のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

ネトウヨは、首をかけてと憶測を言う。他方、事実の指摘に対しては、重箱の隅をつつくと言う。いずれにしても言葉が異様に軽い!

2018年01月19日 12時34分06秒 | 農家のこと
米山 隆一‏@RyuichiYoneyamaさんのツイート。

――百田氏は「中国と日本が軍事衝突をしたら朝日新聞は中国の肩を持つ」という勝手な憶測に基づき、基本朝日新聞とは関係ない「朝日の読者」を「日本の敵」と断罪して、日本人の日本人に対する憎悪を煽っています。この様な行為こそ、日本を分断しその力を弱めるものでしょう。厳に慎むべき事と思います。〔23:41 - 2018年1月16日 〕――



これを受けて、

ラサール石井‏ @lasar141さんが

こんなツイート。

――「首を賭ける」とはどういう意味か。間違っていたら首を切るとという事か。あり得ない。とっくに頭は丸めているし、辞する役職もない。結局何もしないという事ではないか。言葉が軽すぎる。〔8:30 - 2018年1月17日〕――

こんな風に、

何の根拠もない臆測、妄想を垂れ流す反面、

事実に対しては

病的なほど拒絶反応を示す。

たとえば、

安倍が杉原千畝の名を読めないことなど。

盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社‏ @product1954さんによると、

「重箱の隅をつつく」という難癖をつけられたようだ

(同氏のツイート〔23:50 - 2018年1月18日 〕参照)。

もし、安倍に有利となったら、

些細な事実を針小棒大にして言うだろう。

事実、

日本からの北朝鮮への援助など、

ほぼないのに、

河野太郎は制裁として支援を止めたら、

日本に同国からの難破船、百隻が漂着したという

百田尚樹並みに妄想を逞しくした報告をカナダでしたとのことだ

(拙稿「何だ、この安倍に都合のいい報道。事実なのか」(1)の報道参照)。

☆ 記事URL:http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/57c8ffe4477ced17ad0c0a284f01f3fd

このおっさん、一体、何が言いたかったのか?

上掲報道では、

北朝鮮と

国交を断とうという呼び掛けのためだったらしかった

(言っていい、やっていい限度を超えている)。

言われた方の北朝鮮は、

「圧力を強化すれば、わが国が政策を変える可能性があると考えること自体、あまりに愚かで幼稚だ」

とコメントしたということだ

(盛田氏のツイート〔11:58 - 2018年1月19日 〕参照)。

妙な呼び掛けを他国でしたため返って来た反応に過ぎないのに、

ネトウヨたちは、

「オメーに言われたかねぇよ!ばーかw」と騒いでるようだ。

本当に子どもなんだな。

これを受け盛田氏が次のように

注文され、ツイートの文章を結んでおられた。

――日本政府にはこんなクソリプの如き反応をしないよう切に望む。〔11:58 - 2018年1月19日 〕――

同感だな。

北朝鮮に正論を言わせるような

愚かな外交をしているのは河野太郎であり、後ろにいる安倍晋三の責任だ。

この人たちは、

「日本スゴイ」の夢を見て

現実が見えなくなっているんだ。

アメリカの

後ろ盾があると思うのは

幻想だ。

まずは、そこから現実を見直す必要があるだろう。

盛田さんがこんなツイート

(盛田さん、盛田さんで、同氏の引用ばっかりで気が引けるが、

必要な情報なので遠慮なく引用させてもらう                                     ――)。

――【これは注目】元米大統領特別補佐官は「海兵隊は日本の防衛に無関係。中国と日本が尖閣で衝突しても、海兵隊は何もできない。北ミサイルも打ち落とせない」と述べ、海兵隊の沖縄からの完全撤退を主張。
尚且つ「基地は日本の領土にあり、日米地位協定を決めるは日本だ」〔14:55 - 2018年1月18日 〕――



この元米大統領特別補佐官の発言は、

米国の良心の声だろう。

しかと脳裏に刻み付けておくべき言葉だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月18日(木)のつぶやき | トップ | 橋下徹さんが米山 隆一さん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農家のこと」カテゴリの最新記事