Mレポート

仕事関係の話、趣味の写真・映画の紹介、愛犬についての情報提供。オーラソーマ、ダイエットにもチャレンジ!

オミクロン汚染列島

2022-01-27 07:58:55 | 新型コロナ

新型コロナウィルスの変異株「オミクロン株」が感染急拡大を

続けている。この急拡大、日本は大丈夫じゃないかと思っていましたが、

海外と同じような拡大ビッチです。逆にいえば南アはもう鎮静化して

いますから、ある時期を過ぎれば急激に感染が収束することに

希望が持てます。

それにしても日本政府、厚労省といつまでたっても先手を打てないで、

後手後手と、同じような失敗をして、リーダーシップのないこと

はなはだしいですね。

日本は組織で仕事をするスタイルだから、やっぱりトップダウンが

なじまないのかもしれません。

こんな危機の時に対応ができない、日本人の特性、組織の欠点が

出てしまっています。

「日本人だから」「皆仲間」という意識だから、この特性も

いい時はいいのですが、しばらくは我慢しましょう。

同年齢の仲間から3回目の接種が終わったという連絡もきました。

そろそろ私も3回目接種の予約券が来るのかな。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人間ドッグの成績表

2022-01-26 08:38:06 | 運動・ダイエット

人間ドッグ検査の結果が送られてきました。

今回は北里病院から会社の保険の関係で大宮のクリニックに変更

新しい病院での初めての診断結果でした。

いつものように年相応の傷みかたですが、総合的に

「肥りすぎです。飲みすぎや食べすぎに注意し、運動する習慣づけ、

減量をこころがけましょう。」

「その他は主治医の指示に従って治療をしてください」

と悪いなりにも想定内です。

しかし今回ちょっとショックだったのは、

「眼科系検査に所見を認めます。専門医にて検査の必要があります。

眼科を受診してください」

白内障の疑いだそうです。

確かに検査の時、従来とはまったく違う検査方法で、

検査をする人から眼科にかかってますか?と質問されたので、

何か変なところがあるんだなと思いましたが、

その通りです、「視野異常あり」だそうです。

年齢にともなうものでしょうか。早速眼科に行ってみます。

目以外の内容については

主治医には検査の数字が検査時にわかったので、

先日結果だけ報告していて、ちょっと薬を増やしましょう

ということで尿酸値を下げる薬を処方してもらっています。

なんかかんかと体が傷んできますね。

しばらくフィットネスも寒さと仕事の関係でいけてないので、

ちょっと真面目に通って運動もしないと???

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウクライナ情勢が緊迫している?

2022-01-25 07:51:40 | 政治・経済

ウクライナ情勢のニュースが最近多い。

緊迫しているようで物騒なニュースが多い。

いつ武力でロシアがウクライナに侵攻するかどうか

秒読みのような状況が続く。

ウクライナ大使館職員家族に退去命令、職員自主退避も米国務省

米軍、8500人派兵待機 ウクライナ巡りNATOへ

ロシアのウクライナ侵攻、深刻な代償伴う=NATO事務総長

ロシアもウクライナには親ロシアの人も多く、ここがNATOに

加盟するかどうかはロシア側からみれば重大なんでしょうが

軍隊を持ってウクライナを支配しようとするのは許されないこと。

ロシアはクリミア侵攻の過去の例があり、武力で抑え込む

ことに国際的な常識の抑制が効かないかもしれません。

緊迫するウクライナ情勢 ロシア、なぜここまで強硬?

日本政府の明確なメッセージがありませんが、

いつも日本政府って国際社会の中で主体性がないのが心配です。

聞く力も大事なんですけど、行動し、国際社会の一員として

自国の主張を明確にする発信力も必要です。

ロシアのウクライナ侵攻に備えよ! 日本が今すぐすべきこと

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

車がパンク JAFのお世話に

2022-01-24 07:26:11 | ドライブ2022

車がパンク。

私のドライブミスで、縁石があるとはわからず、縁石に追突、

そして乗り越えてしまったのですが、その時バーストのように

パンクをしてしまいました。凄い衝撃で車が大破した

ような感じでしたが、大きな事故にならずに済みました。

なんとも自分の確認不足、ドライブミスを悔やむばかりです。

この写真の前方左側のタイヤがペチャンコになっています。

結局、夜で近くだったので、パンクしたまま走行して戻りました。

最近の車はスペアタイヤがないので、補修器具があるのですが、修理をする

バースト状態なので、修理もできず、結局JAFのお世話になました。

昨日、メンテをしてもらっている

ディラーまで車を運んでもらうことになりました。

 

結局前方の2つのタイヤを交換するそいです。

確かに片方だけだとバンランスが悪くなりますからね。

それに一部修理が必要な個所があるので、その修理も含め、

今日の夕方引き取りになります。

そして今日はまた昨年購入した車の1か月点検に同じディラーに

行くことになっています。

2台の私の車が揃って、ディラーのところでお世話になるなんて、

なんとも・・・

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アナウンサーのレベルが落ちてますかね。

2022-01-23 09:04:57 | 講演・カウンセリング等

最近テレビのアナウンサーの人の原稿読みが、間違ったり

よどんだりすることが気になります。

昔のNHKのアナウンサーは訓練されていたように思うし

ほとんど原稿読み間違いがなかったように思います。

最近は人気ランキングだとか美人ランキングだとか

好きなランキングとかアナウンス力とは別のファクターで

評価される雰囲気です。

アナウンサーに期待するものが変わっているんでしょうね。

なるほどと思う面白い記事ありましたよ。

 

「女子アナ」と「女性アナウンサー」の違いって?
「田中みな実の能力はすごかった」大ベテラン、
1年目、志望学生が本音で語り合った

 

アナウンサーに求められること 昔と今

昔:実力(声やアクセント、イントネーション、表現力に重点)
  原稿を読むだけでなくニュースの内容を理解しつたえる

今:容姿など見た目 ただ原稿を読むこと

 

女子アナの歴史

1982年:女性初のキャスターが誕生

80年代後半:「女子アナ」という言葉が誕生
      ミスキャンパス⇒女子アナ

90年代:「女子アナ」のタレント化

00年代:フリー、タレント出身のアナが誕生

納得ですね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする