day by day

癒さぬ傷口が 栄光への入口

立ち上がるたびに転んで這いつくばってでも進んで

2019-09-19 | エイト。
いや、本当は亮ちゃん脱退のことについてちゃんと心を整理して何か書こうと準備はしていたんですよ。 でももうエイトが頭おかしくなったの?????って爆走始めてしまったのでとりいそぎこっち書きます。 亮ちゃん脱退を発表した動画メッセージの終わりに 「もう一度やってみたかった47都道府県ツアーをやります!11月から!!」 って言われた時点でもう何なのこの人たちもうここで討ち死にしていい覚悟なのって思った . . . Read more
Comment

野球がある、当たり前の日

2019-09-18 | モウギュウ。
今、ホークス対イーグルスの試合を見ながらこれを書いています。 シーズン終盤にブーストかけてきたライオンズがホークスを追い抜いてマジック点灯。 イーグルスも4位ながらCS出場を勝ち取るため最後の戦いをしているところです。 2-2で膠着していた試合ですがさっき、イーグルスが3点取って攻撃中。あ、チェンジになりました。 シーズンが終わるまで勝って負けてバンザイして悔しがって、そんな「当たり前」 . . . Read more
Comment

生まれてくれてありがとう

2019-09-11 | エイト。
安田章大さん35歳のお誕生日おめでとー! 生まれてきてくれてありがとう。 生きててくれてありがとう。 あなたのこれからが健やかで幸せで笑顔に溢れたものでありますように。 ところでとてもどうでもいい話ですが、吉川晃司デビュー年3枚目のシングル「LA VIE EN ROSE」が発売された翌日に章ちゃんがご誕生なさったのですよね…あはは… . . . Read more
Comment

変わってゆくって分ってたあの日、僕ら走れるだけ駆け抜けた

2019-09-10 | エイト。
関ジャニ∞の歌に「ノスタルジア」という楽曲がある。 丸山・安田・錦戸・大倉の年下組4人ユニットのダンス曲で、アルバム「ジャム」初回限定盤Aに収録されている。 「無邪気だった青春時代」を振り返りつつ「出会いと別れを経て大人になった僕がそれでも前を向いてこれからを生きてゆく」という、30代の男性グループが歌う歌として普遍的なテーマであり、関ジャニ∞の歌には同様のテーマのものも少なくない印象がある。 . . . Read more
Comment

【K2】35th Anniversari LIVE 2019 ファイナル@幕張メッセ[2019/9/8]

2019-09-09 | Flash Back~music
5月から、じゃなかった2/1から始まった35周年ツアー。 これにて完走! 海浜幕張にはご存じの通り主に野球で行くのですが(今年も開幕で行きました)、幕張メッセとなるといつ以来だろう? もしかしたらコミケが一瞬幕張メッセでやってた時に1回だけ行ったことある気がします。多分それくらいです。野球のチケットもイーグルスのレプユニも持ってないのに海浜幕張にいる自分が不思議です(笑)。 今回は台風 . . . Read more
Comment

目の前の向こうへ(仮)

2019-09-08 | エイト。
仮アップです。出来れば数日中にまとめたいと思います。 亮ちゃんのこと。 すっごく忙しくて、落ち着いてこのことについて書いている余裕がなかったのですがそうしてる間に丸ちゃんと大倉がそれぞれ自分のテレビ番組なりラジオなりで自分の言葉でしっかりと説明してくれました。 実をいうと私はまだ泣けていません。 納得はしました。 47にもいつチケ予約の告知が出ても準備万端です。 亮ちゃんのこれからもすばる . . . Read more
Comment

終章

2019-08-28 | オンガク。
※どうしてもきれいにまとまった文章に出来なかったので多分に感情的ですが、この件について書き残すにはこの感情も一緒に乗せておくべきだと思ったのでこのまま載せます。ご容赦下さい。 レコード会社の「発売日」というのはだいたい月の何日と決まっているものなので、実は色々な人の「デビュー記念日」が重なることはそう珍しいことではない。 8月25日。 例えば、関ジャニ∞が関西限定でシングルを発売した「関西デ . . . Read more
Comment

【TYM】THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR2019『GRATEFUL SPOONFUL』@神戸ワールド記念ホール[2019/8/26]

