ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「ダブル・ジョーカー」感想

2009-10-14 | 小説・漫画他

「ジョーカーゲーム」の続編。5つの短編集です。
この中で私が特に面白かったのは「柩」と「ダブル・ジョーカー」でした。
面白かったけれど、これでお終いだなんて、なんだか全然物足りないんですけど・・・。 もしまた続編が作られるとしたら、他の人たちによる、こういう短編の寄せ集めではなくて、結城さんを中心としたお話で、出来たら幼少時代~スパイに至るまでの彼の人生をドカンと一発書いた長編を読みたいんですっ!
柳さん、是非ぜひ書いてください、おねがいします。ホントに読みたいわ~。

「ダブル・ジョーカー」
風機関とD機関の勝負。エリート中エリートの天保銭組(陸軍大学校卒)の風戸の鼻を、D機関and結城中佐があかして欲しい~と応援して読んじゃいました。

「蠅の王」
陸軍軍医の脇坂は、密かに死んだ兄の意志を継ぎ隠れ共産党員だ。
お笑い慰問団の中に紛れ込んでいるスパイ・ハンター「笑わぬ男」は誰なのか調べていくと・・・

「仏印作戦」
フランス領インドシナ(ベトナムハノイ)に派遣されていた暗号解析通信係の高林。内容というより、この時代のこのベトナムの独特のエキゾチックな雰囲気がたまりません~ 上海を舞台にしたドラマは多いけど、インドシナのは少ない気がする。

「柩 ひつぎ」
ベルリン郊外で起きた列車事故で、ある美術商をしていた日本人が死亡した。そして、ドイツ情報部で伝説となっている日本のスパイ“魔術師”が・・・
これが一番面白かった。なんといっても結城さんの過去が少し解るのが凄く嬉しかった~ 手に白い手袋をしている理由なども解ります

「ブラックバード」
アメリカ西海岸のロサンゼルス。バードウォッチングを趣味とする仲根という男。いよいよ真珠湾攻撃に、D機関も解散となるのかな・・・

つい数日前、映画の「007」を見たばかりなんですが、日本のこのD機関及び結城さんの日本のスパイは、それ以上に私はカッコイイと思います~。
トータル4つ☆
霜月かよ子が描く漫画『Dの魔王』っていうのも読んでみたいな~。

ダブル・ジョーカー 柳広司 2009-08-25


ジョーカー・ゲーム

コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« アンニン豆腐の色々なメーカ... | トップ | 「資生堂ビスケット」76年前... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-10-14 18:37:13
私も「ダブルジョーカー」と「柩」がすっごく面白く読めました~
やっぱりこのシリーズは面白いよね。
スパイってどれだけ用意周到なんでしょう~。
いろんなことを見越して潜入したり細工してたり。
それを結城が指示してるんだから凄いよね~
結城自身の話をもっともっと読みたいです
ミチさん~☆ (latifa)
2009-10-16 16:30:50
こんにちは~ミチさん
ミチさんも、同じ短編が面白かったのね~♪
私ね、実は恥ずかしい話なんだけど・・、最終章のブラックバードを、世間の方々ほどには、おおっ!と感動とか出来なかったので、もしやまた私の事だから、ちゃんと内容把握出来ずにいるのかも・・・と、娘にその章だけ読んでもらって解説してもらったんだ(どんだけバカ親なんだか・・
そうしたら、特に私が解ってない処はなかったみたいで・・(娘の読解も抜けてないとするとの話なんだが)
スパイなのに、つい身内の人ということによる思いこみなどで・・ポカしちゃった、って事と、偶然が重なって彼には情報が回って来てなかった可能性もある・・って事なんだよね?それ以外にも、おおっ!って処がもしあったら教えて~。いずれにせよ、真珠湾攻撃から本格的な戦争に突入しちゃうってことで、もうスパイ業務?は終わりになっちゃう・・って感じなのよね?なんか残念だわ~。

PS 昨日の「不毛地帯」見た? 最初の1時間くらいは、大地の子をちょっと思い出した。後半以後は(繊維の仕事について~)思ったより引き込まれなかった
来週からも一応見るけど、「JIN仁」の方が私は面白かったかも・・・。
こんばんは。 (おりおん。)
2009-10-16 18:18:11
latifaさん、こんばんは。

