my life wiz mila&renee

元気もりもりマイラ&レネといつも一緒だよっ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆☆2017紅葉狩@鰐淵寺から温泉津温泉へ☆☆

2018-01-13 09:52:27 | trip



雪が降る前に、今年最後の温泉津温泉へ行っとかんといけんじゃろじゃ

と、いう訳で?11月末頃、紅葉狩りも兼ねて島根へドライブんぶん

一度伺ってみたかった鰐淵寺







こちらのお寺はかの有名な弁慶が修行したお寺として有名らしいです(知らなかった







鰐淵寺(がくえんじ)

伝承によれば、推古2年(594年)信濃国の智春上人(ちしゅんしょうにん)が遊化して出雲市の旅伏山(たぶしさん)に着き、
推古天皇の眼の病を治すために当地の浮浪の滝に祈ったところ平癒されたので、その報賽(ほうさい)として建立された勅願寺であるということです。

この鰐淵寺(がくえんじ)という名前ですが、智春上人が浮浪の滝のほとりで修行をしている時に誤って滝壺に落としてしまった仏器を、
鰐(わにざめ)がその鰓(えら)に引っ掛けて奉げたことから“浮浪山鰐淵寺”と称するようになったということです。
平安時代末期には修験道の霊地として広く知られており室町時代までは栄えたといいますが、今はひっそりとした佇まいです。




弁慶伝説…国民的な人気の武蔵坊弁慶は、ここ鰐淵寺に多くの伝説を残しています。
弁慶は仁平元年(1151年)松江市に生まれ、18歳から3年間ここ鰐淵寺にて修行をしたということです。
その後京都の比叡山へと移り、源義経に出会ったと伝えられています。

壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼした後再び出雲の地に戻り、鰐淵寺に身を寄せました。
この際に弁慶は大山寺(現在の鳥取県大山町の山中にある寺)の釣鐘を、この鰐淵寺まで約101kmある山道を一夜にして担いで持ち帰ったとされています。

その釣鐘は国の重要文化財に指定されています。



下から上、

上で、そして上から下を見て撮ってみました↓↓






紅葉はほぼ落ちていたけど素敵な場所でした






ここで思わぬ時間を使ってしまい(結構歩いたので時間押してしまいました)

温泉津温泉の貸し切り風呂を予約していたので時間をずらしてもらい急いで温泉津へ

その途中のキララ多岐 道の駅でお昼を頂き、冷えたラーメンを食べさせられ(笑)

暖かいお風呂に浸かり(熱すぎるぐらいの)火傷の跡が消えますようにとなでなで




帰り道は、瑞穂あたりで雪交じりのみぞれが降ってきたのでひとり怯えながら
となりで健やかに眠っていらっさるとぅにおめめで軽く助けを求めたが寝てたので無視(笑)

また気候がいい時期になったら行こうね



去年は、tennis上手くなったらいいなと軽く願いながらテニスしてたけど、
今年は本気で上手になって試合にもどんどん出て強くなろうと決意した
2018年の始まりの怒涛のBlogあぷでした(笑)


☆☆しまなみ海道@続き☆☆

2018-01-13 09:22:22 | trip



伯方の塩の工場見学後、広島方面に向かっていると大三島に結構な車がいる神社が!!

とりあえず寄ってみますか?




大山祓神社

おおやまずみじんじゃ





何の気なしに寄ってみた神社でしたが、この神社実はすごい神社で
境内には初代総理大臣 伊藤博文の植樹があったり、樹齢2600年くらいの大楠があったり
そもそも雰囲気がかなり厳か。問答無用に静かになる感じ(どこでもそうなんだけどね)






大山祓神社…

 日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つ神社。
境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座しており、神社内の楠群は日本最古の原始林社叢の楠群として、
昭和26年に国の天然記念物に指定されています。
社号標(大日本総鎮守大山祇神社)の社号石は、初代内閣総理大臣の伊藤博文が明治42年3月22日参拝記念に書いたものです。
その昔は水軍の武将たちの信仰も集め、大山祇神社の神紋「折敷に三文字」を河野氏や来島村上氏が家紋にしています。










奥のほうまでよく見なかったけど、源頼朝と源義経の刀とかがあったらしい。
3年お参りすれば、山の神様が願いを叶えてくれるらしいから3年続けて行ってみようかしら。




その後、マイレネのお散歩とわたしらの腹ごしらえの為にどっかの道の駅で休憩







チャリの運転手の聖地らしく、チャリのひとがたくさんいらっしゃいました





道の駅 多々羅しまなみ公園でしたね。


今回もマイレネのお世話等々、いろいろありがとね
まだまだマイレネと一緒に色々行こうね


☆☆しまなみ海道☆☆

2018-01-13 08:53:25 | trip



お泊りしたリブマックスリゾート奥道後はいぬちゃんもOKで、
とっても綺麗で広かったので、マイレネと素敵なお泊りが出来ました

朝はゆっくりと出発して、今治あたりのスーパーでじゃこ天を買い漁って
ゆっくりしまなみ海道から帰りますかっ


まずは、調べて行ってた しまなみ海道を一望できる

亀老山展望公園




実はこの日もその前の日も雨予報でしたので、こんなにシワイお天気
晴れ女なので一滴も降らなかったのがせめてもの救い)





ホンマもう少し青い空だと最高の場所ですね






景色も、マイレネも最高に素敵よ

いい景色をバックにマイレネの笑顔、毎日一生懸命頑張っているご褒美じゃね
(ま、笑ってるのはレネだけだけど)






このあと、伯方の塩の工場見学をして広島へ帰る方向へ向かいました



続く






☆☆初☆愛媛旅@松山城☆☆

2018-01-13 08:41:34 | trip

ひえー、前回してからもう2ヶ月も経ってる…

年を取ると月日が経つのが早すぎる

いつだったかしら?11月?今調べたら10月の連休でした
道後温泉に行きたくてしまなみ海道を渡り、愛媛県デビュー

なのにもかかわらず、出発5日前ぐらいに太ももに沸騰したうどんの汁を鍋ごと掛けるという失態をおかしました。

しかしかなり前から予約も取っている、友達もお休みも取っているので変更せずそのまま決行♪


まずは会社の人が松山市駅のミートソースパスタを絶賛するからランチをそこで…

何事も大きな期待はしてはいけませんね、ノーコメントさせていただきます。

その後、念願の松山城へしかも今回の旅はマイタンレネティンも一緒です

まずはマイレネだっこしての初リフト
マイレネ軽くびびっていましたが、こちらは超楽しかったです




入口からとっても立派な石垣に大興奮のあたし

熊本城の次にかっこいいです(私の意見です)





↓松山城は小高い山の上にあり、松山市が一望出来て、景色もとっても素敵です





お城の中もいぬちゃんだっこしていたらOKだったのですが、
こちとら大やけどして足を引きずり引きずりだったので(笑)
約30分も抱っこはきつかったので丁重にお断りし公園あたりをうろつきました

なぜかここから字が大きい…直し方わからん







可愛いマイレネとも一緒に写真撮れたし最高わーいわーい


その後、道後温泉へ






初、道後温泉でしたがもちろんやけどのせいで温泉は入れず…


仕方ないのでやけくそにお土産もりもり買って今日のお宿奥道後へ


そちらでももちろん温泉には入れないのでお部屋のシャワーでごしごししておきました


ま、また来る口実ができたといえばできたけどね


続く…


☆☆2017秋旅@奥出雲☆☆

2017-11-10 00:10:34 | trip


温泉津でやきものを初体験

そういえば一か月で出来るって言われてたのにまだなのかしら??(行ったのは9月20日ごろ)






オトンのお刺身皿とマイレネ作ったけど、どうなったかなぁ?

早く見たいなっ






さて、この日は恋愛パワーを頂くため八重垣神社

八重垣神社はスサノオノミコトと稲田姫が新居を構えた場所だと言われています






そして今回も願いを込めた紙にお金を乗せました





ふたりとも数分で願いが叶うことになりました



そして、この旅は恋愛力アップ旅行(後付け)のなので、

須佐神社(スサノオノミコト)→八重垣神社(二人の新居)→稲田神社(稲田姫)で〆ましょうね








帰り際に、せっかくなので出雲そばを頂いて、仁多米のおにぎりを頂いて帰りましたとさ。


そして、また再来週、、、温泉津温泉に行ってきます(爆)



☆☆2017秋旅@出雲 稲佐の浜から温泉津温泉へ☆☆

2017-11-09 23:59:21 | trip



さー、この日最後の観光地へ


前日まで降水予報 確率60%だったにもかかわらずこのお天気





最高のお天気に恵まれ、最高の景色に出会えました



↓そしてこちらが神在月に八百万の神々が日本各地

あちらこちらまいらから降り立つ砂浜稲佐の浜です



 


触ったり、願ったり、ものすごい気持ちが入ったお二人があの岩から離れません↑

あの二人がいなくなって側に行ったときにはもう海水が岩のこっち側まできてました

が、なぜか少ししたらまた海が引いて岩の側まで行けたのでとりあえずヨシヨシさせていただきました





海ぴかぴかできれいーーーーっ


もうそろそろ神在月祭で、八百万の神々は日本各地からこの稲佐の浜に来られる時期じゃないかな?

(ちょと調べたら11月28日から一週間いらっしゃいますよ)



そして稲佐の浜から小一時間かけて、温泉津へ


この日のお宿は念願の温泉津温泉です






旅館もとっても素敵で温泉も気持ちよくて大満足


泉質はホンマすごかったです、お風呂が鍾乳洞みたいになってました


しょっぱいのかな?とってもおめめが沁みました




↓次の日の朝、明るくなって街並み?を撮ってみましたが、これもまた昭和っぽくって素敵






さてさて、やきものの里でやきもの作り体験してきましょっか。


☆2017秋旅@出雲 日御碕☆☆

2017-11-09 23:45:44 | trip


とぅと旅行に行くと、とりあえずごはんは絶対に欠かしてはいけないので…

まずはお昼ご飯をば

日御碕灯台に向かう途中のこじゃれたカフェみたいなところで頂くサザエ丼

とぅはイカとサザエの盛り合わせセット@ぶち多い(サザエのつぼ焼き一個もらたわーいわーい、ありがと




ごはんを頂いたあとは、灯台まで運動♪♪






登りたくなさそうなとぅをなだめ、灯台も登りました






灯台の一番上からの景色は綺麗でしたのよ。



そのあと向かう途中にあった日御碕神社






伊勢神宮が日本の昼を守る神社なら、日御碕神社は日本の夜を守る神社とのこと



すごい端っこにものすごい大きなかっこいい神社がありました。







この日、最強の厄除けお守りを頂こうと思って伺ったのですが、

現在品切れとのこと…

これぞまさしく、招かれざる者…


きっと、厄除けの必要のないふたりなのでしょうね(←ポジディブ姉さん出現)

気を取り直して砂浜見にいこーーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 




☆☆2017秋旅@出雲 須佐神社☆☆

2017-11-09 23:34:38 | trip

気が付いたらもう11月…

なんだかとっても寒くなってきました。
これからの時期テニスの休憩中の汗が冷えて寒い寒い

年が明ける前に、というか旅行写真がたまってきてるので(渋々…

恒例?になってきたとぅとの秋旅行
今回はとぅのオススメ、オール5の泉質を誇る温泉津温泉がメインで島根に行ってきました

まずは、招かれざる者は辿り着けないByとぅ
須佐神社
(カーナビあるから多分みんな辿り着けるんだけどね)






こちらは、皆様ご存知の(知ってるかは知らないけど)須佐之男命(スサノオノミコト)を祀っています。

↑にある井戸は、稲佐の浜(神在月に八百万の神々が降り立つ出雲大社のすぐ側の浜)に繋がっていると言われている井戸です

(この須佐神社から稲佐の浜までは車で1時間以上離れています、なので七不思議らしいです)






↑こちらの樹齢1200年の大杉が日本一のパワースポットと言われています

BY江原さん






確かに神々しい雰囲気がある神社でした


朝いちに到着して朝いちにお参り、そして朝っぱらからかき氷を食べるとぅ…(笑)


インフルエンザあがりだから仕方ないかっ

(そして一番、菌がうつらなくするには周りの人がマスクをしたらいいとおっしゃるので
保菌者はマスク途中からあごの下に置くので仕方なくわたしがマスクすることに…なんじゃそら)

珍道中のはじまりはじまりぃ


☆☆2017夏旅@湯布院、別府から安心院☆☆

2017-10-09 01:34:31 | trip

2日目のお宿は、湯布院へ


↓こちらは金鱗湖

お湯とお水の両方が湧いて出てくる湖のようです




お宿のご飯はそうでもなかったけど、お風呂が最高でした

次の日は湯布院でぶらぶらしたあと、別府の湯の花採掘場を見せたくてそこまでぶんぶん

十文字原展望台




ここからの景色も最高天気がいい日は四国の岬が見えるとか


ここからは広島に向かって帰りましたその途中にある大きな滝へも立ち寄り、



東椎谷の滝




落差何十メートルだったか覚えてないけど、

写真でもわかるように人が米粒くらいに見えるくらい大きな滝です






この中で泳いだら気持ちいいだろうなぁ…

泳げんけど(笑)





こんなものすごい山奥にある滝なのにいつもチュゴクかカンコクか知らんけど

バスに乗ってたくさん来てます


この滝を最後に安心院でとり天を食べてそのまま東九州道で広島まで帰ったとさ


それにしても何度行っても毎回新鮮な気分にさせてくれる大自然の多い九州

今年はきっともう行かないかもしれないけど、来年また必ず行きます



☆☆2017夏旅@神秘的な阿蘇☆☆

2017-10-04 00:39:02 | mila&renee



炭酸水が湧き出てるところへ向かう途中の景色

あざみ台展望所







↑日本じゃないみたいよねここからの景色が一番好きかな




名水の滝



名水がどんどん流れてるぅ~


男池








この近くで炭酸水が湧き出ているところでお水持って帰りました
近かったらすぐにでもまた汲みに行きたいくらいおいしいお水でした



と、流れ作業のようにアプしてみた(笑)

実はもう次の旅行の写真がたまってるのよね…

ということで、この日は湯布院にお泊りしましたとさ