武の道へのこころざし

大道塾の横須賀・湘南支部の責任者が、日々の活動に関する出来事や想いを綴っていきます。

お盆休み

2018年08月11日 | お知らせ

8月9日、木曜日の辻堂のクラスが終わり、一週間の連休に入りました。

横須賀湘南支部では、8月10日(金)から16日(木)までの間をお盆休みとしており、各道場の稽古はお休みとなります。



休みに入り、体の疲れがどっと出てきています。


例年は、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始と、連休ごとにしっかりと休みを取り、体を十分に休めて、体のリズムをとっていたのですが、今年はジュニアの全国大会がゴールデンウィーク明けに行われたことにより、ゴールデンウィーク期間に強化練習を行いました。そのため、私自身が十分な体の休養が取れず、今期はかなり体に無理が来ている様子で、稽古の後半に集中力が切れそうになるわ、週末の稽古では、体操の途中にぎっくり腰になるわで、体の疲れがかなり限界に近付いているように感じられ、少し考えさせられることが多かったです。


これまでも疲れがたまることはありましたが、やはり50歳を超えて、週に平均12クラス、ひと月に50クラス以上を行うには、やり方を少し考える必要があるかもしれません。



一つのクラスの中には、稽古前のウォーミングアップがあり、準備体操があり、基本稽古から、補強運動、移動稽古やミット、組手の稽古があり、組技の日には基礎練習から応用までいろいろな技のメニューを組んで、自分自身で見本を見せてコツを伝え、順序を決めながら稽古を進めていきます。最後の整理体操まで、気持ちよく稽古ができるような工夫が毎日の稽古には欠かせません。


私の指導する道場の方針として、「次の大会に向けてのトレーニング中心」というわけではなく、各自のレベルを上げるために、一通りの技術を全員が無理なくレベルアップできるようメニューを組み、また教え教えられる関係の中でいろいろな役割を担い、そうした役割の中で実力をつけること以上の学びを得、武道を学ぶためのいろいろな経験を積んでいただきます。

「常に限界に挑戦し、体力と気力の限界を感じた時点で引退する・・」というような競技スポーツそしての学びではなく、何歳になっても、常に今の自分にとってのベストを維持しながら、自分の人生にプラスになる稽古を、なるべく長く続けられる稽古体系を目指しています。そのためには稽古に中に、緊張感と楽しさ、技を身に着ける面白さを感じられるように、日々の稽古メニューの変化が必要になってきます。

ピリッとした日も、緩やかな稽古ムードの日もありますが、一つの稽古の中に一つの山場を設け、稽古が終わってからホッとするひと時が得られる事を心がけています。稽古の中の厳しさと楽しさ、緊張感と穏やかさを感じる中に、稽古をする心地よさが感じられるようにと、そうしたムードをいかに作り上げるかが大事なところです。


ある意味で、大人のクラスでは、技能的な部分、稽古メニューの工夫を少し行えば、あとは稽古生の方々の個人個人が楽しみながら集中して稽古に取り組める環境が自然に出来上がりますが、子供たちのクラスでは、そうしたムードを私自身が盛り上げて作り上げてあげる必要があるため、気持ちの上では、大人のクラスの何倍もエネルギーが必要になります。

そうした稽古を行う一つのクラスを、月に50回も行うには、自分で思い返してみても相当のエネルギーが必要で、ある程度の力加減のコントロールも必要になってきます。




と言いながら、、、



今まではあまり自分の体力の限界を考えずに、「常に精いっぱい!」という気持ちで稽古をしてきた私、、、

ある程度、力を抜いて稽古をすることも大切・・・と周りから言われますが、、、



しかし、、、



それでも、あまのじゃくな私、、、



先のブログ記事で紹介していますが、古希を迎えて稽古をされている稽古生の姿を見ていて、、、


やっぱり、、、まだしばらくは全力投球で行きたいところです。。


このお盆休みで、またエネルギーを蓄えたいと思います。





コメント

世界大会への出場選手決定

2018年08月11日 | お知らせ

秋に行われる世界大会の出場選手が決定しました。


支部からは、追浜道場所属の谷井選手が軽量級の部で出場いたします。


中学生女子のクラスで、大会出場が期待されていたRさんは、春の全国大会で優勝できなかったため選出されませんでしたが、実質全国2位の成績であり、補欠要因として準備しておく必要はあると思います。大会直前の怪我は付き物で、急遽、出場の可能性が出た場合に備えて稽古を継続しておいていただきたいと思います。


