合気道 明龍館 吹上同好会 Aikido MEIRYUKAN Fukiage

埼玉県北部の吹上で合気道の稽古を行っています。

合気道 明龍館 吹上同好会ブログ

2024年06月19日 | プロフィール

 

合気道明龍館のご紹介

明龍館の紹介ビデオです。是非ご覧いただき合気道に興味を持っていただけたらと思います。

Yoshinkan Aikido Meiryukan - 5 years

Yoshinkan Aikido Meiryukan, led by Jim Dawes (6th dan) was established...

youtube#video

 

日本語版(英語字幕付き)Japanese with English scripts

※合気道体験入会、随時受付中

通常の稽古では受け身をしっかり身につけたうえで、安全に気を配り稽古を行っています。また、合気道は試合を行いませんので自分の能力以上の行動をすることによる事故がきわめて少ないです。ただし、負荷の強い稽古をしたい向きにはそのような仲間同士で心ゆくまで稽古ができます。

このような合気道を一度体験して見てはいかがでしょうか?合気道は身長や体重、足が速いとか力が強いということに関係なくそれぞれにあった稽古を無理なくでき、上達すれば相手の力を利用して自分よりも大きな相手を投げたり抑えたりすることができます。また、護身の心得として稽古している人もたくさんいます。また、正座や礼法など日本の伝統的な文化もお子さんに身につけていただけます。毎週、土曜日にコスモスアリーナふきあげで稽古を行なっていますので、どうぞお気軽にお越しいただき、見学・体験をしていただければと思います。

合気道明龍館のご紹介

1回¥500で体験入会ができます。お越しになる際には電話かメールで事前にご連絡頂けますと助かります。(電話:080−1315−7314、メール fukiage@meiryukan.com)

教則DVDを販売していますのでご利用下さい。(購入の際は事前にお声がけください)

少年部審査科目(1~10級) ¥2000

初心者用審査科目(4~10級) ¥3000

昇級用審査科目(1~3級) ¥3000

※ご希望の方はお声掛けください。

 

クラス・曜日・時間

クラス 曜日・時間
少年部 14:20~15:20(土)
中高生特別 15:30~16:30(土)
一般部 16:40~17:40(土)

会費

入会金 2,000円
年会費 3,200円(小学生2,200円)
月会費 大人:6,800円
子供:5,800円(大学生まで)

※ファミリー割引 (同一家族で入会された場合、割引制度があります)

2人入会:月額500円割引 3人入会:月額1,000円割引 4人入会:月額1,500円割引 

所在地  埼玉県鴻巣市明用636-1 コスモスアリーナふきあげ←クリックで地図が表示されます。

最寄り駅  JR高崎線吹上駅南口から徒歩30分
         JR高崎線吹上北口からタクシー10分
 
連絡先  080-1315-7314(齋藤)
     fukiage@meiryukan.com


合気道が小学生・未就学児の習い事としておすすめな理由をご紹介

2024年06月19日 | プロフィール

合気道が小学生・未就学児の習い事としておすすめな理由をご紹介

 

子どもの習い事として合気道に興味があるものの、「うちの子に合うかな?」「どのようなことをするの?」など気になる点も多いのではないでしょうか。

この投稿では、よくある疑問への回答や、小学生・未就学児の習い事として合気道がおすすめな理由について解説します。

小学生・未就学児から始められる「合気道」とは?

合気道は日本で創始された武道です。筋力や体格に頼るのではなく、正しい体の使い方によって相手を制する武道のため、体の小さい未就学児や小学生でも力を発揮できます。

小学生の合気道練習風景

空手や柔道などと違って、合気道には勝ち負けを競い合う試合がありません。受け身や技の反復練習を通じて心身を鍛え、自信や協調性を身につけられることが合気道ならではの特徴です。

合気道が子どもの習い事におすすめな7つの理由

合気道を習うと、子どもの成長に役立つ様々な力が身に付きます。ここでは、合気道が子どもの習い事としておすすめな理由を7つにまとめてご紹介します。

1. 礼儀作法が身につく

合気道を習うと礼儀作法が身につく

合気道の稽古を通じて、きちんとあいさつをする習慣やメリハリのある行動などの礼儀作法が身につきます。

合気道で最初に習う動きは、「正座法」や「礼法」などの基本的な所作です。道場への出入りや稽古の前後、相手と組んで技を練習する時などに礼を行うことで、日常生活でも礼儀正しい振る舞いができるようになります。

