いいもの発見部mihaの気まぐれ日記

☆伝えたいことを綴ります…私らしく☆

≪継続は力なり≫

『mihaの子育て奮闘記』 鉢かづき姫!?

2015年03月23日 | mihaの子育て奮闘記

【ユイちゃん(三女)鉢かづき姫に】の巻


ボケちゃん(長女)が5歳になったばかりのある夜



台所にいた私のところへボケちゃんが走ってきた

「ママ!

「何?」

「ちょっと来て

「どうしたん?」

泣きながら向こうの部屋を指さすので

イヤな予感が



「ギャーーーーーーーーー」

の声も出なかった

9ヶ月のユイちゃんが鉢かづき姫状態になっていた

 

ぬいぐるみで再現するとこんなかんじ

 

大きいぬいぐるみだと、頭が入らないよ

ほらね

「ボケちゃん!どうしてこんなことするん!」

「ごめんなさい



ユイちゃんの頭がすっぽり入って、なかなか取れなかった

「ボケちゃん!どうするん!これじゃ鉢かづき姫じゃん!」

「ごめんなさい

 

ピッタリおさまっていたから、頭がどうにかなるんじゃないかと

ヒヤヒヤしながら悪戦苦闘していたら、なんとか

ユイちゃんを鉢かづき姫状態から開放してあげられた

 

ユイちゃんは、まったく泣かなかった

たぶん、お姉ちゃんが遊んでくれてるだけのこと

だったんじゃない?

子どもの遊びって…コワイコワイ

 

それにしても…

こんな遊び、あきまへんよ

 

とにかく

家で子どもに何か起こったら、それは親の責任です。

最近、私が気になっていること

スマホに気を取られて子どもから目を離すってこと

あるでしょ?

あきまへんよ

特に3歳までは目を離さない方がいい!

あっ…5歳までは目を離さない方がいいかも!

子どもの遊びは、コワイコワイ

 

子育て中はこの言葉を肝に銘じましょう

 

 “油断大敵”

コメント

『mihaの子育て奮闘記』 楽しみな連絡帳

2015年03月21日 | mihaの子育て奮闘記

先日したドジ話に訂正が見つかった

ボケちゃんが小学校に入学したての時、

お道具箱にはさみしか入ってなくて泣いた話…


あれは、はさみじゃなくて、つみきだけ入ってたみたい 

 

 

【楽しみな連絡帳】の巻




20年前の連絡帳より 



4/12(先生)


一年間どうぞよろしくお願いいたします。

このノートはどのように使っていただいてもよろしいです。

道具箱を今日持ってきてもらったのですが、

つみきだけしか入っていなくて、

「先生…」と言って涙が出てしまいました。

明日持ってくればいいよと言っております。

のり、カスタネット、クレパス、はさみ、

ジャンボカラー、つみき、なまえペンを入れておくので

持たせてあげてください。

でも音楽の時間は元気になり、

ひとりで歌を歌ってくれました

 



4/13(miha)


私の勘違いから、子供にもイヤなおもいをさせてしまったようです。

学校での話もいろいろ聞かせてくれ、毎日楽しいです。

少し引っ込み思案なのですが、音楽の時間にひとりで歌が歌えたなんて…

子供なりに頑張っているんだなぁと感心しています。

このとおりおちょこちょいの母ですが、よろしくお願いします。



 

のり、カスタネット、クレパス、はさみ、ジャンボカラー、なまえペンを

私はどうして道具箱から出したんだろう

ドジにもほどがある




もう少し連絡帳を  



4/16(miha)


「ママ!体操ズボンもいるんじゃったよ!」

「ホント?もうショックじゃわ」

「ゆき子ちゃんと二人だけじゃったよ!」

「それじゃあ先生もあきれとってじゃなぁ

もう先生に会いとうないわ

そばで聞いていた4歳の娘にまで

「ママ、さいてい(最低)じゃなあ!」

なんて言われ…悲しい土曜の午後でした。

 



4/18(先生)