秋の世界大会は、名古屋で開催されます。例年は代々木第二競技場で行われる大会ですが、競技場の改修工事が行われている関係で、代替施設として名古屋の会場が選ばれました。

翌年以降は全国大会に代々木が利用できるようになると思われますので、応援にも参加しやすくなると思います。



取り急ぎ、出場選手の決定のお知らせいたします。





コメント

新しい会報の準備に入っています。

2018年08月10日 | お知らせ

新しい支部会報、「支部だより」。

2003年秋の第一号から数えて、通算33号の会報作成に入っています。

今回文章作成の依頼をさせていただいた方々には、お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



まだ全員に連絡ができていませんが、連休明けにでも、順次ご依頼をさせていただきます。

皆さんの作成された文章を読むことが、私の新たなエネルギーになります。

正直な気持ちで、文章を書いていただければと思います。



皆さま、宜しくお願いいたします。







コメント

腰痛に注意

2018年07月17日 | お知らせ

日曜日のジュニアクラスの準備体操の時点で、腰にビリビリッと電気が走ったかと思うと、、、

立ち上がれなくなりました。。。



何とも無様ですが、



稽古を中断させる訳にもいかず、、



中腰で膝をつき、片手を床に付いた状態、、、いわゆる腰に激痛が走り崩れ落ちたままの姿勢で、しばし号令を続けました。



さすがに自分の体は動かせないため、本日、最前列に並ぶR君に前に出てもらい、見本役をこなしてもらいました。


今日は2,3年生が学校の部活動や大会、テストの模擬試験など、いろいろ忙しく、中学1年生以下のメンバー8名での稽古となりましたが、さすがに小学6年生以上の4名はしっかりと先輩役をこなし、後輩たちにいろいろと言葉巧みに指導をしてくれています。途中ご見学の保護者の方が椅子を用意してくれて、その椅子に片手を付いた姿勢で片膝をつき、脇からいろいろと指示を出して稽古を進めます。周りから見ると何とも珍妙な稽古指導の風景ですが、それなりにしっかりと稽古になるのは、上級者の的確な判断力のおかげ。
今日は口しか出せませんが、「ああして・・」「こうして・・」という私の指示にしっかりと答えて、稽古が進んでいきます。



新しく選手クラスのメンバーに入ったばかりの子たちと、選手クラスを1年以上続けている小学6年生以上の子たちとの技術レベルの差がとても大きいため、上級者にとっては、後輩の指導ばかりであまり自分の稽古になっていないように、周りから見えそうに思われますが、実は決してそうではありません。自分が人から教わっていなくとも、人を教えることで、自分の学びになるというものです。逆に、人に教えることが「面倒」だと思ったり、「自分の方が実力が上だから教えるのは簡単」だと思ったり、「技を教えているときに、なんでこんな簡単なことができないのか!」、「自分の練習にならない・・・」などと考えたりするようでは、まだまだ意識的にとても ”未熟” だといえるでしょう。

人に技術を教えるという事は、実はとても難しいことです。自分が思うことをただ伝えるだけでは、相手は容易に理解してくれません。相手の年齢や体力、そして現在の理解度や習熟度に合わせて手順を踏まなければ、たった一つの攻撃や防御の技を覚えることも容易ではありません。また、その相手の性格から、どういう説明の仕方がいいのか、どの部分から説明していけばいいのか、ということを考えねばなりません。

今日は基本稽古の後、すぐに組手の稽古に入りましたが、1年以上選手クラスで稽古を続けている小学6年生以上の4名と、新しく選手クラスに入った子の4名がペアを組み、いくつかの技術練習を行っていきます。上級者にとっては、いわゆる「指導稽古」(私の造語)の時間です。この間、私が時折指示を出すのは、手順を追っていない場合にそれを指摘したり、指導する側の言葉が足りない部分で説明を加えたり、細かいポイントで正しい動きとズレがある場合に、そこを修正していくことです。

