お勧め本(+雑談)Blog

旧「お勧め本(+雑談)掲示板」をもったいないのでblogで復活させました。よかったらコメントを残してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

聖書なるほど博物館

2006-06-03 17:34:25 | 入門書
投稿者:kokomo 投稿日:2004/03/13(Sat) 19:28

著者:千代崎秀雄
発行:講談社
分類:入門書

ノストラダムスと聖書との関係は?
予言と預言はどう違うの?
なぜ罪人(つみびと)というの?
終末って?

これ1冊であなたも聖書通。(by講談社)
ホーリネスの千代崎先生が聖書の名句、名言、聖書の読み方、教会の歴史と歳時記について、ユーモアたっぷりに解説。ギャグも無理せずに親父ギャグに徹していて面白いですよ。今まで聖書や教会に縁がなかった人向けにぴか一でおすすめです。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« いのちのことば社「限定復刊」 | トップ | キリスト教は信じられるか ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聖書なるほど博物館 (librarian)
2006-06-03 18:15:26
kokomoさん、ようこそ。



 千代崎先生は、メジャーな出版社から入門書を出せる数少ない福音派の先生ですね。僕も、あのオヤジギャグのセンスはきらいじゃないです。ていうか、好きです(^^)

 近ごろはあまり出版の話しをきかないような気がしますが、お元気なのでしょうか。



 僕もそろそろ、書評にもどらなきゃ、と思いつつ…
千代崎先生 (かえるん)
2006-06-26 14:22:47
千代崎先生は2004年の夏に天の召されました。

入門書」カテゴリの最新記事