アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

サプライズ

2011-12-24 19:32:29 | 日記
今日は某所で自然農法の野菜を販売する青空マーケットの取材。
せっかくなので珍しい「赤とんぼ大根」や皮が赤いじゃがいも「レッドムーン」などの野菜を買って、
帰る道すがら、ケーキやチキンの受け取りでわいわいする街の風景を目にして
やっぱりイブだし、ケーキとスパークリングワインぐらいは買って帰ろうかと思い、
重たい荷物を両手にぶら下げ自宅に帰宅。

宅配ロッカーのランプが点灯していて、うちの番号があったので
暗証番号を入力してカパッと扉を開けたら、
あらま~、クリスマスイメージの赤でまとめた素敵なフラワーアレンジメントがっ♪



お花はガーベラにバラ、カーネーションなど赤一色。
松ぼっくりやリンゴとかも混ざっていて、とってもかわいい♪

まったく想像していなかったダーリンのサプライズで、驚くやら嬉しいやら、
クリームやチョコの面倒を多めに見ていることや家事
(完ぺきではないものの^^;)への感謝と思われます。

仕事休憩中のダーリンに電話したら、2日くらい前にお花屋さんに頼んでおいたらしく(^^)
うれしかったです(*^^*)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もあと9日

2011-12-22 22:59:20 | 日記
早いものです。
今年も残すことろあと9日となりました。

年始から掲載担当になっている仕事の取材の段取りなどをしつつ、
年賀状のデザインを大方決めて、あとはプリント&あて名・コメント書きです。
自分の住所や名前は印刷でも、どうしても相手のあて名書きと一言コメントは
昔から手書きと決めています。

確かにあて名も印刷のケースが非常に多いのですが、
自分が受け取ったそれを見るとき、どうしてもテンションが下がってしまうというか
じっくり手に取る気持ちになりにくいのを感じるのです。

裏面のデザイン、最初の挨拶、自分の住所などは印刷しますが、
せめてあて名書きと相手を思う一言は手書きにこだわって
認めた人の温度が伝わる賀状にしたい、というのがその理由なのです。
ちょっとだけ大変ですけど、年に一度ですから、なんとか頑張って続けています。

ただ、今回は、右手の中指と薬指にしびれがあって、
今内科的に血液検査の結果待ちですが、
日々日々違和感を感じながら手先を使うのは本当に困りもの。

職業病的なものかもしれませんが、
トシをとると、あちこちにガタが出てくるのは避けられませんねぇ。。

さて、こちらはそんな中参加した彫刻ワークショップで制作した長男の彫刻です。


本人バックに笑顔いっぱいのミニ長男。



黒い帽子をかぶっているのは、こちらの写真をモデルにしたから。



指のしびれを感じつつ、角材にデッサンをして切り出し、ノコギリで大きく余分な部分を削り落して
ミノでさらに大枠をとらえ、彫刻刀を手に木材と格闘すること4時間半。
彫刻家の講師のアドバイスとヘルプで、なんとかカタチになりました。

次男のも作ってあげたいけど、まずは指をなんとかしないとなー。。
原因がちゃんとわかって治療に進めればいいんですけど。

指がすっきりしないと仕事も結構辛いものがあるんですよねー。。

そういえばかれこれ10年近く前、硬めのキーボードを遣う仕事をしていて
急に右手の人差し指が曲がらなくなって、数か月装具に固定して不自由な中
仕事&日常生活を送ったことがあったなぁ。

あのときは新宿から埼玉の指の権威と言われる大学病院まで診てもらいにいったのでした。

はっきりした原因はわからず、しばらく不自由を続けましたが
そのときは半年ぐらい経っていつの間にか直っていたのでした。

もともと指が強くないのかもしれません。

とりあえず、来週わかる血液検査の結果で外科か神経内科かわかるので
それを待つことにします―。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私はそこまで強くない

2011-12-17 00:07:15 | 日記
もしかしたらだいぶ前に書いたことがあるかもしれませんが、
私より数歳年上の独身、フリーデザイナーの女性がいまして、
都内で独り暮らし、本業だけではとても食べていけないので、
コルセン(コールセンター)などのバイトを渡り歩いてなんとか食いつないでいるという―。

私もごくわずかな期間ですが、それに近い生活をしたことがあります。
が、フリーランスで時折本業の仕事をしつつ、
常に短期の仕事を探し続けるという先行きの見えない生活に到底価値を見いだせず、
とても耐えられないとの思いで離婚本決まりのときは正社員の職を模索したり、
視点を変えて新たなパートナーを探したりしたものでした。

