2008 日本クーラカンリ登山隊

10月1日に起きた雪崩により、今回の登山計画は中止しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日は10年目

2018-10-01 22:40:27 | 日記

あれから、今日で10年が経ちました。

10年、長いようで、感覚的にはあっという間でもありました。

今でも、場面場面で「加藤だったらどんな風に登るかな?」

「有村だったら何て言うかな?」

「こんなことをしていたら、中村さんに怒られるな」

と思うことが多々あります。

10年目の命日が近付き、改めて隊員の撮った写真を見ていると、9月30日、事故の前日に中村さんが撮影したものにこんなのがありました。

C1下のモレーンに咲く3輪の花。
まるで、加藤、有村、中村さんのように思えます。
 
またここに会いに来たいな、と思いながら10年が経ってしまいました。
生き残った隊員の近況です。
志賀ドクターは、最近ウユニ塩湖をバイクでツーリングするなど、一層精力的に活動中。
桜井隊員は、愛知県岡崎市の「暮らしの杜クライミングジム」にて、インドアクライミングのみならず、登山全般に通じるロープワークを学べるジムの店長として活躍しています。
そして三戸呂最員はこの秋、ニルギリ北壁へ挑戦中。
ぜひとも良い結果を報告してほしいと願っています。
そんな隊員たちの活動の一方、私、高橋は、今まで通り細々とではありますが、中高生に「安全に山を楽しむ」ことを伝えております。
 
これからも、10年前のこの日に起きたこと、そして彼らとともに山に向かった日々を財産として、来年の10月1日には、一層良いことが書けるように生きようと思います。
コメント

9年目

2017-10-01 07:41:44 | 日記

クーラカンリの事故から9年目の今日を迎えました。

この一年間も、私たちは9年前の事故を教訓として、高橋、桜井、三戸呂3名とも、それぞれの場で「絶対に事故を起こさない」ことを胸に登山をしています。

志賀ドクターも、命を守る現場で活躍中です。

去る9月24日、加藤慶信君を顕彰してその功績を展示していただいている芦安山岳館の塩沢久仙館長が、南アルプス栗沢山にて倒れられ、そのままお亡くなりになりました。

私は引率で来ていた甲斐駒ケ岳からヘリレスキューの様子を目の当たりにし、図らずも塩沢さんを見送る形となりました。

これまで、塩沢さんには、山岳館での加藤君の展示はじめ、私たちには大変温かくせっしていただき、また、南アルプスの魅力を広く伝えることに尽力されてきました。

塩沢さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

今後も、9年前のあの日のことを忘れず、そして加藤・有村・中村・梶田各隊員に恥じぬよう、山に向かおうと思います。

登山隊長 高橋和弘

 

 

コメント (1)

8年

2016-10-01 21:50:33 | 日記
 
 
加藤慶信、有村哲史、中村進、3名の登山家がクーラカンリに逝って今日で8年です。
毎年、秋分の日が過ぎ、金木犀が香りはじめると、この日のことをいつも以上に思い出します。
 
この一年も、各隊員は元気に邁進しております。
 
三戸呂隊員は昨秋、西ネパールのアピに登頂するなどヒマラヤにおいても活躍を見せています。
 
また、志賀ドクターは、はるか南米にて医務官として勤務中。
 
この8年、チベットでもいろいろな変化があったことと想像します。
 
ザリ村の人々が、幸せに暮らしていますように。
 
毎年来るこの日に、山の安全について再度強く意識し、そしてまた一年事故なく山に登っていきたいと思います。
 
コメント (3)

事故から7年 忘れ得ぬ仲間たち

2015-10-01 14:25:18 | 日記

加藤慶信登攀隊長、有村哲史隊員、中村進隊員の3人が、クーラカンリの空に昇ってから、今日で七年です。

年々、月日が流れるのが早く感じられるようになり、7年前の10月1日が、つい先日のように思えます。

今年も、残った各隊員は、場面場面で、「もし有村だったら」「加藤が今ここにいたら」「中村さんだったら」どう判断するか、を思い巡らせながら登山を続けています。

そんな中でも、最年少隊員だった三戸呂拓也は、「イッテQ登山部」のメンバーとして、イモトアヤコさんとともに今年マッキンリーに登頂、さらに現在は西ネパールに聳えるアピ峰の未登ルートを目指して、ネパールに入っています。

三戸呂君の登攀を、空から見守っていることと思います。

10月1日は、彼らが注いだ山への情熱、そして「何があっても生き抜く覚悟」を再確認し、また前に進む決意を新たにする日です。

 

 

ラサ、パルコルにて 有村(左)と加藤(右)

 

 ザリ村からBCへの途中   中村

 

BC直下の氷河湖にて  加藤

 

C1にて 背後はクーラカンリ主峰  有村

 

コメント (1)

梶田隊員 

2015-07-20 21:47:19 | 日記
今日7月20日は、梶田正人隊員の命日です。
あの日も、今日みたいに暑い日でした。
夏の暑さがやってくると、また月日が巡ってきたな、と感じます。

秩父と言えば、先月末に小鹿野町で行われた
「第4回両神山麓トレイルラン」に、高橋と、片岡さんが出場、
二人とも年代別で2位に入ることができました。

私たちもまだこちらで頑張っていることを、少しでも伝えることができたかと思います。

コメント