小春日和

小春日和のリスの小春は2017年7月2日に虹の橋を渡りましたが思い出をいっぱいくれた小春の名前のままblogを続けます。

とんだ勘違い

2018-09-16 | 日記
先日、午後から勤務の日のこと。

家を出るまでに少し時間があったので

まひると遊ぼうとケージから出しました

私の周りで遊んでいたまひる

胸元に来たときに両手で体を包み

頭をナデナデ

まひるは私の顔を見つめながら何だかうっとり~

「あらぁ~、まひるってば(*´∀`*)ポッ」

「ナデナデ、気持ち良かったのかな( *´艸)」

「もぅ、可愛いんだから」(親バカ炸裂)

一人ニヤニヤしておりました

その後肩に移動したまひる

その時気がついた

       ・

       ・

       ・

       ・

       ・

まひるがいた胸元が濡れている( ゚д゚)ハッ!

こ、これは まさかの

オシッコー

ただオシッコして気持ち良かっただけだったのか

  
 (どうちてかぁしゃんははじゅかしいことをいうでしゅか)

抗議の目でみられました

あっ でも始めてのうれションだ
 
あくまでもポジティブな母です


コメント (4)

まひるはカメラがお好き🖤

2018-09-10 | 日記
先日、まひると遊んでいる動画を

父さんが撮ってくれました

でも動画のupの仕方がわかりませ~ん

なので、画像を切り取ってもらいました

カメラをむけると

  
 (とうしゃん なにしてゆでしゅか~?)
  
  

尻尾をフリフリさせながらどんどん近寄ってきます

  

まひる 近すぎー

  
 (ここならいいでしゅか?)

こうして私の腕を行ったり来たり

時々頭に乗ったり

楽しそうに遊びます

仕事から帰りまひると触れあうのが

日課になりました

肩に乗って“のびーっ”ってしたりクンクンしたり

毎日 可愛い仕草に癒されています




コメント (7)

お墓参り

2018-09-10 | 日記
先週2日、月命日にお墓参りに行ってきました。
(昨日は朝から激しい先週行ってて良かった😌)

今回の💐は可愛いピンク色

  

左側のお花がリスっ子のシッポみたい

お天気は良かったけど暑さは少し薄らぎ秋の気配

  
  

栗木には実がつきはじめていました。

小春たちにとってはきっと嬉しい季節ですね

大好きな木の実を食べて益々大きくなりそう


黒猫さんも先月より少し過ごしやすそうでした

  
  
  

食欲もありパウチを一袋たいらげましたが

「おかわり~」って言っていたかもしれませんね



今月23日は合同慰霊祭があります。

7月の豪雨被害で崩れた霊園までの道路や

公園へ向かう道もまだ手付かずの状態。

供養の申込書は届き

霊園の方も予定通り行うと言われていましたが

昨日の大雨でまた土砂崩れがあったら...


慰霊祭は年に一度の行事。

無事にできるといいな~




コメント

砥部焼きのリス

2018-08-26 | リスグッズ
職場の上司は趣味で砥部焼きの教室に通われています。

ハロウィンの頃に焼いたお皿には

カボチャとお化けのイラストが凄く上手に描かれていました

先日も教室に行かれたようで

「渡したい物があるんよ。土が余ったから焼いてみた」と

頂いちゃいました~

  

以前見せた写真をみながら造ったそうです。

  

よく見ると太ももの膨らみもしっかり表現されています

お顔は

  

眉毛の感じが

やんちゃに遊ぶリスっ子たちみたい


リスグッズがあると直ぐに買ってしまう私

リスのシール

リスのクリップ

リスのメモ帳

頂いたスポンジも

買ったり頂いたものの 勿体無くてなかなか使えない

でもこれは爪楊枝を入れて食器棚に飾っています

食器棚なら ほこらないし

度々動かすこともないので壊す心配もなく安心です


こうしてリスグッズが増えるごとに

嬉しくて仕方ありません




コメント (2)

少年よ、ありがとう!

2018-08-21 | 日記
少し涼しくなってきたかと思っていたのに

今日はまた厳しい暑さに逆戻り

日中、車内の温度計は37℃を超えていました

信号待ちをしているときに目にした光景。

強い日差しを避けるようにして

歩道橋の下で寝転んでいるご老人

そこには生活感が漂っています。

(父さんの話では橋の下に住み着いている人だとか)

そこに自転車を押して歩く3人組の男子。

中学生か高校生、どっちだろう?

老人に声をかけ

一人の子がペットボトルのお茶を差し出しました。

熱中症を心配したのかと思います。

もう一人の子は何かはわからなかったけど

食べ物を渡していたようです。

「ありがとう」と言った老人の顔には

嬉しそうな笑顔がありました。

若い子が「ムシャクシャしていたから」と

見ず知らずの人を傷つけたり

何かしらの事件が起きている毎日。

そんな世の中でも

まだまだ捨てたもんじゃないなと思えた出来事でした。

きっと彼たちは

困った人を思いやることができる

優しい青年になってくれるでしょう。


今日は思いがけず嬉しい休日となりました



コメント (8)