武の道へのこころざし

大道塾の横須賀・湘南支部の責任者が、日々の活動に関する出来事や想いを綴っていきます。

寝ているわが子の手にそっと触れて

2018年06月07日 | Weblog


我が家のわがまま娘。


今年の春に幼稚園から小学校に上がり、朝になると親の手を離れて一人で学校へ向かう。

同じ学校に通うマンションの子供たちが集まる集合時間に間に合わず、慌てて走って一人で学校へ向かう娘。


ベランダから見送ると、なんだか切ない気持ちになる。

ちょっと心配で、健気で、、、

それでいて少し子供の成長を実感でき、ちょっと頼もしくも感じる。




夜、疲れてぐっすりと眠っている娘。寝付くまでに何だかんだと大騒ぎしながら、寝入ってしまうと我が家が急に静かになる。

夜中にふと目が覚めた時、寝相の悪い娘が布団やタオルケットを蹴飛ばして、体を丸めて布団の真ん中にポツンと寝ている。

タオルケットをそっとかけて、手に触れるとぎゅっと握り返してくる娘。

そのうちに私の顔を足で蹴飛ばしてきたりもするが、体の皮膚感覚や温度を感じて、足や手でスリスリと触れてくる。

その手のひらに指を添えると、またぎゅっと握り返してくる。

こうして、寝顔を見て布団やタオルケットをかけてやる日常は、まだしばらくは続きそうだが、過ぎ去ってしまえばあっという間の、ごく短いわずかな期間と感じる、淡い思い出になるだろう。

娘の、「遊んで! 遊んで!」攻撃にも普段は困惑気味だが、休日のほんのわずかな時間、遊びにつきあってあげたとき、「今日はいっぱい遊べてよかったね! いつも仕事ばっかりだから。。」とニコッとしながら言葉を聞いたときには、もっと遊んでやる時間を取ってあげなければと思う。

ニュースで時折流れる、乳児や幼児に対する児童虐待や、傷害事件などを見るたびに、何とも言えない、情けないやるせない気持ちになる。先日は都内で、5歳の女の子が、両親の虐待で死亡する事故があったそうだ。5歳の女児がノートに、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」と書いてあったそうだが、毎朝4時頃に起床してひらがなの練習をさせられていたという。この両親はどういう人間だったのかと思う。




道場では、普段の厳しい稽古を続ける中で、たまには遊びを取り入れたりして、楽しめる稽古をしたいと考えるが、後輩の指導を親切に、そして我慢強くしている子供たちを見ると、体を鍛えて心を鍛え、相手のことを思いやり、努力を続けることを小さなころから積み重ねることの大切さを改めて強く感じる。

稽古に遅れて中に入れない子のリードを任されて、我慢強く待ってあげている子、稽古でお漏らしをしたこの後始末を、手に雑巾を持ってせっせと床のふき掃除をする子、なかなかうまく覚えられない子供に、何度も繰り返し、我慢強くそして優しく、技を教える年上の子、稽古の中で躓いて怪我をしたり、組手で痛い思いをして泣いている子を思いやって慰めてあげる子、それでも休憩時間や稽古後に、ピリッとした空気感から解放されたと同時に、帯上の上級者と帯下の下級生が上下の隔てなく、一緒に笑いあって遊んでいる姿を見ると、武道教育の大切さを改めて感じることができる。




世の中は、温かみのある人の心ばかりではないが、温かみを感じる部分を大切にしていきたい。そして心の温かさを人に与える人になってもらいたいと思う。

夜中、寝ている子供の手をそっと握りながら、いろいろなことが頭をよぎってくる。








コメント

ある日のチョコレートのプレゼント

2018年04月09日 | Weblog

ある日、稽古指導から自宅に戻ると、机の上に、白い買い物袋が。


ん??



中を見てみると、赤いパッケージのチョコレート??


ん??








レシートも一緒に同封されている。。

払えってこと?? 購入を頼んだ覚えはないんだけど??




妻に聞いてみたところ、娘が「お父さんへのプレゼント」ということで、貯めたお小遣いで買ってくれたそうな。。



お手伝いに合わせて、時々お小遣いを渡していたお金で、プレゼントを近くのスーパーへ買いに行ったとか。。。



甘いもの好きな私の好みを知っていて、わざわざ買いに行ったてくれた様子。


レシートを見ると、税込み105円。


となれば、若菜の財布には、もうほとんどお金は残っていないはず。。。





疲れた体には、甘いチョコレートは染み込むもので、、

ありがたく、独り、夜中の晩酌と共に、全て食べてしまいました。




明日の朝、「何で若菜の分、取っといてくれないの ~ ~!!」


などと怒られるかな?? と思いながらも、翌日にはすっかり忘れていた娘でした。



色々な意味で、、、めでたしめでたし。。





コメント (2)

3月の・・ ある日の一枚 <3月15日(木)卒園式>

2018年04月09日 | Weblog

プライベートな家族の話題です。


比較的小規模な娘の幼稚園の卒園式です。





色々思い出深いですが、ブログ記事は小さく納めておきます。










一緒に卒園したおともだちのみんな、おめでとう!