2019-08-27 | Flash Back~music
はい、6月頭の方で大阪城Hのハート♥️とダイヤ♦️の公演を見たらまんまと残り二つも見たくなってしまったわけですよ。なんというカモ。カモ。 と思ったら同じような人が多かったらしく… 8/26の♣️の日しか取れませんでした。 大阪の時点ではまだ神戸チケットあるよ買って~みたいなことを言ってたけど、無事神戸の2日間とも完売したそうです。当日券もなし。 んもー、商売上手いわね!! で私は会社の夏休み . . . Read more
Comment

吉川晃司と私(2001)~SOLID SOUL~

2019-08-20 | キッカワ。
※このシリーズは私=ヤマシナセンカ(さいん)が関わってきた吉川晃司の記憶を掘り起こしながら懐古しているものであり、当時書き残したものや公式のディスコグラフィーなどを頼りにあくまで主観的なものとして書いております。このため記憶違いや事実と異なることも多々あると思いますがその点お含みおき下さい。 2001年。 私の中で「なんかしらんが無敵」に認定された吉川晃司だがリリースの面ではいまだ状況は良くな . . . Read more
Comment

【K2】35th Anniversari LIVE 2019@名古屋センチュリーホール[2019/8/10]

2019-08-13 | Flash Back~music
近年は名古屋は愛知県芸術劇場を使うことが多かったのですが今年はひっさしぶりのセンチュリーホールでした。何年ぶりだろう?? キャパシティで言うと名古屋市民会館(日本特殊陶業市民会館)が約2300、芸術劇場が約2500、でセンチュリーが3000らしいです。どうも名古屋公演は完売せずに当日券を発売しているイメージがあったのですが、今回は満員御礼だったそう!おめでとう!夏休みだからか?!← そして高松 . . . Read more
Comment

吉川晃司と私(2000)~HOT ROD MAN RETURNS~

2019-08-09 | キッカワ。
ミレニアム。 これまで19XX年だったものが20XX年となるのはとてつもない変化に思えて、意外なほどあっさりとやってきた。 不安視されていた2000年問題も世界中の技術者が頑張ってくれた賜物ではあるのだろうが日常に支障をきたすほどのトラブルを起こしたりはしなかった。 思えば当然なのだが超えてみればそれは昨日と同じような日常が同じように少しずつ変化しながら流れるだけだった。 1999、HOT RO . . . Read more
Comment

どんなときも君の声、剥がれない

2019-08-08 | エイト。
エイトの日2本目。 というかカテゴリを分けるかどうか迷ったんですがあんまり増やすのもアレなので、当分このままいきます。 すばるの話です。 渋谷すばるがジャニーズ事務所を退所してフリーになったのが2019年1月1日。 2018年7月に最後のテレビ出演を果たし、「LIFE~目の前の向こうへ~」を歌いきって最後に「Eighter───!!!!」と叫んで約8ヶ月弱。すばるは見事なまでに完全に私たち . . . Read more
Comment

僕ら人生のステージの上にはいつだって全員で並んでいる

2019-08-08 | エイト。
えー、週末に新潟へ出張行ってまして、帰ってきてからも仕事(本業もハンドメイドの方も)がなんやかや忙しくて手がつけられなかったのですがその間になんかこう書きたいような出来事が諸々ありました。 ちょっとタイミング遅いけどせっかくエイトの日8/8なので書きとめておきますね。まずはラジオの話。 毎週土曜日の深夜、オールナイトニッポンSPとして関ジャニ∞大倉忠義と高橋優のラジオ番組「大倉くんと高橋くん」が . . . Read more
Comment

歌の中のライオンたち

2019-08-02 | オンガク。
勢いづいて3日連続吉川と私を更新してしまった(12年半も止めてたくせに)のでひとやすみ。 前エントリで吉川晃司の「Flashback」という楽曲の歌詞についてちょっと触れたのですがこの歌では「ライオン」が吉川自身の象徴のように書かれています。 それでふと頭に浮かんだのですが、世の中には「ライオン」がモチーフとして使われている歌がものすごくたくさんあるな、と。 検索したりしなくてもぱっと歌詞まで . . . Read more
Comment

吉川晃司と私(1999)~HOT ROD~

2019-07-31 | キッカワ。
世界は世紀末を迎えた。 子どもの頃に流行ったノストラダムスの大予言。 1999年7の月は目前に迫っている。 大人の世界では、恐怖の大王よりも2000年問題の方が興味を集めていた。 そんな年の初め。 実質の吉川晃司デビュー15周年記念日は特には何も無く過ぎ去り、そのすぐ後にライブアルバムとシングルがリリースされた。 例の、映像作品としてはリリースされなかったHEROIC Rendezvousツアー . . . Read more
Comment