そこで出会ったのが今のダーリンな訳ですが、
ぶっちゃけ一目ぼれ、そして経済力の確かさに、普段恋愛にはいつも消極的で
自分からいくことのない自分を変えました。

デートの約束の場所のことでダメになりそうになったり
一方的に一人勝手に(笑?)消極的に出たりするダーリンに「は??」というものを感じながらも
そのときの「は?」や「なんかおかしいよね」という自分の感情に素直に従って
たいして逡巡する暇もなく気づけば行動していたおかげで、ぶっちゃけ今があるのは事実です。
自分でもちょっと不思議な気もしますが、なんというか自分のプライドだったり
あっちから連絡すべきとかいう思いより、自分の素直な気持ちに従って行動して正解、みたいな。

あ、話がずれているかも。

とにかく、私がとてもできないと思うのは、本業の傍らで本来ならしたくもない短期バイトを常に探し続けて
なんとか食いつないでいく、40半ばを過ぎた一人の女性としての生き方。
否定するのではないけれど、私には到底できない考え方と生き方を40半ば過ぎても続けていく
そのバイタリティ、正直すごいと思います。

その女性に比べたら私はなんて弱い、弱い。
私はあくまで一般人。
そんなことを考えたりして。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当作り

2011-12-16 00:05:50 | 日記
毎日ではありませんが続くときは続くダーリンのお弁当作り、とりあえず頑張ってます!

ダーリンもお弁当だけ(?)が楽しみと言ってくれるので
冷食ばかりじゃかわいそうなので、できるだけおかずを手作りにして。

義理のお姉さんのところに贈ったお歳暮、「届きました、ありがとう」の電話をもらいました。
「○○は子供のころはぜんそくで体が弱かったんですが今ではすっかり健康体になったみたいで」とお姉さん。

「○○は、我儘なところがありますが奥さんに我儘言っていませんか」と聞かれたので
そのことをダーリンに言ったら、「俺は我儘じゃなくて、自分の意見を曲げないだけ(^^;)」と言ってましたが、
それが自我を通す=我儘なんじゃないの??と思いましたがあえて言いませんでしたよ(^^;)

あー、明日も5時台起床でお弁当の準備。
もう寝るざます!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップで初デッサン

2011-12-12 16:32:12 | 日記
昨日はご機嫌斜めのダーリンに当たらぬ障らぬようにして(ほっぽっておいて?)
長男・次男がおいたしないようにサークルに入れてお風呂。
あがって髪の毛を乾かしていたら、機嫌が直ったか大人げないと思ったか(?)
いつも通りに戻っていました

教訓。
結局こっちが右往左往しても始まらないのだ。
別に私のせいでなく機嫌が悪い時は、時が静かに過ぎ去るのを待つのみ(笑)

さてここから本題です。昨日、行ってきた動物の彫刻展とワークショップについて書こうと思います。

会場は、国道をそれて、角を3つぐらい曲がった先にある自然がたっぷりの住宅街にたたずむ美術工房。


冬の午後の日差しが暖かです。
おや、入口でワンコがお出迎え??


等身大の黒柴の彫刻です。
表情が生き生きしていて実に可愛いです。
木彫なのに、毛のふさふさ感があってスバラシイ!

写真撮り忘れましたが、工房内には、ガゼル、ハト、犬、猫など
いろんなサイズの動物たちの彫刻が思い思いにくつろいでいましたよ。

ワークショップはデッサンです。
ちゃんとデッサンするのは初めて(汗)参加者は女性ばかり10人。
デッサンが初めてとそうでない人、半々でした。

モデルはシーズー(だと思う)とイグアナのどちらか。
私は見た目グロイけど珍しいイグアナちゃんにしました。


ちなみにこのイグアナ、自分で自分の尾を噛み切る習性があるとかで、
数日前に御自ら長い尻尾を切り落としたばかりでございました。

しかし、動物のデッサンというのは難しい。
どうしたってじっとしていてくれない、動いてしまうので。
あと、描き方すらわからない。イグアナの描き方ではなくて、
デッサン自体どう描いていくものなのかわからない、だってしゃ~ない初めてですから(^^;)

講師にアドバイスをもらいながら一番最初、自分のいる位置から見えたイグアナの姿を
描き始めます。
自己流のイラストなんかだと、いきなり輪郭を取り始めますが、デッサンは
骨格というか、体のパーツというか、頭はこのへんで、胴はこんな感じ、手足は・・・というように、
丸いかたまりをポンと置いてそこから始まるんですね~。

