美加レディースクリニック いちご通信

クリニック情報を発信していきます。

メラトニンと卵巣の加齢予防について

2015-07-24 10:52:07 | いちご通信

いちご通信 vol.9 を掲載致しました。

コメント

患者様の声(平成27年7月23日UP)

2015-07-23 12:10:18 | 患者様の声

 

 

美加レディースクリニック

コメント

平成27年7月1日より「ベビ待ち相談室」(不妊相談室)を始めます。

2015-07-17 11:09:56 | クリニックからのお知らせ

平成27年7月1日より

「ベビ待ち相談室」を始めました。

 

ベビ待ち相談室(不妊相談室)のご案内≫

 患者様ひとり一人の診察や治療の中で感じる疑問や不安・悩みに細かくお応えするために

生殖医療相談士又は不妊カウンセラーによる個別カウンセリングの機会を設けました。

治療の専門的な事、わからない事や心配事などがありましたらご相談下さい。

 

また、これから妊娠に向けて取り組もうと当院へ通院をお考えの方を対象に

『不妊症とは?』『不妊治療とはどんなものか?』ご相談をお受けします。

 

不妊・不育治療を進めていく上で起こりうる様々なストレスを少しでも軽減するために、お役立て下さい。

 

(例)

○治療法や現在の状態を確認したい。

○先生からの説明では、今ひとつよくわからない。

○いつまで治療が続くか分らず不安。とにかく話を聞いてほしい。

○医師の説明を受け、治療のステップアップを考えているが、迷いがある。

○妊娠や不妊治療について夫に説明してほしい。

○現在行っている不妊治療を続けるかどうか相談したい。  

○妊活を始めたいが何から始めていいか分らない。

○不妊治療ってどういうものなのか。 など

 

≪対象者≫

・当院に通院している患者様。

・当院に通院をお考えの方。

(すでに他院で不妊治療をされている方でセカンドオピニオンを希望される場合は

医師との診察が必要となりますので外来受診のご予約が必要です。)

 

*患者様ご本人またはご夫婦以外のカウンセリングへの同席はお断りしております。

(お子様連れもご遠慮頂いています)

 

 ≪費用≫

当院通院中の患者様:

初回  無料(40分程度)

2回目以降  一回¥1000税別(40分程度)

 

当院に通院をお考えの方:

一回¥1000税別(40分程度)

 

≪日時≫

月・水・金  14:30~

 

≪問診票の記入≫

事前に当院受付で問診表を受け取りご記入して下さい。(ご相談内容を簡単に)

 

問診票はこちらからダウンロードできます。

  

≪予約と相談の流れ≫

1.      受付窓口またはお電話でご予約下さい。

 

2.      14:15分までに来院して下さい(来院後に問診票をご記入の場合は14時までに来院して下さい)。

 

3.      ご相談を始めさせて頂きます。

 

4.      お聞きになりたいこと話したいことを、お気軽にお伝えください。

 

 

*注意事項*

 料金は予約時間から発生致します。

お時間までに到着出来ない場合は事前にお電話にてご連絡をお願いします。

理由なく10分以上遅刻となられました場合は、ご予約をキャンセルさせて頂きます。

またご連絡なしのキャンセルは料金が発生いたしますこと、ご理解、ご了承の程よろしくお願い致します。

 

コメント

本当に怖い! 女性の病気「子宮内膜症」 早くみつけてあげて

2015-07-16 12:29:04 | オントナ

月経がある女性の7人に1人がかかるとも。定期的な検診を!

 

 現代女性がかかりやすい上に、一度発症するととても治りにくい厄介な病気。それが「子宮内膜症」です。妊娠経験が少ないほどなりやすいため、晩婚・晩産化が進んだ現代、30~40代の女性に非常に増えています。欧米型の食習慣や女性の喫煙、また、月経の回数が多いほどなりやすいため初潮年齢が早くなったことなどの影響もあり10、20代の女性にも増えています。

 松浦亜弥、大黒摩季、石田ひかりといった有名人も苦しんでいることを告白したため、覚えている人もいるのではないでしょうか。月経のある女性の7人に1人が子宮内膜症であるといわれており、その半数は不妊症を患っています。

 子宮内膜症は、本来、子宮の内側にしかないはずの「子宮内膜」がいろいろな臓器に発生し、そこで月経出血をおこす病気です。できやすい場所は卵巣や子宮と直腸の間の「ダグラス窩(か)」、腹膜、子宮の筋肉の中などです。出血しても出口がないため体外に排出されず、血液がたまって嚢(のう)腫を形成したり硬いコブを作ったり、周囲と癒着(骨盤内の臓器とくっついてしまうこと)したりします。癒着は不妊の大きな原因です。

 子宮内膜症が卵巣の中にできると、ドロドロしたチョコレートのような古い月経出血がたまります。これを「チョコレート嚢腫」といい、大きなものになると卵巣内の卵子を減少させてしまい、これも不妊の原因になります。

 おもな症状は激しい月経痛や排便痛、性交痛などです。肛門の奥が痛むという場合は要注意です。しかし、人によっては重症なのに全く自覚症状がない場合もあります。とにかく、早く見つけないと治療が難しくなるので、症状がなくても定期的に婦人科検診をして、子宮内膜症がないかみてもらうことが重要です。

 月経痛がひどい人ほど子宮内膜症になりやすいのですが、低用量ピルは月経痛を改善するとともに内膜症を予防することができます。

 子宮内膜症の怖ろしさをまとめると①激痛に苦しむ②不妊症になる③おなかの中に癒着を生じる④重症化すると完全に治癒しない⑤手術しても再発しやすい⑥長期の治療が必要…となります。早期発見、早期の治療が大切です。

コメント

患者様の声(平成27年7月6日UP)

2015-07-06 17:43:28 | 患者様の声

美加レディースクリニック

コメント