★【検索・ランキング:①~⑩】 論述・穴埋めのトレーニング 

大学入試の基礎知識
[▲▲▲]=穴埋め・正誤問題⇒小論述・中論述・大論述(1万字)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆【千代田図書館】=【平日は午後10時まで・・】=【図書館のはしご!】が可能

2009-10-25 05:21:33 | 図書館
[総合ランキング] デイリー : 22190位 月間 : 16871位
[ジャンルランキング] 高校生 : 229位



 宮澤賢治『やまなし』(読み聞かせ版:ひらがな版・大活字版)
テーマ:ブログ

« 図書館 バイトって・・・ | 記事一覧 | 大学院 »
2009-10-16 12:18:38

「阿部一族」は、森鴎外の短編 
テーマ:ブログ

【検索の達人 ■■■】■■■に文字を記入!
高大連携情報誌 調べもの新聞
【ブログ=穴埋め・論述問題】




「阿部一族」(あべいちぞく)は、森鴎外の短編小説。1913年1月に『中央公論』誌上に発表した。1912年に発表した鴎外にとって初の歴史小説となった『興津弥五右衛門の遺書』とともに乃木希典陸軍大将の殉死に刺激されて書かれた小説で、殉死を巡る諸問題を分析し、封建主義社会の倫理の現実性をたずねた作品。栖本又七郎などからの聞き書きを元にしたとされる『阿部茶事談』に取材している。

目次 [非表示]
1 あらすじ
2 史実との相違
3 映像作品
4 テレビドラマ
5 脚注
6 外部リンク


あらすじ [編集]
寛永18年(1641年)、肥後藩主細川忠利の死に際して、忠勤に励んでいた阿部弥一右衛門は当然殉死を許される立場にあったが、藩主の「生き残り、息子を助けよ」との遺言により、殉死が許されなかった。しかし、生命を惜しんでいるように見る家中の目に憤激して切腹するが、命令に背いたことが問題となり、一族は藩から殉死者の遺族として扱われず、家格を著しく落とす事になった。苦しんだ嫡子・権兵衛の先君の一周忌の席上で髻を切る行為も非礼と見られ盗賊同様の縛り首にされる。度重なる恥辱に意を決した次男・弥五兵衛を中心に一族は屋敷に立て篭もり、討手と一族の壮絶な戦いの末、全滅する。

史実との相違 [編集]
阿部弥一右衛門が殉死したのは史実通りだが、他の殉死者と同日の4月26日に殉死したと記録されている。命を惜しんでいるかのように見られたというのは『阿部茶事談』および本作の脚色といわれる。また、殉死者はすべて新藩主・細川光尚によって殉死しないよう命令を受けていた。つまり、本来殉死の許可は新藩主が出すものであった。

嫡子の権兵衛が代官職を罷免され、知行を兄弟に分割されたのも史実だが、殉死との直接の関係はない。また、阿部一族の最期は、権兵衛が非礼を咎められ投獄後、一族が討手により全滅し、最後に権兵衛が縛り首にされている。

藤本千鶴子は、森がかつて上官の石本新六との確執から、3度に渡って辞職を願い出たことなどを指摘し(ただし実際には辞職せず)、そのことが阿部一族を題材に取り上げるきっかけになったのではないかと推測している[1]。

映像作品 [編集]
映画『阿部一族』
公開:1938年3月1日
製作:東宝・劇団前進座
監督:熊谷久虎
出演:四代目河原崎長十郎、三代目中村翫右衛門、橘小三郎、山岸しづ江、堤真佐子、ほか



放送:1959年1月2日、「サンヨーテレビ劇場」枠内
制作著作:KR (TBS)
出演:八代目松本幸四郎、六代目市川染五郎、木暮実千代、二代目中村芝鶴、織本順吉、南原宏治、垂水悟郎、園井啓介、ほか
『阿部一族』


