リバーリバイバル研究所

川と生き物、そして人間生活との折り合いを研究しています。サツキマス研究会・リュウキュウアユ研究会

史上最大のサツキマス だぶん

2005-06-14 20:28:19 | アユの流し目/雑記帳
全く釣りをしないくせに、釣り雑誌に頼まれ原稿などする。
その折りに、今年の長良川はサツキマスが小型だと言う話をしていて、編集部が送ってくれたFAXがこれ。

この雑誌をご覧下さい Gjie  
 正直、こんなものがいるのかと思い、雑誌も送ってもらった。
 確かにサツキマスのようだ。長良川で最大というのは、ボクが直接触ったのが、1700g台、48cmくらいだから、ホントの巨大サツキマスだ。長良の漁師さんの話では、2kgというのはいたことがあるというから、川というか、河口そして海が豊かならば、こういった巨マスが育つのだろう。

 それにしても、サツキマスは効率的な魚だ。5ヶ月くらいで20倍くらいの大きさになる。もっとも、いい川のアユもそのくらいの成長をするのだけど。

 にいむら
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 魚のいない川 | トップ | gooにしておいてよかった。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
でかいですね。 (masa)
2005-06-14 22:31:29
こいつは、でかいですね。サケみたいです。



揖斐川水系の牧田川にてサツキマス一度だけミミズのエサ釣りで釣ったことがあります。アマゴを釣っていた時に掛かったのですが、最初はウグイかニゴイかと思いました。35センチぐらいでした。



牧田川 (ニイムラ)
2005-06-15 08:39:58
渋い川だよなあ、牧田川。養老山系から流れる、揖斐川では一番、うーん、木曽三川でも指折りの自然を残した里の川だよね。

 あそこなら、サツキマスの産卵も可能かも知れないなあ。

コメントを投稿

アユの流し目/雑記帳」カテゴリの最新記事