ごっつぁんです!

ぶらり気まま旅の日記です

横綱・稀勢の里

2019-01-29 23:47:39 | 相撲


平成最後の初場所は、いろいろなことがあった。

その中でも一番の出来事は、世間が忘れかけている横綱稀勢の里の引退。

あらためて、私はなんで稀勢の里というお相撲さんが好きなのか考えてみた。

でも、こうだから!という明確な理由が見つからない。

決して華があるお相撲さんではない。

インタビューも気の利いたコメントは聞いたことがない。

どちらかというと、地味で不器用なほうだろう。

彼に惹かれるのはそこかもしれない。

もっと器用だったら、まだまだ土俵に上がれたかもしれない。

でも、それが稀勢の里だ。

その実直な不器用さを応援せずにはいられなかった。

それだけに、横綱になってからは、応援している私たちも苦しかった。

だから、引退という結果には、正直ホッとしている。

では、横綱にならなければ良かったのか?

それは違う。

大相撲の世界に入ったからには、頂点を目指すのは当たり前で、

それを実現できるのは、ほんのほんのひと握りなのだから。

だから、横綱稀勢の里を見ることができたのは幸せだった。

なんだか矛盾しているが、

彼を好きな人は、みな同じ感情ではないだろうか。

喜怒哀楽を味あわせてくれた稀勢の里。

もうこんなお相撲さんに出会うことはないだろう。

ありがとう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲初場所二日目

2019-01-15 00:56:07 | 相撲
ついにこの日が来てしまいました。

初日と同じように

左にこだわった半身の相撲で負けたなら、

「もう、あれほど言ってるのに!」

とガッカリしながら、

もしかすると明日は?

とほんのわずかな期待を持てたかもしれませんが、

左差しをせず、突き押しに変えたにもかかわらず、

足がついていけずに完敗。

相撲を変えたのに、結果は変わりませんでした。

もう無理です。

打つ手がありません。

さすがにもう決断のときです。

これ以上、あの姿を見るのが辛いです。

お互いに楽になりましょう。

もう十分です。

もう・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所千秋楽

2018-09-23 22:00:18 | 相撲


いつものことながら、最後はやっぱりこの人でしたか。

途中でも書きましたが、白鵬の力は落ちてます。

しかし、その落ちた力を技術がカバー。

余裕はないものの、焦りもなく、

相手の相撲を冷静に分析し、

勝てる道を確実に進む。

負けない相撲を極めた感じです。

怪我さえしなければ、

この白鵬劇場第二幕は続きそうですね。


稀勢の里は、よくやりましたね。

場所前は引退を覚悟しましたが、

前半の5連勝で期待を持たせて、

途中で負け越しを心配させて、

結局、二桁勝利のまあまあな結果。

横綱としては不合格ですが、

8場所休場のあとだけに、

上出来ではないでしょうか。

ただ、これが来場所も同じようだと、

まわりの見方も変わってきます。

とにかく金星配給だけはないように、

スタミナつけて九州に入ってもらいたいです。


期待された、御嶽海、朝乃山、豊山は、

いずれもその期待に応えられませんでしたね。

三人に共通しているのは、

土俵際での攻めの甘さ。

粘って守ることは出来ても攻めがないので、

結局、負けてしまう。

三人共通の課題ですね。

この課題をクリアすれば、時代は変わります。

期待したいと思います。


予想を反した流れになった九州場所。

一喜一憂した場所でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所十一日目

2018-09-19 23:29:55 | 相撲


なんだか今日の後半の相撲は、

気の抜けた相撲ばかりでしたね。

ま、十五日もあれば、こういう日もあるでしょう。

ということで、とくに書く事もありません。

しいて書くとすれば、

北勝富士の相撲は良かったですね。

北勝富士らしさが出てました。

以上です。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所十日目

2018-09-19 07:13:51 | 相撲


何はともあれ、ホッとしました。

横綱なんだから勝ち越しがノルマではありませんが、

そこは稀勢の里ですから。

強いだけが横綱じゃない!