放送:1961年12月21日
制作著作:日本テレビ
出演:二代目市川小太夫、河野秋武、北村和夫、天知茂、舟橋元、ほか
『阿部一族』


放送:1995年11月24日、「金曜エンタテイメント」枠内
製作:フジテレビ・松竹
監督:深作欣二
出演:二代目中村吉右衛門(語り)、山崎努、佐藤浩市、蟹江敬三、藤真利子、渡辺美佐子、真田広之、杉本哲太、仲谷昇、石橋蓮司、麻生祐未、六平直政、浜田晃、織本順吉、青山裕一、ほか
脚注 [編集]
^ 藤本千鶴子 鷗外「阿部一族」の発想 ――作品と実体験――
外部リンク [編集]
青空文庫「阿部一族」
『意地』 :デジタル画像(近代デジタルライブラリー)
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E4%B8%80%E6%97%8F 」より作成
カテゴリ: 日本の歴史小説 | 1910年代の小説 | 日本の短編小説 | 江戸時代を舞台とした作品 | 日本の映画作品 | 1938年の映画 | 1959年のテレビドラマ | 1961年のテレビドラマ | 森鴎外 | 熊本県を舞台とした作品


最終更新 2009年9月18日 (金)







阿部一族
森鴎外


 従《じゅ》四|位下《いのげ》左近衛少将《さこんえのしょうしょう》兼|越中守《えっちゅうのかみ》細川忠利《ほそかわただとし》は、寛永十八年|辛巳《しんし》の春、よそよりは早く咲く領地|肥後国《ひごのくに》の花を見すてて、五十四万石の大名の晴れ晴れしい行列に前後を囲ませ、南より北へ歩みを運ぶ春とともに、江戸を志して参勤《さんきん》の途《みち》に上ろうとしているうち、はからず病にかかって、典医の方剤も功を奏せず、日に増し重くなるばかりなので、江戸へは出発日延べの飛脚が立つ。徳川将軍は名君の誉れの高い三代目の家光で、島原|一揆《いっき》のとき賊将|天草《あまくさ》四郎|時貞《ときさだ》を討ち取って大功を立てた忠利の身の上を気づかい、三月二十日には松平伊豆守《まつだいらいずのかみ》、阿部豊後守《あべぶんごのかみ》、阿部対馬守《あべつしまのかみ》の連名の沙汰書《さたしょ》を作らせ、針医|以策《いさく》というものを、京都から下向《げこう》させる。続いて二十二日には同じく執政三人の署名した沙汰書を持たせて、曽我又左衛門《そがまたざえもん》という侍《さむらい》を上使につかわす。大名に対する将軍家の取扱いとしては、鄭重《ていちょう》をきわめたものであった。島原征伐がこの年から三年前寛永十五年の春平定してからのち、江戸の邸《やしき》に添地《そえち》を賜わったり、鷹狩《たかがり》の鶴《つる》を下されたり、ふだん慇懃《いんぎん》を尽くしていた将軍家のことであるから、このたびの大病を聞いて、先例の許す限りの慰問をさせたのも尤《もっと》もである。
 将軍家がこういう手続きをする前に、熊本花畑の館《やかた》では忠利の病が革《すみや》かになって、とうとう三月十七日|申《さる》の刻に五十六歳で亡《な》くなった。奥方は小笠原《おがさわら》兵部大輔《ひょうぶたゆう》秀政《ひでまさ》の娘を将軍が養女にして妻《めあわ》せた人で、今年四十五歳になっている。名をお千《せん》の方《かた》という。嫡子《ちゃくし》六丸は六年前に元服して将軍家から光《みつ》の字を賜わり、光貞《みつさだ》と名のって、従四位下|侍従《じじゅう》兼|肥後守《ひごのかみ》にせられている。今年十七歳である。江戸参勤中で遠江国《とおとうみのくに》浜松まで帰ったが、訃音《ふいん》を聞いて引き返した。光貞はのち名を光尚《みつひさ》と改めた。二男|鶴千代《つるちよ》は小さいときから立田山の泰勝寺《たいしょうじ》にやってある。京都妙心寺出身の大淵和尚《たいえんおしょう》の弟子になって宗玄といっている。三男松之助は細川家に旧縁のある長岡氏に養われている。四男勝千代は家臣南条|大膳《だいぜん》の養子になっている。女子は二人ある。長女|藤姫《ふじひめ》は松平|周防守《すおうのかみ》忠弘《ただひろ》の奥方になっている。二女竹姫はのちに有吉《ありよし》頼母《たのも》英長《ひでなが》の妻になる人である。弟には忠利が三斎《さんさい》の三男に生まれたので、四男|中務《なかつかさ》大輔《たゆう》立孝《たつたか》、五男|刑部《ぎょうぶ》興孝《おきたか》、六男長岡式部|寄之《よりゆき》の三人がある。妹《いもと》には稲葉|一通《かずみち》に嫁した多羅姫《たらひめ》、烏丸《からすまる》中納言《ちゅうなごん》光賢《みつかた》に嫁した万姫《まんひめ》がある。この万姫の腹に生まれた禰々姫《ねねひめ》が忠利の嫡子光尚の奥方になって来るのである。目上には長岡氏を名のる兄が二人、前野長岡両家に嫁した姉が二人ある。隠居三斎|宗立《そうりゅう》もまだ存命で、七十九歳になっている。この中には嫡子光貞のように江戸にいたり、また京都、そのほか遠国にいる人だちもあるが、それがのちに知らせを受けて歎《なげ》いたのと違って、熊本の館《やかた》にいた限りの人だちの歎きは、わけて痛切なものであった。江戸への注進には六島少吉《むつしましょうきち》、津田六左衛門の二人が立った。
 三月二十四日には初七日《しょなぬか》の営みがあった。四月二十八日にはそれまで館の居間の床板《とこいた》を引き放って、土中に置いてあった棺《かん》を舁《か》き上げて、江戸からの指図《さしず》によって、飽田郡《あきたごおり》春日村《かすがむら》岫雲院《しゅううんいん》で遺骸《いがい》を荼※[#「田+比」、第3水準1-86-44]《だび》にして、高麗門《こうらいもん》の外の山に葬った。この霊屋《みたまや》の下に、翌年の冬になって、護国山《ごこくざん》妙解寺《みょうげじ》が建立《こんりゅう》せられて、江戸品川東海寺から沢庵和尚《たくあんおしょう》の同門の啓室和尚が来て住持になり、それが寺内の臨流庵《りんりゅうあん》に隠居してから、忠利の二男で出家していた宗玄が、天岸和尚と号して跡つぎになるのである。忠利の法号は妙解院殿《みょうげいんでん》台雲宗伍大居士《たいうんそうごだいこじ》とつけられた。