2. 自分で身を護る力がつく

合気道では受け身を反復練習するため、とっさの時にケガをしにくくなります。バランスを崩した時や転んでしまった時などに、受け身を取ることで体への衝撃をやわらげ、身を護ることが可能です。特に、合気道明龍館の稽古では受け身の稽古を重視しています。

小学生・未就学児の合気道受け身の練習風景
▲投げ技に対する「前方回転受け身」を練習している様子

また、合気道の技には護身術としての要素もあるため、自分で自分の身を護る力を子どもに身につけさせたい場合にもおすすめです。

3. 姿勢が良くなる

合気道の「構え」の稽古風景
▲「構え」の稽古風景

合気道の稽古を続けると、背筋が伸びた良い姿勢が作られます。構えや基本動作など、技に通じる動きの中で常に「体の軸」を意識することが合気道の特徴です。立っている時や座っている時など、いつでも綺麗な姿勢を保てるようになります。

4. 心身を鍛えられる

子どものころから合気道を習うと、心身を鍛えられます。試合がない合気道では、勝ち負けにこだわらない強い精神力を養うことが可能です。また、身体を動かすことにより、運動機能集中力も高められます。

5. 自分に自信がつく

昇級の賞状を授与されている小学生の様子
▲昇級の賞状を授与されている様子

合気道には、習得した技の数やレベルに応じた級・段位があります。新しく習った技を覚えたり、できなかった動きを練習してできるようになったりする経験は、子どもの自信につながります。

級・段位は、年に数回行われる「審査」で認定されます。例えば、合気道明龍館の幼年部・少年部での審査の様子はこのような感じです↓

▼少年部の審査の様子

▼幼年部の審査の様子

審査以外にも、演武会などの年間行事に向けて目標を持ち、チャレンジすることで自信を高められます。

6. 思いやり・協調性が身につく

合気道の技の稽古では、2人1組になり、技をかける側の「仕手」と、かけられる側の「受け」を交互に練習します。「合気道」という名前の通り、相手と「気」を「合わせて」技を行うことが大事なポイントです。

年齢や体格が違う相手と組んで稽古をすることで、思いやりや協調性、コミュニケーション能力が身に付きます。

▼少年部の技の練習の様子

7. 親子で一緒にできる

合気道は親子で一緒にできます

合気道が子どもの習い事におすすめな理由として、親子で一緒に参加できることも挙げられます。

体格差にかかわらず技をかけられる合気道は、未就学児・小学生のお子さんと保護者の方が一緒に稽古できる武道です。子どもとスキンシップを取りながら、お互いに切磋琢磨することができます。お子さんと一緒に、ぜひ楽しく汗をかいてみてはいかがでしょうか。

合気道についてよくある質問

最後に、子どもの習い事として合気道を検討している保護者の方からのよくある質問に回答します。

合気道は何歳から始められる?

合気道明龍館では、3歳~5歳の未就学児を対象とした幼年部を開催しています。そのため、3歳以上のお子さんから稽古を始めることが可能です。

なお、合気道明龍館の少年部は小学1年生~小学6年生が対象のクラスです。中学生以上は、大人と同じ一般部で稽古を行います。

クラスの詳細は下記のページでご覧いただけます。

◆合気道明龍館の各クラスの詳細はこちら

子どもによって向き・不向きはある?

合気道は相手の力を利用して無理なく技をかける武道のため、練習すればどのような方でも習得できます。

ただし、他の様々な習い事と同様に、お子さんの性格などによっては向き・不向きを感じるかもしれません。

そのため、まずは見学や体験で合気道に実際に触れてみて、お子さん自身がどのように感じるかを確かめてみることがおすすめです。

合気道を習える場所や時間は?

合気道明龍館では、埼玉県や千葉県を中心に稽古を行っています。稽古の場所は地域の武道館や体育館、学校の道場などです。

稽古の時間は1コマ1時間で、曜日は土日が中心です。開催場所やスケジュールについては、下記のページでご覧いただけます。

◆合気道明龍館の場所・スケジュールはこちら

道着はどんなものが必要?

合気道の道着は、空手や柔道などの道着とは形状や作りが少し異なります。袖や裾の長さ、膝の部分の生地の厚さなどが主な違いです。スムーズに稽古をするためには、合気道用に作られた道着の着用をおすすめします。

合気道明龍館では道着の取り扱いもございますので、ご希望の方はお尋ねください。

まずは体験・見学してみるのがおすすめ!

合気道の体験・見学がおすすめ

小学生や未就学児の習い事として合気道に興味があれば、まずは体験・見学がおすすめです。合気道明龍館では、ご入会前の稽古の見学や体験を歓迎しています。ご希望の方は、下記の明龍館公式サイトの申し込みフォームからお気軽にお申込みください。

◆合気道明龍館公式サイト 見学・体験申し込みフォームはこちら


いよいよ来週・・・6/15 吹上

2024年06月19日 | プロフィール

梅雨を通り越して真夏のような猛暑の中、稽古お疲れ様でした。

まだまだ先の話のような気がしていた合同審査もいよいよ来週に迫ってまいりました。

また、6月審査を見送り7月に受ける方ももう一月後です。

審査を受ける皆さんの熱量はまさに最高潮で、今回は受験されない方にも良い刺激が伝わっているようです。

さて本日の稽古ですが

(学生クラス)

・学生クラス スペシャル準備体操

・連続受身

・基本動作

・座り技正面打ち三ヶ条抑え(一)

・横面(正面)打ち一ヶ条抑え(二)

・自由技(シミュレーション)

・審査稽古

(一般部)

・斜行/膝行/前方回転受身/後方受身

・基本動作

・正面打ち正面入身投げ(二)・・・斜行で投げる、投げ終わった時の身体のラインが揃っているか?

・肩持ち側面入身投げ(二)

・体変更呼吸投げ他呼吸投げ変化・・・掛かり稽古

・審査稽古

今週末受ける方は体調管理に気をつけてください。

7月に受ける方はもう少し伸ばせます。最後までがんばりましょう。

 

齋藤

 


6/9 熊谷

2024年06月09日 | プロフィール

今日は曇りだったせいか割と涼しく過ごせましたね。

ずっとこんな感じだったらいいんですけど、流石に「暑いぞ 熊谷」ですから覚悟だけはしておかないといけないでしょうね。

さて本日の稽古は

・構え・・・たくさんチェックするポイントあります。やれば良い!ではなくきちんとやることが必要。

・体の変更(一)・・・相対/単独

・臂力の養成(一)(二)・・・相対/単独

・前進動作・・・腰に力が入るように

・横面打ち四ヶ条抑え(一)・・・横面の受ける位置、切り下ろしてから前進する際の腰の向き

・横面打ち正面入り身投げ(二)・・・投げる際の腰の向き、横面を受けてから切り下ろす際の手の動き

・審査稽古

稽古後も全員残り自由技を自主稽古しました。

6月に入ったと思ったらもう合同審査が間近ですよね。

しっかり準備して余裕を持って審査当日を迎えることができるようにしましょう!

 

齋藤

 

 


6/8 吹上 相当暑くなってます

2024年06月08日 | プロフィール

今日も暑かったですね。

しかし夏本番はまだまだこれから。あと10°くらい気温が上がるんですから嫌になりますね。

今から秋が待ち遠しいです。

さて、この日の稽古は

(学生クラス)+一般有志

・いつもの準備体操

・連続受身

・受身抜粋 

 前方回転受身・・・技への展開:(掛かり稽古)正面打ち肘当て呼吸投げ、正面打ち一ヶ条投げ:遠くに投げられる時、真下に投げられる時など臨機応変にしての技に合わせて。後ろ脚は伸ばし腕の形にも意味が   あることを忘れないで。

 後方受身・・・技への展開:(掛かり稽古)正面内正面入り身投げ:足を引くタイミングで腰も引いていく。バラバラにならないよう。

 前方飛躍受身・・・技への展開:正面打ち四方投げ崩し

・前進動作

・各レベルに合わせた一ヶ条抑え

・審査稽古

(一般部)

・斜行/膝行法/前方回転受身/後方受身

・前方飛躍受身・・・技への展開:腕がらめ投げ

・各受験内容に合わせた基本動作

・肩持ち肘締め(一)(二)

・審査稽古

コロナ禍も一段落してからもう一年ほど経ち、合気道をやる私たちを取り巻く環境もだんだんコロナ前のように戻っていますが、まだ演武会はまだ我々明龍館としてはまだ復活していません。ジム先生と雑談程度ですがコスモスフェスティバルや龍本部の演武会への参加などもこの先あるかもしれません。最近入会された方は演武会の経験がないままですし、普段の稽古、審査稽古とも違う演舞の準備稽古も近いうちにできてくるといいですね。

齋藤