ぬかが和子の想い

区議会議員ぬかが和子の日常での出来事や感じたことを綴るページ

江北エリアデザイン パブリックコメント10月4日まで

2018年09月27日 | 日記
大学病院(東京女子医大)の移転を核にした江北エリアデザイン(まちづくり)のパブリックコメント(意見募集)が行われています。大学病院だけでなく、学校統廃合、狭く危険な道路…。エリア内のすべてのことが対象になります。ぜひ意見を届けてください


区のエリアデザイン整備方針案です
詳細の計画案はこちらです
東京女子医大の整備を中心にした「医療と健康のまちづくり」が計画の中心です。

江北エリアデザイン案の特徴と課題
高野小・江北小つぶして、
高野小よりせまい土地を購入して統合校を建てる
「都住跡地を購入して統合新校を建てる」ことが明記されていますが、その面積は今の高野小よりも460㎡小さく、ここに2校分の学校ひとつでは、教室が足りなくなった新田・千寿小の二の舞になりかねません。

「江北バス通りが危ない!の声が多い」と新たに大型道路推進を表明
 区は「『歩行環境』では、江北バス通りで歩車道が分離されておらず安全な歩行空間が確保できていないという趣旨のご意見を多数いただきました」と説明していながら「案」では、解決策として「全く道路現況のない大型道路(補助138号線)の早期開通」を強調しています。区はこれにより「江北バス通りの交通負荷軽減が期待できる」としていますが、江北バス通りそのものの改善にホンキで取り組むべきではないでしょうか。

大学病院へのバスの充実を
 区の「案」でも「大学病院に伴うバス交通を誘導する」とし、隣接する上沼田第六公園にバス回転場を整備するといい、本会議では北千住や各ルートからのバスのアクセスを表明しています。具体的なご意見を届けてください。

老朽化した江北保健センターは
移転・新築。医療・介護連携施設も

 統廃合後の高野小跡を2022年に解体し、そこに「江北保健センター」や地域包括ケアに大きな役割をはたす「医療介護連携施設」や多目的広場、民間賑わい施設を予定するといいます。こういった機能こそ、大学病院北側の用地(統合新校予定地)が適切ではないでしょうか。

大学病院は「災害時医療拠点」「周産期医療」
「小児医療体制」「がん診療機能」「救急医療」の拠点

 大学病院については上記の機能向上が期待されるとしています。一方「採算性」のために、今よりも差額ベッドが増える懸念については、議員連盟・区として大学側に要望しました。

【ご意見の出し方】
区のHPをご覧ください
コメント

第3回定例会がはじまります!

2018年09月14日 | 日記

   2018年第3回定例区議会のご案内
  9月20日から第3回定例区議会が始まります。
 ぜひ傍聴をお願いいたします。
       
◇9月21日(金)午後1時 代表質問
  針谷みきお議員 
●区長の政治姿勢・オスプレイ配備、
●災害対策、
●外部委託・「あしすと」の虐待、
●地域経済活性化、
●少人数学級と学校図書館、新田学園問題、
●日暮里舎人ライナー・羽田空港新ルート対策 などについて

◇9月25日(火)午後1時半過ぎ(2番目)  
一般質問  浅子けいこ議員 
●生活困窮者・子どもの貧困対策について、
●住宅セーフティネット・北千住駅東口まちづくり等について

初日の9月20日(木)午後1:00~
 区長あいさつ、他党代表質問など
※10月2日(火)~10月11日(木)
 午後10時~午後4時 決算特別委員会
コメント

超党派で議会改革「出産・育児と議会活動の両立を支援」

2018年09月13日 | 日記
(写真は過去の委員会室での質問)

現無会派の女性議員の出産を機に、議会改革をすすめる議長の諮問機関「議会のあり方検討会」に「出産・育児と議会活動の両立」専門部会をつくり、前向きな議論をすすめ、これがついに実りました!