時々、上手く説明をしたつもりが、相手が上手に動いてくれないことに、どうしたものかと悩みながらも、試行錯誤しながら我慢強く言葉を付け加えている様子を見るにつけ、指導を通して学んでいる様子がうかがえます。相手がうまく動いてくれないのは、言葉の説明が足りないからか、手順を間違っているから、もしくはその子にとっての説明のポイントがずれていることが多いからです。その自分の認識の足りないところを、指導を通して改めて認識していくことができるというものです。稽古中に指導者から指摘されるだけでは、なかなか理解も修正もできなかったとしても、自分が指導をしているときに、自分の言葉で相手がうまく動いてくれなければ、「何故なのか?」と必死に考えるようになるものです。

また、自由組手の際も、ただ自分が技を出して懸命に戦うばかりではなく、自分が普段使わない技を試したり、難しいタイミングを計ったり、いくつかのパターンのフェイントを織り交ぜて試せるのは、自分と同格以上の相手には難しくとも、帯下の相手には、試しやすいもの。またその攻防の中で、相手の欠点や、反応できない部分を突いた攻撃をしたり、その弱点を指摘して修正してあげることをしていけば、自分はさらに工夫を凝らした攻めをすることになり、お互いにレベルを上げていくことができるようになります。



そんなこんなで、私の腰は曲がったままで、一般部の稽古が終わるお昼の1時まで、まともに立ち上がることもできませんでしたが、ジュニアクラス、一般部共に、それなりにいい稽古ができたと思います。


また、いつも元気いっぱいで気合の入った姿ばかりの指導者の姿ではなく、コンコンと咳をしていたり、腰が伸びず少し弱った姿を見るのも、人間教育としてはいいのかも・・・となるべく肯定的にとらえています。





腰を痛めて二日目の火曜日の朝、あまり症状が改善しません。年齢が響いているのか、、、過去最悪の状態。。。

昨日購入した登山用のストックをついて、うちの中をヨチヨチと歩いています。。。



本日17日、火曜日の久里浜稽古は、こんな体の状態ですので、事前の畳の準備ができず、マット運動、組技の稽古は、来週と入れ替えることにいたします。


今週は組技の稽古がいくつかあり、週末の土日は、世界大会の強化練習の指導担当(それも組技系)となっている日ですが。。。


腰が回復しなければ、さすがにお休みをさせていただき、他のコーチ陣にお任せしようと考えています。。。




皆さん腰にはくれぐれも注意しましょう。




自由に身動きできない自分が、、悲しい、、、






コメント (4)

懇親会のお知らせ

2018年07月11日 | お知らせ

急なご連絡になりましたが、横須賀支部の懇親会を7月の13日(金)に行います。

ちょうど今週の火曜日と金曜日が、体育館の都合により稽古がお休みになります。このタイミングで急遽、懇親会を行うことにいたしました。大学生以上の一般部稽古生が対象です。

緊急の連絡のため、スケジュール的に厳しい方もおられるかと思いますが、参加可能な方がおられましたら、ぜひご参加ください。



■集合:京急「横須賀中央駅」改札出口付近

■時間:19:30集合

■お店:未定(参加人数を見て、当日決定します。)

■費用:実費(学生は一律、2,000円)


※ 遅刻早退は自由です。

※ 当日遅れて参加される方は、支部責任者の携帯、もしくは事務局までご連絡願います。

※ 暑いこの時期ですが、食事とお酒を囲んで、心地よいひと時を過ごしましょう。

※ 懇親会に初めて参加される方も、お気軽にご参加ください。ピリッとした普段の稽古とは異なり、懇親会はとても和やかな雰囲気です。一人でも多くの方がおられると、皆さんも含めてお互いに楽しめると思います。

