日韓問題を考える

なぜ韓国は、歴史を捻じ曲げた反日映画を作り続けるのか?

日教組の問題点

2019-12-04 18:48:23 | 左翼と戦い日本を守る

2015年と、少し古い記事ですが、

日教組とは何者か 注意すべき4つのポイント

教育評論家 森口 朗先生の記事が iRONNAに掲載されていたので、リンクを張らせていただきました。私も勉強不足だったのですが、1989年に日本労働組合総連合会(いわゆる「連合」)が発足する際に、多くの官公労がそれを支持する非共産党系組合と、それを「良し」としない共産党系組合に分裂したようです。それはともかく、教育現場と言うのは非常に重要で、告白すると、私も長い事、日教組の教育に洗脳されていて、日本一の新聞は、『朝日新聞』だと騙されておりました。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で、金王朝が、未だに継続しているのも、幼少期からの「洗脳教育→刷り込み教育」が大きな要素を占めていると思います。幼少期から、『金日成、金正日、金正恩』の嘘の業績を繰り返し刷り込みすることで、三代世襲を明文化し、正当化しました。「主体革命」(なんだそれ)という言葉で、完全に王朝国家へ変貌を遂げました。私は、北朝鮮の対韓国政策として、『どんな手段を取ってでも、日本を敵国とみなすように誘導して、北朝鮮の人権無視の国家運営非難から目を背けさせよう』と言うのがあると思ってます。又日本にたいしても、左翼勢力を援助する事で、憲法9条を改正させないよう画策していますし、ヘイトや、言論の自由をダブルスタンダードで使用して、海外に於いて、日本を貶める行為を助長させようとしています。朝日新聞に籍を置く記者には、知識の豊富な記者は、山ほどいるかも知れないが、知性を感じさせる人間がいないような気がします。もしかすると、知性は、あっても、朝日新聞に於いては、その知性を発揮できないのかも知れないが・・・朝日新聞が、『吉田清治』のつくり話を、裏も取らずに報道して、日本人の大半がその話を信用しました。朝日新聞の罪は、重いです。吉田清治のつくり話を、真実のように報道して、申し訳ございませんとの謝罪記事こそだしましたが、現在の朝日新聞や、AERA(LITERAは、朝日新聞系列だと思っていたが違うようだ)海外へ報道している朝日新聞の英語版の記事を、ネットで目にするにつけ、『朝日新聞は、うわべだけの謝罪で、内心は全然反省していない』とわかります。話が、随分と脱線してしまいましたが、結論としては、朝日新聞は、廃刊にすべきだという事です。



慰安婦像の何が問題なのか?もう一度問うてみる

2019-12-04 10:19:48 | 日韓関係

慰安婦像(韓国では、平和の少女像と呼ぶ)の問題点は、何なのか?愛知トリエンナーレの「表現の不自由展」でも、芸術作品なのか?単なる政治プロパガンダの作品なのか?問われておりました。私の考えを述べると、芸術作品とは認めておりません。韓国挺身隊問題対策協議会(現在の正義連)が、日本大使館前に慰安婦の記念碑を建てたいと、鍾路区長である金永椶(キム・ヨンジョン)に面会した際、金永椶は、「記念碑なら道路専用許可が必要だが、慰安婦像なら芸術品なので許可対象ではない」と述べた事が前提としてあり、韓国挺身隊問題対策協議会(現在の正義連)が、キム・ウンソンとキム・ソギョンに慰安婦像の製作を依頼した。製作動機自体が、政治色が強い物なのです。安田浩一と言う左翼ジャーナリストが、朝日新聞の言論サイト『論座』の中で「平和の少女像――元従軍慰安婦を題材としたこの作品は、侮蔑され、罵倒され、貶められながらも、それにじっと耐え続けることで、日本社会の一部に確実に存在する無知も、醜さも、そして差別と偏見をも浮き彫りにした。」などと言う戯言を述べておりますが、とんでもない事です。知っている方も多いと思いますが、韓国挺身隊問題対策協議会(現在の正義連)は、北朝鮮と深い関係があります。韓国では、もともと慰安婦と言えば、朝鮮戦争時の慰安婦(洋公主)の事を指していましたが、朝日新聞が、吉田清治の作り話を事実のように記事にした事をキッカケに、弁護士 #高木健一 #福島瑞穂 が、朝鮮半島で、日本軍慰安婦を募集して、裁判にすることで、自らも日本政府から補償金の一部を弁護士の成功報酬としてかすめ取ろうとしました。高木健一なんかは、インドネシアの慰安婦にまで、嘘の証言をさせて、弁護士の成功報酬を、日本政府からかすめ取ったと言う、とんでもない弁護士です。そして、北朝鮮は、日本軍慰安婦問題が、「日韓離反」の大きな武器になると気付いて、北朝鮮出身の慰安婦を作り出して、嘘の証言をさせている訳です。その中で、チョン・オクスンの証言(北朝鮮の情報部が作文したと思われる)は、なんと、「クマラスワミ報告」で採用されているのです。北朝鮮の狙いは、まんまと成功して、韓国挺身隊問題対策協議会(現在の正義連)は、米国や、欧州、アフリカ迄世界中に「平和の少女像」を拡散させて日本を貶め続けています。日本では、#朝日新聞 が反省する事もなく、「平和の少女像」を擁護して、テロ国家北朝鮮の支援活動を行ってます。皆さん、朝日新聞(東京新聞も)は、テロ国家北朝鮮の味方であり続けている事に早く気づいて下さい。