いやぁ、めちゃめちゃ好きです! 読んでいて、ワクワクしちゃうんですよね。

確かに、latifaさんのおっしゃる通り、結城にスポットを当てた作品も読んでみたいですね。
ドラマの「踊る大捜査線」でスピンアウトものができたみたいに、ジョーカーゲーム・スピンアウト期待したいです♪
今後が気になるシリーズです (GAKU)
2009-10-17 07:34:46
latifaさん、こんばんは。

結城中佐メインの話、読んでみたいですよね~。
今までの話って「柩」以外はほとんど裏で見え隠れするような登場ばかりでしたから。まぁそれが謎めいた幽霊のような存在として、作品中での存在感を引き立てているのかもしれませんが。。。

こうやって、皆さんが「もっとこんな話が読みたい」と言っているのを聞いていると、それだけでこのジョーカーシリーズ(仮称)は大成功しているのではないかと思ってしまいます。これだけ反響があるんですから続編もたぶんくるでしょう。映画化とかされちゃったりして・・・。

※トラックバックは残念ながらやはりできませんでした。livedoorはダメダメです(ToT)
おりおんさん☆ (latifa)
2009-10-18 09:22:20
おりおんさ~ん、こんにちは
お仕事お忙しいものの順調に行っているようで良かったです~

そういえば、この表紙の男性は、ジョーカーゲームの人とは別人なんだそうですね(全然気がつかなかった私・・)
それじゃ、誰なんでしょうかね・・?と、そういう事が気になっています。

これを映像化したら、一体誰が結城さんを演じられるだろうか?と、しばし熟考してしまいました。
GAKUさん☆ (latifa)
2009-10-18 09:26:11
GAKUさん、こんにちは~
結城中佐メインの話、やっぱりみなさん読んでみたいっておっしゃっていますよね。
ただ、
>ほとんど裏で見え隠れするような登場ばかりでしたから。まぁそれが謎めいた幽霊のような存在として、作品中での存在感を引き立てているのかもしれませんが。。。

これを聞いて、うっ、、そうか~わざとそういう風にしてるんだぁ~(してるのかも・・・)と、作者さんの狙いに、まんまと引っかかった感じです。

映画とかドラマとか、なりそうな予感です~。ただ、結城さんを誰が演じるのか?って処が最大気になります。顔は映さず、首から下だけで登場~ってのも有りかな(そんなの難しいか・・・

TB、ご迷惑をおかけしてます~。すいません!たまにそういう事あるんですよね。

コメントを投稿

小説・漫画他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

「ダブル・ジョーカー」 柳広司 (ミチの雑記帳)
{/book/}「ダブル・ジョーカー」 柳広司 2009年度版「このミステリーがすごい!」国内編第二位作品「ジョーカー・ゲーム」の続編です。 このシリーズは、帝国陸軍内に設けられたスパイ組織・D機関とその統括者である結城中佐の活躍を描いており、続編でもその面白さは...
『ダブル・ジョーカー』柳広司 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「ダブル・ジョーカー」柳広司 角川書店 2009年(初出野生時代2008年12月号~2009年6月号) あの「ジョーカー・ゲーム」の続編が登場。前作を読んでいないと本作は26%ぐらいしか楽しめないから先にダブルを読まない方が良い。簡単に言えば、日本のスパイ機関の死闘...
「ダブル・ジョーカー」 柳広司 (おりおん日記)
「ダブル・ジョーカー」 柳広司著 角川書店 (09/09/07読了){/kitune/}{/kitune/}{/kitune/}{/plus/}  凡庸な人間として生まれ、取り立てた能力は無くとも食う寝るに困らずに暮らしていけるのは幸せなことと感謝しています。お金持ちを羨まない。美しい人を羨まない...
スパイ小説 第2弾 (笑う学生の生活)
小説「ダブル・ジョーカー」を読みました。 著書は 柳 広司 「ジョーカー・ゲーム」の第2弾 とはいえ 前作を見てなくても大丈夫かと スパイ話の5つの短編 基本は「ジョーカー・ゲーム」と同じ構成で とはいえ 今回は他の視点からの D機関スパイの活躍 どの話もそれ...
柳広司『ダブル・ジョーカー』 (itchy1976の日記)
ダブル・ジョーカー柳 広司角川書店(角川グループパブリッシング) 今回は、柳広司『ダブル・ジョーカー』を紹介します。前作の『ジョーカー・ゲーム』の続編になるのかな。前作を読まなくても、本作品は楽しめるのではないですかね。最後の章以外は他の人から見たD機関の...