お勧め本(+雑談)Blog

旧「お勧め本(+雑談)掲示板」をもったいないのでblogで復活させました。よかったらコメントを残してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナザレのイエスは神の子か

2006-06-03 17:37:11 | 入門書
投稿者:久留米人 投稿日:2004/04/17(Sat) 21:04

ドキュメンタリータッチでとても読みやすい本でした。
著者:リー・ストロベル

発行:いのちのことば社
分類:入門(?)書

ジャーナリストがイエス様について調べて書くとこんな風になるのかと色々と教えられました。
圧巻は十字架について具体的な医学的記述でした。

映画のPassionもイエス様の十字架の苦しみがリアルに描かれているそうですが、この本も私たちの罪のために苦しまれた十字架はどれほどのものであったかということに光を当ててくれます。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 敬虔な生涯 | トップ | 平民の福音 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナザレのイエスは神の子か (librarian)
2006-06-03 18:17:44
投稿日:2004/04/22(Thu) 06:22



 久留米人先生、ありがとうございます。



 いま話題の本ですね。弁証論オタク?の僕もぜひ読みたいと思ってました。懐疑論者が証拠を調べた結果信者となったという話は昔からあるようですが、21世紀にも変わらず同じことが起こっていることはとてもすごいと思います。



 またぜひ、いろんな本を紹介して下さい。よろしくお願いします。



 Passionもみたい~♪

入門書」カテゴリの最新記事