武の道へのこころざし

大道塾の横須賀・湘南支部の責任者が、日々の活動に関する出来事や想いを綴っていきます。

夏から秋にかけての稽古(日曜一般部)

2018年10月09日 | 一般部 稽古日誌
時期に応じてメンバーが入れ替わるこの日曜日クラスも、最近はある程度参加メンバーが安定するようになってきています。

年齢の差はありますが、実力者と意識の高いメンバーが集まるこのクラス。稽古時間が一番長いクラスでもあり、体力的には一番きついかもしれません。

一般部に交じり、ジュニアの選手クラスの一部のメンバーのみ参加を許可していますが、来年以降は許可をするメンバーが増えることになりそうです。中学1年生のY君が自分から参加したい旨を伝えに来てくれましたが、もう少し待たせることにしました。

火曜日と金曜日は、一般部と共に中学部を設けており、中学生の参加を認めていますが、日曜クラスは前半にジュニア選手クラスを設けていることもあり、通常の中学生の参加を認めていません。ジュニアクラスの稽古だけでは稽古量が足りない子、技量レベルの高い子、そして一般部の稽古生にも気を使える中学生のみ参加を認めています。できれば普段の火曜日や金曜日の稽古でも、周りに気遣いができる配慮を覚えてもらいタオと考えています。小中学生が自分の稽古に来ているのと同じように、大人の稽古生も子供の相手をするために稽古に来ているのではなく、自分の稽古をするために稽古に来ています。

大人のクラスの稽古に参加するのであれば、大人の稽古生に認めてもらえる力(実力ではなくともに稽古をしていける仲間意識)を身に着けてもらいたいと思います。

さてこの日曜日クラス、昇段を目指して稽古を続けているW氏。一般部での試合の活躍が期待される大学生のR君、小柄ながら、小さなけがを乗り越えつつ、地道に努力を重ねるS氏、最近復活した組手センスのある高校生のI君、の他、出稽古組を含めてみなよく頑張っています。

最近やっと涼しなってきたので、長丁場の稽古にも身が入りますね。


ジュニア選手クラスの成長が著しい日曜日クラスですが、一般の稽古生の皆さんも頑張っていきましょう。






コメント

夏から秋にかけての稽古(辻堂一般部・土曜クラス)

2018年10月09日 | 一般部 稽古日誌


木曜日クラスとは出席メンバーがやや異なりますが、最近は木曜日と土曜日、それぞれに振替しながら稽古に参加されている方も増えています。









8月から9月の1日の出席者は、8名から17名で、平均10名ほど。



17名の参加者があった日は、さすがにスペースがきわどく、稽古を進めるのも一苦労です。












横須賀日曜クラスや、追浜中学部からの出稽古もありました。追浜から出げいこに来た中学生は、塾などの関係で審査前の稽古が十分行えず、稽古ができない不安を解消するためにと出稽古に来てくれました。

とても人当たりが良く、大人との会話もこなれており、皆さんが声掛けをしやすいようで、皆さんと上手くコミュニケ―ションが取れていたのはさすがですね。



週末ということもあり、木曜日とはまた違ったムードがある土曜クラスですが、みなが楽しみながら、成長を実感できる稽古を心が得けて行きたいです。
















コメント

夏から秋にかけての稽古(追浜一般部)

2018年10月09日 | 一般部 稽古日誌


長く稽古を続けている一般の黒帯から茶帯、緑帯までの稽古生の頑張りが目立っていたクラスですが、最近は、白帯から黄色帯までも稽古生の頑張りも目に付くようになりました。

一般部は年齢が高いこともあり、怪我に注意して頑張ってもらいたいと思います。
















今年の夏ころ、現在少年部で頑張っている女の子のお兄さんが入会しました。

高校で野球に精を出す、身長180cm超の大柄な高校一年生です。




さすがに体力、スタミナがあり、稽古でバテることはありませんが、技が身につくまで焦らず頑張ってもらいたいと思います。

高校野球で手を骨折しながらも、コルセットで固めた手に包帯を巻いて、部活の後にもかかわらず稽古に参加しています。




しかしよく頑張るなーと思っていたら、実は小さいころから空手を学びたいと思っていて、小学校の低学年のころ、一度他のフルコンタクト系と思われる空手道場に入っていたのだそうです。しかしそこの先生が合わなかったとかで、半年ほどで退会しており、その後、その妹さんが大道塾に入り、今に至るまで稽古をしているのを見て、またやる気になったとか。