[ 中略】




「卑怯《ひきょう》じゃ。引くな」又七郎が叫んだ。
「いや逃げはせぬ。腹を切るのじゃ」言いすてて座敷にはいった。
 その刹那《せつな》に「おじ様、お相手」と叫んで、前髪の七之丞が電光のごとくに飛んで出て、又七郎の太股《ふともも》をついた。入懇《じっこん》の弥五兵衛に深手を負わせて、覚えず気が弛《ゆる》んでいたので、手錬の又七郎も少年の手にかかったのである。又七郎は槍を棄ててその場に倒れた。
 数馬は門内に入って人数を屋敷の隅々に配った。さて真っ先に玄関に進んでみると、正面の板戸が細目にあけてある。数馬がその戸に手をかけようとすると、島徳右衛門が押し隔てて、詞せわしくささやいた。
「お待ちなさりませ。殿は今日の総大将じゃ。それがしがお先をいたします」
 徳右衛門は戸をがらりとあけて飛び込んだ。待ち構えていた市太夫の槍に、徳右衛門は右の目をつかれてよろよろと数馬に倒れかかった。
「邪魔じゃ」数馬は徳右衛門を押し退けて進んだ。市太夫、五太夫の槍が左右のひわらをつき抜いた。
 添島九兵衛、野村庄兵衛が続いて駆け込んだ。徳右衛門も痛手に屈せず取って返した。
 このとき裏門を押し破ってはいった高見権右衛門は十文字槍をふるって、阿部の家来どもをつきまくって座敷に来た。千場《ちば》作兵衛も続いて籠《こ》み入った。
 裏表二手のものどもが入り違えて、おめき叫んで衝《つ》いて来る。障子襖は取り払ってあっても、三十畳に足らぬ座敷である。市街戦の惨状が野戦よりはなはだしいと同じ道理で、皿《さら》に盛られた百虫《ひゃくちゅう》の相啖《あいくら》うにもたとえつべく、目も当てられぬありさまである。
 市太夫、五太夫は相手きらわず槍を交えているうち、全身に数えられぬほどの創《きず》を受けた。それでも屈せずに、槍を棄てて刀を抜いて切り廻っている。七之丞はいつのまにか倒れている。
 太股《ふともも》をつかれた柄本又七郎が台所に伏していると、高見の手のものが見て、「手をお負《お》いなされたな、お見事じゃ、早うお引きなされい」と言って、奥へ通り抜けた。「引く足があれば、わしも奥へはいるが」と、又七郎は苦々しげに言って歯咬《はが》みをした。そこへ主のあとを慕って入り込んだ家来の一人が駈けつけて、肩にかけて退いた。
 今一人の柄本家の被官《ひかん》天草平九郎というものは、主の退《の》き口《くち》を守って、半弓をもって目にかかる敵を射ていたが、その場で討死した。
 竹内数馬の手では島徳右衛門がまず死んで、ついで小頭添島九兵衛が死んだ。
 高見権右衛門が十文字槍をふるって働く間、半弓を持った小姓はいつも槍脇《やりわき》を詰めて敵を射ていたが、のちには刀を抜いて切って廻った。ふと見れば鉄砲で権右衛門をねらっているものがある。
「あの丸《たま》はわたくしが受け止めます」と言って、小姓が権右衛門の前に立つと、丸が来てあたった。小姓は即死した。竹内の組から抜いて高見につけられた小頭千場作兵衛は重手《おもで》を負って台所に出て、水瓶《みずかめ》の水を呑《の》んだが、そのままそこにへたばっていた。
 阿部一族は最初に弥五兵衛が切腹して、市太夫、五太夫、七之丞はとうとう皆深手に息が切れた。家来も多くは討死した。