※ 連絡が遅れたため、皆さんに周知できていないと思われます。お互いに声掛けをしていただけると助かります。








コメント

新しい会報の完成間近

2018年03月17日 | お知らせ

もう少しで、新しい会報が完成します。


通算で第32号の会報です。


第一号の会報は2003年10月13日発行していますが、総本部から独立して支部を発足した年から発行を開始して、15年目を迎えます。

横須賀支部自体は1991年の6月、総本部直轄道場として現在のイオンモールがある、汐入のショッピングセンター、旧名称でダイエーショッパーズプラザのカルチャースクールで活動をスタートしました。

思えば懐かしいものですが、入門ナンバーが1991年6月で、支部ナンバーが(横須賀005)番の塾生証をもって、発足当時に入門されたTさんが、先日、辻堂のゴールドジムに土曜日会員として再入会されました。ブランクが長く、またこれから少しずつ、体を慣らしていただき他たいと思います。

ちょうど春のこの時期、稽古生の出入りがとても多い時期で、例年、「出会いと別れの次期です」ということで、色々な文章をこのブログや会報でも書かせていただいています。

この時期にも多くの出会いと別れがある時期で、転居や習い事の都合、また学校の卒業に合わせて、所属している少年部を卒業する子もいます。
時には子供本人や保護者の方々からご丁寧なあいさつを頂いたり、心のこもったお手紙を頂くこともあります。こうした一つ一つの出来事が、各クラスの、そして私自身にとっても、とても大切な一つの経験と思い出の財産になっていきます。

またクラスを編入して、幼年部から少年部へ、少年部から中学部へ、また、中学部から大人の一般部へ上がってくる子も多くいます。

各クラスでは、新しい人たちを快く迎えて、また新しい気持ちで稽古を重ねていくことになります。

大人のクラスでも、就職や転職などで道場から離れていく方がおられる一方で、新しい方が入会されたり、稽古を再開されたりする方も多く、久しぶりの方が入会された時には、気持ちよく稽古を続けて行けるように、皆で協力しながら、いいクラスのムード作りをしていっていただきたいと思います。

細かい話題になりますが、次の記事で、最近稽古を始められた方々等を紹介します。



ところで、新しい会報は来週中には皆さんにお渡しできると思います。

会報の第一号は、6ページでしたが、今号は、過去最高ページ数の24ページです。

編集作業が実に大変。

中で一番大変なのは、写真の選定です。


過去の写真を確認しながら、その人にとって一番いい写真、若しくは記事にふさわしい写真を選んでいくのですが、最近年齢のせいか、目がチカチカしてきて、頭が痛くなってくるほど。。。


先日は、娘の卒園式の合間にも文書校正しながら、、、そんなこんなで、何とか3月中に、卒業生が卒業する前には発行できそうです。

いい記事が多く、一人で文章を読み直しながら目元がうるんでくるのは、やはり年のせいか・・・

発行までもうしばらくを待ちください。





コメント

横須賀支部懇親会のお知らせ

2018年02月20日 | お知らせ

2月23日(金)に横須賀支部の懇親会を行います。

懇親会は、カフェマリンという横須賀中央駅が最寄りのお店で行います。

別途配布しているご案内には、締め切り日を記載していますが、お申し込みが無くても参加ができますので、お時間の取れる方はぜひご参加頂ければと思います。




<横須賀支部懇親会>



■日時:2月23日(金) 19:00 ~

■場所:「カフェマリン」横須賀市本町1-9-16(店舗の電話番号:046-874-7314)

■URL:お店のホームページです。[http://www.compass-yokosuka.com/cafe-marin.html]

■交通:京浜急行「横須賀中央駅」から徒歩7分ほど(「汐入駅」からでも同じくらいです。)

■参加費:未定(高校生は1,000円、大学生は2,000円、一般の方は実費)

