ひとりごと

随時更新

7月 ひとりごと

2020-07-01 07:36:54 | ひとりごと
こんにちは、他県との移動が解除され長野県内の観光地も賑やかになってきました。今後新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立がうまくできていけると良いですね。さて暦は7月、梅雨が明ければ夏本番です。年々夏の暑さが厳しくなっていくようにも感じられますが、実際に日本の平均気温は右肩あがりだそうです。ちなみに、「日本で一番暑い街」として知られている埼玉県熊谷市が最高気温の41.1度をマークしたのは、2018年7月23日。7月と8月では、8月の方が平均気温は高い年が多くなっていますが、1日だけだと7月でもかなり高温になる日があるんですね。ちなみに、2位の41.0度は複数の都市がマークしていますが、こちらはどれも8月です。さて、気温が41度というと、熱中症が心配になってしまうほどの暑さですが、お風呂の温度だと思うとそれほど熱くはありません。飲みものだとむしろぬるいくらいでしょう。どうして気温と水温でこんなに感じ方が違うのかというと、熱の伝わり方が違うからなんです。空気は水よりも熱を伝えにくいので、体温が外に放熱されずにどんどん体が熱くなっていきます。一方、水は空気よりも熱を伝えやすいので、体温を奪いやすいんです。ところで、お風呂にはお湯につかるわけではない「サウナ風呂」もあります。サウナは90度前後が多くなっていますが、耐えられないほど暑いというわけではありません。外気は40度でもつらいのにサウナなら90度でも大丈夫というのは、湿度が低いからなんです。湿度が低いと、汗がどんどん蒸発してそれによって体を冷やすことができるんです。とはいえ、いくら大丈夫といってもいきなり高温のサウナに入ると体がびっくりしてしまうでしょう。湯船につかったり、低温のサウナから体を慣らしていくのがおすすめです。では皆さん暑い季節です熱中症には十分気をつけて過ごしましょう。   


梅雨の晴れ間の霧ケ峰高原、オープンカーや大型バイクが列をなして走るビーナスライン。レンゲツツジが満開でした。7月はニッコウキスゲが咲き始めます。6/21(日)
コメント

6月 ひとりごと

2020-05-31 17:16:15 | ひとりごと
こんにちは、新型コロナウイルス感染も徐々に終息に向かっているように見えますが皆さんまだ々油断なく過お過ごし下さい。さて早いもので6月梅雨の時期となりました。どんよりした天気が続くとちょっと気が重くなりますね。でも、雨続きの日の晴れ間に目にする雨粒の輝きは心を癒やしてくれるはずです。さて、今月の誕生石は真珠ですがそんな雨粒の美しさは真珠に例えられることもあります。さらに“6月の花嫁は幸せになれる”というジューンブライドの花嫁衣装につきものなのも、真珠です。今回は、何かと6月に縁のある、真珠のお話をしたいと思います。真珠はかなり昔から知られていた宝石でした。今までに発見された最古のものは、紀元前4500年頃のバビロンの遺跡で発掘されたものだそうです。日本に目を向けると、縄文時代の遺跡から淡水真珠が出土していますし、邪馬台国の女王・卑弥呼も魏から贈られた真珠を持っていたといいます。天然の真珠は大変貴重なもので、世界3大宗教の聖典にも貴重な宝物として登場しているほどです。また、その希少さからか、宝飾品としてだけでなくかつては薬としても利用されていたようです。世界三大美女の一人であるクレオパトラが、美容のために真珠を溶かした酢(ワインという説も)を飲んでいたという話は有名で、日本でも解熱剤や風邪薬として使用されていた例があるとか。「月のしずく」「人魚の涙」など、その美しさを称える異名もなんとも趣があります。中国では11世紀頃から淡水パールの養殖がはじまりました。その頃の技術で作られたものは、貝殻の内側に真珠層を作らせたため、貝殻がそのままついていたそうです。今のような真円に作られた真珠は、日本の技術者が開発しました。日本の真珠養殖が本格的に始まったのは20世紀に入ってからで、こちらは海の貝であるアコヤガイを使ったものです。この技術は画期的で、一時期日本産の養殖真珠は、世界の真珠のシェアの9割を占めていたこともあるほどです。今は、軽くて丈夫なプラスチックなどでできたイミテーションパールもかわいらしいものが出回っています。ハンドメイドの材料としても人気ですから、お家で過ごす時間に手作りアクセサリーに挑戦するのも面白そうです。ちなみに真珠の石言葉は、健康・長寿。皆さんも真珠のパワーにあやかって元気に過ごされてはいかかでしょうか。 


久しぶりにかみさんとお気に入りの霧ケ峰トレッキング!天気はイマイチでしたが、やっぱり高原を歩くのは気持ちが良いです。5/24(日)
コメント

5月 ひとりごと

2020-05-01 07:40:33 | ひとりごと
こんにちは、新型コロナウイルスの猛威が止まりません。都会から地方に広がっていますが漠然と怖がったり、差別的に扱ってはいけません。お互いがしっかりとした知識を持ち、正しい行動を実践できるかどうかにかかっています。誰かが戦っているのではなく、皆で力を合わせ戦っていきましょう。毎年このゴールデンウイークの時期、本来外へのお出掛けが楽しい季節ですが、今年は観光施設や行楽地の臨時休業で外出も儘ならず家で過ごすという方も多いと思います。ストレスもたまりそうですが、そんな時の過ごし方に家族で近年人気のボードゲームなどをしてみてはいかがでしょうか。ボードゲームとは、一言でいうとテーブルの上でコマやカード、ボードなどを使って遊ぶゲームのことです。将棋や囲碁、トランプ、オセロや人生ゲームなども含まれます。これらは皆さんがよく知っている定番のボードゲームですが、ほかにも世界各国でさまざまなボードゲームが開発されています。1年間に発表される新作のボードゲームは1000以上だと言われ、その中から面白いゲームを表彰する大賞も数多くあるそうです。テレビゲームやスマートフォンのゲームが主流の中、直接顔を合わせて楽しむということが新鮮なのでしょうか。小さな子どもでも楽しめるシンプルなものから、高度な思考力が試される大人向けのものまで、種類や難易度もさまざまですから、いろいろなシーンで楽しめそうです。オセロのような陣取りするもの、ババ抜きのような心理戦が勝敗の決め手になるもの、運に左右される人生ゲームのようなものなどありますが、この機会に新しいボードゲームに挑戦するのもいいかもしれません。ひと昔前までは縁側でおじいちゃんたちが将棋をさしたり、お正月に親戚が集まりスゴロクなどで盛り上がったりしたものです。この連休面白いボードゲームなどを発掘できたら良いですね。


通りすがりの車窓から、阿智村の花桃が満開でした。4/26(日)
コメント

4月 ひとりごと

2020-04-01 07:10:41 | ひとりごと
こんにちは、コロナウイルスの感染が広がり未だ終息の気配がありません。花の便りが聞こえてくる季節ですが各地のイベントも軒並み中止、夏に開催予定だった東京オリンピックも延期となり寂しい限りです。志村けんさんも亡くなってしまい持病持ちの私も他人ごとではありません。早く終息に向かってくれると良いですね。さて、今月のひとりごとですが近年「メルカリ」というアプリが中高年世代の中で流行しています。“ガイアの夜明け”や“カンブリア宮殿”などの人気テレビ番組で特集されたこともあるので、ご存知の方も多いかもしれません。「メルカリ」はスマートフォンやタブレットで使えるアプリの1つで、だれでも簡単に売ったり、買ったりすることができるマーケットです。今までだったらリサイクルショップに持ち込んでいたような、まだ使えるけれど自分では不要になったカバンや読み終わった本などを自分で売りに出し、利益を得ることができます。最初は若い世代の利用者が多かったそうですが、世界中で1億800万人がアプリをダウンロードするほどの人気となり、幅広い世代に利用されるようになりました。さらに昨年秋ごろからは、全国各地で無料の「メルカリ教室」が開催され、中高年世代、特に60歳代以上のアクティブシニアと呼ばれる世代にも広がっています。不用品を売って利益を得られる、物を整理できる、といったメリットだけでなく、物を大切にする、捨てずに再利用するといった、近年改めて注目されている時代の流れが人気を後押ししたようです。実際、メルカリの利用者の中には、安いファストファッションの服を買うよりも、後で売ることを前提に多少高くても質の良い服を買って大切に着るというような人も増えているそうです。また、写真を撮って商品の説明を書き、値段をつけて出品、売れたら梱包して発送する、という流れは一見面倒くさそうですが、実は中高年世代に人気の理由の一つはこの取引の過程にあるというのも興味深い点です。購入者とやりとりをすることで社会とつながっていると実感できたり、発送するために外出するのがいい気分転換になるとか。何より自分にとっての不用品を誰かが活用してくれることが、やりがいや喜びにつながっているそうで人気の理由にも納得です。皆さんもスマートフォンがもたらす、ポジティブな変化を上手に取り入れて生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
最近我が家ではサボテン&多肉植物がプチブーム!

かみさんと一緒に寄せ植えを楽しんでます。3/15(日) 
          
コメント

3月 ひとりごと

2020-03-01 07:19:33 | ひとりごと
こんにちは、だんだんと春が感じられる陽気になってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?今年に入ってから日本国内でも新型コロナウイルスの感染者が徐々に出てきています。風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどを気を付けてお過ごしください。さて、2020年4月1日から、原則、飲食店が屋内禁煙になるそうです。近頃、急速に分煙が進んでいますが、オリンピックを前にさらに一歩進んだ法律が施行されるということでしょうか。一部例外もあるようですが、基本的にはほとんどの喫茶店では喫煙ができなくなる模様です。店内に喫煙スペースを設けられても、喫茶店でコーヒー片手に煙草をふかす光景は見られなくなるでしょう。日本の喫煙人口は減少の一途をたどっていますから、これも時代ということですかね。ちなみに、平成30年の喫煙率は男性27.8%、女性8.7%。昭和40年の喫煙率は男性82.3%、女性15.7%ですから、年々、喫煙者は激減していることがわかります。かく言う私も数年前、心疾患を発症するまでは大の愛煙家でしたが病気を境にすっぱりとやめた次第です。ところで、日本以外の世界各国でも、屋内禁煙が義務付けられている国はたくさんあります。その中でも、一番厳しい煙草対策を行っているのがブータンで世界で唯一、国内での煙草の販売を禁止している国なんです。ただし旅行者は200本までなら煙草を持ち込んで吸ってもいいそうです。日本も、これからどんどん禁煙に関する制度が整えられていくことでしょう。住み分けを明確にして、喫煙者も非喫煙者も気持ちよく過ごせる環境が整えられるといいですね。ですがタバコは体にとって百害あって一利なし!皆さんもこの機会に、自分と家族の健康や生活環境を見直してみてはいかがでしょうか?  


自宅から望む南駒ヶ岳。
今年は雪が少なめでしたが例年通りの冠雪になりとても綺麗です。2/24(月)
コメント