爺ちゃんの京都散歩

長野から出てきた爺ちゃんが、気ままに京都を散歩している日記です。

長野:お彼岸の善光寺!

2018年09月23日 | まち歩き
 久しぶりに気持ちよく晴れた長野です。珍しく婆さんが「散歩に行こう」と言い出したので、善光寺まで出かけてくることにしました。
 婆さんの教室に車を置いて、善光寺を目指します。何時もは長野駅から続く「中央通」を歩くのですが、今日は、脇道を歩いて行くことにしました。特に珍しいものがあるわけではないのですが、いつもとは違う通りの風景を眺めながら善光寺の仁王門に到着。

 今日は連休の真ん中ですので、観光客で賑わっていました。
 お土産屋さんなどが並ぶ参道を歩いて山門に向かいます。参道も賑わっていました。

 山門には「鳩文字」で書かれた「善光寺」の額が掲げられています。山門には登ることが出来ます。

 山門をくぐり境内に入ります。

 本堂の前には「大香炉」があり、煙を自身の体に浴びると、無病息災になると言われています。行列が出来ていました。本堂側には行列が出来ていませんでしたので、私も、しっかり煙を浴びて来ました。

 本堂でお参りを済ませ、その東側にある「東庭園」に寄ってきました。この周辺には四季の花が咲きますので、季節が感じられる場所です。萩や彼岸花、芒等が咲いていました。

 帰りは、中央通を歩いて来ました。途中にある「ぱてぃお大門」や「長野オリンピックメモリアルパーク」に立ち寄りながら。

「ぱてぃお大門」は、食事処や甘味処が並んでいますので、散歩の休憩場所としておススメです。
 善光寺まで約2キロ、行きはだらだらとした登りになりますので、結構、疲労感を感じた散歩になりました。


 
コメント

長野:我が家に秋の気配!

2018年09月16日 | まち歩き
 ぐずついた天気が続いている長野ですが、今日は薄日が差しています。9月に入って朝晩や夜など20度を下回ることもあり、肌寒く感じるようになりました。ようやく秋めいて来ました。
 庭に「朝顔」の花が咲いています。息子が小学校の時、夏休みの宿題で育てたものを庭に下したところ、毎年、花が咲くようになりました。棚を作ってやれば良いのですが、面倒なのでそのままにしていても「地這い朝顔」としてたくましく咲いてくれます。涼しくなると花を咲かせるので、勝手に秋の花だと思っています。

 我が家の子供達や孫達が、この朝顔のように、小さくてもしっかりと花を咲かせることができるようたくましく成長してくれればと思いました。
 6月に写真を撮った紫陽花が「秋色紫陽花」に変わっていました。

 特に手入れをしない主義の我が家の庭も、有難いことに季節を感じさせてくれます。
 そう言えば、婆さんが「コスモス」を持ってきてテーブルに飾ってあるのに気付きました。

 その時は、特段、「あ~、コスモスか」と言う程度でしたが、意識をして見るとここにも秋があったんですね。婆さんには怒られそうですが。
 京都も、これから秋のシーズンになります。まだ暑いようですので、歩き易くなる10月になったら訪問計画を立ててみようと思っています。
  
コメント

長野も暑い!

2018年07月16日 | まち歩き
 長野は、連日、35度の予報が出ています。当たり前に暑いです。
 昨日(15日)、急用が出来たため、祇園祭宵々々山の京都から帰ってきました。報道によると、宵々々山は、日曜日と重なったこともあり、人波と熱気に包まれた様でした。
 私たちはお昼前に京都を離れたのですが、室町通や四条烏丸の駅などは、多くの人で混雑していました。
 祇園祭を楽しみに京都に行ったわけですが、やむおえない用事ですので、残念な気持ちを振り払って帰ってきました。
 今日は、朝から梅干し作業です。毎年、梅干しを作っているので、この時期の恒例行事になりました。
 梅干しを作るという用事のために京都から戻ってきたわけではありませんが。干されている梅も暑そうです。

 京都の孫娘たちも宵々々山を楽しんできたようですが、この暑さですので祇園祭を楽しみに出かける方々、どうぞ熱中症対策は忘れないようにしてください。
 今度京都に行くのは、涼しくなってからになりそうです。
   
コメント

京都:祇園祭(駒形提灯の灯)!