でもっ、数分したらまったく違う格好をしてる。
また同じ格好を頼めないし、最初どんなだったか思い出そうとしても、思い出せない。。
手が止まる・・・。

「覚えていなくて当然、覚えられなくて当然ですよ」との講師の言葉にほっ。。
そういうときは、自分が動いてイグアナの見たいところを見たり、
頭の中で反転させたり、表に見えない骨格など体の作りを想像したりするといいそうです。

あと、モデルにしたポーズと違っても見えてる部分の特徴的な部分を細かく描き入れていったり。

無我夢中、あっという間に2時間が過ぎ・・・

できた作品がコチラ(^_^;)


練り消しゴムで光があたった部分を白くしたり、
講師のアドバイスで、ぼんやりだった輪郭を決めてあげたり、ティッシュで白と黒の中間、
グレーを作ってあげたり、なんとなくそれっぽく見えなくもない、かな??
失敗線を消さなくても、何本線を引こうとも、それがまたいい味になり、
最後はちゃんと仕上がっていくんだなぁ、というのが今回の発見。
普通の消しゴムは一度も使いませんでした。って、描くことに集中していてそんな余裕もなく(笑)


最後に皆の作品を並べて、講師の方から簡単な総評。
私的には「上手な絵」より「いい絵」が人の心に届くものという思いがあるのですが、
参加者の描いた一枚一枚、どれも味があり、人の作品を見るのも実に楽しいです。
ちなみに私の作品ですが、イグアナちゃんのポーズと足指の躍動感がいいですねと言って頂きました(ホッ・・・)。

あっという間の楽しい時間が過ごせました。
こうして見ると、実物よりちょっとメタボなイグアナちゃんになっちゃった気もしますが
たまにはこういう夢中になれる時間っていいよね、と思いましたです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短気

2011-12-11 17:25:24 | 日記
傾向というのは誰にでもあることだと思いますが
うちのダーリン、疲れている時はとても短気になります。

こちらが変わらず接していても、ちょっとしたことでイラついて怒るので
「ああ、疲れているんだな」とわかるんですが、
そういう言動や態度をとられると、なんだかすごくいやです。。

私だったら相手にそういう思いはさせたくないなと思います。

相手に直してほしいと思うことを1つあげるとしたら、
それが1位か2位に入るかな

ダーリンいわく、これでもずいぶん丸くなった、
昔はもっともっと気短だったと言っていたことがあるので
たぶんそうなんでしょう

私だって完璧じゃないけど、
私は争いごとや怒りを誰かにぶつけることは嫌いです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんだかんだ

2011-12-06 00:15:41 | 日記
12月に入ってもう1週間経とうとしています。
毎年思いますが、12月ってなぜかあっという間に過ぎる気がするのはなんでだろ??

バイトの面接では臨機応変で無理なくシフトを組めそうで&先方にとても気に入って頂いたのですが、
店内のタバコがどうにも気になり、我慢してもきっと辛くなると判断し、辞退させてもらいました。。

早いものでダーリンと迎える3回目の年の瀬が近づいています。

お互いに人生経験を重ねた者同士、どうしたっていいこと、悪いこと両方ありますが、
「今までの奥さんの中で一番尽くしてくれているのは○○」という言葉をもらえてるのは
なんとか頑張りを認めてくれている証拠でしょう(!?)

ダーリンが先月から始めたフルートも、なかなか安定した音が出ず、
テンション下がり気味でもう嫌になっちゃったんじゃ??と思っていましたが、
レッスンの先生の指導だけでなく、自分なりにネットやYou Tubeで調べて、イメトレして、
別人のように上達した音を聞いて、飽きっぽい性格かもしれないけど
探究心、挑戦する心、諦めない心は、尊敬に値すべし―と思いました(^_^;)

私も何かを見つけたい、ずっとそう思っていましたが
すぐに見つかるわけもなく、どれがそうなのかもわからない。

でも、興味・関心を持ったことにはとりあえずトライしてみなきゃと思い
仕事で紹介したとある彫刻家の方のワークショップに参加することにしました。

内容はデッサンと彫刻です。
小中までは美術は好きで得意な方でしたが、それ以来すっかりご無沙汰。。
彫刻なんてほんとに、超超久しぶりのこと。
モデルはうちのワンズたちです。

童心に戻って、無心になって創作を楽しめたらと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加