稽古を始めるにはタイミングというものがあります。彼にとって高校野球の練習も大変だと思いますが、今が一番のタイミングなのだと思って頑張ってもらいたいと思います。

さすがに運動神経が良く、手足も長く、何よりも根性がありそうなところを見ると、レベルアップも早いはず。
「まだ妹とは一緒に練習したくない・・」とも言っている様子ですが、その妹さんは、来年の春頃まではまだ少年部での稽古になると思いますので、今のうちにしっかりとレベルアップをしておきましょう。




自衛官で体力のありそうな20代の若者も夏ころに入会して頑張っています。



先輩稽古生に色々とアドバイスをもらいながら、持ち前のパワーを活かせるように、しっかりと技術を身に着けてもらいたいです。






一方で50代後半の稽古生が秋の審査を初受験しています。

















年齢層が幅が広いこのクラスですが、人の輪の中での学びとしてはとてもいい環境が整っています。



この日の稽古は、最後にお互いの肩もみマッサージをして、稽古を締めくくり。



おじさん方は気持ちよさそうですが、肌が敏感にな中学生はくすぐったいのを我慢するので精いっぱいの様子。。。

稽古で引き締まった気持ちをほぐすような、稽古後の和やかなひと時です。



お互いに協力して頑張っていきましょう!







コメント

夏から秋にかけての稽古(久里浜中学部)

2018年10月09日 | 一般部 稽古日誌

秋の審査会に向けて、中学生も頑張って稽古に励みます。しかし中学生になると夏場は部活の大会があったり怪我をしたり、また3年生になると塾などもあり忙しくなりますが、それでもみな頑張って稽古に参加してくれています。

比較的小柄な子が多く体力的にはまだまだですが、技術レベル的には、かなり高いレベルに来ている子もおり、今後の成長にとても期待できます。





中学部では、選手クラスにも所属していて体力があり、とても技量の高い子がいる一方、週一回の稽古を熱心にこなし、部活や学校の活動、また他の習い事なども並行的にこなしながら、地道に稽古に参加して、少しずつでも着実に上達してきている子がいます。







選手クラスの子と、週一回の通常の稽古生が共存しながらも、一緒に稽古ができる環境がわが道場の強みです。体力や上達のスピード、稽古における力の入れ方や多少の価値観は違えど、同じ道場の稽古に通っているという一つの共通点をもとに、仲間意識をもって共に頑張ってもらいたいと思います。





先日、学校の怪我で休会していた中学二年生の子が一人、稽古に復帰しました。

十分な素質があるだけに、部活と並行して稽古に参加してもらえればうれしいですね。

頑張っていきましょう!






コメント

最近の各クラスの様子(日曜クラス 一般部)

2018年03月25日 | 一般部 稽古日誌

最近の各クラスの様子をお知らせします。



<日曜クラス 一般部>



このクラス、最古参のY師範が今年の1月に六段に昇段しました。


大道塾の六段といえば、全国的に見ても、それほど多くはありません。

今でも実際に道着にそでを通して、稽古に参加している六段位以上の人だけを見ると、両手の指で足りるほどの人数しかいないのではないかと思えます。


それだけ重みのある段位です。


審判員としても最高位のS級ライセンスを取得され、世界大会の主審をこなす役割が担われます。

いつもこの日曜日クラスの稽古指導のご協力を頂いています。




もう一人の古参のKさん。参加頻度はまばらながら、時々参加して鋭い動きで相手にプレッシャーを与える姿は、とても50歳を超える人とは思えないほどです。パワーもさることながら、打撃のセンスは今でもピカ一。若手の皆さんにもいい刺激になっているようです。



