アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

ドケルバン手術終了、やっぱり家がいいなぁ

2017-12-03 12:31:12 | 腱鞘炎

3週間前に覚悟を決めた、右手首腱鞘炎、ドケルバン病による腱鞘切開術を受け、今回は入院させてもらって昨日自宅に戻って来ました。

執刀予定の主治医(元々の主治医から代わったばかり)が、びっくり医者の不養生かインフルエンザにかかり執刀でなくなり、急遽、月1しかこの病院に出勤しなくなってしまった元々の主治医が執刀。手術の助手に入っていた医師が新たな主治医となり、インフルに倒れた医師とは術前に一度やりとりしただけで終わりました。


入院当日の夕食。外科なので食事制限はありませんが、焼き鮭におからの煮物といかにも病院食なメニューでした。他に脱水予防のためにOS-1という経口補水液を一リットル、夜と朝で飲み干すよう言われました。
味が苦手な人もいるとのことでしたが、大腸検査で飲むあの液体に比べたら全然まし、むしろおいしく飲めました。


手術当日の朝、昼は抜き。点滴はされてましたがあまりの空腹に耐えきれず、売店でパンとコーヒーを。夕食はなんとカレーライス。なんか学校給食を思い出しました。


帰る日の朝、さつま揚げと蕪のサラダ、ふりかけ、足りません(笑)
入院中はすることなくて、本や雑誌も用意してもあまり集中できず、気力も沸かず。


帰宅したらこの子達が待ってました。
安心してスヤスヤ寝ちゃってます。

右手は恐る恐る使ってみてますが、さすがに予期せぬ動きで力が加わると激痛です。指はどんどん動かしてよいと言われていますが、重たいものを持ったり、手首を捻ることはまだ無理です。。

こういうときは旦那さんの協力が欠かせないのですが、あまり頼りすぎないようにしようと思います。

今は湯船に浸かれないこと、患部をぬらせないことが不便。お酒も治りを遅らせるので一週間は我慢するつもりです。

この手術は二度目となりますが、前回は左手、右手となると箸は持ちにくく、フォーク、スプーンでないと食べるのも一苦労、不便さは左手の比ではありませんね(涙)。

クリスマスに誘われてるキャンプ、行けるとよいなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« キャンプの予定がないときは | トップ | 「わろてんか」脇役がすごい... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-12-08 20:55:54
2、3ヶ月前から腱鞘炎で整形外科や整骨院に行ってます。でも、よくなりません。どうしたらいいですか?
unknown さん (カイルア)
2017-12-08 22:06:29
どのような治療をされておられるのか書かれていませんが、
もしまだ整形外科でステロイド注射を打っていなければ打ってみてはいかがでしょう。
相当痛い注射ですが、それで治る方もいます。
こんにちわ! (みぃ)
2018-01-25 10:58:24
ブログ読まさせて頂いてます!私も違う手術ですが、術後傷口触ったら電流走るのと指の末端触るとチリチリして皮膚が麻酔かかったような感じが続いてます。その後、左の手は少し症状収まったでしょうか?私もダックス飼ってて(シルバーダップル)父親も下肢静脈瘤で人ごととは思えず、コメントしてみました。
Re:こんにちわ! (kailua07)
2018-01-26 12:30:07
みぃさん、いろいろな状況が私とリンクする部分がおありのようで、ブログお読み頂きありがとうございます。

左手の違和感は、大きな変化は見られませんが、もしかして書いてないかもしれませんが、数週間前から両手(掌と指)の痺れが酷くなり、手根管症候群(掌側の腱鞘炎のようなもの)との見立てで、痛い痛い注射を打ってもらい1週間経過、試しに左だけ打ち
効けば右手にもと思っていますが、痺れはいくらか和らいだ気もしますがなくなってはいません(涙)。

更年期によるホルモンバランスの崩れのせいか、次々不快な症状に見舞われほんとにいやになっていまいます。。
ウクレレも4年やっているのですが、教室継続を考えてしまいます。。。

趣味のキャンプも、手を使うことが多く、しかも力を入れねばならぬので、悲しいです。。。
でもめげずにやりたいことはやりたい!
うまく痛み痺れと付き合いながら趣味も楽しみたいと思っています。

更新少な目ですが、よろしければまた遊びにいらしてくださいね。
返事ありがとうございます! (みぃ)
2018-01-26 14:06:14
両手はとても辛いですね。私は利き手の右手だけなんですが毎日沈んでます。まだカイルアさんに比べればいい方なんですが、痛みが辛くて…黙ってても痺れはあるんですか??左は痺れ強くなったのことで、手術して良くはならなかったんでしょうか?
Re:返事ありがとうございます! (kailua07)
2018-01-26 15:06:09
みぃさん、どうもです~。
みぃさんもおつらいですね。。

私の今の痺れですが、手術したドケルバン病(手首の腱鞘炎)が原因ではなくて、手根管症候群というまた別の手の疾患のようなのです(涙)

ドケルバン病の手術自体はしてよかったですよ😃手首を捻る動作をしても痛みはなくなり、家事やヘルニアを患う愛犬の世話もできるようになりました。

ちなみに手術後の痺れは、手の甲側に微弱にあるもので、原因は手術の際に細い神経を避けた微細な影響によるものと医師に説明されました。

最近出てきた痺れは、電流が走るようなビリビリ、ジンジンした強い痺れで、指や手のひらに出ます(涙)それが手根管症候群とのことです。

次々と手に出るのは、そこが人より弱いのかもしれませんね。。
カイルアさん (みぃ)
2018-01-26 15:45:12
最初の手術の微細な神経は時間経つとともに消えないんですか?右手の手術は後遺症などは大丈夫ですか?

別ものなんですね。。それは精神的にお辛いでしょう、、手根管は痺れが強いみたいで、電流もあると参りますよね。
注射でやってダメなら手術も考えてるんですか?

私は指に知覚麻痺あり傷口触ると電流もあり、大好きな愛犬の抱っこもできなくなりました(汗
幸いにも、うちの愛犬はヘルニアはないんですが、何年か前に病気になり子宮を取ってます。もう14歳で高齢ですが長生きしてほしいです。

因みに私も他にも4つ程病気になったりして手術をしたり、色々してます。
お互い、大変ですよね(泣
カイルアさん見習ってポジティブになろうとは思うんですが、毎日凹む日々です(汗
Re:カイルアさん (kailua07)
2018-01-26 20:41:50
こんばんは!
最初の手術の痺れは、半年、一年とか
いつの間にか気にならなくなっているケース、ずっと残るケース、人により個人差があるみたいです。私は触れなければ気にならない痺れで、完全には消えていません、ちなみにことしの春で術後、丸2年です。

手根管症候群の注射は、医師に聞いたら軽めの薬なので10回以上打てる(ドケルバンのステロイドは強いため、打ちすぎると腱が破壊され千切れるリスクがあり、私がかかっている手外科では3回がリミットのため手術に踏み切りました)と言われているので、今のところ手術はまだ考えていません。ホルモンなど体調が落ち着けば自然に治る人もいるそうです。

みぃさん、複数のご病気抱えてつらいですね。痛みは人のやる気をそぎますよね、前向きな気持ちも奪ってしまうというか。。。

そんななかでも、読書でも映画でもなんでも、一時でも夢中になれるなにか、楽しく感じるなにかががあると、気持ちもいくらか違ってくるかもしれませんね。

むりせず、焦らず、腐らず、どうぞお大事にしてください。
おはようございます (みぃ)
2018-01-27 08:11:29
2年なんですね。あと1年経って少しでも良くなってるといいですね。神経は本当に回復が遅いから日にちが薬みたいなもんですね。
メチコバールかなんかは毎日飲んでるんですか?

ありがとうございます。なんとか毎日前向きに頑張ろうと思います。
あと1つ聞きたいんですが、下肢静脈瘤はご両親かなんか身内でなってたかたはいるんでしょうか?術後、体調など後遺症は大丈夫でしたか?
Re:おはようございます (kailua07)
2018-01-28 21:35:21
こんにちはー。
ご質問にお答えしますと、メチコバールは、処方した整形外科の医師が「飲んだからすぐにどうこうということはなく、気休めみたいなものですが」と言ったので、なら飲んでも期待できないか?と思って、初めの数日こそ真面目に飲んでいましたが、ここ2年ほど全く飲んでいません。。ゆっくりでも効くのなら飲みたいです!

下肢静脈瘤は、四年前に亡くなった母もありましたが、特に治療はしていませんでした。

私はたまたま、アロママッサージのセラピストに指摘されて自分にもあることを知り、それから5年後くらいにたまに痛むので日帰り手術で取りました。瘤は比較的小さかったと思います。

後遺症など特になく、取り敢えず手術から9年経ちますが、今も気になる瘤はできておらず、静脈瘤に関しては何も気にしていない、という状況です。

個人差があると思いますので、どこまでお役に立つ回答かわかりませんが、私の現状はそのような感じです。

コメントを投稿

腱鞘炎」カテゴリの最新記事