お勧め本(+雑談)Blog

旧「お勧め本(+雑談)掲示板」をもったいないのでblogで復活させました。よかったらコメントを残してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

聖書のエッセンス

2006-06-03 17:40:36 | 入門書
投稿者:nahum 投稿日:2004/9/30(Thu) 16:33

著者:台豊
発行:伝道出版社
分類:入門書

 1章の「ウサギ・ナナフシ・アインシュタイン」では、昆虫の擬態の鮮やかな写真を使って、神の存在と創造を印象的に示す。2章以降も中だるみなく、最後まで読ませてしまう。特に後半の3つの章では、それぞれ罪人の罪とキリストの十字架を示し、やさしく、しかし確信的に決心を迫る。聖書の奇蹟や山上の垂訓をどう理解するかなど、求道者のつまづきやすいポイントについても、分かりやすく説明する手法に脱帽。

 著者は、この本で用いられる例話やエピソードを「教会の遺産」とよんでいるが、キリスト教信仰の弁証のために用いられた東西のエピソードが総動員されている。科学上の発見や昆虫の写真なども駆使されている。ユーモアを交えた取っつきやすさと論理的科学的な説明がみごとに組み合わされた秀作といえよう。(価格も手ごろ。ことば社も見習ってほしい?)
コメント (4)

平民の福音

2006-06-03 17:37:52 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2004/05/03(Mon) 20:01

著者:山室軍平
発行:救世軍出版供給部
分類:入門書

 何と初版が1899年で今本屋さんにあるのが526版という福音メッセージのロングセラー。言葉づかいは明治そのものだが、時代が変わってもこれぞ伝道説教の定番。

 「天の父上」「人の罪とが」「キリストの救い」「信仰の生がい」などそれぞれの章の主題と適切な例話がテンポよく組み合わされて読む者を飽きさせることなく、福音が語られている。さすが名説教家と称された方のメッセージである。

 回りくどい話をして新来会者はおろか信徒まで眠らせてしまう説教者には、ぜひこういうオーソドックスでストレートな説教に立ち返ってほしい、というのは贅沢な希望かな?

ナザレのイエスは神の子か

2006-06-03 17:37:11 | 入門書
投稿者:久留米人 投稿日:2004/04/17(Sat) 21:04

ドキュメンタリータッチでとても読みやすい本でした。
著者:リー・ストロベル

発行:いのちのことば社
分類:入門(?)書

ジャーナリストがイエス様について調べて書くとこんな風になるのかと色々と教えられました。
圧巻は十字架について具体的な医学的記述でした。

映画のPassionもイエス様の十字架の苦しみがリアルに描かれているそうですが、この本も私たちの罪のために苦しまれた十字架はどれほどのものであったかということに光を当ててくれます。
コメント (1)

キリスト教は信じられるか  現代人のための信仰入門

2006-06-03 17:35:23 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2004/03/25(Thu) 18:13

著者:内田和彦、ハロルド・ネットランド
分類:入門書

 雑誌「百万人の福音」での連載を単行本化したもので、弁証論(apologetic)のジャンルの一冊。日本人とキリスト教、神の存在、科学とキリスト教、悪や苦しみの問題、聖書の信頼性、イエスについて、イエスの死と復活、宗教多元主義、信仰の決断などについて解説。

 弁証論の性格上、「光あるうちに」などと比べると、論証の厳密さを優先してわかりすさを少し犠牲にした感じではある。といっても、なるべくわかりやすく説明したいという配慮が随所に見られる。深くものを考える性格の人には、このタイプの書物も必要である。

 第8章では、宗教多元主義がテーマとして取り上げられている。「どの宗教でもまじめに信仰してまじめに生きていればいいではないか」という考えは、日本人のメンタリティにしっくり来て、日本のキリスト教会の中でも、特に信徒層では強い影響力をもっている。このためこのテーマに取り組んだことはとても意義深い。

 このジャンル昔は翻訳物がメインだったが、日本人の手によるオリジナルなものが増えており、今後の展開が楽しみである。

聖書なるほど博物館

2006-06-03 17:34:25 | 入門書
投稿者:kokomo 投稿日:2004/03/13(Sat) 19:28

著者:千代崎秀雄
発行:講談社
分類:入門書

ノストラダムスと聖書との関係は?
予言と預言はどう違うの?
なぜ罪人(つみびと)というの?
終末って?

