-FACES OF STRANGERS-

【事実】は、それよりはるかに多い【顔】で覆い隠されている様に感じる。
私の心が【FACE】を捉えた瞬間を書きとめたい。

ゲシュタルト療法の怖い体験(2) 「未完」とは完結するのか?

2013年05月10日 06時43分49秒 | カウンセリングの心と技

さて、ゲシュタルト療法では、「過去の未完の出来事は、ゲシュタルトとして完成されていないモヤモヤとして残っていて(「抑圧」という精神分析用語は用いられない)それを意識化させ、完結することで症状は無くなる、という。

フロイトは、「抑圧した過去を知る」ことで症状がよくなると言った。

パールズは、過去ではなく今、ここで完結することの大切さを説いている。
というのも、「過去の経験」ではなく、「今、ここの自分が感じている過去の経験」であり、そして「今、ここの自分が過去の出来事に投影しているもの」であるからだ。

すなわち、ゲシュタルト療法には「過去」はなく、すべて「今、ここの自分が感じているもの」であると、考える。もし「過去」や「未来」であるなら、それは「思考の産物」であるとされる。

さて、「過去の出来事を未完のまま抱えているから症状が出る」と、「それは、あくまでも今、ここの自分が過去に投影しているものだ」のふたつをもって、「過去を今、ここで完結する」ことって、どういうことだろうか?


私は、こう考える。

「過去は、変わらない」・・・これは、当たり前の話だ。とすれば、ゲシュタルトのワークで未完を完結する作業、それは実は、「過去に対する認知を変える作業」だと思う。
つまり、思考によって過去を捉え直す作業。

かのロフタス女史は、「偽りの記憶は作り出せる」と言った。
フロイトは、「過去に現実に何があったかではなく、本人がそう思っている、その心的現実が大切だ」と言った。

ゲシュタルト療法は、思考を用いてその「心的現実」のストーリーを書き上げる作業とも言える。

それは豊かなイマジネーションを働かせる、極めて認知的プロセスだと思う。

Comment   この記事についてブログを書く
« ゲシュタルト療法の怖い体験(... | TOP | Lester Young の 『Sometimes... »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | カウンセリングの心と技