カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ミツバチが絶滅したら人類は4年で滅ぶ」

2017年04月22日 | その他
「ミツバチが絶滅したら人類は4年で滅ぶ」アインシュタインの予言と言われている、でも実際は別人の言葉らしいが・・・・・

蜜蜂が農作物の受粉に重要な事は周知の事実ですが、ある調査ではハエ、蝶々、ハチドリ、コウモリ等も同じ働きをするようです。

昆虫が激減すれば人類の大量飢餓が起こりうるかと言えば、

幸いにして人類の多くが炭水化物の摂取源として依存する米や麦は
受粉の必要がなく、それらには影響はほとんどない。

トウモロコシは、昆虫などに頼ることなく風が花粉を運ぶ風媒で受粉しているし、ジャガイモや人参のように塊茎(かいけい)を植えることで育つ野菜もある。

しかし、国連食糧農業機関(FAO)の試算によれば、ミツバチが世界で生産される全作物の3分の1以上で受粉を行い、75%について生産性を高めているという事も確かなのです。

つまり、ミツバチが絶滅すると、少なくとも世界の作物の3分の1が失われる恐れがあることになる。

その上、綿もまたミツバチによって受粉する綿花から採れるものだ。
コットン生地の衣類が世界から消えたら、絹や麻、合成繊維の服を
着ることになる。

ハチ絶滅の原因は
ミツバチヘギイタダニ
殺虫剤や農薬、特にネオニコチノイド
遺伝子組換え品
単作農業
栄養不足
人間の行動によるストレス

未だに特定には至っていない・・・・・らしい。





観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
« フリーウェイの有料車線、 Fa... | トップ | アメリカのパストラミビーフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事