!!

2010-10-13 23:38:59 | 同伊
「同伊」は私を謙虚にさせてくれる作品と・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)

「同伊」終わりましたね。お疲れパーティーです。

2010-10-13 22:24:47 | 同伊
超 久しぶりの書き込みです。 . . . 本文を読む
コメント

どうなる「同伊」撮影はいったい。。。。

2010-09-02 03:39:51 | 同伊
視聴率が上昇中なのに・・・またもや起こってしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

結局・・撃沈。。。あぁ「同伊」

2010-08-13 01:14:15 | 同伊
とうとう勝負に負けてしまいました。。。 . . . 本文を読む
コメント (4)

「同伊」イム・ヒョンジュ氏の主題歌話題

2010-08-10 01:49:00 | 同伊
最近日本では聞かれなかったので 久々の歌声うれしいです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

そして・・「同伊」再放送に・・・更に

2010-08-08 03:26:04 | 同伊
「同伊」ドラマガイド まであります。。。 . . . 本文を読む
コメント

9日(月)の夜遅くから「スポットライト」集中放送

2010-08-08 03:07:20 | 同伊
というわけで チ・ジニ氏のファンは大変です。。。 . . . 本文を読む
コメント