私は、足立区議会で最初に任期中に出産・子育てを続けてきた議員として「これからも、若い女性議員が誕生、活躍しやすい環境を!」の想いで力をつくしてきました。

メンバーは、共産党が私(ぬかが)と子育て中の山中議員、公明党2名の女性議員、無会派の2名の女性議員、自民党は女性議員がいないので子育てに奮闘中の若手男性議員2名。

傍聴者にとっても朗報!
この議会改革をすすめることが、議員だけでなく、議会傍聴をする区民にとっても改善につながるようにしたい!―これは私の最初からのスタンスでした。多くのメンバーが同じ想いで議論を重ねることができました。

数年前、「保育所つくって!」と小さな赤ちゃんをつれて、大勢のママさんたちがかけつけ、大変なご苦労をされていた姿、今でも目に焼き付いて離れません。
これからは、そういった傍聴者も、事前に申し出れば、ソファーや水場もある個室で、授乳や子どもをあやしたりしながら、委員会のやりとりを知ることができるようになりました!

ハラスメント研修も、専門家を呼んですでに区議会として開催しました!

議員研修会や議員連盟等の会議については、子どもを同伴して出席できることにもなり、他の自治体への視察についても、同伴して出席できるルールを確立しました!
詳しくは区議会HPをご覧ください

コメント

みなさんの願いが出発点

2018年09月12日 | 日記
夏に行った区民アンケートにたくさんのご意見・ご要望をいただきありがとうございました。
みなさんの願いが出発点。
いただいたご意見を予算要望書にして区政に届けます。ごく一部ですが掲載します。
今後ともご意見をお知らせください。

都バス(東43)は往路は荒川操車場前からスタートして駒込病院に行くが、復路は、荒川土手までで、荒川操車場までいかない。これを改善し、荒川操車場まで行くように改善をしてほしい。

日暮里舎人ライナーの混雑解消を(多数)

西新井消防署回り竹の塚車庫行きの東武バスの停留所数が少なく、バス停間の距離が長い。これを改善しバス停を増やしてほしい。

はるかぜ10号(西新井・高野駅間)の減便により、13時台のはるかぜがなくなり間隔が2時間あくようになった。これを改善してほしい。

高校の無償化を所得制限なしに一律に支給してほしい。苦労して共働きしているひとが、所得制限で差別されるのはおかしい

自転車のマナー対策を。とりわけ、歩道を自転車が通行する場合、歩行者に配慮して通行するという道路交通法のルールを徹底するよう、関係機関と連携して啓発をはかって(同様多数)。

環七はじめ幹線道路のナビマークについて「あんな車の危ないところをママチャリで走れるか考えてほしい」などの声が多数。西新井地域は先行して自転車ナビマークが設置されているが危険なナビマークではなく、自転車レーンを設置するよう強く求めていきます。

障害者用自転車や「子どものせ電動付自転車」は、幅が広く重いため、通常の自転車駐輪場に置くことは困難。専用の幅の広い駐輪スペースの設置を。

五中~江北駅までのバス通りに歩道の整備を(同様多数)

道路の点字ブロックについて
狭い歩道の点字ブロックの凹凸によって、転倒する高齢者や、車いす・べビーカー・シルバーカーの通行困難や車輪が引っかかるケースが続出している。点字ブロックの材質の工夫などで、改善をはかってほしい(同様多数)

新西新井公園の野良猫対策を講じてほしい

防災無線が「何か放送しているとわかっても内容が聞こえない」との声も多い。改善を!↓安心電話や防災無線ダイヤルの周知を一層広げることと、通常時のボリュームと非常時のボリュームが異なることの周知を広げることなども含めて提案(ぬかが)。

避難所等について、いまだに「どこに避難すればいいか分からない」の声も多い。避難所についての周知をいっそうはかり、町会に所属していない住民も避難所運営訓練等に参加できるようにしてほしい。

防災訓練に参加したが実際には役立たない。学校の体育館に避難した時、床が固く痛い、寒い、暑い。若くてもつらく、特に老人・足腰の悪い人たちには最悪だった。
↓スフィア基準をめざし、避難所の改善へ、体育館の冷暖房整備、簡易ベッドなと避難備蓄の改善をはかることを代表質問でも提案します(ぬかが)。

第二次避難所等において、備蓄品を置くスペースも不十分であることの改善をはかるために、大規模な防災備蓄倉庫の設置、防災備蓄倉庫の備蓄品の非常時の活用体制の明確化をはかることを要望。

ガン検診について、早期発見のために30代から受診できるようにしてほしい。

これから高齢化の中で空き家が出来る。有効に使ってほしい↓空き家活用は、住宅困窮者対策として、有効活用をはかることを提案

西新井駅周辺に図書館を設置してほしい。

図書館の蔵書の充実を!CDは東京でも最低の数。充実してほしい。
ビデオやDVDを地域図書館にも置いてほしい。

「伊興センターの蔵書数が少ない」「日曜日等閲覧コーナーが満杯で座れない」との声。蔵書数を増やすとともに、閲覧コーナーを増やす工夫を行うよう求めます。

西新井地域1~3丁目から大師前駅へ行く通勤通学路である、西新井一丁目19番20番付近は、車の抜け道にもなっているなか、信号機はおろか横断歩道もなく大変危険だ。せめて横断歩道をつくってほしい。

栗原一丁目のギャラクシティとローソン足立栗原一丁目間は、一方通行だが、ギャラクシティ利用の車両が間違えて逆走するケースが後を絶たない。注意喚起の表示等、いっそうの改善をはかってほしい。

西新井・栗原地域について、「公園面積が広い割には本当に憩える公園が少ない。どこも犬や猫がフンをするような公園で、シートを広げてお弁当を持っていくような公園がない」との声が多い。公園の改善計画を早め、改善をはかることを提案。

「西新井さかえ公園について芝の張替えにより使用禁止・立ち入り禁止時期が多すぎ!」他自治体の公園管理を参考に、改善をはかるよう提案。

喘息患者の医療費助成を元に戻してほしい。

区内には産科が二か所しかない。少なくて驚きました。↓女子医大移転で少し改善されますが、併せて「安心して出産できるようにする為に、周辺区の産科も含め、妊娠届提出時に産科の案内をつくり手渡すこと」を提案します(ぬかが)。

家に引きこもっている精神障害者に対するアウトリーチ支援を強めること。医師・保健師・精神保健福祉士等がチームを組み、家族と共に支援できる仕組みをつくること。

区の申請書の署名押印は、二か所するようになっている場合が多い。捨印は白紙委任を認めることであり、修正訂正は原則本人に書面で連絡するよう改善をはかること。少なくとも印の承諾の内容を明記するべき。

路上駐車の取り締まりについて、宅配車や公園の清掃車等、ごく短時間の停車についても取り締まりを行われているため、ネットスーパーや宅配など、これからの高齢社会の必須ツールが、利用困難になっている。↓改善するための働きかけを提案(ぬかが)

シルバーパスについて、非課税者だけでなく所得に応じて負担軽減される仕組みを講じるよう、関係機関に強く働きかけることを提案。

コメント

北海道胆振東部地震の救援募金

2018年09月11日 | 日記

駅頭などで、北海道胆振東部地震の救援募金にとりくんでいます。
写真は10日月曜日の朝、西新井駅西口 斉藤まりこ都議とぬかが和子です。
通勤通学の忙しい時間でしたが、それでも何人も、暖かい心を寄せていただきました。
お預かりした募金は責任をもって全額被災地にお届けします。

日本共産党の立党の精神は「住民の苦難を軽減し要求を実現する」。
企業団体献金も政党助成金も一円も受け取らない清潔な党です。

だからこそ、ただちに現地に駆けつけ、対策本部も設置。党派をこえて一丸となって「抜本的な防災対策を党派を超えてとりくもう」「臨時国会を復興・防災国会としよう」と呼びかけています。

コメント

秋らしく

2018年09月10日 | 日記
暑い日が続いていましたが、確実に秋が訪れています。
気温の高い日でも、空や雲、植物…秋がすすんでいるのを感じますよね。
テンプレートも秋のバージョンに変更です!
コメント

「夏休み勉強合宿」をこの目で

2018年09月02日 | 日記
この目で見ないとモノは言えない と、足立区中一夏季勉強合宿に行ってきました。

足立区の通称「夏休み勉強合宿」は中学1年生対象で、学力テストの正答率60%以下の生徒のうち、生活指導を要する生徒を除いて全員が参加。
5日間、数学だけを朝9時から夜9時10分まで。海が目の前にある「鋸南 自然の家」で実施していますが、海とか、キャンプとかそういった要素はナシ。ひたすら数学づけに。入浴時間20分。昼食休憩1時間10分。レクリエーション30分。自由時間20分+α。この時間以外は全て数学(算数の学びなおし)


授業風景。習熟度別クラス編成で4クラス。一人の生徒に一人の教師がつく、マンツーマン(個別指導)方式です。
まず数学の専科の先生が授業で説明を行います。生徒とマンツーマン教師はそれぞれ隣に並んで、授業を受けます。その後練習問題を解くときなどにマンツーマン教師が一緒に考え、アドバイスを行うようになっています。