なんだか悲しい午後にしてしまって、申し訳なかったですね。

体操服と書いたから上着だけ…と思われたのでしょうね。

担任もそこまで考えないといけなかったのにすみませんでした。

これからは月曜日には体操服上下いつも持たせてください。

週末には持ち帰らせますので。

 

 

体操服と書いてあって上だけ持たせるって…

ゆき子ちゃんのお母さんもすごいなぁ

私と同類か(笑)



連絡帳には先生と私の文字がびっしり

交換日記をしているよう

男の先生ならもっと楽しかったかも(笑)



 

 

自慢にもなりませんが…

私は娘たちのものを捨てられません

なんか…もったいないんです

ネタがいっぱいだから(笑)

 

「子はカスガイ」

 

過ぎてみれば、わかります

コメント

『mihaの子育て奮闘記』 危険がいっぱい!

2015年03月21日 | mihaの子育て奮闘記

【危険がいっぱい】の巻



 

ドドドドーーーードン

階段から誰か落ちた?!

見ると


2階に一緒にあがっていたはずのアイちゃんが

下まで落ちて泣いてた

 

「ボケちゃん!なんでアイちゃんのこと見とかんの!」

抱っこしてアイちゃんを泣きやまそうとしても

ぜんぜん泣きやまなかった

どうしよう

 


知り合いに電話した

「アイちゃんが階段から落ちたんです、下まで

泣きやまないんですけど

病院に行った方がいいですか?」

10分もしないうちに車で迎えに来て

亀川病院に連れて行ってくださった。


アイちゃんはまだハイハイしていた頃で

体が柔らかかったからか…運よく

怪我も骨折もしていなかった

ほっとした…。

 

あの時のアイちゃんが10ヶ月とすると

ボケちゃんはまだ2歳半くらいか…

「ボケちゃんが見とかんからよ!」と私に怒られて…

ボケちゃん…傷ついただろうね

 

アイちゃんが生まれてお姉ちゃんになったボケちゃんは

どこか対処しきれないストレスをかかえて

子どもながらに悶々とした日々を

送っていたのかな…たぶん。

 

ちょうどその頃、こんなこともあった




バッターーーン

私は(ギャーーーー)の声も出なかった


ハッピータウンで買い物していた時のこと

カートのイスにアイちゃんだけ座らせていたら

ボケちゃんがアイちゃんの座ってるそばにぶら下がって

カートがひっくり返ってしまった

 

アイちゃんの顔がお店の床に

近くにいた人達に「大丈夫?」「大丈夫?」と言われて

私はすごく焦った

「はい、大丈夫です」とは言ったけど

大丈夫なわけない

 

泣きわめくアイちゃんを抱えて逃げるように

駐車場の車へ

「ボケちゃん!なにしょうるん!」

私はずーっと怒ってた

 

顔面強打したアイちゃんは

しばらくすると顔が青あざになって腫れた 

子育てには危険がつきものとは思う…

だけど、子どもの身を守ってやれなかった時は

どうしようもなく、悲しい…

 

 

こんなことも



ボケちゃんはけっこう運動神経がよくて

4歳頃から自転車に乗って遊んでいた。

ン?

エッ?

エーーーー 

近くの田んぼに自転車ごと突っ込んで

全身ドベドベになって帰ってきた

 

ボケちゃん、なんでやねん

懲りもせず、3回も

ドベドベの体を洗う時の情けなさ

男勝りにもほどがあろう

 

 

あんなにやらかしてくれたボケちゃんが

それはそれは女らしくなってくれたので

母は、ホッとしています(笑) 

 

自慢にもなりませんが…

小さい子を3人育てている時の私は

毎日怒ってばかりでした

新米ママたちも子どもを怒ることが多いと思います。

でも、いいんです!怒ってもいい!

 

褒めて育てたほうがいいのはわかっていても

言うことを聞かないのが子どものサガなら、

褒めてばかりいられないのが母親のサガ! 

特に新米ママは初めてのことをやっているのだから

余裕がなくて当たり前

どんなことがあっても、大丈夫!

 

完璧な母親っているんでしょうか? 

いない! 

いません! 

