桃胡と胡太とちびた+夫婦Day*s

マイペースな桃胡と、やんちゃで甘えん坊な胡太、それ以上にやんちゃなちびた、2パグと1幼児に振り回される夫婦の日々。

おばあちゃん、いる?

2008-08-06 | ひとりごと
昨日、母方のおばちゃんが亡くなった。
わたしにとって、一番思い出がいっぱいある大好きなおばあちゃんだ。

一昨日の晩、深夜に母から電話がかかってきて祖母の危篤の報を受けた。
すぐに向かう準備をしたけど、その晩は持ち直したので先生の話だと2~3日は大丈夫だそうだ。
母たちも一度家に帰って、昨日は一緒に面会時間(13:00頃)に行くはずだった。

朝10時頃、また母からの電話。・・・イヤな予感。
祖母が危篤状態に陥ったので至急遽病院へ来てください、と病院から連絡があったそうだ。
ちょっと待ってよ、昨日は大丈夫って言ってたじゃん!!
わたしは今千葉に住んでるので川崎の病院に行くまでに2時間はかかる。
どうしよう、間に合わなかったら・・・


ドキドキしながら川崎まで向かったけど。。。


・・・結局間に合わなかった。母たちも間に合わなかったそうだ。
向かってる途中で母からその連絡を受けたとき、わたしは母に怒りをぶつけてしまった。
だったら昨夜のうちに逢いたかった!大丈夫って言ったじゃん!って。

でもお母さんのせいじゃない。わかってるんだけど。。。ごめんね。

先生の診断ミス?
旦那ちゃんが、「医療ミスじゃね?」って言った。(・・・まさかね?Σ( ̄ロ ̄lll)


病院について、おばあちゃんに「ごめんね、遅くなって」って謝った。
霊安室に移動する前には間に合ったので、お水を含ませてあげたりは出来た。
車の中で散々号泣したから、もう泣かないぞって決めてたのに、やっぱり顔見たら涙が溢れてきた。
昨日来れなくてごめんね。ほんとにごめんね。間に合わなくてごめんなさい。
やっぱり、どうしてもどうしても逢いたかったよ。


+++++++


1週間前に祖母が心不全で倒れてから、目を覚ますごとに言ってた言葉があるそうだ。
「おじいちゃんは??」、「あれ、わたしを置いてっちゃったの?」って。
きっと8年前に亡くなったおじいちゃんが迎えに来てたのかもしれないね。
おばあちゃんの夢の中に来てたのかも。

わたしは普段そういうのは信じないんだけど、今回ばかりは信じたくなった。
今おじいちゃんと一緒にいるのかな?
おじいちゃんが大好きだったおばあちゃんだから今頃は喜んでるかもね。


今はお母さんが心配。
お母さんは昨日泣かなかった。実感がわかないんだって。
お葬式まではやること、いっぱいあるもんね。
それで気を張ってられるならいいけど・・・あんまり無理はしないでほしい。

お葬式は今度の土日なので、わたしは駆けつけてくれた旦那ちゃんと一緒に家に帰ってきた。
一昨日は気を張っててあんまり眠れなかったので、昨日は泥のように眠ってしまった。
お母さんも眠れたかな?
コメント

Villa Oriental

2008-08-04 | 外ごはん
Villa Oriental@銀座
HPはコチラから。(ぐるなび)


友達の誕生日だったのでアニバーサリーコースで予約。飲み放題込みで5000円。
特典がいっぱいついてて、とても喜んでくれました


まずは特典のシャンパンで乾杯



コースのお料理。
飲み放題メニューも果実酒や果実ビネガーのサワーなど、女性に嬉しい飲み物がいっぱいで嬉しかった。


前菜/赤鶏の白レバーパテ&野菜のハニーピクルス


サラダ/真蛸と色々野菜のシーザーサラダ


鮮魚/活カンパチのカルパッチョ


魚料理/白身魚と小海老のオリエンタルスパイス風味 夏野菜添え


食事/鶏肉と夏野菜のガーリックピラフ


・・・あれれ?お肉料理の写真撮り忘れちゃった


食事が終わりに近づいた頃、サプライズタイム


上からバブルシャワー


バースディソングと共にメッセージが書かれたデザートが運ばれてくる。


ティアラも貸し出し ・・・見えるかな?w


ほかにも記念写真撮影&メモリアルカードを頂けます。


お誕生日おめでとう!!

コメント

未熟者・・・

2008-08-02 | ひとりごと
10年来の友達から「赤ちゃんが出来たので結婚します」って報告メールがあった。

ホントだったら「おめでとう!!!」って気持ちになるんだろうけど・・・
彼女とはわたしの結婚式のときにドタキャンされて以来連絡がないままで、こちらから連絡することもなく疎遠になってた。
自分でも心が狭いなぁって思ったりするけど、でもお料理や引き出物もキャンセルできずに料金かかったし、席次表だって彼女の名前が入ままで空席。
連絡も一切ないから彼女のための引き出物も未だに我が家で眠ったまま。

お金の問題だけじゃなくて、なんか裏切られた気がして未だに引き出物を目にするたびに悲しい気持ちになる。
わたしは彼女を大切な友達だと思っていたけど、彼女にとってはそうじゃなかったのかな。



結婚も妊娠もオメデタイことだし、彼女にも幸せにはなってほしいけど、・・・正直、もうかかわりたくないとも思ってしまう自分もいて・・・


旦那サマは前々から相談に乗ってた、あまり彼女にとってよくない状況になってしまいそうな人で、これまたちょっと心配だし。

まぁいいんだけどね。本人が幸せなら。わたしが口出すことじゃない。


あー、なんか気持ちがぐちゃぐちゃ。
友達の結婚を祝えないなんて、なんてイヤなヤツなんだろう。

ちょっと自己嫌悪。
コメント

「クライマーズ・ハイ」

2008-08-02 | 映画

2008年/日本
監督;原田眞人


1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をモチーフにした横山秀夫の同名小説を映画化。

わたしが小学校のときに起きた事故だ。
テレビや新聞で毎日流れていたのをなんとなくだけど覚えてる。

今みたいに携帯もインターネットも普及してない時代、真実を伝えようと足で動くしかなかった記者の苦悩や必死さ、現場での決断の難しさの中で葛藤する人たちの熱気はすごかった。
新聞社内の緊張感、事故現場に行って惨状を目の当たりにした人の葛藤と狂気、実際に起きた事件だったからこそ、その臨場感にすごく引き込まれた。



未だに事故原因は不明だったんだね。知らなかった。


原作の小説を読んでみようと思う。
コメント

「バタフライ・エフェクト」

2008-08-02 | 映画

2004年/アメリカ
監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー


過去に戻って未来を変えることの出来る力を持ってることに気付いたを主人公(エヴァン)は、かつて好きだった女の子のために過去に戻って未来を変えようとする。
でも、恋人や親や友人を今よりも幸せにするために過去に戻って未来を変えたはずなのに、変えれば変えるほど、変えたはずの未来は誰かにとってはより不幸な未来だったりする。

そしてエヴァンが最後に賭けた未来は、自分にかかわる女の子や友人との縁を最初からなくすものだった。

たしかに最初から知り合いにならなければ、誰も不幸になることはない。
こじれにこじれた未来を修正するためにはよかったのかもしれないけど・・・

最後にエヴァンと彼女がすれ違うシーン、せつなかったなぁ。


そういえば、劇場公開版とは別に異なるラストが入ってるディレクターズカット版もあるみたい。

今度観てみよう。
コメント (2)