『自由の哲学』を読む ~日々の暮らしから~

シュタイナーの言葉を味わう日々
大人が変われば子どもが変わる
子どもが変われば未来が変わる
だから私は楽しく学ぶ!

「未来は明るい!」と思えた出来事

2021年01月17日 | 中学生と育つ
中学生になると、そろそろ外の社会に目を向け始めるから、いろんな大人と出会う機会を作ってあげたいな。子どもが中2なのもあって、そんな事を考えていた。毎月活動している神戸シュタイナーハウスの子どもクラスの先生に、その話をすると、先生も似たようなことを考えておられたようで、お互いに「そういう時期ですよね」と納得。大人クラスの人たちにも「来年こんな風にしたいけど、どう思います?」と話したら、「中学生の時期 . . . 本文を読む
コメント

思春期の人がいろんな大人と話す時間を作る

2021年01月16日 | 中学生と育つ
この8年間、小さな勉強会を続けています。大人のクラスは、参加メンバーみんなで作り、子どものクラスは、1人の先生が担当してくださっている。保育園だった子どもも、もう中学2年生。一人の大好きな先生にくっついてるのが嬉しい時期は終わり、そろそろ、いろんな人に出会って、広い世界に出て行く準備を始める時期かもしれない。「中学生がいろんな大人と話せる機会を作りたい」と、子どもクラスの先生に話したら、「実は私も . . . 本文を読む
コメント

オンライン自習室っていう発想

2021年01月15日 | 考える日々
ここしばらく、真面目に取り組みたいことがあって、わりと長い時間、椅子に座ってた。今までなら、疲れてきたら、「カフェ行ってやりたいな~」と場所を変えたりもしてたけど、このご時世、それも気が引ける。仕方ないから、気分転換に、塾の自習室みたいな空間とか、コワーキングスペースみたいなのを、ネットであれこれ検索してみた。そしたら、オモシロイ言葉が飛び込んできた。「オンライン自習室」。え? なんだこれ?リンク . . . 本文を読む
コメント

アートフェスタ出展③当日~総括まで

2021年01月14日 | 神戸シュタイナーハウス
学ぶ時はどうしても考え方の近い人と学ぶことになります。そこで、一度外に出てみよう。いろんな世界の方たちと触れ合って、自分たちの価値観を広くお伝えしたり、逆に刺激を受けたりする場を作ってみようと考えました。そんなわけで、美術館主催のアートフェスタに出展することにしました。これまでの経緯は以下をご参照ください。アートフェスタ出展①目的や出展するものの方向性を決めたところまでアートフェスタ出展②ブースの . . . 本文を読む
コメント

冬に光を楽しむ窓飾り

2021年01月13日 | 手足を使う日々
こないだ、ウチで5角形のランタンを作りましたが、神戸シュタイナーハウスの大人クラスで、前半、お勉強をした後で、後半、一緒にサンキャッチャーを作ってみました。薄い紙を切って、同じ形に折って、数片~10片くらいを均等に重ねて貼る。それだけで、こんなにキレイ!窓辺に貼ってみると、光が弱くなる冬だからこそ、さらに光が美しく見える気がします。窓を開けて活動していたのに、寒さを感じないほどイイ感じ。「そこにい . . . 本文を読む
コメント

5角形で遊んで迷宮に迷い込む

2021年01月12日 | 手足を使う日々
こないだ、中2の子どもに「5角形ってどうやって描けばいいんだっけ?」と聞けば、答えられなくて、動画サイトで出てきたのは、なんか難しい。難しいけど、角度を測って、っていうのはちょっと負けた(何に?)気がして、「分度器で計らないシバリ」で考えました。コンパスと定規は使ってもいい。「あれ?もっとカンタンに描ける方法あったよね?」と言いつつ、あれこれ描いてみたけど、うまく描けず、5角形の迷宮に入り込んでし . . . 本文を読む
コメント

アウトドア用コンテナでお手軽生ごみ肥料化作戦

2021年01月11日 | 手足を使う日々
20代のアパート暮らしの頃から、生ごみはボカして堆肥にして、その土でプランターで野菜作ってました。ただ、近所で売ってるコック付きの生ごみ専用バケツ、ビジュアル的に黄色とか半透明とかで美しくないし、残念なことに数年でフタがバキバキに割れるんです。フタだけでも売ってくれたから、何度かフタを買い替えたんだけど、なんかプラを捨てるのは気分が盛り下がるし、持ち上げたら本体もバキバキ割れるくらい劣化してきた。 . . . 本文を読む
コメント

