カモシカさんの山行記録・旅日記etc.

山は心のふるさと。登山(アルプス~低山まで)・ハイキング・小旅行の気ままな記録です。

金時山 <H30初冬>

2018-12-06 | 山行記録

 

          金時山 H30 初冬>

 

 2018・12・1 毎度お馴染みの地元の人気の山=金時山にまた登ってきた。

朝は富士山頂付近で雪煙が流れる様子が観察され、遠目にも強風であることがわかった。

箱根一帯~金時山も風が強めで寒い1日であった。

富士山の積雪量は、例年より少なく雪化粧のコントラストもたいへん薄い。

昼には一部上空に薄い雲が広がったが、展望は1日を通して良好であった。

今回は、乙女峠コースの往復プラス丸岳への遠征も加えた。

 

 乙女峠からの富士山アップ!

 

 乙女峠にて:千晴と富士山

 

 乙女峠からの展望を楽しむ登山者たち

 

 乙女峠の由来

 

 ひと登りで長尾山。

 ま~るい広場なので、山頂柱がないと気づかずに通り過ぎてしまう人も。。。

 

 長尾山からは緩やかな稜線歩きだ。

 

 冬枯れの登山道に日が差し、気持ちがいい。

 

 猪鼻岳=金時山も垣間見ることができる。

 

 もちろん、富士山も見事な姿を見せる。

 

 丹沢山塊も見渡すことができる。

 

 大涌谷、神山、仙石原と芦ノ湖などが一望できる。

 このような展望を楽しみながら、金時山へと進む。

 

 金時山の山頂直下。 カメラを構える登山者の姿があった。

 

 「天下の秀峰 金時山」に登りつく。 いつ見ても清々しい富士山の眺めだ。

 

 千晴&富士山。

 おや? 標高が1m低くなってるぞ? 確か、1,213mだったはずだが。。。。

 毎年この標高に因んで 12月13日に山頂で「金時まつり」が執り行われるのだが。

 <茶屋の壁に 今年は都合により中止とあった>

  

 カモシカ&富士山   看板脇に置いてあるはずのマサカリが撤去されていました。

 

 展望1 富士山

 

 展望2 箱根外輪山の縦走路 電波塔のあるピークが丸岳

 

 展望3 仙石原、大涌谷、冠ヶ岳・神山、芦ノ湖、箱根外輪山など

 

 山頂の茶屋方面

 

 御殿場市、小山町を下に見て、すっくとそそり立つ富士山

 

 新しい山頂標柱。 こんなでかいマサカリはいいから、定位置にマサカリを置いてて欲しいなぁ~。

 

 富士山を入れて、山頂全体の様子を撮影。

 

 山頂下の岩場から、愛鷹連峰と富士山。

 風が強めで冷たかったが、存分に展望を楽しんだ。

 

 再び乙女峠に戻る。 金時山から続く縦走路と明神ヶ岳を振り返り見る。

 丸岳にて

 電波塔の裏側に富士山が見えます。

 

 丸岳山頂にて。

 

 展望1  外輪山と芦ノ湖

 

 展望2 大涌谷、神山、芦ノ湖など

 

 展望3 明神ヶ岳、明星岳方面

 

 展望4 金時山

 

 芦ノ湖にズームイン

 

 大涌谷にズームイン <噴煙が殆なくなったなぁ~>

 

 乙女峠へ下山中に垣間見た長尾山、金時山。

 

 午後、下山時に於ける乙女峠からの富士山。

 「乙女峠からの展望」・・・・・関連記事

 

 足柄山の金太郎~! マサカリ担いで・・・・・・♪ 

 

 ど~~ンと富士山を眺めることが出来る人気の山=金時山

 子供の頃から何度も登った山=金時山

 これからもまた登るであろう地元の山=金時山

 

              金時 さらば また来る日まで

         箱根をあとに 芦ノ湖へ

         かえり見すれば 遠ざかる

         まぶたに残る  富士の峰

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ご飯論法 とは? | トップ | 入管法改正法案の成立=安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山行記録」カテゴリの最新記事