 【中略】

 竹内数馬の幼い娘には養子をさせて家督相続を許されたが、この家はのちに絶えた。高見権右衛門は三百石、千場作兵衛、野村庄兵衛は各《かく》五十石の加増を受けた。柄本又七郎へは米田監物《こめだけんもつ》が承って組頭|谷内蔵之允《たにくらのすけ》を使者にやって、賞詞《ほめことば》があった。親戚朋友《しんせきほうゆう》がよろこびを言いに来ると、又七郎は笑って、「元亀《げんき》天正のころは、城攻め野合せが朝夕の飯同様であった、阿部一族討取りなぞは茶の子の茶の子の朝茶の子じゃ」と言った。二年立って、正保元年の夏、又七郎は創が癒《い》えて光尚に拝謁《はいえつ》した。光尚は鉄砲十挺を預けて、「創が根治するように湯治がしたくばいたせ、また府外に別荘地をつかわすから、場所を望め」と言った。又七郎は益城《ましき》小池村に屋敷地をもらった。その背後が藪山《やぶやま》である。「藪山もつかわそうか」と、光尚が言わせた。又七郎はそれを辞退した。竹は平日もご用に立つ。戦争でもあると、竹束がたくさんいる。それを私《わたくし》に拝領しては気が済まぬというのである。そこで藪山は永代御預《えいたいおあず》けということになった。
 畑十太夫は追放せられた。竹内数馬の兄八兵衛は私に討手に加わりながら、弟の討死の場所に居合わせなかったので、閉門を仰せつけられた。また馬廻りの子で近習を勤めていた某《それがし》は、阿部の屋敷に近く住まっていたので、「火の用心をいたせ」と言って当番をゆるされ、父と一しょに屋根に上がって火の子を消していた。のちにせっかく当番をゆるされた思召《おぼしめ》しにそむいたと心づいてお暇《いとま》を願ったが、光尚は「そりゃ臆病ではない、以後はも少し気をつけるがよいぞ」と言って、そのまま勤めさせた。この近習は光尚の亡くなったとき殉死した。
 阿部一族の死骸は井出の口に引き出して、吟味せられた。白川で一人一人の創を洗ってみたとき、柄本又七郎の槍に胸板をつき抜かれた弥五兵衛の創は、誰の受けた創よりも立派であったので、又七郎はいよいよ面目を施した。
[#地から1字上げ]大正二年一月



底本:「日本の文学 3 森鴎外(二)」中央公論社
   1972(昭和47)年10月20日発行
入力:真先芳秋
校正:進恵子
2000年2月14日公開
2006年5月16日修正
青空文庫作成ファイル:






ポータルサイト 【検索の達人】 【情報の達人】  ブログで情報を入手!

googleで 【検索の達人 ■■■■】あるいは【情報の達人 ■■■■】と入力!
■■■■には、調べもの新聞編集室で作成の文字を入力してください。

【調べもの文藝文庫(紙媒体)】販売中!
《学校単位計算式》3000+定価×0.5×部数=販売価格 (送料込み:後払い)