アートフェスタ出展②当日までの準備と「経済の友愛」

2021年01月10日 | 神戸シュタイナーハウス
神戸シュタイナーハウスでは、いつも、方向性の近い人と学んでいます。そこで、一度外に出ていろんな方たちと触れ合ってみよう。そうして、自分たちの価値観を再確認しながら表現したら、響いてくださる方もいるだろう。いざ実践! ということで、美術館主催のアートフェスタに出展した時の話をまとめました。前回のアートフェスタ出展①~申し込みから準備編~では、目的の共有と、出展内容の方向性を決めたところまでお話しまし . . . 本文を読む
コメント

座布団を繕ってみる

2021年01月09日 | 手足を使う日々
巷では密に「ダーニング」というカワイイ繕い技が流行ってますが、「使い捨てないで、直して使う方がいい」という価値観の人が、少しずつ増えてきたのかな。嬉しいなー。さて、冒頭の写真。結婚する時に親が作って持たせてくれて、20年近く使っている座布団。さすがに「もういいじゃん」とも思いつつ(^^;)。でも、結構好きだし、代替品もないから、必要に迫られて、という面もあるのですが。~にしても、こういう仕事は、も . . . 本文を読む
コメント

気が付けば10年も経っていました

2021年01月08日 | 考える日々
自分の事を書くのは、恥ずかしい。特に恥ずかしいのは、勇気がない時の事。そして、失敗した時の事も恥ずかしいし、たまの成功だって、書くのは恥ずかしい。そう感じる事があるのは、いい恰好したいから、なんだろうな。よく見せたいから、なんだろうな。そこは本人の価値とは何の関係もないから、本来、どーでもいい領分なのに、見栄を張る。誰に、何のために(^^)??自分の整理や記憶のために書いてるけど、それだけじゃない . . . 本文を読む
コメント (2)

耳もとでささやく2人の悪魔に気付く

2021年01月07日 | 考える日々
何となく今年は良い事あるごとし 元旦の朝 晴れて風なしこれは、石川啄木の歌です。元旦は、何やかや言いながらも、一応、こういう清々しさも感じていました。ほんの1週間前の事です。そこから1週間。感染者が一気に増えてるのを目の当たりにして、しつこいぞっ!と腹立たしくなります。いつまでこんな感じなの?とゲンナリもします。こんな時には、耳元で2人の悪魔がささやきます。1人は、「オマエなんかが何もできないよ」 . . . 本文を読む
コメント

考え方の違う人と一緒に生きる練習

2021年01月06日 | 考える日々
またまた大変なことになっています。この対応は、基本的にはマスクして手洗い、ですが、ふさわしいと考えるレベルは、人それぞれに感覚が違います。マスクを着けてたら安心できる人、ひと気のない場所のジョギングでもマスクを着けてる人、ワクチンを早く打ちたい人、なるべく打ちたくない人、家族以外とは飲食しないと決めてる人、あれこれ気にするあまりメンタルが疲れてしまう人、危険な中でも働いてくださるコアワーカーの人& . . . 本文を読む
コメント (4)

内省や創造性をくすぐる、開放的な宗教!

2021年01月05日 | 考える日々
あの出来事以来、日本では宗教というと「洗脳されてハマる危ないもの」という色がついてしまいました。「そんなことない」とずっと思っていて。でも、自分がオトナになった直後に起こった出来事だから、「危ないだけじゃない面もあるよ」と説明する言葉を、うまく紡げないまま、今に至っていました。それが、今になって、お正月に読んでた小説に、ヒントをもらってしまった!これだから、小説ってすごい!!!出来事を追いかける動 . . . 本文を読む
コメント (2)

父が語る、子どもの頃の話。進駐軍がいたの??

2021年01月04日 | 考える日々
※写真は「写真AC」よりお正月、おばあの反抗期の話に続いて、おじいも自分の子どもの頃の話をしてくれた。これまた聞いたことのない話がいっぱいで。一例を挙げると、小さな頃には、まだ進駐軍(!)がいて、近所の池によく鴨を撃ちに来ていた、という話。食料としてじゃなくて、スポーツとして、「ふつーに銃をぶっ放してた」、そうな。こわっ。高校の頃、自転車で川沿いに30km走って海まで行き、そのまま船で淡路島に渡っ . . . 本文を読む
コメント

80歳の母が孫に語る、反抗期の話

2021年01月03日 | 中学生と育つ
お正月、遠くの兄は帰って来なくて、近場に住む私と両親だけで過ごしました。初詣も混んでいるかもな~ってことで、家でゆっくり過ごしました。その中で、80歳になろうとするおばあが、孫に、自分の反抗期の話をしていました。曰く、「おばーちゃん18歳の頃、高校を卒業する時に、突然、どうしても家を出たくなって、家から通えないところに就職してん」と。 60年前の当時、高校を出て若い女の子が一人で働く、な . . . 本文を読む
コメント