ことのはの咲く頃

  Thanks for days.



好きな絵に出会う。~エルミタージュ美術館展~

2017年10月18日 | ひとりの芸術家


 どの絵が好きかな

 どうして、それに惹かれるのだろう

 その絵を描いた人って?

 その時代背景は?

 そのまなざしに・・・。


 ・・・・

 最近は、そんなことを思って絵を見つめるようになった。

 絵の前に立って、数分。

 すると何かが自分に入ってくる。

 知らずに何かを感じ取っている。

 そういう面白さ。
 
 行きつけてみるものだ。

 興味がないとか、わからないとか

 そんなことを言わないで、ちょっと足を延ばしているうちに

 ある時、出合う、初めての自分。

 生きているって、不思議。

 以前には感じなかったものが、今は感じている。

 歳を重ねる意味というのは、そういう時にも、またふと知らされる。

 

 「大エルミタージュ美術館展」

 兵庫県立美術館

 開催中です。


 

 この絵、可愛いでしょう。

 

 フランシスコ・デ・スルバラン

  <聖母マリアの少女時代>

               1660年 油彩 カンヴァス

 
 この絵、好きですね。


 ~・~・~・~

 知らなかったものを知るのは楽しい。

 そこから未来へ拡がっていくような気さえする。

 気さえ

 ではなく、実際に拡がっていくのだろう。

 また一つ、手掛かりを得る。

 明日は、どこに行こうかな。

 そんなことを思う日々です。

 
Comment

また違う楽しみ方。

2017年07月23日 | ひとりの芸術家

 昨日ですけれど、「怖い絵展」に行ってきました。

 2017 7・22日(土)~ 兵庫県立美術館にて

 ドイツ文学者、中野京子さんの特別監修とのことです。

 「怖い絵」という本が話題になったことがありましたね。

  実は読んだことはありません。

 絵画を鑑賞する時、「ただ感じるだけでいい」これは、いつも思っていることですけれど(その絵をわかるってなんだろうとはいつも考えるけれど)
 普段なるべくなら、絵をまず見てから何かを感じて、それからキャプションを読んだりします(私の場合)。
 
 最初にその絵の「実は」を知る。そして絵を観る(もちろん自由でしょうけれど)

 作者は、どのような背景でその絵を描いたのか。

 想像をめぐらす面白さは、絵を観る時の醍醐味ですね。

 そして、徹底的にその歴史的背景を探り作者の生きた時代を知れば、意外な真実が見えてくるというのです。

 新鮮とも言えますし、知らなくたっていいのでは?なんて、天の邪鬼な私は思ったりしますけれど。

 いずれにしても、観た感想は?と聞かれたら面白かったし楽しめました。

 そういうことです。

 

  (お借りしました)
 詳しくは書きませんけれど、この絵には歴史がある。その歴史を知る。

 複雑な気持ちになります。美しい少女が印象的ですね。

 

   (エドヴァルド・ムンク《マドンナ》1895年 群馬県立近代美術館蔵)

 
 今回、グッズをいくつか買いました。

 この絵をモチーフにしたものが多かったのはそうなんですが、なぜか買ったものは、この絵のものばかり。

 ムンクの絵です。

 この絵の「実は」は、展覧会では混雑していてじっくりと読むことができなかったのですが

 買ったポストカードの裏に、中野京子さんの解説が載っていて、先ほど読みました。

 へぇ~、ふ~ん、ほ~。(・o・)

 ファム・ファタールという言葉が出てきます。運命の女ですね。

 エピソードの最後には、芸術と狂気の関係・・・ですって。

 このデザインはとても素敵で目を引きました。

 これ、掛けられるノートなんです。

 気に入っています。

 



 

 
Comments (4)

