アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

初ふもとっぱら in チータケスタイル

2018-05-18 14:40:09 | オートキャンプ
アニメ「ゆるキャン△」にも登場した、あまりに有名なキャンパーの聖地、
「ふもとっぱら」についに幕張に行ってまいりました!!


管理棟前は謎の木彫りが置かれ、これぞ「ふもとっぱら」だ、的な独特の雰囲気が漂います(笑)


薪もいっぱい。ちなみに手前の観光施設?牧場?「ミルクランド」でも安くて質のいい薪が手に入ります。


かなりユラユラしてますが、よーーーく見ると逆さ富士が写ってます。


平日なので人も少なめ(それでも40組はいたかなぁ)、テントにいながら富士山が見えます。


今回の我が家の設営全景。DODで人気のタケノコテントに、初張りのチーズタープ。
テントは水煮タケノコみたいな色と形から、タープはチーズのようなイメージから。
DODは製品づくりや商品名のネーミングセンスが実にいいです。

ちなみにタケノコにチーズをドッキング(接続)させることもできますが、今回は初めてだし、
そうするとタープ下の面積が狭くなっちゃうので、接続せず。
タープ下はアウトドアキッチン&リビングに、テント内は寝るだけ、シンプルにしました。


厚切りトーストの朝食風景。おこぼれ狙いの長男が(笑)


ちょっとぜいたくに、自家焙煎したコーヒー豆、ミル、ドリッパー、サーバーを持参して、
香りのいいコーヒーや濃いめのカフェオレなんぞも楽しみました。


こちらは、設営後の乾杯(笑)
この景色を眺めながらの瓶ビールがおいしかったーー!!!


こちらはタケノコテント内。
メーカーによると大人8人が寝られるそうですが、我が家は2人と2匹で使用。
寝具とラック、テーブルだけ。超シンプルレイアウト。


こちらは、旦那さんが作ってみたかったという焼き鳥の缶詰を使った親子丼。
ごはんはメスティンで炊いて、味付けは缶詰のおつゆとめんつゆで。
ちょっと甘めでしたが、結構いけました!紅ショウガ、七味のアクセントがナイスでした。


夜はテント内のランタンを点灯し、テントそのものがランタン状態(笑)
このひろーーーいフィールドで、タケノコテントは2組のみ。
場所も離れていたのでかぶった感はほぼなし!


こちらの1枚は、手元が狂ってたまたま撮れてたものですが、それゆえの角度が面白いと思って。
キャップにピンクのパンツ、ちょい若づくりな旦那様です。


こちらは、なんと知らない間に撮られていた私(汗)
5月でもやや寒い早朝、6時前くらいの焚火中のところ。
パーカーのフードをかぶっているのがちょっと怪しい(笑)



焚火は楽しいです。
薪がきれいな木炭になって燃え尽きるまで燃やすのが好きです。

お湯が出るわけでもなく、温泉などの入浴施設もありませんが、
それでも開放感あふれすぎの「ふもとっぱら」、絶対また行きたいところです!!
コメント

初ダッチオーブン

2018-04-29 04:47:29 | オートキャンプ
旦那さんがこれをポチりました。
人生初のダッチオーブン。


別になくても、と思ってたのにたまたま私が貸したキャンプブックを見て俄然興味が湧いたらしい。

シーズニングしたら何作ろうかとめっちゃ張り切ってます😅

長く使い込むほどにカッコいい黒色に変化していくそう。長く使ってくれればよいですね😅
コメント

ひとりでキャンプ

2018-04-24 07:35:00 | オートキャンプ


先週頭、ついに初めて完全1人でキャンプ、いわゆるソロキャンしてきました。



1人にしては高さも面積も余裕のある広さのテントですが、これまで使ってきて慣れてきたので、頑張って張りました。

高さも175?185?あるのでテントのなかで普通に立てる。

本当の1人用テントは圧迫感があり、今はとりあえず大きすぎでもこれで。


温泉から戻っておつまみ食べたりお肉焼いたり


焚き火もやりました。


サイトの一番奥で落ち着く場所に張りました。この日は全員ソロで私入れて4組。男女半々。ソロキャンもだいぶ人気なんですね。きっとキャンプ場ががちゃがちゃ騒がしくなるGW前に、そっと1人で、と考えてきたのかな。

1人は寂しいかな?と思いましたが全然そんなことなかった。
もともと海外まで1人旅よく行っていたし、基本的に1人は好き。

帰宅したらワンズが甘えてきましたよ。一緒に行けたらいいけど、長男きかん坊、次男ヘルニア、排泄介助のタイミングがずれるとテント内にチッコばらまいてしまうので、もう少し待ってもらう感じかな。

1人キャンプ、いや~楽しかったです。
コメント (3)

新緑のキャンプ(仕事を降りて&断って一切後悔はない!)

2018-04-12 16:12:34 | オートキャンプ


昨日のこのブログのアクセス数がなぜか普段よりものすごく多くて、
今までで一番高い順位(といっても4ケタですw)になっていたのでびっくりしました。
かなり古い(前の結婚のときの)記事が読まれているのかな?よくわかりませんが(汗)、
じゃあ今何の悩みもなく幸せかと問われたら、、、答えは「どちらともいえない」を選ぶかもしれませんね(汗)。

まぁあ、それはそれとして。
高速乗らず1時間半で行ける、きれいな川沿いのキャンプ場でさくっと1泊してきました。
本当は一人で行くはずでしたが、その日仕事が早上がり(13時頃)の旦那さんが後から合流(2ワンも一緒)、結局いつもの家族キャンプです。

旦那さんは、購入したばかりのプロジェクターを屋外で映してみたい、という目的もあり後から来たのですが、
私としても初めての場所だったので不安がないともいえず、後から来てくれるのはまぁ、安心感があるともいえるので、いつになったら本当のソロキャン(笑)?と思いつつ、一泊してきました。

しかし旦那さんはお酒が入ると怒りっぽくなる(キレやすくなる傾向がある)ので、気をつけないといけません(汗)。
かなり我慢を強いられる職業(専門職であり、サービス業でもある)に就いているため、奥さんの気持ちまでいちいち考えていられないのかもしれません。。と思いつつ、それってただ甘えてるだけだよね、とも思いますが(汗)

やばい!キャンプの話のつもりが愚痴になってる(笑)



本当に心洗われる、美しい自然に囲まれた場所でした。
ただ、かなり硬い石が多い地盤で、鍛造ペグでも難儀しました。筋肉痛になりそうなくらい。


SNSでつながっているデザイナーさんがいるのですが、私がキャンプを満喫していたころ、深夜まで修正&入稿作業に追われていたそうで、ちなみにそのお仕事、私が2回担当して降りて、姉妹誌で頼まれるもどのような事態になるか容易に想像でき断った案件、断るということは滅多にしないので、あれでよかったのか、せっかく声を掛けてくれたのに、、とか、でも受けても同じことが繰り返されるだけ、それは確実とわかっていたので、断腸の思いで断りました。

で、やっぱり正解だったなと、今はとーーーーーっても思います。
やりがいのある仕事もあるけれど、仕事≦キャンプになってしまった今、その断った仕事を受けていたら、
行きたいときにキャンプになんて絶対行けない。

もちろん、仕事を並行しながら調整してキャンプにも行ってますが、断ったその仕事は、1文字何銭、3000文字500円かと思える原稿料、まるでクラウドソーシングのような設定で、編集者=仕切る人もいない、わけのわからないフリーペーパー。

要は、編集のことをわかっている人がいないのです。
編集を知らない人が作っているので、まともな原稿を書くために必要な時間や、そのクオリティに対する対価も当然知らない。なので、信じられないスケジュールと原稿料でお願いしてくるんです。

時給にして500円にも満たない原稿料でも自分が納得するクオリティの原稿を書き上げ、
深夜に及ぶグループラインの応酬に応え続ける、という無理をすればできます。
でも、その無理を2号続けてやって私は懲りました。立ち上げたばかりなこともあり、人助けと思ってやりました。でも、それをずっと続けることはできません。

そのフリペは、その後も発行されています。撮りおろし写真がカッコいいですが、全体としてみると編集者不在でできたその冊子は、なんだかちぐはぐ。。。

今は、あれこれ悩んだけどやっぱり、降りて断ってよかった~、
正解だったという、晴れ晴れした気持ちでいっぱいです。

意外に長くなってしまった!

コメント

今度はお花見キャンプ【2】

2018-04-01 15:09:05 | オートキャンプ


夕方&焼き物に備えて焚火用の薪を購入。細くて薄くてあんまりいい薪じゃありませんでした(汗)。



ちょっと奮発してミスジという部位の極厚ステーキを用意しました。あまり聞かない部位ですが、調べたら
「肉の甘みとうまみを存分に感じられるステーキ向きの部位」とあったので&2割引きだったので。



薪を燃やす前に、豆炭に火をつけてお肉を焼きます。塩こしょうして常温にして、焼きへ。
食べてみると脂が甘くて、でもしつこくなくて、うまーーーーーーーーーーっ!!!
炭で焼いて外で食べると、おいしさが倍増するのはなぜでしょう。
ちなみに歳とともに二人とも、少しずつ小食?脂っこいものがたくさん食べきれなくなってきて、ステーキも二人で一枚で十分です。



私が大好きで今が旬のそら豆も。



日が傾き始めたので、ランタン灯火。夜桜見物の始まりです。



寒くなったので今度は薪を燃やして焚火スタート。
食べて、飲んで、眠くなったらテントで寝る。時計を気にしない過ごし方、最高です。



朝食は、昨夜の残りのスープを使ったスープパスタとフルーツ、サラダ、写真はありませんがイングリッシュマフィン、コーヒーにしました。



今回、っていつもそうかな?使った食器などの洗いものは率先して旦那さんがやってくれます。
自転車で炊事場へ向かう後ろ姿を遠くから撮ってみました(笑)旦那さん、自分でおかもち運んでるみたいだなと。確かに(笑)!!!
気温が高めだったので前日着いたばかりの時に比べて、ずいぶん桜が開花したのがわかりませんか?
五分咲きから見た感じ七部、八部咲きくらいになりました。



ワンコたちもまったり。次男がおこぼれもらえないか真剣です(笑)



撤収を終えて荷物をクルマに積み込んで、跡形もない状態に。
愛車に桜のシルエットが。次男も小さく写ってます。
ちなみに、この写真の奥に黒いバンが止まってますが、旦那さんいわく、「うちが帰ったらここに設営しようと思って待ってるね」と。
なんでわかるの?と聞くと「テント張り始めてないでしょう。椅子やテーブルとか出してても」と。なるほど。それにこっち見てます。



花粉と埃まみれのまま帰るのもなんなので、帰宅前にもう一度温泉へ。
源泉はぬるめですが、この陽気だと湯上り前に浸かって出ると、汗も出ないしちょうどいい。



お風呂上がりに売店をのぞいたら、懐かしいアイス発見!!!
まだあったんだ~~~~。
私はミカン、旦那さんはメロンアイスを食べて、一泊お花見キャンプは終了したのでした。

そして、私のソロキャンデビューも免許皆伝。無事卒業試験?に合格できたのでした。
めでたし、めでたし♪
コメント

今度はお花見キャンプ【1】

2018-04-01 14:43:05 | オートキャンプ
桜の季節、しかも今年は早い!
完璧にソロ(一人)キャンプができる練習を兼ね、クルマで片道一時間半のキャンプ場へ行ってきました。
そこは一年前に初めて行ったキャンプ場で、しかもこの時は天気が崩れて夕方から雨、寒くて寒くてクルマの中へ避難。
翌朝雨は上がったものの、外の気温はマイナス3度!!
今年はこんなに暖かい陽気なのに一年前の初キャンプはさんざんなのでした。

旦那さんはお昼過ぎまで仕事のため、私が先に一人で行って場所を決めてテント設営も自分で行う、これが最大の課題でありミッション。
前夜に食材以外を車に積み込んで、出発時は最低限のものだけ追加積み込み。



積み込みが終わり出発直前の愛車。ソロ想定のため、荷物も自分で取捨選択、できるだけ物を少なくしました。
車内から後方が見えないのは怖いので上までいっぱいいっぱいにならないよう、セカンドシートの足元にも
折りたたみ椅子やキャノピー用のポールも積載。ちょうどすっぽり収まって、走行中にカーブしてもガチャガチャいわない感じでグッドです。

緊張しながら高速を走って下道に降りて、くねくね道を慎重にハンドルを握ってやっと到着。
予約制の電源サイトしか利用したことがなかったのですが、電源サイトに桜はないのでそこでお花見はできないし、
電源が必要になるほど寒くはなさそうなので、初のフリーサイト(予約不要、空いている好きな場所を選べる)に設営します。



こちらがフリーサイト。桜、咲いてましたが五分咲きくらい?
しかし、旦那さんからラインで無理難題!?「炊事場とトイレに近くて地面が平たんで眺めがいいところゲットしてよ」と!!!そんな欲張り言われても・・・(汗)

ちなみにチェックインが8時でアウトが11時、私がついたのは9時半ごろなので、帰るかもしれない人たちも片付け終わっていないので、結構空きが少ない。場所を決めるのは本当に悩ましい。しばらくうろうろ、きょろきょろして、腹を決めた!トイレ、炊事場からは遠めだけど、桜の木の下でサイトのコーナーにあたるため結構落ち着く場所に決めました。

トイレ、炊事場が遠いといっても、歩いて3分くらい、そんなの全然問題ないっしょ!
ラインでその旨旦那さんに報告すると、「それなら折りたたみ自転車を持ってくよ」と。これが正解でした。
洗いものもトイレも、さっとまたがってささっと!
実に重宝、この前の湖畔キャンプではあまり使う機会がなかったけれど、今回は大活躍しました。



テント設営なんとか終了。あんまりかっこよく張れてないですが、キャノピー(ひさし)もなんとか立てました。



ランタンスタンド、焚火台、チェアとテーブル、水タンクの台も出して、少しずつキャンプっぽくなってきました。



旦那さん到着まで時間がありそうなので、とりあえずキャンプ場に隣接する温泉へ。
ひとっ風呂浴びてサイトに戻ります。



もう我慢が出来ず(笑)さくっと一人お花見&一人乾杯スタート。
旦那さんが着いたら焼き物、お刺身なども食べるのでおつまみは軽めにしておきました(笑)
この本麒麟、第3にしてはCMでもやってますがかなりうまい!!
グラスに注ぐとビール並みに泡も立ちます。ほかの第3は、ここまで泡は立たない。
でも、この本麒麟、泡が割とすぐにへこんでしまう、やっぱり第3だから仕方ないかな(汗)。



午後3時過ぎてようやく旦那さん到着。折りたたみ自転車も写ってます。



ワンコも一緒に到着だい♪お水でのどを潤してます。

コメント

湖畔キャンプも行ってました

2018-03-27 18:46:54 | オートキャンプ
桜満開のシーズン。
まだ桜には早い今月半ば、富士山を間近に望む湖畔でキャンプしてきました。

DODのひろーいタケノコテントでの初キャンプです。


ハンモック付きのサイトでして、写ってるのは私です(汗)


ここは本栖湖。千円札の裏側に印刷所された場所として有名。写真を撮ってるのは私です(汗)

以下に今回のキャンプの思い出写真。
楽しかったなー。またいきたいところです。













コメント

キャンプを始めて変わったこと、感じること。

2018-03-03 14:16:12 | オートキャンプ

キャンプを始めてまもなく1年。
キャンプを始めて変わったこと、感じることを書いておこうと思う。


<変わったこと>

1.共通の話題が増えた

これは夫婦二人でキャンプを楽しんでいるので当たり前といえば当たり前だが、
キャンプ場の話、キャンプギアの話、次どこに行くかなど、共通の話題、話題の中心はいつも「キャンプ」。
所属しているキャンプ好きのSNSでは、なかには奥さんは興味なしという人もいて、それはそれでソロや友人と
楽しむことはできるけど、二人で同じ趣味があるというのは実はありがたく楽しいものなんだなと思う。


2.旦那さんの癇癪(かんしゃく)が減った

まったくなくなったわけではないが旦那さんが癇癪を起こすことが減った気がする。
これまでは結構、ちょっとしたことでいらっとすると癇癪(イライラと怒りだしたら止まらなくなってしまう)を
起こすことがあった旦那さんだが、キャンプを始めてからとても少なくなった。

ちなみに出会ったばかりの頃はいいところしか見えないものだが、だんだん時間が経つと、
実はすごく短気な人だったんだ、と気付く。特に酔ってる時は注意が必要。なのに本人は翌日覚えていなかったりする。
それって「酒乱」というのだよね(汗)