これが正しい!っていう子育てなんて…

ありませんからね 

 

3人娘を育てあげたので、私は言えます



「褒めようと怒ろうと、我が子には

親の気持ちがビンビン伝わっている

 

子育て真っ只中のママ達

このことは肝に銘じておきましょう

 

危険な出来事は、前触れもなくやってくる」

コメント

『mihaの子育て奮闘記』 早く食べて!

2015年03月20日 | mihaの子育て奮闘記

忘れられないガストの思い出


【早く食べて!】の巻

 

娘たちがまだ小学校か幼稚園だった頃、

3人を連れてガストへ

 

ポテトフライのクーポン券3枚

キッズプレートのクーポン券3枚

切り取って持って行き、

メニューを聞きに来た店員さんに渡した。


しばらくすると…

わりと大きなお皿に山盛り入れてあるポテトフライがきた

クーポン3枚分のポテトがひと皿でくるんだなぁと思って

みんなで食べてたら、また同じポテトのお皿が

まさか…

こんな大きなお皿が3枚もくるってこと?!

マジですか

“山盛りポテトフライ”とは書いてあったけど…

どんだけポテト食べたいんですかの量

思わず周りを見渡した

 

なんぼなんでも…

3皿くると恥ずかしすぎる

最後のひと皿がくる前に最初のひと皿を食べきって

お皿をさげてもらえば、テーブルには2皿か…

 

私は小さな3人娘に言った

 

「ポテト食べて!早く!早く!」

 

小さな3人娘はポテトフライを一生懸命食べてくれた

でも結局…

ポテト3皿とキッズプレート3皿がテーブルに並んだので

めちゃめちゃ恥ずかしかった

 

あの時、私は娘たちに

「シャッシャと食べんからよ!」

と言ったか…

「もうゆっくり食べていいよ」

と言ったか…

 

とにかく

自慢にもなりませんが…

私は“ドジ子”です

 

 

新米ママはドジすることが多いと思います。

ドジでいいんです!

でも、肝に銘じておきましょう

 

「ドジな親に育てられた子は、特に第1子は…ドジ」

コメント

『mihaの子育て奮闘記 』 ボケのはじまり!?

2015年03月19日 | mihaの子育て奮闘記

現在27歳のボケちゃんが、この間こんなことを言いました

「お母さん、ボケないでね」

 

そんなことを言われても…

私は昔からボケているんです

忘れたのかしら…

 

【ボケのはじまり!?】の巻

はじまりはじまり~

 

ボケちゃんが小学校に入学したばかりのある日の出来事

想像してみた



先生「お道具箱持ってきましたか?」

生徒「ハーイ」

先生「じゃ開けてください」

ボケちゃん 「…

先生「ボケさん?」

ボケちゃん 「…

先生「泣いてちゃわからないですよ」

ボケちゃん「…

先生「どうしたの?あらっ…

 



その日の連絡ノートにはこんなふうに書かれていた

「今日はお道具箱にはさみしか入っていなかったので、

ボケさんが泣かれました」

小学校入りたての子に

はさみだけ入れたお道具箱を持たせるのは私くらい?

でしょう

 

小1のボケちゃんに

「はさみだけ入れとくんかと思うたんよ、ごめんごめん」

と言ったか…

「学校で泣いたん?少々のことで泣かんとき!」

と言ったか…

 

とにかく

自慢にもなりませんが…

私は、ず~っとこんなボケた母親であり続けました



 

新米ママたちは失敗の連続だと思います。

それでいいんです!

でも、なるべく…

「こうだ!」と思い込まないように

肝に銘じましょう

 

「思い込みは失敗のもと」

コメント

『mihaの子育て奮闘記』 はじめに

2015年03月19日 | mihaの子育て奮闘記

私は3人子どもを産みました。

長女の「ボケちゃん」、二女の「アイちゃん」、三女の「ユイちゃん

3人をなんとか成人させて、いま思うことは…

ただひとつ


「私は、よく頑張った」

 

今まさに子育て真っ最中で奮闘しているママたちのために

子育てをやりきった先輩の私が送る

『ママの子育て奮闘記』改め『mihaの子育て奮闘記』

 

順不同でちょこちょこ綴ります。

子育ての参考になれば?幸いです

コメント