例  定価300円    [国語]
   太宰治『津軽』 標準版
   鴨長明『方丈記』(テキスト版・穴埋め問題集)
   宮澤賢治『やまなし』(読み聞かせ版:ひらがな版・大活字版)
   国木田独歩『武蔵野』(旧字旧かな版:新字新かな版)
   芥川龍之介『蜜柑』(付録:湘南新宿ライン)
   小林多喜二『蟹工船』(8ポイント:10ポイント版)
   横光利一『機械』(付録:近代文学史の基礎)
   樋口一葉『たけくらべ』(旧字旧かな)
   西田幾太郎『善の研究』(3分冊:哲学)
   森鴎外 『阿部一族』(付録:google【参考文献】) 
  
10冊 3000+300×0.5×10=4500円   1冊450円 損
30冊 3000+300×0.5×30=7500円   1冊250円 得
50冊 3000+300×0.5×50=10500円  1冊210円 得
100冊3000+300×0.5×100=18000円 1冊180円 得

【全国の学級新聞(A3の2つ折)をおつくりいたします】
先生が、教室で、子供たちに学級新聞を配りだすと、教室の空気が活気づきます。
毎週金曜日の13時、校了。翌週の月曜日の午前中に学校に届きます。

高大連携情報誌「大学受験ニュース」  早稲田大学文学部史学科国史専修
調べもの新聞通信員 (横浜)中村惇夫(前橋)宮正孝(大阪)西村新八郎

236-0038 横浜市金沢区六浦南2-27-18-201
nakamurayoshio@gmail.com   TEL& FAX 045-701-6113
見本誌送付いたします。(無料)






最近の記事一覧
【大学受験用語集】=【高校生クイズ(穴埋め・論述問題)】=【毎日発信!】
※ 欲しいのは宣伝じゃない、ホントの情報! ※ 四季報だけの中立・客観的 就活データ 6000社
石川五右衛門  安土桃山時代に出没した盗賊
若山牧水  北原白秋  高校生クイズ
喫茶店にて  萩原朔太郎
或日の大石内蔵助 芥川龍之介
姉妹  若山牧水
【検索の達人 ■■■】■■■に文字を記入![ 穴埋め・論述問題】 元号一覧は和暦でこれまでに使用
カーライル博物館 夏目漱石
「早稲田大学校歌」 相馬御風作詞・東儀鉄笛作曲
[一覧を見る]



最近の記事一覧
 宮澤賢治『やまなし』(読み聞かせ版:ひらがな版・大活字版)
【大学受験用語集】=【高校生クイズ(穴埋め・論述問題)】=【毎日発信!】
※ 欲しいのは宣伝じゃない、ホントの情報! ※ 四季報だけの中立・客観的 就活データ 6000社
石川五右衛門  安土桃山時代に出没した盗賊
若山牧水  北原白秋  高校生クイズ
喫茶店にて  萩原朔太郎
或日の大石内蔵助 芥川龍之介
姉妹  若山牧水
【検索の達人 ■■■】■■■に文字を記入![ 穴埋め・論述問題】 元号一覧は和暦でこれまでに使用
カーライル博物館 夏目漱石
[一覧を見る]