3.外食&上げ膳据え膳の旅行が減った

キャンプにお金を使うようになり、それが一番の楽しみなので、食事だけのために出かけることはほとんどなくなった。
豪華ではなくても、海や山で自分たちで作って食べるおいしさ、楽しさを知ったからかもしれない。
でもたまには外食に出かけるのもいいけどね(笑)

加えて、ホテルや旅館など上げ膳据え膳の宿泊旅行が減った。
キャンプに行けば、自分たちで全部するから当然だが、ぐっと費用を抑えられる。
ワンコもずっと一緒にいられるのでワンコのホテル代もかからず、ワンコOK宿を探すこともない。


4.旦那さんが禁煙に成功した

複数のテントやタープ、ラック、チェア、テーブル、バーナー、焚火台、シュラフ、どんどんものが増え
家の中に置いておけなくなり、たまたま自宅横にコンテナハウスがオープンし、
そこを月極めで借りて収納するようにした。その月額に、吸っていた煙草代を充てると旦那さんが禁煙宣言。
去年の5月から始めて、今日まで一本も吸っていない。煙の臭いをかぐのも嫌になったという。
煙草嫌いな私も非常にうれしい。


5.旦那さんの趣味&クルマ遍歴が落ち着きそう

興味を持って趣味を始めても、飽きっぽいところがある&上達しないと諦めが早い旦那さん。
釣り、バイク、サーフィン、フルート、エレクトーン、ウクレレ(私と一緒に始めたが3カ月で挫折。
私は今年で5年目突入)、カホン、あとなんだっけ(笑)、私と出会う前の趣味は知らない(笑)

キャンプは、長続きしている。これからもしそうだ。

まず、楽器のように課題曲の練習などする必要ないし、うまく演奏できなくてテンション下がることもないし、
行き先が変われば景色も変わる。同じ行き先でも季節が変われば寒暖など気候も変わる。

何を作ろうか、食べようか、メニューを考える楽しさ。
現地で買い物をする楽しさがある。

一人で行く、二人+2ワンで行く、友人家族と行く。
メンバーでまた違った楽しみがある。


ちなみに旦那さんのクルマは2年ごとに乗り換えてきた遍歴があり
トヨタbB~日産エルグランド~トヨタプリウスα~マツダCX-5、
おととし車中泊ができると買い換えたのが日産キャラバンNV350。
セカンドシートから後ろは、車中泊もできるし荷物をたくさん積めるように工夫して
オートキャンプでも大活躍。


職場の同僚には、「いつクルマ乗り換える?飽きたら買うからさ~」と何人かに冗談ぽく言われてるそうだけど、
キャンプに行くならこのクルマがベストなわけで、今年の秋に2年になるが、おそらく、
このまま乗り続けるだろうとふんでいる。

6.テレビをあまり見なくなった

食事中、二人でなんとなくテレビを見ることが少なくなった。
キャンプの話をすることが多いのでテレビを浸けてる必要がないというか。
今は、女子高生のキャンプを軸にした日常を描いたアニメ「ゆるキャン」を見るのをとても楽しみにしている(笑)


<感じること>

1.平日休めるありがたさ

土日休みの仕事をしている家族キャンパーさんなど、オートキャンプ場でGWの予約がスタートする3月1日になると電話予約の争奪戦に。。。
予約不要のキャンプ場では受付に続く道路に長蛇の列・・・・。。。。
あげくはクルマから降りて我先にと走って受付の行列に並ぶ、という争奪シーンが当たり前。

テントの横に行って、帰るのであればここいいですか?と場所取りも当たり前。
早く帰ってと言われてるわけじゃなくても、なんか居心地悪くなるだろう。。

GW、夏休み、気候がいい連休は、キャンプ場の料金がトップシーズンを採用し、レギュラーシーズンの2倍なんてところも珍しくない。
それだけ払って、キャンプ場内はテントだらけ、人だらけ。炊事場も、トイレも、シャワーやお風呂も、混み混みでストレス。。。
道路も渋滞。

小学生などのお子さんがいるファミリーキャンパーさんは、そうでもしないと出かけられないわけで相当なご苦労をしている。それを思うと、混雑を避けて平日に出かけられる我が家は本当にありがたい。