これ1冊であなたも聖書通。(by講談社)
ホーリネスの千代崎先生が聖書の名句、名言、聖書の読み方、教会の歴史と歳時記について、ユーモアたっぷりに解説。ギャグも無理せずに親父ギャグに徹していて面白いですよ。今まで聖書や教会に縁がなかった人向けにぴか一でおすすめです。
コメント (2)

日曜日 部長は牧師になる

2006-06-03 17:31:09 | 入門書
投稿者:小形 真訓 小学館文庫 ¥457 投稿日:2004/03/03(Wed) 09:48

 「日曜日 部長は牧師になる」という本を読んだ。

 会社員をしながら、小説を書いている人というのは聞いたことがあるが、この著者は、なんと日曜日ごとに牧師をされているのだそうだ。しかも、とくに神学校出身というわけではなく、まったくの素人(もちろん洗礼は受けているが)集会前日の土曜日に聖書註解やいろいろな資料をもとに独学で説教の原稿をつくるのだそうだ。著者が牧師をされているこの教会は、昔からその地域にある教会ではなく、近所の自治会の集会所を借りて、著者自らがスタートさせた教会で、驚くことに35歳のときから今まで25年間かかさず毎日曜日に集会を開いたということだ。

 しかも、この著者は積水化学工業の広報部長をここ5年間つとめていたとのことである。
 35歳といえば、僕と同い年。なかなかそういう事をやろうという勇気がわいてこない。著者に比べるとぜんぜん足元が固まっていない気がする。キリスト教にちょっと興味がわいてきた程度だ。教会に行くのも億劫なのに、自ら教会を作るという行動力がすばらしい。そういう人だからこそ、会社でも認められる人になるのだろうか...。

 心にしっかりとした軸を持って生きるのは大事なことだ。「僕も何かしなければ」と言い始めてもう10年ぐらいになるなあ...。
コメント (6)

牧師さんになったお坊さんの話-イエスか釈迦か , イエスに出会った僧侶-ありのままの仏教入門

2006-06-03 17:25:43 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/12/03(Wed) 14:11

著者:松岡広和
発行:いのちのことば社
分類:入門書

 天台宗の僧侶からキリスト教の牧師になった松岡広和先生の本。

 前半は由緒あるお寺の次男に生まれ、大学院で仏教哲学まで修めた僧侶が回心してキリストを信じ牧師となった半生の証で、後半では仏教とキリスト教の両方を究めた目で、仏教の歴史や教えをかみくだいて解説。先生の経歴の特異さもあり、前半後半どちらも説得力ある本だと思う。

 一つ惜しまれるのは、韓国での回心体験のところ。「悔い改め」に関する学びの感想文を何度も何度も書き直させられて青年会で発表するうちに涙があふれ出てきたというものだが、ここを読む普通の日本人は何かマインドコントロールのような印象を持たないだろうか。韓国のお国柄だと思うが違和感が感じられた。(韓国の教会の批判ではありません)

キリスト教、知っていますか?

2006-06-03 17:23:09 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/11/04(Tue) 06:43

著者:石橋久子
発行:いのちのことば社
分類:入門書

 信仰、創造者なる神、罪、イエス・キリスト、十字架、新生、復活、再臨などについて、それぞれ「よく聞く」話がまんべんなく書かれた入門書。しかし、一テーマあたりのボリュームが3ページということで説明が深まらず、(書いている方は当たり前のように書いていても)読む方にとっては、期待に反してあまり意図が伝わらないのではないか。まんべんなく語ってはいるが、まんべんなく簡単すぎて「通りいっぺん」で終わってしまう印象を受ける。

 逆に、あとがきの個人的な証は「圧倒的な恵みに負けたのです」「そこで、私は自分のために生きる権利を放棄し」「心を尽くして信頼する者に力を現される生ける神を経験しました」等々、うって変わって重たい。これではおセンチな印象だけ与えて終わってしまうのではと心配になってしまった。すばらしい証なのだからコッテリやるなら、本文からコッテリやってほしいし、アッサリ行くなら最後までアッサリ行ってほしいと思う。辛口ですみません。

こころからの安心

2006-06-03 17:18:30 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/09/22(Mon) 11:43

著者:高木慶太
発行:いのちのことば社
分類:入門書

 クリスチャンとなった御自分の証、クリスチャンが得る三つの安心(罪の赦し、日々の生活の中での安心、死に対する安心)、子供を残して35歳で召された女性の証、救われるための祈りが、31ページの本にむだなくコンパクトに、ダイレクトにまとめられている。レイアウトやイラストも中身にマッチして、本当に美しく仕上がっている。召天式の会葬者向けにもいいかも。