コメント

スパイ参上?

2018年03月18日 | Weblog

なんじゃこりゃ?



ある日、辻堂・ゴールドジムの稽古指導から帰ると、廊下や机の上に何やら張り紙が?



なにこれ??



文字は妻の字ですが、書く内容は娘が考えたものらしい・・



私の歩く先々で、こそこそと隠れて、様子を伺う誰かが・・







何らかのアニメの影響か、怪盗なんちゃら、、か、、、






もしくは忍者ごっこか何かをしている様子、、、




元気があれば多少は楽しめても、稽古後の疲れた体には少々、、厳しい、、、









毎日いろんな仕掛けをしてくる、我が家の娘でした。。。







コメント

我が家の娘がバイオリン?!を始めた!

2018年01月22日 | Weblog

道場活動ではなく、プライベートな話題です。


我が家の娘がバイオリンを習い始めました。


もともと妻がエレクトーンを幼いころから二十歳頃まで学んでおり、先生の資格を取る一歩手前まで行ったとかで、かなり真剣に取り組んでいたそうで、我が子にも音楽を習わせたかったということです。

近くの個人教授のピアノ教室をいくつか当たったそうですが、思っていたような教室と巡り合えなかったらしく、その他の楽器も含めていろいろと探していたところ、バイオリンの教室を見つけ、そこに通い始めることになりました。








事前に私も、どこのピアノ教室はどうのこうので、あそこはどうだと、いろいろと妻から見学や体験に行った時の様子を聞いていましたが、そのバイオリン教室は、個人のレベルアップもありますが、定期的にグループの仲間で老人ホームなどに行って、慰問の演奏を行っているとか。また、費用に関わる部分を事前にはっきりと説明をしてくれて、そうした分かりやすい費用体系とアットホームな雰囲気、そしてボランティア精神のあふれるその教室の方針が、私としてもとても良いものに感じました。


高価そうな楽器ではありますが、子供用の小さなバイオリンを月に2,000円ほどでレンタルしてもらえて、月の会費も音楽系にしてはそれほど高くはなく(うちの道場の子どもクラスの1.5倍くらい?)、まあ費用的にも可能な範囲での習い事だということで、通うことになった次第です。

身につけるのが難しい楽器でもあるので、真面目な妻のしかめっ面の厳しい指導にもめげずに、自宅でも定期的に練習をしている様子です。

一方でうちの娘は、道場に同行するときにはサムライの様に勇ましく背中に鞘付きのおもちゃを指し、手にはいっぱいの可愛いお人形さんを抱えて、男の子か女の子かわからないような雰囲気で道場に向かいます。


男の子を持つ保護者のお父様には、こうしたママゴトが新鮮だと微笑んで見守ってもらえていますが、中学生部男の子には、刀を振り回す娘に、「なかなかかっこいいですよ・・」と、ビミョーな感じでフォローされる始末。。

(しかし中学部の2年生くらいになると皆言葉に思いやりがあり、お転婆な娘も、救われます。他の場所では、けげんな顔でにらみつけられるのが落ちなので、娘としても道場は居心地がいい様子です。)





稽古生の皆さんにバイオリンの事を少し話すと、

 「えー!あの若菜ちゃんが~?!」

と、皆同様な驚きをもって反応されます。






バイオリンをレンタルして数週間もしないうちに、弦を壊してしまったとかで、音楽教室の先生には困惑気味な表情の中でも優しくフォローしてもらったそうですが、、、

何だか先が思いやられます。。



そのうちどこかで発表会でも参加させてもらえる機会があれば、またこのブログで紹介させていただきます。







なんだかんだ言って、やはり親ばかですね。。



失礼しました。。。







コメント (1)

プライベートな話題(横浜八景島シーパラダイス)

2017年08月13日 | Weblog


大雨警報が出ている日、曇り空の中で八景島シーパラダイスに出かけました。



夕方頃、近くでカミナリが落ちたようで、物凄い音が響きます。




雨でアトラクションは中止となり、小雨になったタイミングで慌てて駐車場へ向かいます。


雨の日でも、さすがに夏休みの季節。


子供達でいっぱいでした。





コメント (2)