◆ 有名人の出身大学ランキングHOME ◆ 総合ランキング ◆ お笑い芸人出身大学ランキング ◆ アナウンサー出身大学ランキング ◆ スポーツ選手出身大学ランキング
◆ 野球選手出身大学ランキング ◆ 漫画家出身大学ランキング ◆ 小説家・文筆家出身大学ランキング ◆ 政治家出身大学ランキング ◆ ノーベル賞受賞者出身大学ランキング
◆ 宇宙飛行士出身大学ランキング ◆ 北京五輪代表選手出身大学ランキング 【姉妹サイト】有名人の出身高校ランキング有名人の出身大学院ランキング.
【直木賞作家出身大学】【出典 【有名人の出身大学院ランキングCopyright (C) 有名人の出身大学】
1位 早稲田大学 31人 2位 慶應義塾大学 ・ ●●大学 13人 4位 成蹊大学 ・ 山形大学 4人 6位 國學院大學 ・ 立教大学 ・ 九州大学 ・ 東北大学 ・ 大阪大学 ・ 中央大学 3人 12位 大阪府立大学 ・ 新潟大学 ・ 金沢大学 ・ 同志社大学 ・ 明治大学 ・ 一橋大学 ・ 東京電機大学 ・ 青山学院大学 ・ 東京女子大学 ・ 熊本大学 2人 22位 神奈川大学 ・ 東京外国語大学 ・ 立命館大学 ・ 拓殖大学 ・ 横浜国立大学 ・ 上智大学 ・ 日本女子大学 ・ 目白大学 ・ 日本大学 ・ 法政大学 ・ 成城大学 ・ 実践女子大学 ・ 京都女子大学 ・ ノートルダム清心女子大学 ・ 金沢学院大学 ・ 藤女子大学 ・ 鹿児島大学 ・ 奈良女子大学 ・ 北海道大学 ・ 大正大学 ・ 関西外国語大学 ・ 学習院大学 ・ 武蔵野美術大学 ・ 国際基督教大学 ・ 山口大学 ・ 京都大学 ・ 電気通信大学 ・ 埼玉大学 ・ 札幌医科大学 ・ 東京学芸大学 ・ 名古屋工業大学 1人
【芥川賞作家出身大学】【出典 【有名人の出身大学院ランキングCopyright (C) 有名人の出身大学】
1位 早稲田大学 27人 2位 ●●大学 20人 3位 慶應義塾大学 8人 4位 法政大学 6人 5位 明治大学 ・ 東京外国語大学 ・ 京都大学 4人 8位 九州大学 3人 9位 成城大学 ・ 武蔵野美術大学 ・ 上智大学 ・ お茶の水女子大学 ・ 東京女子大学 ・ 大阪府立大学 ・ 東京藝術大学 ・ 大阪大学 ・ 筑波大学 ・ 北海道教育大学 ・ 北海道大学 ・ 長崎大学 ・ 琉球大学 2人 22位 信州大学 ・ 國學院大學 ・ 東洋大学 ・ 福島大学 ・ 名古屋大学 ・ 東北大学 ・ 京都教育大学 ・ 日本大学 ・ 秋田大学 ・ 名古屋市立大学 ・ 福岡教育大学 ・ 跡見学園女子大学 ・ 金沢大学 ・ 国際基督教大学 ・ 高知大学 ・ 千葉大学 ・ 静岡大学 ・ 大阪樟蔭女子大学 ・ 大阪市立大学 ・ 立命館大学 ・ 熊本大学 ・ 津田塾大学 ・ 埼玉大学 ・ 新潟大学 ・ 成蹊大学 ・ 大阪芸術大学 ・ 一橋大学 ・ 追手門学院大学 ・ 学習院女子大学 1人  

【大学博物館[展示物が充実]ランキング】116大学の館長からの評価 【出典大学ランキング 2010年度版・P123】
1位 ●●大学44 2位 京都大学34 3位東京芸術大学21 4位早稲田大学18 5位北海道大学14 6位明治大学13 7位天理大学10 8位東北大学7 九州大学7 10位國學院大学5 11位立命館大学 12位 秋田大学・大阪大学・京都市立芸術大学・札幌医科大学・大谷大学・川崎医科大学・関西大学・九州産業大学・駒澤大学・昭和薬科大学・文化女子大学・星薬科大学・武蔵野美術大学 2 

【現代用語の基礎知識】=1986・【朝日現代用語 知恵蔵】=1990 【情報・知識 imidas イミダス】=1989



☆【千代田図書館】=【平日は午後■時まで開いています】=【図書館のはしご!】が可能です!
=【横浜市立図書館】→【逗子市立図書館(午後八時閉館)】→【千代田図書館(午後拾時閉館)誰でも貸し出しできます(PC数十台完備!)】=【JR横須賀線・地下鉄東西線の旅】

☆立川市にある都立多摩図書館がリニューアル。   リニューアルの一番の目玉は雑誌です。公立図書館としては最も多い規模となるおよ そ120万冊の雑誌を所蔵します。都立多摩図書館には『東京マガ ジンバンク』と称した雑誌の閲覧コーナーが新たに設けられました 。ここではおよそ【600誌】の雑誌を読むことができ、このうち350誌余りは過去1年間の...  http://www.【y■■■■e】.com/watch?v=Nq3WfzgpsFo&feature=channel 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 正岡子規  鎌倉 | トップ | ヤマハギ(Lespedeza bicolor... »

図書館」カテゴリの最新記事