美加レディースクリニック いちご通信

クリニック情報を発信していきます。

Middle Floor☆infomation

2015-08-19 17:00:35 | 美加CL☆Middle Floor

遠い昔から続いているお母さんからの卵子へのお弁当(栄養)

 

卵子は細胞。

細胞が生きていくためには栄養はとても必要なものなのです。

 

≪卵子に栄養≫

受け継がれるお母さんのお弁当

 

さてご存知でしょうか?

 

今のあなたになった卵子が出来たのはいつか?

 

それは、あなたのお母さんが、お祖母ちゃんのカラダに宿った時、

お祖母ちゃんのお腹の中でまだ(あなたのお母さんが)胎児だったころ、

そのカラダに卵巣が造られていく時にできた細胞なのです。

 

きっと、あなたのお母さんを宿したお祖母ちゃんも、お母さん妊娠して出産していくために、

毎日の生活を乗り越え、栄養をあなたのお母さんに与え続けたのです。

 

その栄養卵子にも行き届いていたのです。

そして、あなたのお母さんがあなたを宿した時に、

あなたとあなたの中にある卵子に、

お母さんが栄養を送ってくれたのです。

その卵子が、今度は新しい命へと旅立とうとしているのです。

 

そこで、今度はあなたが卵子栄養を与えてあげる番です。

卵子の入った卵胞がしっかり育ち、

その中で成熟し排卵し、

精子と出会う旅に出るのです。

 

 

                   (引用 i-wish ママになりたい女性とカラダと卵子の話  平成27年3月5日発行)

 

当クリニックのMiddle Floor(階段踊り場にて)にはいろいろな情報を掲載しております

               

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビ待ち相談室へどうぞ

2015-08-11 12:36:10 | 生殖医療相談士

<ベビ待ち相談室へどうぞ

 

      患者さまの心境としましては 妊娠ってすぐするものだと思っていた・・・

    自分がまさか不妊症だとは・・・と不安に思う事、不妊治療ってどんな事を

    するのだろうと治療に対する疑問、現在治療中の患者さまも何で妊娠しない

    のだろう、このまま治療を続けていくべきなのだろうかなど・・・

    たくさんの不安や悩み、葛藤やプレッシャーがあることと思います。

    そこで患者さま一人一人の診察や治療の中で感じる疑問や不安・悩みに

    お応えするために また、これから妊娠に向けて取り組もうと当院へ通院

    をお考えの方を対象に「ベビ待ち相談室」を始めておりますのでご予約して

    いただければと思います。

詳しくはコチラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「卵子凍結」に補助金を出す企業!?

2015-08-07 13:46:44 | 生殖医療相談士

従業員の「卵子凍結」に補助金を出す企業

               ~アップル社とフェイスブック社~>

 

    驚いた事は、2014年にはフェイスブック社、2015年1月からはアップル社が

   女性従業員(正社員およびパートタイム)に対して若い時期に仕事に打ち込み

   将来 妊娠・出産できるように卵子凍結費用の補助を開始したという事です。

                          世界ってスゴイですね~


美加レディースクリニック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラスの1~2人はART出生児

2015-08-06 13:45:19 | 生殖医療相談士

<クラスの1人~2人はART出生児>

   みなさん 現在、日本ではどれ位の割合で体外受精や顕微授精を行い

  出生してると思いますか

  なんと   昔は1%(100人に1人)だったのが、ここ数年(2012年のデータ)

  は約4%(27人に1人)がART(生殖補助医療)出生児なんです

  もしかするとクラスに1人から2人はART出生児がいるかもしれないですね


美加レディースクリニック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊症患者さんの現状

2015-08-05 13:42:41 | 生殖医療相談士

2015年度 生殖医療相談士 養成講座に参加している、看護師“ヒヨコ”です

 

 講義でのトピックスをこの場で少しずつご紹介していきます

 

≪不妊症患者の現状≫

日本の生殖医療も近年著しい発展をしています。

昔の不妊治療は特別なものでかくさなければいけないという時代でしたが、

現在は芸能人のかたも治療していることはテレビやブログだったりで

知っていることでしょう。

晩婚、晩産化が進んでいる昨今ですが、卵子が老化する事で妊娠や出産が困難になり不妊治療を行う人が増え特定不妊治療の支援件数(体外受精などの高度生殖医療を

行っていて助成をもらっている患者様の人数)は、                                                                                                

2004年 約1万8千件から2011年の時点で 約11万3千件と6.4倍近く増えています。

美加レディースクリニック

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加