プライベートな話題(ソレイユの丘)

2017年08月13日 | Weblog

プライベートな話題が続きます。


現在、取り溜めた写真の整理中です。


横須賀の南方面。

三浦半島の西側の海に面した丘地の場所。

のどかな地域にその公園があります。





駐車料金が一日1,000円。

アトラクションの乗り物以外は、公園設備や水辺の遊び場に料金はかかりません。



近くにお住まいの方だと思いますが、水辺のそばにテントを張って、保護者の方々がくつろぐその隣で、子供達が水遊びに講じています。





大きな遊具も沢山あり、丘地のため景色のいい場所も沢山あり、池や公園、長いゲレンデ滑り台、おもしろ自転車等、楽しめるものに事欠きません。














<鯉のエサやり>


沢山のアトラクションよりも、のんびり楽しみたい方におすすめの場所ですね。


いつも通り、家族三人で過ごしました。



コメント (2)

プライベートな話題(妻の誕生日)

2017年08月13日 | Weblog

妻の誕生日。


娘から花束の贈り物です。







最近、娘が何かお手伝いをすると、時々お小遣いをあげるようにしています。


その日の気分に応じて、またお手伝いの内容に応じて、またまた娘からのお小遣いアプローチの強さに応じて、与えるか与えないをきめています。


小さな財布にせっせと溜めたお小遣いで、お花のプレゼントを買いに出かけます。


娘のお買い物に私が一緒について行って、娘が商品を選び、娘がレジで財布から端数となる数十何円かを出して、大きなお金は私がこそっと払って、そのお釣りは娘がちゃっかりと受け取る、、というのが最近の流れ。


私がこそっとだしている500円硬貨や千円札は、娘に気付かれないように出しているおかげで、娘は自分の小遣いでプレゼントを買ったという喜びを持てている反面、お店に行くと、いっぱいお釣りがもらえて、お金が増えていく!? と勘違いしている様子なのが気がかりながら。。


それでもせっせとお手伝いをして、せっせとお小遣いを溜めて、それで「プレゼントを買うんだ!」と意気込んでいる娘を見ると、なぜだかお小遣いをせびる娘に対して、財布のひもが緩みがち。



娘はいつも、「プレゼントを買う」のだと言いながらも自分用のお菓子を一つか二つ、買い物かごにこっそり入れているのは、さすがにチャッカリものです。




まっとうな金銭感覚と、人の為に何かを与える喜びを合わせてもってくれればうれしい限りですね。






コメント

プライベートな話題(鎌倉花火大会)

2017年08月13日 | Weblog

鎌倉花火大会と言えば、地域としてはそれなりに大きな花火大会です。


私は毎年、この花火大会のたびに、横須賀の稽古指導の日に重なって、鎌倉駅前で立ち往生した時のことを思い出します。


横須賀支部を独立支部として立ち上げた頃。


この花火大会のことを知らず、海岸線へ出たところ物凄い渋滞に!!


東京から引っ越したばかりで、まだ道を知らず、渋滞を抜けようとカーナビのない車で四苦八苦していると、なぜだか鎌倉駅西口前に出てしまい、ほとんど動かない状態に。。。


結局、横須賀の久里浜に到着したのが稽古終了時間のまじかで、その日は稽古に参加できず、他の黒帯指導員の方に指導をお願いして終了。


少年部をまだ立ち上げていない時期で、大人の会員のみで稽古していた時期なので良かったものの、ちょっと今では考えずらい失敗をしていました。





この日は、駅前や由比ガ浜付近は混雑するので、腰越の海岸から花火大会を鑑賞することにしました。

ちょっと遠めですが、砂浜でのんびりと花火を鑑賞でき、なかなか。





この辺りは、地物と人ばかりの様子で、皆さん徒歩、もしくは自転車で来られているようです。

来年はどうなるかな?




コメント

プライベートな話題(両親をお見送り)

2017年08月13日 | Weblog

京都から両親が訪ねてきました。


いつも車と飛ばして神奈川までやってくる父も、既に80歳を超える年齢に。。。


周りの心配をよそに、車で来ることが生きがいのような父は、電車はどうしてもいやなのだそうです。


私自身は父の運転はまだまだ大丈夫だろうと考えていますが、母や、その他親族の心配もあるので、とりあえず、静岡まで私が車を運転して見送りました。


いっそのこと、京都まで送りたいくらいですが、自分で運転することを望む父と、夕方から出発したこともあり、一緒に付いてきた娘のことなどを考えて、ここでサヨナラすることに。





気を付けて、且つ永く元気に過ごしていただきたいものです。





コメント