ちょっと強引ですかね(^。^)

さあ、ここからは横綱としての仕事をしましょうね。


それより遠藤は喝っ!

彼にとっての責任が何なのかは知りませんが、

相撲を取れないのに土俵に上がるのは、

見に来ているファンに対して、

そして対戦相手に対して、

失礼極まりない。


御嶽海は出直しですね。

いいんじゃないですか。

このまま大関になっちゃったら、

ますます調子に乗っちゃいますからね。


さあ、そろそろ優勝予想が始まりますね。

どうですかね〜

白鵬は余裕がないので、

鶴竜が一歩リードかな。

でも、ここ一番で負けないのが白鵬なので、

分からないですね。

鍵を握ってるのは稀勢の里でしょう。

場所前の予想に反して、

面白くなってきました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所八日目

2018-09-17 11:05:16 | 相撲


この顔がすべてを物語っていますね。

かみさんが言うんですよ。

こんな横綱がいてもいいんじゃないの。

白鵬のような絶対王者的な横綱もいいですが、

自分の人生を投影させて、

ハラハラドキドキさせる横綱もありかな。

これからは対戦相手が嫌ですね。

取りにくいですよね。

そこは勝負だからと言えど、

そういうわけにもいきませんよね。

でも、栃ノ心はカド番なので、

そんなことは言ってられないか。

そういう心のやり取りも相撲ならでは。

それを八百長とか言っちゃ野暮ですよ。


御嶽海の大関も厳しくなってきましたし、

前半戦とは状況が変わってきました。

この先は鶴竜が崩れないことに期待ですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所七日目

2018-09-15 23:50:00 | 相撲


まずは連敗しなかったのは良かったですね。

相撲内容はともかく。

尾車さんが言うように、

良く言えば落ち着いていたけど、

悪く言えば攻め手がない。

千代の国の勢いを止めたのは良かったけど、

棒立ちで動けずに防戦一方で、

また余計に時間をかけてしまいました。

これでは後半はバテバテですね。

それより、

前の相撲で千代大龍に乗っかられた右足首は大丈夫でしょうか。

守りの相撲だと足首の怪我はなおさら厳しいです。

明日は玉鷲。

これまた厳しいですね。


さてさて、

うっかりしてましたが、

北勝富士が負けないですね。

相変わらずの気持ちのいい前へ攻める相撲で七連勝。

とくに三日目、四日目の圧力は凄かったです。

番付もいい位置なので、このまま頑張って欲しいです。


それと、遠藤ですが、

休場してください。

責任感が強いのは分かりますが、

まともな相撲が取れないのに土俵に上がるのは、

決して責任のある行動ではありません。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所六日目

2018-09-15 00:42:11 | 相撲


あらあら、昨日書いたとおりになっちゃいました。

立ち合い負けして、そのあと攻めましたが、

千代大龍にうまく回り込まれて土俵下へ。

捕まえることなく負けちゃいました。

でも、相撲内容は悪くはないので、

あとを引くような負けではありませんが、

負けたこと自体があとを引くかもしれませんね。

となると、大事なのが明日の相撲。

相手は千代の国。

これまた嫌な相手ですね。

今日と一緒で、捕まえることが出来るかどうかがカギ。

千代の国のペースに引っ張られなければいいですが。


御嶽海は完敗というより、

豪栄道が良過ぎましたね。

たまにこういう完璧な相撲を見せるんですよね。

運が悪かったですね。


さあ、上位陣が崩れ出して、先が見えなくなってきました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所五日目