 強いて難点をあげれば、本書の内容からして、著者紹介に『近づいている世界の終焉』など終末・再臨関係の本を並べる必要はないのではないかと思ったが、こんなことを言ってはあら探しか。高木先生が召された後に出版されているが、もし死を目前に書かれたのだったら、そのことを著者紹介で書いた方がいいような気がする。

光あるうちに

2006-06-03 17:15:06 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/09/16(Tue) 00:35

著者:三浦綾子
発行:新潮社(新潮文庫)
分類:入門書

 雑誌「主婦の友」に昭和46年1月号から12月号まで連載され、単行本化されたもの。連載中より読者の反響が大きく、新潮文庫としても20年間版を重ね続けている。

 人生のはかなさ、人間の罪、本当の自由、愛、真の神、神とキリストと人間の関係、キリストの復活、聖書の信頼性、教会、祈りなどについて、作家らしい説得力ある筆致で説明。

 単調な説明に終わらず、かといって情緒的なものにも行きすぎないバランスのとれた一冊である。

 わかりやすさと正確さが求められるキリスト教入門書の中では、この本の右に出るものはなかなかないであろう。
コメント (2)

スッキリわかるキリスト教

2006-06-03 17:13:39 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/09/15(Mon) 21:42

著者:川端光生
発行:いのちのことば社
分類:入門書

 神、創造、宗教、人間の4つのテーマについて、それぞれ論点を落とさず緻密に論理を立てて説明が施されている。著者は、東大哲学科出身とのことであるが、なるほどという感じ。

 ただ、論理的に正確であることと、「スッキリわかる」(わかりやすい)ということは別の話で、たとえば「神の存在は証明できないが、確信できる」という第1章の説明は、よーく読めばなるほどこういうことを言いたいのかとわかるけれど、論理的な思考を論理的に追いかけることが苦手な人にとっては、ややこしいばかりで「サッパリわからないキリスト教」ということにもなりかねないのでは。プレゼントに使う場合には贈る相手のタイプをよく考えておくことが必要であろう。

 しかし、テーマ(章)によってはとても説得力と迫力がある。たとえばQ26の「多神論のほうが唯一神論のキリスト教より寛容か」、Q28の「神は弱者が信じるものか」は秀逸。クリスチャンが証のために勉強する材料としても非常に有用である。

怒れる神の御手の中にある罪人

2006-06-03 17:12:07 | 入門書
投稿者:librarian 投稿日:2003/09/13(Sat) 21:49

著者:ジョナサン・エドワーズ
訳者:飯島徹
発行:CLC出版
分類:入門書というより信仰書の古典として

 18世紀北米のリバイバリストであったジョナサン・エドワーズの代表的な伝道説教。表題の示すとおり、罪の恐ろしさと罪に対する神の激しい怒りが、オブラートに包まれることなく語られている。ともすれば優しい話、受け入れやすい話に流れてしまいがちな現代の教会にとって、諸教派の原点の一つとも言えるピューリタンの伝道がどのようなものであったかを改めて教えてくれる本である。

 巻末の訳者による解説によれば、説教者エドワーズはなぜか作家として(すなわち説教が文学として)位置づけられており、中野好夫氏など米文学研究者による批評も行われている。そこで紹介されている、米文学研究者によるエドワーズ評が、何ともまとはずれでおもしろい。

「聖書は初めて」という人のための本

2006-06-03 17:09:16 | 入門書
著者:内田和彦
発行:いのちのことば社
分類:入門書


 もれがなく行き届いた、というのが全般の印象。意欲を持って聖書を読む人のために役立つ心がまえや基本知識がもれなく、手堅く、なるべく分かりやすい文章で書かれたている。

 前書きにある少年時代の著者のように「聖書を頑張って読んでみたい」という人にとっては、とても行き届いている。こういう意欲のある人や信じたばかりでこれからもっと聖書を読もうという人にとっては、とても適切なガイドブックといえよう。逆に「それほど興味があるわけではない」という人を引きつけるようなメッセージ性はないが、それはこの本の趣旨や分量の上からいってやむを得ないことであり、決して欠点ではない。解説書として一つの理想的な形であろう。プレゼントに用いるときは、相手のタイプに応じて他の本と一緒に贈ることが考えられよう。