ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

メアリと魔女の花

2017-07-11 18:20:44 | 映画2017
 マダム塩沢とき・マンブルチューク!

 ジブリ制作部門解散によってゼロからのスタートとなったスタジオポノックの米林宏昌監督。彼は石川県出身の方なので「これは見なきゃ!」、と『思い出のマーニー』さえ見ていない嘘の郷土愛を携えての鑑賞。

 『魔女の宅急便』や『ハリーポッター』シリーズと比較されがちな今作。ストーリー的には全く違うし、主人公メアリの年齢も11歳とどちらかと言えば小人向きであります。疾走感もそれほど感じられませんでしたし、宮崎アニメによく見られるマニアックな奥深さも感じられませんでした。劇中にセカオワがいたぞ!なんてことも、セカオワに興味がないため乗り切れません。そんな中にあってもジブリ出身映像作家の作品であるため、ジブリ作品のキャラクター類似点などに注目すれば楽しめるかと思います。

 森の中で紫色のスズランのような不思議な花“夜間飛行”とホウキを見つけたメアリ。ピーターからは「赤毛の子ザル」などと呼ばれるこの主人公メアリが、『となりのトトロ』に出てくるメイちゃんがちょっと大きくなった感じ。食欲旺盛でガツガツ食べるイメージのあるメイちゃんですが、声優が杉咲花なので、どうしてもCookDOのCMを思い起こしてしまうのです。映画では食事シーンがあったかどうか・・・思い出せません。

 ホウキに乗って魔法界のエンドア大学に到着したメアリ。大学ではマダム・マンブルチュークという、おっかない校長が登場。『天空の城ラピュタ』のドーラだとか、『千と千尋の神隠し』のゆばーば&ぜにーばに似ているのかもしれないけど、塩沢ときを思い出してしまったら、もう塩沢ときにしか見えません・・・そんなキャラの吹き替えを天海祐希が・・・夏木マリにやらせとけ!てな感じです。

 そして小日向文世の声だとすぐにわかる、エンドアの魔法科学者ドクター・デイ。『千と千尋の神隠し』の釜爺にも似ているのですが、頭の大きさが全く違います。いまBSプレミアムで再放送している『プリンプリン物語』のルチ将軍の頭の大きさくらいあるのです(似てるかも)。

 大人的な見方をすれば、魔法という名の権力を全て手に入れた瞬間に傲慢さが生まれ、「こんな人たちには負けません」と言うがごとく、史上最強の戦闘力を身につけた独裁者になってしまうマダムとドクターが、力を持たないちっぽけな人間の勇気と知略により敗北し改心するという物語・・・でしょうか。


★★★・・

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 22年目の告白-私が殺人犯です- | トップ | ちょっと今から仕事やめてくる »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メイちゃんとか老婦人とか (メビウス)
2017-07-13 22:51:09
kossyさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そうそう、ジブリ作品の類似点が大分見受けられましたよね。メアリ=メイもそうですし、シャーロットおばさんとお手伝いのバンクスさんも、『魔女の宅急便』の老婦人とバーサンさんにそっくりw米林監督も新しい制作会社で作ってると行っても、やはり何十年もジブリで仕事してたのでもう染みついちゃってるんでしょうね^^;
そうやって比較しながら楽しく観れたのもあったので、個人的に本作の類似点は良いオマージュと捉えました。
魔女の宅急便 (kossy)
2017-07-14 09:35:21
>メビウスさん
シャーロットおばさん、バンクスさんは『魔女の宅急便』でしたか~
ずっと悩んでましたw
もしかしたら『アルプスの少女ハイジ』のクララのおばあさんじゃないかな?とか・・・
ジブリ作品!? (BROOK)
2017-07-30 06:13:57
ジブリから独立したものの、どうもジブリテイストが抜け切れていない感じだったのは、ちょっと残念でもありました。
登場人物の背景がかなり薄く描かれているので、良く分からない部分もあり。

ただ、非常に画は綺麗でした♪
ポノックの第2弾に期待しています。
ポノック (kossy)
2017-07-30 11:29:25
>BROOK様
ジブリ作品を思い起こすのはしょうがないですよね。
まだ独立して最初なので、
暖かい目で見守っていきたくなります。

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事