2018-09-14 00:04:44 | 相撲


今日はしっかりと左が使えていて、

これまでで一番危なげがありませんでした。

予想を反する五連勝。

北の富士さんも引退回避の太鼓判。

ただ、これで安心させてくれないのが稀勢の里。

明日の千代大龍は捕まえてしまえば問題ありませんが、

ここ一番の突き押しがあり、

うまくハマると一気に土俵の外まで持って行かれます。

立ち合いの腰の高さがさらに危険。

意外とここがポイントかもしれません。


白鵬はやっぱり強さより上手さで相撲を取ってますね。

それにしても反応のいいこと。

まだまだ行けそうです。


御嶽海はすごいですね。

プレッシャーがないはずはないのに、

あんな落ち着いた相撲が取れるなんて。

たいしたものです。

あとは先々場所までのような後半の緩みが出なければ。


豊山の休場は残念ですが、

無理しないで、治るまで休んで欲しいです。


誰も想像しなかった五日間。

三横綱がこのまま勝ち進んでくれると

面白くなりますね。


とか言っちゃうと、

誰かが負けちゃうかな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所四日目

2018-09-12 22:47:13 | 相撲


今日は仕切りの間が随分と落ち着いてましたね。

相撲も慌てたところはありませんでした。

それにしても、毎日、体力を使い過ぎ。

もう10日間くらい土俵に上がっているくらいじゃないですか。

相撲内容は良くなっても、スタミナがどこまでもつか。

もう少し省エネ相撲にしないと。


昨日、白鵬が心配だと書きましたが、

よく見ると、力が出ないのではなくて、

力を出していないようです。

昔のような力強い相撲が取れなくなったので、

技術でカバーしてる感じです。

さすがは白鵬。

失礼いたしました。


御嶽海は好調ですね。

稀勢の里のおかげで注目度が若干下がっているので、

そんなに重圧がないのがいいですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所三日目

2018-09-12 00:41:09 | 相撲


1回目の立ち合いは、珍しく突っかけましたね。

勝負を急いでいる感がありますね。

相撲内容は稀勢の里がどうのこうのより、

豊山が頑張りました。

自信になったんじゃないですかね。


とりあえず、これで三連勝。

序盤を乗り切ればと言われてましたが、

この調子では勝ち越すまでは安心できませんね。


それより、白鵬が心配です。

昨日も今日も、左上手は早いのに、

そこから先がない。

いよいよですかね。


朝乃山もよく体が動いているし、

御嶽海もなんとか堪えてます。

幕ノ内後半は面白いですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲九月場所二日目

2018-09-11 00:14:16 | 相撲


今場所は勝負の場所ということですが、

初日から心臓に悪いですね。

まあ、昨日の相撲は勢が引いてくれたので、

危なげないような相撲になりましたが、

今日は危なげばかり。

貴景勝のいなしに良く残りました。

意外と体は動いてますね。

初日からの三日間が大事だと言われていますが、

その三日目は若手のホープ豊山。

的が大きいので取りやすい相手ですが、

馬力と勢いがあるので要注意。


やっぱり、大関、横綱が安泰だと、

土俵が締まりますね。


ということで、

今場所は久しぶりに復活です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地魚・地酒 くろ屋

2018-09-08 11:41:14 | 日記


金沢の夜は、2ヶ月前に予約した「くろ屋」。





新鮮な地元の旬のお造り5種盛り。



加賀野菜の金時草ときゅうりの酢の物。



本日のメイン、のどぐろの炙り。

金沢と言ったら、とりあえずこれを食べねば。

これも事前に予約しました。

まるで肉を食べているかのよう。

これは美味しいです。



これも金沢の郷土料理、鴨の治部煮。



地酒は「加賀鳶」。

超辛口というだけあって、キレが抜群。

こういう日本酒が好きです。



へしこ茶漬け。

魚の粕漬けのお茶漬けです。

どれも美味しく大満足。

金沢の食を堪能しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶらり、金沢の旅 ~2日目~

2018-09-01 15:34:16 | 日記


金沢の旅、2日目です。



この旅の楽しみの一つだった、ホテル日航金沢の朝食。

お目当ての車麩のフレンチトーストも美味しかったです。

朝からちょっと食べ過ぎ~


チェックアウトして、駅に荷物を置いて、

2日目はバスのフリー乗車券を購入。



金沢の街は、バスが走り回っているので、

あちこち巡るには、これがお得です。


そして、本日のメインの兼六園へ。







































さすが、日本三名園の一つだけあって、綺麗に手入れされてます。

今度は冬の雪吊りも見たいですね。



兼六園をあとにして、向かいにある21世紀美術館へ。

ここはちょっと休憩に寄った感じ。


ちょうどお昼時になりましたが、

昨日は海鮮三昧で、今朝はフレンチだったので、

お昼は蕎麦が食べたいねと検索して、近くに発見。







手打そば更科藤井。

かなり暑かったので、ビールが美味い!

蕎麦もコシがしっかりしていて美味しかったです。

蕎麦は正解でした。





そこからまたバスに乗って、にし茶屋街へ。

ここは、ひがし茶屋街と比べるとかなり狭いので、

人もまばら。

ちなみに、ここに来る前に、お茶しようとひがし茶屋街に行きましたが、

昨日からは想像もできないほどの人、人、人。

入口で断念して、こちらに来ました。


これで一通りの観光地巡りは終わり、

早めに駅に戻って、スタバでお茶して、帰路につきました。




やっと実現した金沢の旅。

1泊2日でしたが、行動範囲が狭いので、十分楽しめました。

さあ、次はどこに行こうかな。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶらり、金沢の旅 ~1日目~

2018-08-27 21:33:02 | 日記


旅行会社で予約したのがちょうど3ヶ月前。

この土日にようやく本番が来た金沢の旅。

結婚したときから、いつか行きたかった金沢。

昔は車で行くのが当たり前だと思ってましたが、

北陸新幹線という便利なものが出来ましたので、

それを使わせていただきました。





高崎から乗るので、はくたかです。









朝一の新幹線でしたので、朝ご飯は駅弁を。

高崎と言えば、これ!

だるま弁当と鶏めし弁当。

朝から旅気分Maxです。



新幹線で初めて通る軽井沢。



2時間16分で金沢に到着。


今回の宿はホテル日航金沢。





ちょっと贅沢しましたが、

部屋の都合で何故かグレードアップされて、

さらに贅沢な部屋になっちゃいました。













このままずっと部屋に居たくなっちゃいましたが、

そういうわけにもいかないので、

金沢の街の散策へ。



ちょうど街のあちこちで、アカペラコンサートをやってました。

みんないい声してます。















最初に訪れたのは、ひがし茶屋街。

石畳の道に広がる茶屋建築。

江戸時代にタイムスリップしたようです。



これぞまさにインスタ映え!

箔一のソフトクリームは大人気でした。





橋を渡ると、主計町茶屋街。

ここは、ひがし茶屋街とは打って変わって、

観光客もなく、静かな佇まいでした。


そこからしばし歩いて、金沢の台所でもある近江町市場へ。



さすがに人が多いです。

有名なお寿司屋さんはどこも行列。

ま、どこで食べても美味しいだろうと、

空いてる店をみつけて入りました。



鮨処 源平。

結果オーライ。

十分に美味しかったです。


寿司とビールで腹を膨らませて市場内をウロウロ。



これぞ市場の醍醐味。

買って、その場で食す。

甘えびはともかくウニが甘い!

このままでは夕飯が食べられなくなるので、

市場から歩いて金沢城公園へ。





これがまた暑いのなんの。

もともと、雨予報だったのに、嬉しい誤算でのピーカン。

それはそれで嬉しいですが、ちょっと暑過ぎ。

この写真を撮ってすぐに退散。

駅のお土産屋さんをチェックしてホテルに戻ることに。



かみさんが見て回っている間に、

地酒のお店で飲み比べ。

なんか、朝から飲みっぱなし。


そして、初日の締めくくりは金沢の味を堪能しましたが、

それはあらためてご紹介します。


お腹も心も満足したところでホテルに戻りました。



チェックインの時にいただいたチケットを使って、

1階の喫茶で食後の珈琲とデザート。


盛り沢山な一日でした。

二日目はのちほど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする