美加レディースクリニック いちご通信

クリニック情報を発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

流産をしたくない…

2014-06-13 09:43:34 | いちご通信
妊娠はするのに流産を繰り返してしまう。それは、とても辛いものです。
流産を防ぐ手段はないのでしょうか?
妊娠初期の流産が、1回だけの場合は、「胎児(受精卵)の染色体異常」によることが多く、その場合は、偶然起きてしまったものであり、何回も繰り返すことは、ありません。いわゆる、自然淘汰なので、仕方のないことです。

ただ、妊娠初期の流産を連続して2回繰り返してしまう場合は、「反復流産」といい、流産を連続して3回繰り返してしまった場合は、「習慣流産」といいます。
流産や死産を繰り返し、赤ちゃんが得られない場合を、「不育症」といいます。反復流産、習慣流産も、「不育症」に含まれます。
不育症になりやすい何らかの原因がある場合がありますから、一度、ご相談されることをお勧めします。
必要に応じて、検査、治療を行っていきます。

流産の原因は複数あるので、検査項目も複数あります。どの検査を行うかは医師が経過や流産のタイプを診て選択しますが、保険の適応になる検査と適応外の検査があります。

一般的に必要と思われる検査は、抗リン脂質抗体症候群の検査、自己抗体の検査、凝固一線溶系検査、黄体機能不全の検査(ホルモン採血、基礎体温の記入)などです。
流産の原因については、まだわかっていないことも多いのですが、まず検査をして原因を探ることが、流産を防ぐ第一歩と言えるでしょう。
喫煙や飲酒、食生活、ストレス、睡眠不足、運動不足、冷えなど、生活習慣も、妊娠経過に影響します。流産しにくい体つくりについてのアドバイスも行っています。
コメント

タバコと妊娠

2014-06-13 09:40:06 | いちご通信

タバコには、血流を悪くしたり、血管の老化を早める「ニコチン」、酸素運搬を妨げる「一酸化炭素」のほか、約40種類の発ガン物質が含まれています。
これらの有毒物質は、卵子や精子の質を悪くしてしまうので、喫煙している夫婦では、不妊症が増加します。
また、妊娠したとしても、流産や子供の病気のリスクが高くなります。
たとえば、子どもの奇形(先天異常)がおきたり、脳の異常(知能低下、発達障害など)、その他の病気の発生(喘息、糖尿病、アトピー性皮膚炎、将来の不妊など)、さまざまな異常の発生率が高くなることがわかっています。
リスクの発生率は、タバコの本数と喫煙年数に比例して増加します。
健康な赤ちゃんを産むために、すぐに、夫婦で禁煙しましょう。

◎女性が喫煙すると妊娠にこんな影響が…
・卵巣機能を低下させ、女性ホルモンの分泌が減少します。 
・卵巣年齢が5~10歳老化し、閉経を5~10年早めます。
・卵子の質が悪くなる(卵子の老化)
  質が悪くなると→①染色体異常の卵子が増加します②受精率・着床率が低下し、流産率の増加、異常児の増加が生じます。
・受精卵の着床に重要な「子宮内膜」が薄くなってしまい、妊娠しにくくなる。
・子宮や卵巣の血管が細く固くなり(動脈硬化)、血流がわるくなり、妊娠しにくくなる。
・子宮外妊娠のリスクが高まります
・一般不妊治療や、体外受精を行っても、成功率が半分に低下する。流産率が高い。(質の良い卵子が採れない。受精率、着床率が悪くなる。)

◎男性が喫煙すると妊娠にこんな影響が…
・精子の数が減り、運動率も低下します。
・たとえ、見た目の数が正常でも、精子の受精能力が低下してしまいます。
・精子の質の低下→精子の遺伝子に傷がたくさんついてしまう。傷ついた遺伝子は、赤ちゃんに受け継がれ、流産や死産、胎盤の異常、赤ちゃんの病気などをひき起こすリスクがあります。

◎喫煙による子供への影響には、こんなものが・・・・
・未熟児(低体重児)の増加
・先天奇形の増加 → 無脳児・小頭症・水頭症・四肢欠損・多指症・合指症・無指症
・病気の発生 → 糖尿病・アトピー性皮膚炎・喘息・斜視・弱視・心臓の異常
・知能低下
・性格の異常
・乳幼児突然死症候群(SIDS)の増加

※喫煙本数が多く、喫煙期間が長いほど影響は大きくなります。

【注意】
受動喫煙も同様に有害です!
むしろ副流煙のほうが有害物質の濃度は高くなります。
屋外で吸っても、空気清浄機を使ってもタバコの害は防げません。

コメント