2.キャンプは冬がいい

夏は大っきらいな、にっくき蚊が出る。
蚊以外の虫もめっちゃ多い。
夜、ランタンに集まってきたりテント内にすきを見て入り込んだり。
気候がいい時期はブヨなど刺されたらやっかいな虫もいる。

冬は、、、、いなーーーーーい。
まず虫を見ませーーーーーーーーん。

人もすくなーーーーい。
我が家だけという貸し切り状態のときも。

寒さはあれど、電源借りてテント内でホカペを使えばぬくぬく。
焚火の温かさもしみる。


3.出会いがある

SNS上でもリアルでも、キャンプ好きの知り合いができる。
興味関心を同じくする人と話すのは楽しい。
情報交換もでき、行ってみたいキャンプ場に出会えることもあるし
逆に自分が誰かの役に立つこともできる。


=========================================

今月中旬、2泊3日でキャンプを予定している。
行き先はまだ未定だけど。
お天気さえよければ!
私の仕事が忙しい時期と重ならなければ!

そしてソロも春に挑戦したい。
幕は余裕の広さのコールマンタフワイドドームでもいいかな?
場所選びはこれから。

やっぱり、一人は怖さもある。
夜間は部外者進入禁止になるキャンプ場がいいだろうけど、そういうところばかりでもない。
管理人さん常駐というところもあまりない。
緊急連絡先をくれるところもあるけれど。

まぁ急がず、いろいろ考えて臨みます!
コメント

シーサイドキャンプ

2018-03-02 18:14:03 | オートキャンプ

行ってきました。初の海キャン!
お天気最高、風もほとんどなく、気温もぽかぽか。


オートキャンプサイトは、中央通路の両脇に20弱くらい。
上をジェイアールと交通量の多い国道が走っているため、波音が騒音を軽減してくれる海側を選択しました。


こちらは設営後、夕方ですね。
私の軽と今回使ったコールマンのドームテント。保護されている黒松林のなかに泊ります。


ピンがあってなかった、この写真は私が一人で設営中のもの。
専用のグランドシート忘れてて、みっともないけどブルーシートを敷いてその上にインナーテントを立てたところ。


インナーの上にかぶせるフライシート、背が高くないと上にかけられないんですが、ちょうど風が吹いてきて、そうだ、
この風をうまく利用すればできるかも!とひらめいて、2、3回トライしたらうまくのっかりました!!
そうしてるうちに旦那さん到着。ガイドロープを張って、キャノピー(ひさし)を立ててもらい、
中の設営も終わらせたところでパチリ。


いつも和風な鍋なので、今回はちょっと変えてポトフを。汁ものがほしくなるんで。
冬なので、野菜はジャガイモ、ニンジン、玉ねぎのほかに、カブ、大根、きのこも。
ちょうどカブが葉っぱつきだったので彩で添えました。
ウインナーと冷凍ロールキャベツも入れました。


うれしいのは松ぼっくり拾い放題なこと。焚火するときの自然の着火剤です。


夜、旦那さんがつけたのは電球色のLEDライト。
コレめっちゃ便利グッズ、磁石でクルマのボディにくっつけたりキャノピーのポールにくっつけたり。
差し込み口があってスマホの充電もできるんです


これは早起きのご褒美、朝日です。
旦那さんは寝てました(笑)太陽が海の上を照らす道のようなものが本当にきれいで。
とんびかタカかわかりませんが、鳴きながらぴゅ~っと飛んできたりして、それを独り占めで見てるなんて感動です!


朝、ちょっと散歩なども。左下では磯釣りができます。


日帰りなどでも使われるBBQテラスもありました。

くし揚げしたり、ひもの焼いたり、あとはお刺身も。おっさんメニュー?居酒屋メニューばかりだけどおいしかったし楽しかったな。

一人で半分以上設営したので、いい経験になったかも!

春には一人で行ってみたいです。

コメント

今年初のキャンプ!?

2018-02-14 23:23:50 | オートキャンプ
あまりにこの冬が寒いので、今年初のキャンプはログコテージで。











仕事に追われギリギリの気持ちで出かけたけど、近くに住む友達夫妻も遊びに来てくれてすごく楽しかった。

今月末までは仕事多忙で気忙しい。。落ち着いたらまたゆっくりと!
コメント