日曜クラスに所属の稽古生に合わせて、出稽古組のメンバーも多いこのクラス。

定例で参加している中学生女子に加え、子育て奮闘中のママさん、もとい、小柄ながら格闘女子的でエネルギッシュな女性稽古生が奮闘中。



若手の頑張りに加え、参加者の帯の色が幅広く、全体ムードも悪くはありません。


横須賀湘南支部のクラスの中では稽古時間が一番長く、後半の自由稽古の時間を含め、2時間半ほど稽古を行っています。体力的にややきついとは言えますが、当たり前に大人の社会人が多いため、猛烈な稽古をしているわけではなく、技術練習を細かく、そして深い所まで行っている部分がこのクラスの良いところです。



最近、Jrクラス参加の中学生男子が連続して、後半の大人クラスの稽古にも参加するようになりました。 この子も今後、さらに期待が持てるようになりました。


主に午前中のお昼前に稽古をしているこのクラス、日曜日の午前中にいい汗をかきましょう。





コメント

最近の各クラスの様子(辻堂一般部 土曜クラス)

2018年03月25日 | 一般部 稽古日誌

最近の各クラスの様子をお知らせします。



<辻堂一般部 土曜クラス>



最近元気のある、辻堂の土曜クラス。


一時期、と言ってもかなり以前ですが、いつも同じ3名ほどのメンバーで稽古をしていたのがウソのようです。


その当時、ある2年ほどの期間、いつもKさんとYさん、そして最長老のTさんの三人で稽古をすることが多く、すっかりご年配者の長老クラスとなっていましたが、その頑張りもあって、現在はその3名の長老が、このクラスの指導者的な立場で稽古をしています。




ウン十年ぶりに稽古を再開された再入門のTさん。

やや体は重たそうですが、しなやかな動きに陰りは見えません。コンビネーションのミットを持つときなど、さすがに以前の面影が見え隠れします。



ここ一年から半年の間に入会された新しい会員の方々の頑張りが目につくのもこのクラスの特徴です。次の審査会では初審査が受験できそうな方も多く、何名かは、帯に色が付きそうです。



日曜クラス所属のY氏が、ここ最近、金曜日から土曜日、日曜日と三日連続で稽古に参加しています。



職場が変わり、比較的時間が取れるようになったこともあると思いますが、周りの昇段に触発され、今年は自ら “昇段を目指す” という言葉が出てきて、周りがとても驚きとともに期待感を持ち、その人たちに自分も頑張るぞ! というエネルギーを周りに与えているようです。


古参で再入門組のTさんと共にミットをする姿は、とてもいいムードです。


なんだか、1990年代初期の横須賀の稽古を思い出します。。。




皆さんいい汗をかいてください。



100kg超のパワーファイターのTさんが、仕事の都合で時々稽古に参加できるようになりました。


一方で、先日大会に初挑戦し1勝を挙げたEさんが、5月の大会出場にも表明。

熱が冷めないうちに、試合に出場することに慣れておくとよいですね。



公務員になり、忙しい中でも稽古復帰をしてくれたW君。とても動きがいいので、今後のレベルアップに期待が出来ます。



3月17日は、12名の参加があり、中学部の1名を含め13名。

さすがにこのスタジオが狭い。。。



皆さん気をつけて稽古しましょう!





コメント

最近の各クラスの様子(追浜一般部)

2018年03月25日 | 一般部 稽古日誌


最近の各クラスの様子をお知らせします。



<追浜一般部>



平均で7,8名から十数名の一般稽古生が中学部の子供達と一緒に稽古に励んでいます。


最近、稽古に熱心さが加わる稽古生がいる一方で、部活動や仕事などの都合により稽古回数にばらつきがみられる方々もちらほら。最近50代で稽古を始められたSさん。上背の高さがあり、ボート競技などをされていたとかで、体幹がとても強く、何よりも真面目な稽古への取り組みが素晴らしいです。


この、“体幹” の強さは、スポーツ全般に必要な要素ですが、格闘技術を磨く武道の稽古でもとても大切な部分ですね。


普段の立ち姿勢をスッと維持することでも養われるこの体幹の力。


普段から町中でもよく見られますが、何かの時には、すぐに腰をずらして椅子に座ったり、背中を丸めてスマホなどに眼を走らせたり、電車内でも腰が据わらない、くにゃくにゃとした姿勢をしている人を見ると、私は妙に気になってしまします。


腰骨を建て胸を張り、顎を引き、ほんの少しリラックスをして、穏やかにしていれば、なんとなく頑張る気力が湧いてくるような気がしませんか?


