ならおうは穏やかに語る

Fly Fishingを中心に難しい話からヨタ話まで支離滅裂な雑文。
(09/08/23カウンターを付けました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なごみの湖は雨だった

2006-05-26 23:16:14 | 釣り
余りにも仕事が忙しいのですが、無理矢理休みを取ってなごみの湖にやってきました。
週末の疲れが溜まっているので6時半に現地入りすることは出来ず、ゆっくり起きたら現地着は9時半を廻っていました(笑)。
まずは第一桟橋。風が結構強く肌寒いです。風はいつものように上流へ吹き上げるので堰堤方向にはたまにしか向けません。まずはCDCをハックルしたドライフライ(ガガンボパターン#14)。これを風裏に落とすと結構楽しい釣りができました。
しかし
フロロのTippet(というよりも単なるハリスのSeager ACE 0.6号(6X相当)が非常に弱い。
どうも経時劣化しているのか、昨晩交換したVarivas Tapered Leader (Misty Gray DRY)6Xとの結束部(トリプルサージェント)からの切断が5発。全て結び目が残っているのでTippetが負けていることが判ります。

前回はVarivas Standard(緑)5Xが、Seager Grand Max0.8号(5X相当)に負けてたのですが、今回は逆転でした。(前回は大雨後の濁りもあり、LeaderのTippet部を捨ててSeager 1号(4X相当)でリトリーブの釣りをしていました。

と言うわけで今日のためにTMC 108SP-BL#14やプードル専用フックC14-BV#14に巻いてきたガガンボは全てティペット付きで魚の口に・・・。
そうそう、C14-BV#14は40cmのニジマスに耐えました(なごみの居付)が、2匹目のバラシをみたらのされていました。
残ったガガンボは針が伸びてたり、CDCが無くなってしまったりで使い物にならなくなり、ガガンボは品切れとなりました。

Tippet6Xに見切りをつけて5Xにして代用のプードルではイマイチ反応が悪いしEHCだと浮きすぎて乗らないので、ソフトハックルで暫く遊ばしてもらいました。でもちょっとサイズが小さいので黒のゾンカーのにしました。コレも大当たり。沈めて引くとガツン。でかいフライにはでかい魚。ですな。
とま、9時半から12時頃ま小雨がぱらつき出すまではちょっと肌寒いけど快適に楽しめました。そしてパラパラ雨が降ってきたのでカッパを着て小雨の中を釣ります。

肌寒い気候なので防水透湿系(ゴアテックスなど)でないゴム引きのカッパでも蒸れっませんでしたが、撥水性が十分でないので、これからはゴアテックスが欲しくなるでしょうね。

さて、本降りの前に風が強くなってきて、ラインが流されるので(シンキングにしても良いんだけど交換するのがめんどくさい)ので固定桟橋へ行きました。黒のゾンカーで調子よくヒット。これは手前でばらしましたが、ばれたフライを目前で襲うイワナが居たりしてそのままサイトフィッシングも結構楽しめました。そしてちょっと沖目に投げてヒットしたビッグワンが大変。
固定桟橋はスタンプがあるのですが、スタンプを廻ってTippet5Xを切っていきました。フライラインやLEADERには傷がなかったのですが、ここじゃ大物をやりとりするのは困難と判断して奥の第2桟橋へ移動。(中央桟橋は先客二人)

アタリフライをロストとしているので無難なソフトハックルで挑みましたがヒットしません。そこで沈むフライ(スカッド)に換えたら状況は大きく変化。結構入れ食いです。そのうちの一匹はLLで一気にラインを引き込むので合わせると強烈なラン。リールの逆回転が凄く一気に残りのライン数mとパッキングラインを半分ぐらい引きずり出しいました。なかなかの強者で第2桟橋と中央桟橋の間を縦横無尽にかけまくりました。この辺がなごみのニジマスですね。
この強烈なランがあるからなごみに来るのであって、数を釣るとかちょっと綺麗とかじゃありませんな。釣り味を堪能できます。

中央桟橋のお客さんが1人になったので私も中央桟橋に移動。ここでも結構楽しめました。写真はなごみの湖で撮影されたもので私の部分だけ引用しています。
LLで倒木横に沈めたスカッドにヒットしたものです。良いベンディングですな(笑)。

今日も数釣りをメインにしていたのではないのですが、なんやかんやで30尾ほど釣ったと思います。「なごみっこ」、「イワナ」、「ブルック」、「サクラマス」も混じっていてそういう楽しみも含めて結構楽しめました。

でもでかいニジマスを楽しめるのがなごみの良いところですね。

本日の教訓
・やっぱりGoretexが欲しい。肩が冷えた。
・ハリス(Tippet)強度はよく確かめてから使いましょう。
・使わないフライの整理。(実験フライのお蔵入り(笑))

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヨコヅナサシガメ | トップ | モナコGP予選2006 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レインギア。 (つきちん。)
2006-05-27 20:43:25
ならおう様、こんにちは。

雨でもなごみの湖を堪能されたご様子で。ティペット切れは…、なんでーって感じですよね(笑)。

オリーブのカッパ、ナイスコーディネートですぅ(笑)。
平日休んでますから・・・。 (ならおう)
2006-05-27 21:24:30
意地で行きました。ラインクリーニングしていないとか、もっと巻こうと思ってたフライを殆ど巻いていないとか、金曜日に十分な準備をして土曜日に挑むことも考えましたが、前線通過と重なると厳しいだろうから金曜日に行きました。

Tippet切れは本当に「なんでやねん」と思いますね。

ドライだから。ボコ!。竿を立てて魚の重量を感じる。十分乗ったと思ったら「ふ」。始めは唾が足らなかった?と思いましたが、どうも結節強度が落ちていたようです。



でオリーブのカッパはホームセンターで買った緊急用ですが、無いよりはあった方がよいと言うレベルです。ま、完全ビニールのモノより増しですが(笑)。



そろそろ本気でゴアテックス買おうと思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣り」カテゴリの最新記事