記したメモから。2

2017年04月07日 | ひとりの芸術家

 かつては黄金色であっただろう古びた額の中に、強い風に荒々しくなびく木々たち。

 昭和4年に描かれた絵の前に立ち、しばし向き合う。

 褐色を帯びた古い一枚の絵を学芸員は選び、そこに掛けたのだ。

 重要な一室の一枚の価値ある画として。

 そして、じっくりと向き合ううちに、当時のその風景を肉眼で見、作者が描きたかっただろう

 燦々と降りそそぐ太陽の光を受けて、新緑の高原が見えてきたのだ。
・・・・

 前田寛治の絵だった・・・・
※(1896~1930 日本の洋画家 人物写実画の名手と言われた)
~・~・~・~

じっくりと時間をかけて、そこにある絵の情報を受け取ろうとしなければ

見えてこなかっただろう。

せっかちな性分なので、時間がたっぷりとある以外では

さささっと通り過ぎることが常なのだから。


その絵は、一見すごく地味で、どこに良さがあるのかな、そんなことを思っていた。

部屋全体にあった数十枚のピックアップされたそれぞれの日本人の描いた洋画が

選ばれた理由は何なのか

そう思った時に、見方が変わった。

世界は知らないことばかりだけれど

知ろうとして努力して仕事にしている人たちから

少しだけれど(私なんかは)気づかされることがある。

絵を見る、芸術を感じる

面白くて仕方がないと思う近頃なのだ。

Comment

熊谷守一展に行った。~画壇の仙人と呼ばれた人~

2017年04月02日 | ひとりの芸術家


その小さな美術館の前は、閑静で、自然が映えて空も高く、雲も木々も絵を描く。

          
          塀のこちら側と、向こう側。馴染み合い自然と作りだされた景色に、もうそこからその世界に入ることができる。

    
   「没後40年 熊谷守一 お前百までわしゃいつまでも」2017年3月11日(土)~5月7日(日)香雪美術館


    「熊谷守一展」へ行ってきた。


 ~明治から昭和にかけて97年の生涯を生きた画家・熊谷守一(明治13年ー昭和52年[1880-1977])。
  おおらかで明快な画風はいまなお多くの人々に親しまれていますが、その生涯は決して穏やかなものではありません
  でした。
  父は実業家で初代岐阜市長などを務め、裕福な家庭ながら、異母兄弟らに囲まれて複雑な幼少期を過ごし
  ます。明治33年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。藤島武二や黒田清輝の指導を受け、同級生に
  は青木繁らがいました。明治42年、自画像『蝋燭(ろうそく)』文展に入選するも、父の死によって残された
  負債を抱え、経済的に厳しい画家生活が始まります。42歳で結婚して5人の子供に恵まれますが、極端に
  寡作なため生活は困窮を極め、子供が病に倒れても医者にみせることもままならず、うち3人は亡くなってしまいます。
  深く長い悲しみの時間の中で、石ころや草花、猫や虫など、身近な自然の中の小さな命を輪郭線で捉え、線の中を
  埋めていく作風に到達します。シンプルな線と明確な色彩面は、素朴で澄んだ眼差しがとらえた命の証ともいえるでしょう。~
                                           (展覧会リーフレットより)
                 
 ・・・・


「ローソク」1909年

   
    「人物」1920年

   ~絵にも流行りがあって 
    その時の群集心理で流行りに合ったものはよく見えるらしいんですね
    新しいものが出来るという点では認めるにしてもそのものの価値とは違う
    やっぱり自分を出すより手はないのです
    何故なら自分は生まれかわれない限り自分の中にいるのだから~  ※(「へたも絵のうち」 熊谷守一著)

 
「無一物 九十六才」

   ~人間誰でも、裸で生まれてくるんだから、無一物なんてことばはあたりまえですよね
    無尽蔵という言葉は、そんなことあるもんかいと思っているので頼まれても書かないのです~

   
   「人生似幻花」

 「お国のために何もしたことが無いから」と理由を言い、文化勲章を辞退したことで話題になったとのこと。

~・~・~・
この絵、どこかで見たことがある。
そうすぐに反応してしまうくらいに親しみを感じる。
無駄を一切削ぎ落としたような究極にあるように、洗練というよりも朴訥として可笑しみがある。

告知で見たチラシで読んですぐに興味を持った。今日、実際に観た感想はというと
肉眼で見た本物は、本当に素晴らしいものだった。
もう本当に素晴らしくて、このチラシで見る、雑誌で見る、まったく追いつけない素晴らしさが本物にはあった。
以前、似たような衝撃を受けたことがあるけれど
数年前とある展覧会でルノワールの画の本物を観るまで、まったく興味が湧かなかったのに
本物を30センチ目前に見た時に、その印象がひっくり返ってしまった。
光輝く絵画を前に、感動したのだった。

いつも本物を目の前にすると、ふしぎな感覚に包まれる。
この絵を描いた人は、今ももう亡くなっていて
ずっとずっと前に描かれたものであるのに、生き生きとして伝わってくる。
その生き生きとしたものが
私自身が与えられたものとも取れるのだ。



  ~絵はそう難しく考えないで見たら
   それで一番よくわかるんじゃないかと思います
   絵は言葉と違いますから
   言葉なんかになると
   例えば青といわれたら青と言う言葉の範囲があるけれど
   絵の場合はそのうちのどの青かということがあって
   実際の青を描くんですから、そこで決定するんです~  ※(著書より)


 「猫」1965年

 

 

Comment

とらわれずに、こだわらずに。1~美術館へ行こう~

2017年01月27日 | ひとりの芸術家

今日は夕方、兵庫県立美術館で「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」を観てきました。(1月11日(水)~2月26日(日))

観た方の感想とか、自分の先入観から、さて観ようかどうしようか

そんなことを思っていたのだけれど

観て良かったです。

観る前と観た後での印象ががらっと変わったのです。

~アウトサイダー・アート(※)/アール・ブリュットの作家の中でもトップクラスの知名度を誇るアドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)

の日本初となる大規模な回顧展です。ヴェルフリは1895年に精神病院に収容され、そのまま66年の生涯を終えました。

しかし、彼がそこで描き出した奇想天外な物語は全45冊、25000ページという目もくらむようなボリュームで、ほかに例のない驚異的な

作品群だったのです。~展覧会チラシより

幼少期から苦労の連続、恵まれない環境で育った一人の人間は

「表現する」ということで、自身の生まれ生きた意味を見つけ、

承認を得られたこと

何かそこに大きな、見逃されそうな、大いなる意義を感じました。

勝手な感想と考察ですけれど

美しいものに憧れ、それを自分自身の中にある何かと結びつけて昇華させる。

得られなかった思いは

「表現」というカタチを持って、得ることができた

そんな印象を受けました。

・・・・・

たとえば、印象派とか、北斎だとか

有名なものに足を運びたがるものです(あたりまえです)。

けれど、そうではない、知らないものこそ

観てほしいなって思うんですよね。

そこにその人自身の中に無かったものを見つける

そういうことってあると信じていて

是非、好き嫌いせず、行ってみて欲しい美術館へ。

私がそうだったように、好きではなかったものが

何か違う観点、視点を得られる

そういう機会を得られるのも美術館の良さではないかと

願ってやまないことです。

 

※アウトサイダー・アートとは、特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、

既成の芸術の流派や傾向、モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のことをいう。(Wikipediaより)

 

ここの美術館、建物が好きです。

作品が映えます。

 

Comment