出崎幹根氏の詭弁

2019-11-30 18:34:26 | 韓国映画

出崎幹根氏が、「主戦場」への保守派の出演に対して、承諾書、合意書に署名をもらったという事を強弁しているようなので、もう一度契約は、どういうものかについて説明したいと思います。契約書には、当然甲、乙の関係があり、お互いの権利を明記したものです。そこで、出崎幹根氏が、「主戦場」への出演許諾を取った契約書(今回の場合は承諾書、合意書)と強弁している物ですが、映画「主戦場」は、「ノーマン・プロダクションズ」という会社が制作し、同社が著作権を有しているのであれば、当然、出演者と映像制作者の契約は、「ノーマン・プロダクションズ」と出演者の間で交わされなければなりません。出崎幹根氏が、承諾書を騙し取った経緯を見ると、承諾書の契約は、出崎幹根氏と保守派の出演者の間で取り交わされたものでしょう。となると、承諾書と合意書は、出崎幹根氏製作の修士論文用の映像について取り交わしたもので、商業映画「主戦場」の映像については、出演許可は、取れていない事になります。修士論文用の映像についても、人を対象とする研究に於ける倫理規定違反違反で、インタビューされた側が不当に貶められているという事で、修士論文用の映像について削除するようにとの書類を上智大学へ提出済みのようです。そうなると修士論文自体も撤回されなければなりません。


騙す人間と騙される人間どちらが悪いか?

2019-11-29 12:47:27 | 韓国映画

皆さんは、『騙す人間と騙される人間どちらが悪いと思いますか?』主戦場のシーンの中で、杉田水脈議員が、「日本では、子どもに『嘘をつくな』と教える。だが、韓国では『騙されるほうが悪い』と教える」「だから、韓国人は嘘をつくことにためらいがない」と発言した後に、韓国でのインタビュー映像が映し出されました。ここで、見事に杉田水脈議員を、嘘つきだと、貶めました。韓国ではともかく、米国では、どうやら、『騙されるほうが悪い』と教えているようです。ミキ・デザキ氏は、保守派を騙して承諾書を詐取しました。そして詐欺映画「主戦場」を見事に完成させました。日本の反日左翼は、詐欺師を褒めたたえております。『表現の自由の勝利だ』と・・・

『は、は、は、騙される方が、悪いに決まってる。』と、出崎幹根氏の高笑いが聞こえます。


ミキ・デザキ監督の汚いやり口

2019-11-28 15:21:51 | 韓国映画

最近の出来事で、一番我慢がならないのは、出崎幹根氏が、修士卒業論文に協力して欲しいと保守派10名程にアプローチして、承諾書と合意書8通をだまし取った事件なので、しつこいくらいにブログの記事にしていきます。記者会見で、出崎幹根氏は、承諾書、合意書を持って、映画『主戦場』へのインタビュー動画(音声を含む)使用許可が取れているし、事前に商業映画へする可能性も説明して、保守派は納得して承諾書、合意書への署名をしたから問題ないと強弁しているようですが、私には、詐欺師が騙して契約書を詐取して、契約内容は有効だと主張しているのと何ら変わりないように思えます。又この詐欺師である出崎幹根氏の主張を支持している『パヨク』の存在も我慢なりません。私が、パヨクが嫌いなのは、自分らに都合が良い事は表現の自由を主張して、相手側の人権を無視するくせに、自分らの人権が侵害されると、差別だヘイトだと主張するダブルスタンダートを平気で行う事です。下記の動画で、山本女史が述べているように、修士論文にインタビュー動画を使用する承諾書が必要だと協力者に錯誤させて署名をもらう行為は、間違いなく『錯誤による契約無効』に当たります。どう考えても、インタビューの時点で、保守側の主張を貶めるような映画を製作する意図をもっていたので、相手側から訴えられる事を想定して、承諾書を搾取したと考えるのが自然でしょう。

卒業制作の上智大学研究不正事件