とね日記

理数系ネタ、パソコン、フランス語の話が中心。
量子テレポーテーションや超弦理論の理解を目指して勉強を続けています!

2021年 ノーベル物理学賞は真鍋博士、ハッセルマン博士、パリージ博士に決定!

2021年10月05日 22時18分20秒 | 物理学、数学


スウェーデンの王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、複雑な物理系の理解への画期的な貢献に対してプリンストン大学の真鍋淑郎、マックスプランク気象研究所のクラウス・ハッセルマン、サピエンツァ大学のジョルジョ・パリージら欧米の3人に授与すると発表した。


授賞式は新型コロナウイルスの流行を考慮し、オンラインで(とね日記賞の発表と同じ)12月10日に開かれる。賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)の半分はパリージ氏に、残り半分が真鍋氏とハッセルマン氏に贈られる。

The Nobel Prize in Physics 2021
https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2021/summary/

Announcement of the Nobel Prize in Physics 2021



今年は複雑系物理学という意外な分野への授賞となった。そして気象の分野に物理学賞が授賞されるのは、初めてのことである。

発表では次のようなスライドが映された。

真鍋博士:赤外線放射熱、二酸化炭素の温室効果による地球温暖化のメカニズム


気象現象はカオス、複雑系である


ハッセルマン博士:高速でカオス的なブラウン運動、揺らぎが気候に影響を与える


気候の多様性、指紋モデル


パリージ博士:液体を急冷するとガラスになる


ガラスのエネルギーにはフラストレーションが見られる


スピングラスのフラストレーション



発表のタイミングで公開されたプレスリリースを和訳したものを載せておこう。

プレスリリース(英語):
https://www.nobelprize.org/uploads/2021/10/press-physicsprize2021.pdf
https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2021/summary/

日本語訳:

2021年ノーベル物理学賞

“地球の気候の物理モデリング、変動の定量化、地球温暖化の確実な予測に対して”

真鍋淑郎、プリンストン大学、アメリカ

クラウス・ハッセルマン、マックスプランク気候研究所、ハンブルク、ドイツ

“複雑な物理システム(物理系)の理解への画期的な貢献に対して”

ジョルジョ・パリージ、サピエンツァ大学 ローマ、イタリア


気候やその他の複雑な現象の物理学

3人の受賞者が、混沌とした、明らかにランダムな現象の研究に対して、今年のノーベル物理学賞を共有しています。真鍋淑郎クラウス・ハッセルマンは、地球の気候と人類が地球の気候にどのように影響するかについての知識の基礎を築きました。ジョルジョ・パリージは、不規則な物質とランダム過程の理論への革命的な貢献に対しての表彰です。

複雑系は、ランダム性と不規則性を特徴とし、理解するのが困難です。今年の賞は、それらを説明し、それらの長期的な挙動を予測するための新しい方法を表彰します。

人類にとって極めて重要な複雑系の1つは、地球の気候です。真鍋淑郎は、大気中の二酸化炭素濃度の上昇が地球の表面温度の上昇にどのようにつながるかを示しました。 1960年代に、彼は地球の気候の物理モデルの開発を主導し、放射バランスと気団の垂直輸送との間の相互作用を調査した最初の人物でした。彼の研究は、現在の気候モデルの開発の基礎を築きました。

約10年後、クラウス・ハッセルマンは、天候と気候を結び付けるモデルを作成しました。これにより、気候が変化し混沌としているにもかかわらず、気候モデルが信頼できる理由についての疑問に答えました。彼はまた、気候に刻印される特定の信号、指紋を識別するための方法という自然現象と人間の活動の両方の領域で手法を開発しました。彼の方法は、大気中の温度上昇が人間による二酸化炭素の放出によるものであることを証明するために使用されてきました。

1980年頃、ジョルジョ・パリージは不規則で複雑な素材に隠されたパターンを発見しました。彼の発見は、複雑系の理論への最も重要な貢献の1つです。それらは、物理学だけでなく、数学、生物学、神経科学、機械学習などの他の非常に異なる分野でも、多くの異なる、明らかに完全にランダムな材料や現象を理解し、説明することを可能にします。

「今年認識された発見は、気候に関する私たちの知識が、観測の厳密な分析に基づいた確かな科学的基盤に基づいていることを示しています。今年の受賞者はすべて、複雑な物理系の特性と進化についてより深い洞察を得ることに貢献してくれました」とノーベル物理委員会の委員長であるトールス・ハンス・ハンソンは述べています。


イラスト

以下のイラストは非営利目的である限り無料で使用できます。著作権はスウェーデン王立科学アカデミー、Johan Jamestadに帰属します。

イラスト:真鍋の気候モデル(pdf
イラスト:二酸化炭素温度上昇(pdf
イラスト:指紋(pdf
イラスト:不規則系(pdf
イラスト:フラストレーション(pdf
イラスト:スピングラス(pdf


真鍋博士、ハッセルマン博士、パリージ博士、物理学賞受賞おめでとうございます。


インタビュー:

ノーベル物理学賞の真鍋氏「あらゆる問題と温暖化はつながっている」


Klaus Hasselmann: "We've been warning against climate change for about 50 years or so"



関連書籍:

講談社ブルーバックスだと、この2冊がお勧め本だという。

地球46億年 気候大変動」(Kindle版
温暖化で日本の海に何が起こるのか」(Kindle版

 


真鍋淑郎さんをノーベル賞に導いた「現象の本質を見極める力」とは?
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88138?media=bb


関連ページ:

「(真鍋と同僚が)Fortranを使って開発した気候モデルは初期の成功したモデルの1つとされている」
【科学を変えた10のコンピューターコード | Natureダイジェスト2021年4月号】
https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v18/n4/科学を変えた10のコンピューターコード/107007#.YVwgmNszshg.twitter

ノーベル賞決定の真鍋さん「原動力は好奇心」「気候変動が大変なことだと多くの人が気づいた」…単独インタビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/40bd69aeceea6148ee0355933167620fcdab1b01

ノーベル賞・真鍋さん方程式 デザインしたホテル、岡山に
https://mainichi.jp/articles/20211005/k00/00m/040/356000c


 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 現代量子力学入門:井田 大輔 | トップ | 理性の限界―不可能性・不確定... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物理学、数学」カテゴリの最新記事