気分が乗らないときは、一旦上を向いて、大きく深呼吸をして、真正面をしっかり見据えて、心を決めて「よし!」と、心の中で覚悟を決める。


一人ひとりの稽古生から、穏やかな雰囲気の中からも垣間見える、生きる力が湧いてきそうな覚悟の気持ちを感じたいものです。




あっと、、各クラスの紹介から、また話が脱線して今しました。。。




追浜一般部の皆さん、今日も頑張って稽古をしています。





コメント

最近の各クラスの様子(追浜中学部)

2018年03月25日 | 一般部 稽古日誌

最近の各クラスの様子をお知らせします。



<追浜中学部>



残念ながら、新しく中学2年生になる一名が部活が忙しくなり、来週で退会することになりました。


残りの7名はそのまま継続となりそうです。

黒帯を目指して出稽古しながらも稽古を熱心に行う子や、週一回の稽古で頑張りを見せてくれる子、皆とのコミュニケーションを楽しみながら、少しずつレベルアップに励む子、春の全国大会大会出場に向けて熱心に稽古に励む子など、皆、目的や楽しみ方は様々。

一つの道場であっても、その “様々” という多様性が認められ、お互いに尊重する中で皆が仲良く協力してレベルアップを目指して努力を続ける、というところに道場本来の良さがあり、この中学部ではそうした良さが体現できていると思います。



稽古は厳しさも必要ですが、楽しさも必要です。


楽しめる稽古というところに、厳しさに耐えるエネルギーがわいてくるもの。


皆の協力に感謝します。





コメント

最近の各クラスの様子(辻堂一般部 木曜クラス)

2018年03月25日 | 一般部 稽古日誌

最近の各クラスの様子をお知らせします。



<辻堂一般部 木曜クラス>



大柄な稽古生が多いこのクラス。一方で黒帯会員も多く、ややヘビーな印象のこのクラスにまた、大型な稽古生が参加することになりました。


聞けば、184cm、105kgとの事。事前にメールで連絡を頂いていたのですが、元大道塾の経験者で、元、かなり以前の超重量級(最重量級)の世界大会三位の実績との事。


柔道をベースに、それでいてしなやかで柔らかな身のこなし。あまり体は動かしていなかった様子ですが、まだギリギリ20代ということもあり、体力的にはすぐに戻ってくる事でしょう。仕事がひと段落したら、また大会にも出場したいとの事で、今年の秋から年末に向けて少しずつエンジンを掛け始めている再入門の稽古生です。


大人クラスの方でパワーのある方は、良い技術交流をお願いします。


最近、黄色帯や緑帯クラスの稽古生の頑張りも目立ってきて、また一方で小柄の古参稽古生の復帰、土曜会員として週一回の稽古をしていた「古希」目前の小柄な稽古生も、時折姿を見せていただいていています。

体力面での負担をお尋ねすると、力の抜き方(手の抜き方?)をだいぶ覚えて来た・・・との事で、70歳を目前に2時間の長丁場の稽古を難なく??こなされているようにも見えます。



このTさんの頑張りが、皆さんのいい励みになっています。




コメント

最近の各クラスの様子(久里浜一般部)

2018年03月24日 | 一般部 稽古日誌

最近の各クラスの様子をお知らせします。



<久里浜一般部>



最近、幼年部で稽古をしていた子の叔父さんが入会されました。

叔父さんといってもまだまだお若い方です。。。



また、ショッパーズプラザで活動している最後の時期に入会されていた方が1名、再入会されました。

IT関連でお仕事をしている関係で、多忙な中でもタイミングを見て稽古に参加されています。

懐かしい思いをする方もおられると思います。



最近は追浜からの出稽古組が増えていて、一般部の出席者が最も多いクラスでもあります。



先週13日の稽古は14名が参加し、中学部の6名を合せて20名で稽古を行いました。



白帯や青帯で稽古をしてる馬力のある稽古生が多いので、次回の審査会が楽しみです。




コメント