教師は…専科に関係なく、全小中学校から派遣。小学校全科の先生や、他の教科の中学校の先生など…。
足立の先生方、ほんとうにご苦労様です。
教員の多忙化解消は、国を挙げての重要課題ですが…


鋸南自然の家は、もともと授業をするための施設ではないので、体育館を使って授業をしているクラスもありました。

色々と考えさせられることがありましたが、まずは見たままの内容をお届けしました。
みなさまのご意見を伺いたいです。
コメント

議会報告ニュース 栗六陸橋耐震補強工事11月から

2018年09月01日 | 日記
議会報告ニュース

コメント

江北女子医大・高野小統廃合を含む「江北エリアデザイン」説明会が行われます

2018年08月31日 | 日記
江北エリアデザイン 
住民説明会
★とき 9月6日(木)午後7時
★ところ 高野小学校 体育館
 ●パブリックコメント
  9月10日~10月9日まで
 ◆その他の情報
女子医大病院予定地の仮囲いに「2021年オープン 予定」の表示(看板)がつけられます。


写真は東京女子医大が明らかにした、イメージ図です

ぜひ関心のある方はご参加ください
コメント

切実な願いが実現!家具転倒防止補助増、ブロック塀撤去助成新設

2018年08月30日 | 日記
危険なブロック塀のカットに助成する制度(上限15万円)が新設されます。ブロック塀の補強工事にはこれまでの3万円から10万円に助成を拡大。家具転倒防止の器具取付助成はこれまでの3万円から5万円に増額されることになりました。

 6月29日、日本共産党区議団は近藤区長に「ブロック塀等の安全対策」を申し入れました。家具転倒防止助成は予算要望などでくり返し拡充を求めてきました。日本共産党の提案が実り切実な区民の願いが実現しました。

家具転倒防止工事助成3万円⇒5万円に
 家具転倒防止器具取付工事助成額が平成30年10月1日から5万円に拡充されることになりました。
 大坂北部地震でも家具が転倒し死亡事故が発生したこと近年の工事費の急騰により自己負担額が多くなり、普及が伸び悩んでいることを受けて変更が決まりました。
 共産党区議団は補助の対象を乳幼児のいる家庭まで拡充するよう求めていますが、対象は従来通り60歳以上の方または障害者を含む世帯等になります。
★問い合わせ 建築安全課建築防災係
 電話番号03‐3880‐5317

ブロック塀カット助成の新設
 これまでの区の制度ではブロック塀を撤去、その後に生垣等の緑化をしないと助成がありませんでしたが、敷地の関係で緑化が行えない、ブロック塀等の上部カットに対する助成要望がある、危険な塀等に対する安全確保のスピードアップを図る必要があることから新設することになりました。
道路に面する危険なブロック塀が対象で高さが1.2mを超えているものを0.6mいかにカットもしくは撤去するもの。

助成内容:次のいずれか低い額(千円未満切り捨て)
①工事実費の3分の2、②6千円/m×ブロック塀等延長③15万円(助成限度額)
期間:2018年10月1日から2020年末まで
他にも助成要件がありますので詳細はお問合せ下さい。
みどり推進課緑化推進係 03-3880-5188

建築物等耐震アドバイザー派遣制度も新設
 平成 30年7月2日から、区内の建築物やご自宅などの道路に面する高さ1.2mを超えるブロック塀などに対して、調査や相談に応じる制度が出来ました。足立区より建築士の資格があるアドバイザーを派遣して調査や相談に応じ、改善方法の提案などをする制度です。
 □塀の高さが地盤から2.2mを超える
 □塀の厚さが10cm未満である(塀の高さが2mを超える場合は厚 さが15cm未満である)
 □塀の高さが1.2mを超える場合に、塀の長さ3.4m以下ごとに高さ の5分の1以上突出した控え壁がない
 □コンクリートの基礎がない
 □傾き・ひび割れなどがある
⇒ひとつでもチェックがつくと地震時に倒壊する恐れが あります。
 建築物等耐震アドバイザーによる診断
 専門家による診断もしくは改修の相談等をご希望の場合は、ご連絡を。まずはブロック塀等の状況を確認させていただき、その後アドバイザー派遣申込書をご提出いただきます。
 問い合わせ:建築室建築安全課建築防災係:03-3880-5317 
コメント