2018年07月13日 | まち歩き
 夕食後、外を眺めると山伏山の駒形提灯に灯が入っていました。熊本から「くまモン」も来ているようでした。それに魅かれたわけではないのですが、提灯に灯の入った山鋒を見に出かけて来ました。
 外に出た所で、夕焼け空が綺麗でしたので写真を1枚。

 山伏山では「くまモン」は撮ってきたのですが、山の写真を撮り忘れていたことに帰ってから気が付きました。残念。

 山伏山では、熊本の復興支援を続けているため、毎年、「くまモン」がやって来ます。
 菊水鉾の灯が遠くに見えます。帰りに寄ることにして霰天神山に行きました。

 霰天神山です。

 放下鉾に寄りました。

 そのまま下がって、船鉾へ。

 直ぐ下にある岩戸山です。祇園囃子を演奏していました。灯の下で聞く祇園囃子は良いものです。

 四条通の月鉾です。駒形提灯の灯に浮かぶ鉾の姿は、毎年見ていても飽きません。

 鶏鉾にも行ってきました。この通りは比較的人が少なくて静かに鋒を見ることが出来ます。

 その先に白楽天山があります。丁度、駒形提灯の飾り付けが終わった所でした。

 四条通に戻り、函谷鉾へ。ここでも祇園囃子の演奏が行われていたので、じっくりと聴いて来ました。通りを走る自動車の音が邪魔でしたが。

 烏丸通を渡り長刀鉾へも行きました。ところが撮った写真が手ぶれがひどい状態で、かろうじて1枚だけが見られる状態でした。ちょっと焦ってシャッターを切ったことが原因です。夜間の撮影だということを失念していました。また残念。

 室町通りに戻り菊水鉾へ寄りました。写真に浴衣姿の女性も入れて、祭り気分を高めてみました。

 錦小路通の占出山にも提灯が灯っていました。

 明日からの宵山を待ち切れずに出かけて来ましたが、写真のトラブルは多かったものの、十分、その雰囲気を味わうことが出来ました。
 14~16日の宵山の期間、特に屋台の出る15・16日は大混雑が予想されます。暑さもピークになるようですので、出かけられる皆さん、熱中症にご注意を。私は、家でダラダラしている予定です。
 夕方の散歩、歩数は4,701歩でした。
 
コメント

京都:祇園祭(宵山の準備)!

2018年07月13日 | まち歩き
 薄曇りですが、最高気温36度の予報が出ている京都です。
 家の窓から覗くと、山伏山の駒形提灯が見えたので、買い物がてらに宵山の準備状況を見に出かけて来ました。外はやはり暑いです。
 山伏山には帰りに寄ることにして、室町通りを下がり菊水鉾に向かいます。
 菊水鉾は、駒形提灯や粽などを販売するテント等も出来上がり、宵山の準備は出来上がったようでした。通りには祭見物の人達も多く、「粽どーですか!」の声も飛び交っていました。

 四条通を渡って月鉾を見て来ました。駒形提灯の飾り付けは終わっていました。提灯が飾られると鉾の雰囲気も変わります。

 新町通を下がり、船鉾に寄りました。まだ飾りを取り付けている所で、今日が曳き初めです。独特の形の鋒です。

 その先には、岩戸山があります。鉾のように見えますが「山」です。真木の代わりに松の木が立っているのが大きな違いです。車輪の取り付け作業を見て来ました。ここも今日が曳き初めです。

 室町通に回り鶏鉾に寄りました。粽などの販売はまだですが、駒形提灯の飾り付けは終わっていました。

 四条通に戻り函谷鉾を見て来ました。ここも祇園祭関連グッズの販売が始まっていました。

 烏丸通を渡り長刀鉾に行ってきました。駒形提灯は準備中でしたが、粽などを買い求めるお客さんで長い行列が出来ていました。人気の鋒ですので、毎年、こんな状況です。

 買い物を終えてから錦小路通を歩いて帰りました。烏丸通を渡った所にある占出山が山建てを行っていました。

 室町通を上がり山伏山へ。今日から「茅の輪くぐり」をすることが出来ます。町会所の飾りを見ながらお参りをしてきました。

 今日から鉾の駒形提灯に明かりが灯るようですので、一層、祇園祭の気分も高まることでしょう。夕方になったら再び出かけてこようと思っているのですが。
 すっかりお祭り気分になって歩き回って来ました。
 今日の歩数は、5,797歩。

コメント