■対象者:高校生以上の、横須賀湘南支部に所属する稽古生



※ 各自のご都合に合わせて、遅れて参加されても、途中までの参加でも問題ありません。

※ 稽古がお休みの日になりますので、気軽なムードでご参加いただければと思います。

※ 一般の方の参加費は、だいたい、いつもの懇親会の費用(4,000円前後)になることを想定しています。

※ 金曜日の追浜クラスは、施設予約の都合でお休みとなっています。

※ 昇段者「宮本さん(初段)、坪井さん(初段)、湯川師範(六段)」の昇段祝いも兼ねていますので、横須賀支部に限らず湘南支部の方でも可能な方はぜひご参加ください。



<<重要>>

※ 食事はお店のお任せメニュー(幹事は嶋津さん)で、アルコール・ソフトドリンクなどの飲み物の用意もありますが、持ち込み自由ですので、たくさん飲まれる方は、ご自由に、お持ち込みのご用意をお願いします。(コップやお水、氷などは自由に利用可能だそうです。)




コメント

新しい黒帯が届きました。

2017年09月15日 | お知らせ


夏季合宿(サマーキャンプ)の中で行われた審査会で昇段したお二人の黒帯が、総本部より届きました。


分厚い帯と格式のある昇段状。



次回の稽古の時に、お渡しします。


おめでとうございます。





コメント

オリジナルTシャツの販売に関して

2017年05月27日 | お知らせ


以前にこのブログでも紹介しましたが、支部オリジナルのTシャツデザインが完成し、注文の受付を開始しております。

支部設立14年目の記念Tシャツで、支部で初めて作成するオリジナルTシャツです。


当初は30枚から40枚位かな? と考えていましたが予想に反し、受付から2週間目にして、既に100枚以上の注文を受けています。


ご家族でまとめてご注文いただいたり、一人でも複数枚お申し込みをされている方もおられ、嬉しい限りです。

多くの方から意見を集めて、時間をかけて検討した甲斐がありますね。







ところで、Tシャツのサイズ感が分かりずらいということで、どのサイズがよいかと迷われている方が多いようです。

メーカーへの発注時に、各サイズ共に少し多めに発注を掛けます。

その時の在庫の限りではありますが、購入後にサイズが合わない場合でも、可能な限りサイズの変更や追加販売にも応じたいと思います。

ただし今回は、一旦今月末でお申し込みの受付を終了いたします。

一括購入による割引を受けるため、まとめてメーカーに発注する必要があるためですのでご容赦願います。




また今後、販売後の反響を見て、オリジナルTシャツを販売することを検討するかもしれませんが、その時には、色やデザインを変更して販売することになるかもしれません。


今回デザインしたTシャツの販売は今回限りになるかもしれませんので、ご希望の方がおられましたら、今月末までにご注文いただけますよう御願い申し上げます。



お申し込みは、皆さんへお渡ししているご注文用紙以外にも、メールやお電話、もしくはFAXでも受け付け可能です。









お急ぎの場合は、下記へご連絡願います。

--------------------------------------------------------

■ 郵送:〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原2-27-30-205

■ TEL:0467-95-7435

■ FAX:0467-80-8088

■ E-Mail:shonan@daidojuku.com

--------------------------------------------------------


よろしくお願い申し上げます。





コメント

土曜ジュニアクラスがスタートします

2017年05月26日 | お知らせ

ゴールドジムで行う土曜日ジュニアクラスを6月3日(土)からスタート予定です。

この土曜日ジュニアクラスは、ゴールドジム湘南神川店内において稽古を隔週で行い、より組手レベルを上げて大会出場を目指す為のクラスとなります。

現在、横須賀で隔週の日曜日に行っている、「日曜ジュニア選手クラス」と同じ位置づけになります。




横須賀のジュニア選手クラスも当初は1名からスタートしたクラスですが、現在は小学生から高校生まで13名の登録があり、大会に向けての厳しい稽古を熱心に続けています。

中学では男女ともに全国大会出場を果たし、高校の部では全国優勝者も生まれています。




土曜のジュニアクラスは、今回1名の参加希望を受け付けましたが、今後少しづつ参加者が増えて盛り上がって来ることを願っています。

現在中学部として3名が稽古に参加していますので、これらのメンバーも稽古に参加できるようになればいいですね。



尚今後は、稽古スケジュールを参加者へ用紙でお渡ししますが、ホームページのカレンダー上にも合わせて掲載いたします。

稽古は隔週になりますが、祝日や大会行事等により稽古スケジュールが不規則になる場合がありますので、参加者は事前のご確認をお願いいたします。




コメント